1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 介護・バリアフリーリフォーム
  4.  > 
  5. 自宅に介護用の昇降機(エレベーター)を設置することはできる?設置の費用と特徴を紹介!

キーワードから探す


2019年11月05日更新

自宅に介護用の昇降機(エレベーター)を設置することはできる?設置の費用と特徴を紹介!

高齢者や足の不自由な方の階段の登り降りを補助するために介護用昇降機を設置する場合、施工費用はどれぐらいかかるのでしょうか?階段に設置できるいす式昇降機や車椅子型昇降機、階段昇降機、ホームエレベーターの特徴と費用についてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

介護用に自宅に昇降機を設置することはできる?

車椅子を利用している家族がいる場合や、足が不自由な家族がいる場合には、昇降機の設置がおすすめです。

昇降機には階段に設置してエスカレーターのように利用することができる階段昇降機と、小型のエレベーターと同じものの2種類があります。

設置後の利便性は、乗り降りが行いやすく、階段のスペースを圧迫しないホームエレベーターが良いと言われていますが、施工費用や施工期間の問題から、設置が簡単で比較的安価に施工できる階段昇降機を利用される方が多いようです。

今回は介護リフォームで人気となっている階段昇降機について、種類と施工費用、その他設置の際に注意することなどについてご説明していきます。

自宅に介護用の昇降機(エレベーター)を設置することはできる?設置の費用と特徴を紹介!

階段昇降機の特徴と種類

階段昇降機とは、既存の階段部分にガイドレールを設置し、レールに沿って駆動する椅子を利用して階段を登り降りする装置です。

椅子に腰掛けて利用するいす式昇降機と、椅子の代わりに台座を設置することで車椅子を乗せることができる車椅子型昇降機とがあります。

平地での歩行に問題がなく、階段の登り降りのみが難しいという場合はいす式昇降機を、車椅子がないと移動が難しい場合には車椅子型昇降機を使用すると良いでしょう。

また、屋外の階段を登り降りする際に利用できる屋外用階段昇降機もありますので、自宅入り口に階段があるという方でも安心です。

自宅に介護用昇降機を設置する前に確認しておきたいポイント

昇降機 設置

自宅に介護用昇降機を設置する前に確認しておかなければならないポイントがいくつかあります。

具体的にどのようなことなのか見ていきましょう。

介護用階段昇降機を設置できる有効幅は?

まず、介護用階段昇降機を設置したい場合は、階段の幅が十分なのかを確認する必要があります。

直線階段と曲がり階段では昇降機のレールの形状やイスがそれぞれ異なるため、必要な有効幅も異なります。

階段の有効幅は、直線階段の場合は約70cm程度、曲がり階段の場合は約75cm程度確保する必要があります。

一般的な住宅の階段では75cmの有効幅が確保されているため、介護用階段昇降機を設置することに問題はありません。

しかし、築年数が古い住宅の場合は一般的な住宅の階段よりも階段幅が狭く作られている可能性があるため、昇降機の設置が困難なケースもあります。

介護用階段昇降機の停止場所を確保しておく

介護用階段昇降機は膝掛け・足台・座面が開いた状態で利用するため、停止場所ではある程度の広さが必要となります。

イスは折りたたむこともできますが、その場合でも壁から約35cm程度は必要なため、停止場所にはそれらを考慮したスペースが必要となるでしょう。

階段下に十分なスペースがない場合は、少し離れたところで停止できるようなレール設計も可能です。

スペースが確保できない場合は、業者と相談して停止場所を決めていきましょう。

階段の近くにコンセントを確保しておく

介護用階段昇降機は本体に搭載されているバッテリーで動作します。

搭載バッテリーは充電する必要があるため、階段の近くに電圧100Vのコンセントが必要となります。

電圧100Vのコンセントは、普段使用しているコンセントと同じであるため階段の近くにあれば増設の必要はありません。

もし、階段付近にコンセントがない場合は、新たにコンセントを増設する必要があります。

階段昇降機の設置費用と施工期間について

昇降機 設置

リフォームで階段昇降機を自宅に設置する場合、費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

いす式昇降機を一般的な直線の階段に設置する場合、費用は約50万円が相場です。

ただ、途中で折り返しがあるタイプの階段に設置する場合や、曲がっている階段に設置する場合は工事の難易度が上がるため、施工価格の相場は約150万円となります。

車椅子型昇降機の設置については、本体価格が約50万円、施工価格については階段の形状にもよりますが、直線の階段の場合、約30万円が相場です。

工事にかかる日数については、既存の階段にガイドレールを設置し、必要ならコンセント等の電気配線工事を行うだけですので、約1日が目安となります。

階段昇降機のメンテナンス費用やランニングコストについて

階段昇降機を利用する場合、月々のコストやメンテナンスの費用についても考えておく必要があります。

昇降機の動作は電気を利用して行いますが、電気代は月々約200円が目安のようです。

メンテナンス費用については、年単位の保守契約を結ぶことが多く、階段昇降機の場合は約30,000円が相場です。

この費用には、年一回の無料点検と故障時の出張費無料サービスなどが含まれているため、故障時の対応についても任せることができるでしょう。

ただ、故障対応については業者によって対応状況が大きく変わり、24時間365日対応している業者もあれば、営業時間のみの対応となっている業者もあります。

24時間対応の業者と営業時間のみの業者では年間の費用も大きく変わるため、コストや故障時の緊急性、利用される方の状況等をよく考えてからメンテナンス契約を結ぶようにしましょう。



介護用昇降機はレンタルすることもできる

自宅に介護用の昇降機(エレベーター)を設置することはできる?設置の費用と特徴を紹介!

住宅をバリアフリーリフォームする場合、介護保険の適用を受けることができますが、階段昇降機については介護保険の適用外です。

そのため、リフォームで階段昇降機を設置する際には高額の費用がかかってしまうのですが、一部の業者では階段昇降機のレンタルサービスを行っており、月額約10,000円で階段昇降機を利用することができます。

長期間利用する場合は購入した方がコストは安くなりますが、レンタルなら不要になった場合に返却することができるため、後々のことを考えるならレンタルで利用した方が良い場合もあるでしょう。

レンタルで階段昇降機を設置する場合の費用については、月々の料金に設置費用が含まれている場合と、初期費用として設置費用が別途必要となる場合とがあります。

月額費用に設置費用が含まれている場合、長期間利用するとやや割高になってしまいますが、初期費用を抑えることができるため、予算が厳しいという方におすすめです。

介護用階段昇降機の設置に国の介護保険制度は適用されない

「介護に使用する階段昇降機だから、介護保険制度が適用になるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、介護用階段昇降機の設置については、2019年7月時点では介護保険制度は適用されません。

その代わり、一部の自治体では介護用階段昇降機の設置に対して、補助金が支給されるケースがあります。

そのため、お住いの自治体で介護用階段昇降機の設置に補助金が支給されるのか確認してみるといいでしょう。

一部自治体では介護用昇降機の設置に助成金が支給される

一部の自治体では、介護用昇降機の設置について助成金を支給する制度が実施されています。

一例として、東京都中央区の場合では、要支援、要介護認定を受け、いす式昇降機が必要と認められた場合、最大で1,854,000円の給付を受けることが可能です。

階段昇降機の設置をお考えの方で、費用を少しでも安くしたいという方は、設置費用の助成制度があるかどうかお住まいの地域の役所に問い合わせてみると良いでしょう。

介護・バリアフリーリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた介護・バリアフリーリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、介護・バリアフリーリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する