1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 島根県
  6.  > 
  7. 松江市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年07月05日更新

松江市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

松江市のリフォーム会社の選び方

リフォームはリフォーム専門業者や工務店などに発注・依頼ができますが、もしも費用を抑えたリフォームを望まれるのなら、地元の業者をお勧めします。

地元の業者は大々的な宣伝やショールームがないため、大手や中小企業が支出する宣伝費などの諸費用がリフォーム費用に上乗せされないためです。

またリフォーム会社を選ぶ際には、各業者の得意・不得意とするリフォームを検討しながら、ご希望のリフォーム内容と照らし合わせて選ぶようにしましょう。

もしも松江市内で納得のいく業者を見つけることができなければ、近隣の雲南市、出雲市、安来市、または県境を超えて鳥取県境港市などの業者も視野に入れると、選択肢が広がります。

松江市で評判のリフォーム会社一覧

松江土建株式会社
所在地島根県松江市学園南2-3-5
対応
建物種別
戸建て 店舗・オフィス
対応
工事種別
フルリフォーム・リノベーション 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 屋根・外壁
会社の特徴
松江土建株式会社は島根県松江市に本社を置き、県内3か所に営業所を持つ昭和19年創業の会社です。学校や病院などの建築工事、道路や河川などの土木工事で地域に密着した総合建設業として幅広く活動しています。

個人向け事業の新築住宅ハウジングピコレ・ノルディックスタイルは、寒さの厳しい北欧の住まいを参考に自然素材を使用した「邸宅専用設計」で快適な住まいを実現します。

リフォーム事業のピコレファインリフォーミングは、戸建てだけでなくマンションのリフォームも可能。大規模現場で培った豊富な実績と確実な施工で、家の困りごとなら、どんな小さなことでも安心・親切・丁寧な対応をします。
西日本ホーム株式会社(増改築プラザ松江店)
所在地島根県松江市袖師町2-32
対応
建物種別
戸建て
対応
工事種別
フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 屋根・外壁
会社の特徴
西日本ホーム株式会社(増改築プラザ松江店)は、鳥取県松江市でリフォーム、リノベーションの工事業を展開しています。

「再生新築の家」と呼んでいるリノベーション工事を得意とし、「暮らしかた」に合わせた改修を提案。古民家や二世帯住宅・増減築・バリアフリー等で様々な施工実績で、鳥取県で過去5年連続売上1位の実績を誇ります。さらに中四国初のリフォームで長期優良住宅認定を受けています。

JERCO(リフォームデザインコンテスト)2019年全国部門別で優秀賞、LIXIL(メンバーズコンテスト)2019年リフォーム部門で敢闘賞、TDY(リモデルスマイル作品コンテスト)2019年ブロック別部門で奨励賞を受賞。他にも多くのコンテストで優秀な成績をおさめています。
有限会社大廣建設
所在地島根県松江市馬潟町341-4
対応
建物種別
戸建て
対応
工事種別
水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア
会社の特徴
有限会社大廣建設は島根県松江市で昭和51年の創業以来、お客様にもっと安く高品質な木造住宅を提供したいと考え「長持ちする家」「将来の家づくり」「無理のない資金計画で理想の家づくり」の3つを大切にしています。

長く住み継がれていく長期優良住宅「つむぎえ=TSUMUGiE」は、未来のご家族の暮らしまで考えた長く住むことができる家です。

長年培った知識と経験を活かした有限会社大廣建設のリフォームは、思い出の我が家をもう一度「再生」して、新たな時間が過ごせる空間をご提案。家族を守り、長く愛される家へリフォームをします。

松江市で受けられるリフォームの補助金や助成金

松江市で受けられるリフォームの補助金は、中古の木造住宅を購入時のリフォームと、木造住宅の耐震を強化するための工事、さらには耐震強化工事と同時の行ったリフォーム費用への補助があります。

これより各補助金の特徴や対象物件などを紹介しますが、これらの情報は2021年7月5日現在の情報ですので、申請の際には詳細を役所にお問い合わせください。

中古住宅のリフォーム費用の補助金制度

近年、増加傾向にある空き家を活用する目的で始まったのが「中古木造住宅改修及び除却支援事業補助金交付制度」です。

この制度により、松江市内の中古木造住宅を購入して一年以内に行うリフォーム費用の10%または上限20万円までが補助金として支給されます。

住宅購入者がUIJターン者なら、補助率は15%または上限25万円まで引き上げられます。

また、松江市内の中古木造住宅を購入して同じ敷地内に居住用の住宅を建築するために、購入した住宅を解体する場合には、解体費用の3分の2または上限50万円、UIJターン者なら費用の70%または上限55万円までが補助金で支給されます。

申請の流れは、補助申請を行い受理された後に解体工事を行い、終わり次第、完了報告を役所にしたのちに補助金が支給されます。

木造住宅の耐震計画・改修工事費用の補助

木造住宅の耐震工事費用を補助する制度は「木造住宅耐震改修補助事業」です。

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で2階建て以下、耐震診断の上部構造評点が1.0未満の物件の場合、中心市街地細街路沿線の木造住宅であれば、上限100万円として耐震改修工事費用(1㎡あたり34,100円を限度とする)の30%まで補助金として支給されます。

それ以外の地域にある木造住宅の場合は、上限75万円として耐震改修工事費用(1㎡あたり34,100円を限度とする)の23%まで補助金として支給されます。

耐震補強等計画には、その費用の2/3以内または上限40万円までの補助金がおります。

また中古住宅を解体する場合にも、解体工事費用の23%分または上限35万円(中心市街地細街路沿線の木造住宅の場合)までの補助金が支給されます。中心市街地細街路沿線以外の木造住宅の上限額は28万円です。

申請は工事前に行う

改修工事費用の補助金申請は、役所に補助申請を行い受理されてからリフォーム会社による施工を始めます。

一方、改修工事の設計費用の補助の申請は、業者に見積もりを出してもらってから受給申請を行います。

どの補助金もリフォーム終了後の完了報告を役所に提出した後に補助金が支給されますので、完了報告は忘れないようにしましょう。

耐震工事と同時に行うリフォーム費用の補助

木造住宅で耐震工事と同時にリフォームを行う場合、リフォーム費用の一部を補助する制度があります。それは「木造住宅耐震改修促進補助事業」による補助金で、リフォーム費用の10%または上限70万円まで支給されます。

対象となる物件は、上記した耐震改修工事費用の補助を受ける場合と同じで、補助金申請は工事着工前に行います。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する