1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 住宅ローン・リフォームローン
  4.  > 
  5. ノンバンクのリフォームローン!そのメリットは?

キーワードから探す


2019年09月19日更新

ノンバンクのリフォームローン!そのメリットは?

リフォーム費用にローンを利用したい場合、大手の銀行や住宅金融支援機構の他に「ノンバンク系ローン」があります。ノンバンクのリフォームローンを利用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回はノンバンクのローンについて詳しくご紹介します。

ノンバンクのリフォームローンとは?

リフォーム ローン ノンバンク

リフォーム費用は金額が大きくなりやすく、現金一括で支払うよりリフォームローンや住宅ローンを利用して支払うケースが多くなります。

住宅ローンやリフォームローンは銀行などの金融機関の他にも「ノンバンク系」があります。

では「ノンバンク」とはどのような金融機関なのでしょうか。また、他の金融機関との違いはあるのでしょうか。

「ノンバンク」とは住宅ローンのみを取り扱う金融機関のこと

「ノンバンク」とは銀行以外の金融機関という意味で、「貸付融資のみを行う金融機関」のことを言います。

「貸付融資のみを行う金融機関」と考えるとカード会社や消費者金融のイメージがありますが、「住宅ローンやリフォームローンのみを提供する金融機関」もあります。

ノンバンク系の住宅ローンやリフォームローンは銀行よりも審査が早く、借りやすいのが特徴です。

ノンバンクと他の金融機関の違いは?

ノンバンクと他の金融機関の違いは「融資以外の業務を行うかどうか」です。

銀行は「銀行法の規制」を受けるのに対しノンバンクは「貸金業法の規制」を受けており、それぞれ規制を受ける法律が異なります。

また銀行は住宅ローンなどの貸付業務以外の他に預金の受け入れ業務を行っていますが、「ノンバンク」の場合は融資のみを行う金融機関となります。

銀行もノンバンクもローン内容について大きな違いはありません。しかし、ノンバンクの場合、銀行が担保にできない物件でも担保として利用できる可能性があります。

銀行は個人の信用がないと住宅ローンやリフォームローンを融資することはありませんが、ノンバンクの場合「担保とする不動産の力」を重視するため、銀行で審査が通らない人でも担保が認められる場合は融資されます。

これは返済方法の違いによるもので、銀行は「現金での返済」を求めているのに対しノンバンクの場合「返済できなければ不動産を処分」することで返済させようとしているためです。

そのため、銀行などの金融機関で住宅ローン審査が通らなかった場合でもノンバンクであれば融資を受けられる可能性が高くなります。

その他に、銀行は、他に優先順位の高い債権者がいる先順位がついた抵当物件は不動産担保として認めないのですが、ノンバンクの場合は先順位がついた不動産についても担保とみなすので、その担保の範囲内で融資を行います。

もし担保物件に先順位がついている場合は、銀行などの金融機関では担保不可となるためノンバンク系のローンしか融資が受けられない可能性があるでしょう。

ノンバンクのリフォームローンのメリットとは?

ノンバンクのリフォームローンは、金利や返済期間、ローン審査などでどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ローン金利は長期で見ると低金利

変動金利や5年〜15年固定金利のローンの場合、銀行などの金融機関の方が低金利となります。

金利の安さと安定感は銀行などの金融機関の良いところでしょう。

しかし20年〜35年固定金利になると、銀行などの金融機関よりノンバンク系ローンの方が低金利となるケースがあるため、メリットとなる可能性があります。

またノンバンク系ローンの方が金利が高いとご説明しましたが、短期間での返済を予定している場合は金利が高いノンバンク系ローンでも返済総額があまり変わらないことがあります。

通常、銀行などの金融機関でローンを利用する際は、高額な手数料を支払わなければなりません。

そのため、高額な手数料を支払って低金利な銀行ローンを利用することと、手数料が安いノンバンク系住宅ローンを利用する総支払額が変わらないこともありえるのです。

ただ、ノンバンクの場合でも手数料が高額なケースがあったり、支払いを滞納すると高額な違約金が加算されることがありますので、契約する前に確認をしておきましょう。

また、ノンバンク系ローンと銀行のローンでは限度額も異なります。

銀行が担保評価額の50%程度なのに対し、ノンバンクでは最高で評価額の100%の範囲で融資を行うところもあります。

審査は銀行よりも早い

次のノンバンク系ローンのメリットは「融資スピード」です。銀行などの金融機関は審査基準が厳しく設定されているため審査するのに数日〜数週間かかるのが一般的です。

そのため、銀行で住宅ローンを利用したい場合は、余裕を持ったスケジュールが必要になります。

一方、ノンバンクの住宅ローンの場合は銀行よりも審査内容が緩く、早いところでは審査の翌日〜3日後に融資を行うところもあり、手続きがスムーズに行えるでしょう。

リフォーム会社が提携するノンバンク系リフォームローンがある場合は、利用することで金利優遇などの特典があるケースがあります。

また、先程も述べましたが、銀行の審査が通らなかった場合でもノンバンク系ローンであれば融資を受けられる可能性があるため、最後の手段としてノンバンク系ローンを利用を検討しておくといいかもしれません。



ノンバンクのリフォームローン利用で気をつけることとは?

ノンバンクのリフォームローンでは、代理受領が必須条件となっているケースがあります。

代理受領とは、申請者である借主を介さずにノンバンクから直接リフォーム会社や施工会社に代金が支払われることです。

なぜ代理受領が必須条件なのかというと、リフォームローンと偽って違う目的に融資費用を使われないようにするためです。

また、ノンバンクは金利を高くした差額が利益となるため、銀行よりも金利が高い傾向にあります。

金利が高くなると月々の支払額が増え、返済の負担が大きくなってしまうためノンバンクを利用する際は注意しましょう。

融資はスピーディーに行われますが、その分金利が高くなることを意識しておきましょう。

その他に、ノンバンクの場合、年金受給者や専業主婦は融資を受けることができません。しかし、パートやアルバイトなどでも収入がある場合はノンバンクを利用できる可能性があります。

また、ノンバンクでは不動産の担保の価値が低い場合でも融資を受けられてしまうため、ノンバンクでローンを組んだ後借り換えをしたい場合、他の銀行でローンの借り換えができない可能性があるため注意が必要です。

実質の不動産担保の価値が低いのに借入を受けられるのはノンバンクだけで、銀行などの金融機関が融資する可能性は低くなるでしょう。

リフォーム会社が提携しているノンバンク系ローンもある

リフォーム会社の中には提携しているノンバンクのリフォームローンもあります。

提携しているノンバンクローンの場合、利用することで金利が少し優遇されるなどの特典があります。

ノンバンクのローンは一般的に金利が高めに設定されていますが、上記のような特典を利用することでお得に利用できる可能性があるため、リフォームを依頼する際にリフォームローンについて質問してみるといいでしょう。

簡単にリフォームローンを探すには

リフォームローンの仮審査先を探すには「ハピすむローン比較」が利用できます。

リフォームローン比較サービスの「ハピすむローン比較」は、お住まいの地域や希望の借入金額といった条件を元に利用できるリフォームローンを見つけることができます。

複数のローン・金融機関が登録されており、高額のリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料のリフォームローン比較はこちら>>

住宅ローン・リフォームローンに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた住宅ローン・リフォームローンは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、住宅ローン・リフォームローンを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する