2023年12月15日更新

監修記事

IHクッキングヒーターや天板の交換にかかる費用や方法は?

IHクッキングヒーターの交換や、傷んだトッププレートを交換する場合の費用はどの程度かかるのでしょうか?IHクッキングヒーターを交換する場合と、ガス台を撤去してIHクッキングヒーターを設置する場合の工事価格及び工事方法についてご紹介します。

IHクッキングヒーターにするにあたって、交換費用や交換することでお得になるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事ではIHクッキングヒーターの費用や特徴、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

IHクッキングヒーターの導入についてお悩みの方、ぜひご参考ください。

IHクッキングヒーターとはどんなものなのか

IHクッキングヒーターは、コンロ内部に搭載されたコイルに流れる電流を利用し、鍋そのものを加熱させる調理器具です。

ガスを燃焼させて調理を行うガス台と違い、鍋そのものが発熱するため、調理の感覚は多少変わりますが、タイマーによる調理時間の管理や、温度を細かく調整することができるという特徴があります。

また、火を使わないため、不完全燃焼による一酸化炭素中毒や火事の心配もほとんどありません。

初期の製品では加熱方法の都合で鉄製の調理器具以外使用できませんでしたが、近年ではメタル対応が進んでおり、ステンレスやアルミの調理器具でも使用できるようになりました。

大きさについては、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターは、ガスを用いたビルトインコンロとほぼ同じサイズとなっているので、ガスから電気に交換する際でもシステムキッチンを交換せずに設置が可能となっています。

サイズは一般的な75cmと60cmの2種類となっていますので、設置箇所のサイズを測った上で同じサイズのものを購入すると良いでしょう。

IHクッキングヒーターの工事費用

既存のIHクッキングヒーターを新しいIHクッキングヒーターに交換する場合は、既存製品の取り外し及び新規取り付けとなり、施工価格は約2万円が相場です。

ガス台を撤去して新たにIHクッキングヒーターを取り付ける場合は、ガス配管及びガス栓の撤去工事、ブレーカーの新設、電気配線の新設工事などが必要となり、工事価格は約10万円かかります。

IH以外の電気コンロから変更する場合は、お使いになるIHクッキングヒーターの使用電力にもよりますが、電気配線の工事が必要な場合は約3万円が相場です。

IHクッキングヒーター本体の価格については、スタンダードなものなら約8万円、ハイグレードのものは約15万円となります。

なお、ここでご紹介した費用はあくまで一例であり、リフォーム会社によって費用に違いがあります。

IHクッキングヒーターの交換を検討する際には、相見積もりを取って費用の確認を行うことが重要です。

IHクッキングヒーターを自分で取り付けることはできる?

ガス栓にホースを繋ぐだけで設置できるガス台や、コンセントさえあれば設置できる電気コンロと違い、IHクッキングヒーターは設置に専門的な知識が必要となります。

もちろんガス栓もキチンと止める必要があり、それは資格者、ガス会社の指定業者でなければ出来ません。

ガス漏れなど危険を伴いますので必ずガス会社に相談して下さい。

電気コンロをお使いの場合、据え付けタイプやビルトインタイプならそのまま設置できそうに思えますが、このタイプのIHクッキングヒーターは使用電圧が200Vのため、そのままでは設置することができません。

また、使用の際には電圧以外にも電力容量についても注意する必要があり、ご家庭の電気契約によってはブレーカーが落ちてしまうこともあります。

既にIHクッキングヒーターをお使いで、新しいIHクッキングヒーターに交換したいという場合は自分で交換することもできますが、重量が30kg程度ありますし、電圧も200Vと高めですので、おすすめはできません。

落下による破損や怪我、作業ミスによる感電を防ぐためにも、IHクッキングヒーターの交換は自分で行うのではなく、専門の業者に施工を依頼しましょう。

賃貸マンションでIHクッキングヒーターに交換することはできる?

賃貸マンションにお住まいの方で、ガス台をIHクッキングヒーターに交換したいという場合や、電気コンロをIHクッキングヒーターにしたいという場合、交換は可能なのでしょうか?

賃貸マンションの場合、設備はオーナーの持ち物ということになりますので、勝手にリフォームなどを行うことはできません。

そのため、電気工事やガス栓の撤去工事が必要となるIHクッキングヒーターへの変更は難しいと考えられます。

電熱線を使用した卓上タイプの電気コンロが設置されており、電源配線も用意されているなら、100V対応のIHクッキングヒーターを購入して設置すれば使用は可能です。

家庭用の据え置きタイプについては、200V電源を用意する必要があるため、電気工事やブレーカーの増設工事が必須となります。

大家さんの許可が得られればリフォームすることも不可能ではないでしょうが、基本的に賃貸マンションに個人的に設置することはできないとお考えください。

まずは
無料お見積もりから

IHクッキングヒーターの天板(トッププレート)を交換する費用について

IHクッキングヒーターのトッププレートには、ガラスやガラス質のコーティング剤が塗布され、汚れがつきにくくなっています。

ガラス系素材ではありますが、耐衝撃性を高める加工が施されているため、多少の衝撃では割れることはありません。

しかし、落下物の重量や硬さ、衝撃のかかる面積によってはヒビが入ってしまうこともあり、一度ヒビが入ってしまうと安全性が低下してしまいます。

このような場合には、天板のみを交換することで修理が可能ですので、施工を依頼した業者またはメーカーに相談するといいでしょう。

施工費用はお使いの製品によって多少変わりますが、約5万円が相場です。

IHクッキングヒーターを交換した方が良い理由

壊れさえしなければずっと使える設備ではありますが、メーカーの交換部品の在庫などから、一般的には約10年程度が交換時期だと言われています。

修理を行ってできる限り長く使い続けるのも良いのですが、新しいものは火力が上がっていたり、メタル対応でステンレス対応となっていたりしますので、ある程度古い場合は修理より交換したほうが使い勝手は良くなります。

故障や不調の有無にかかわらず、節電などの観点から、交換時期の約10年が経過したら新しいものへの交換を検討した方が良いでしょう。

IHクッキングヒーターの選び方

各社からさまざまな特徴を持った製品が販売されているため、IHクッキングヒーターを選ぶ際にどれがおすすめかというのは一概には言えません。

使用できる調理器具については、各社ともメタル対応となっており、ステンレス対応、アルミ対応が行われていますので、この点についてはあまり気にすることはないでしょう。

ただ、一部の安価な製品ではまだステンレス対応やアルミ対応が行われていないものもありますので、購入時にはメタル対応製品かどうかは確認しておいた方が安心です。

IHクッキングヒーターとガスコンロの光熱費の違い

IHクッキングヒーター、都市ガス、プロパンガスで1ヶ月の光熱費を比べてみます。

1ヶ月あたりの料金
IHクッキングヒーター(28円/1時間) 1736円
都市ガス(22円/1時間) 1364円
プロパンガス(33円/1時間) 2046円

上記の表は1日2時間、1ヶ月使用すると仮定した際の料金です。

1時間あたりの料金は地域や会社などによって異なりますが、平均的な料金を元に算出しました。

IHクッキングヒーターは電気を使うのに対して、ガスコンロではガスを使います。

IHクッキングヒーターではプランや時間帯によっても料金が異なり、電気使用量が少なくなる深夜時間帯などは料金が安くなる傾向にあります。

一覧にしてみると都市ガスがランニングコスト的には一番安く、その次にIHクッキングヒーターで、プロパンガスは都市ガスの2倍までの開きはないものの、圧倒的にランニングコストが高くなる傾向にあります。

こうしてみると、都市ガスが最もお得に見えますが、熱伝導率の高さなどの点でIHクッキングヒーターは優れているため、その分熱が伝わりやすく、調理時間が短くなる傾向にあります。

ランニングコストだけでなく、自分の生活スタイルや各会社のプランなどを比較して検討することをおすすめします。

まずは
無料お見積もりから

IHクッキングヒーターのメリット

火を使わない安全性

IHクッキングヒーターの大きなメリットの1つは火を使わないという点です。

IHクッキングヒーターは、火による加熱ではなく、電磁力と鍋などの金属との電気抵抗により加熱を行います。

火が出ないため、安全に料理を行うことができ、お年寄りやお子さんにも安心です。

フラットな天板で掃除が楽

通常のガスコンロを掃除する際には、五徳などの器具や汚れが入り込む隙間などがあるため、掃除が面倒に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

IHクッキングヒーターはフラットな天板なため、油汚れなどもテーブルを拭くようにサッと拭き取るだけで楽に掃除することができます。

お掃除の手間が省けるというのは、気持ち的にも時間的にも大きなメリットと言えるでしょう。

お鍋を熱するだけなので、キッチンに暑さが籠らない

ガスコンロの場合は火を使うことで周囲に熱が放熱されます。

しかし、IHクッキングヒーターの場合はその放熱量がきわめて少ないため、部屋の温度上昇を抑えることができ、キッチンが暑くなりにくいです。

IHクッキングヒーターを使うことで、特に夏場などは快適に料理ができるでしょう。

IHクッキングヒーターは熱伝導率が高く調理時間が短い

IHクッキングヒーターは熱伝導率に優れています。

ガスの熱伝導率が約40%なのに比べて、IHクッキングヒーターの熱伝導率は約90%と言われています。

熱伝導率が高いほど鍋などに熱が効率よく伝わり、その分調理時間が短くなります。

結果として、光熱費の節約にもつながるでしょう。

またIHクッキングヒーターは、ボタン操作により定量的に加熱力を変えることができるため、加熱力の安定度や調節のしやすさに優れているというメリットもあります。

IHクッキングヒーターのデメリット

チャーハンなどで鍋を振りたい人には不向き

IHクッキングヒーターは、鍋などの調理器具の底面が確実に接していないかぎり加熱されない原理であることや、五徳などの器具が一切ないガラストップ天板のため、ガスコンロ使用時のようにチャーハンなどで鍋を振りたい人には不向きです。

ガスコンロは火で全体を包むのに対し、IHクッキングヒーターは鍋の底のみが熱くなります。

そのためIHクッキングヒーターで焼いたり、炒めたりする場合に、鍋の底が焦げ付かないように注意する必要があります。

また鍋を選ぶ際にIHに対応しているものを購入する必要がある点もデメリットと言えるかもしれません。

電磁波が発生すると言われている

IHクッキングヒーターの電磁波による健康被害を心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかにIHクッキングヒーターは電磁波を発生しますが、発がん率などの危険性については国際的なガイドラインを大きく下回っています。

電磁波はIHクッキングヒーターのみだけでなく、太陽光線やそのほかの家電製品でも発生するものです。

IHクッキングヒーターの電磁波はほかの家電製品のレベルと違いはなく、極端に多いという訳ではありません。

ペースメーカーをつけているご家族のいる方には不向き

IHクッキングヒーターは上述のとおり電磁波を発生させます。

そのためペースメーカーをつけているご家族がいる方は、IHクッキングヒーターの利用には注意が必要です。

まずは
無料お見積もりから

IHクッキングヒーターを綺麗に使い続ける方法

傷が付くのはNG

IHクッキングヒーターを使う際には、傷がつかないように注意しましょう。

傷からひび割れしてしまうと、見た目が悪いだけではなく、感電や怪我の原因にもなります。

鍋をひきずる、ヘラや鋭利なもので汚れを取る、必要以上の空焼きをする、鍋底に張り付いている具材などがこびりついて空焼き状態になるなどは傷の原因になります。

またIHクッキングヒーターの上に調理器具以外のものを置いてしまうと、重さによって割れることもあるため注意しましょう。

汚れを削るのはNG

IHクッキングヒーターに汚れがこびりついている際には、ついつい削って落としがちですが汚れを削るのは傷の原因になります。

上述したとおり、傷は故障の原因になるため、汚れを落とす際には、洗剤などで中和させてから拭き取るように落とすことをおすすめします。

また汚れなどは放置しておくと落としにくくなるため、吹きこぼれた場合などはその時点でなるべく早くふき取るようにしましょう。

洗剤にはアルカリ性がおすすめ

IHクッキングヒーターによく見られる頑固な汚れは、醤油などの水溶性調味料や油などが原因です。

このような汚れはおもに酸性であるため、アルカリ性の洗剤を使うことで中和し効果的に汚れを落とすことができます。

アルカリ性の洗剤のおすすめは重曹

アルカリ性洗剤のおすすめは重曹です。

汚れの上に重曹、その上から水をかけラップやアルミホイルで擦ることで、汚れを効果的に落とすことができます。

重曹で落ちないような汚れには、IHクッキングヒーター専用のクリーナーがおすすめです。

汚れは調理のたびに加熱されることで落としにくくなるため、放置せずにこまめに掃除するようにしましょう。

またIHクッキングヒーターによっては、掃除の方法によって傷や曇りなどにつながることもあるため、事前に説明書をよく確認することをおすすめします。

IHクッキングヒーターの劣化症状・交換のタイミングとは

クッキングヒーターが劣化した際に見られる症状や、交換のタイミングについて見ていきます。

IHクッキングヒーターの耐用年数が過ぎている

IHクッキングヒーターの耐用年数は約10〜15年と言われています。

もちろんこれは目安であって、使用状況や使用頻度によって前後します。

頻繁に調理する場合には5年ほどで不具合が生じることもありますし、あまり使用しない場合には15年以上問題なく使うこともできます。

IHクッキングヒーターなどの修理などに必要な部品は、ほとんどの場合、メーカーに10年程度までは保管されているようです。

もし不具合が生じた場合、この保管期間をすぎると修理のための部品がなくなり修理対応ができなくなります。

その時は製品自体の限界をむかえると言えます。

ヒーターの火力が弱まっている

IHクッキングヒーターは、劣化すると加熱力が低下してしまうことがあります。

お湯を沸かす際に以前よりも時間がかかるようになったと感じたら、出力が落ちている可能性があるため、寿命を疑ってみる必要があるでしょう。

電源が適切に作動しないことがある

IHクッキングヒーターの電源が入りにくくなる症状も、劣化の症状のひとつとしてよく見られます。

電源が入りにくくなる原因としては、電源のスイッチ自体が故障している、吹きこぼれなどにより内部が損傷してしまったことなどが考えられます。

電源に不具合が生じている場合には、なるべく早く修理や交換などの対処をするようにしましょう。

天板の表面にひびなど目立つ傷がある

IHクッキングヒーターの天板部分にひびなどの目立つ傷がある際にも修理や交換が必要です。

IHクッキングヒーターは内部に水を侵入させないように天板が取り付けられています。

天板にひびや割れが生じると、吹きこぼれた際などに内部に液体が侵入しそこから故障につながってしまうのです。

傷を発見した際には、放っておかずになるべく早いタイミングで補修することをおすすめします。

また普段から天板を傷つけないためにも、重い鍋の使用を避けたり、鍋を引きずらないようにする、こまめに掃除することなどを心かけるようにしましょう。

使用中に異音がする

IHクッキングヒーターの使用中には音が発生します。

ファンが運転すると「ブーン」という音が鳴ったり、発熱の際には「ジー」「キーン」などの音、加熱時には独特の「うー」といった音が発生することがあります。

しかし明らかにファンのモーター音が大きくなった、今までとは異なる音がするといった場合には劣化の可能性もあるため、一度メンテナンスを行うことをおすすめします。

また発生している音が劣化が原因なのか、それとも使用に応じて発生する音なのかわからないといった場合にはメーカーのお問い合わせ窓口に電話し、相談してみるのもおすすめです。

まずは
無料お見積もりから

ビルトインIHクッキングヒーターのおすすめ商品やりリフォーム費用を解説

ビルトインIHクッキングヒーターのメリットやデメリットがわからない

ビルトインIHクッキングヒーターの人気商品を知りたい

上記のように、ビルトインIHクッキングヒーターのリフォームを検討している方には様々な疑問や不安があるのではないでしょうか。

本記事ではビルトインIHクッキングヒーターのメリットやデメリットなどの基礎知識から、人気の商品まで幅広く紹介しています。

この記事を読むことで、ビルトインIHクッキングヒーターについて把握でき、リフォームの際に自分の希望に近い商品で価格を抑えて工事を行うことができるでしょう。

価格を抑える方法としては、業者によって異なる工事費用を比較できる相見積もりが重要です。

ビルトインIHクッキングヒーターのリフォームを検討している方は、この記事を最後まで読み、無料で相見積もりが行えるハピすむをぜひご活用ください。

簡単に無料で見積もりが出来ますので、ぜひこちらからリフォーム費用の無料相見積もりをご利用ください。

ビルトインIHクッキングヒーターとは?

ここではビルトインIHクッキングヒーターの特徴について解説します。

ビルトインとは

ビルトインIHクッキングヒーターの「ビルトイン」とは、システムキッチンにIHヒーターが埋め込まれている形式を指します。

電源がキッチンに埋め込まれているため、設置を行った後にコンセントを抜き差しできない特徴があります。

また、ビルトイン型のIHクッキングヒーターはガスコンロなどと比較しても遜色ない性能を発揮します。

ビルトイン型以外の形式には、持ち運びが可能な卓上型やキッチンに固定する据置型があります。

まずは
無料お見積もりから

ビルトインIHクッキングヒーターのメリット

ビルトインIHクッキングヒーターのメリットを知りたいと考えている方もいるでしょう。

ビルトインIHクッキングヒーターのメリットは下記の通りです。

  • 高火力で調理できる
  • 3口で調理できる
  • グリル機能が付いている

それぞれについて、詳しく解説していきます。

ビルトインIHクッキングヒーターのメリットとして高火力で調理ができる点があります。

ビルトインIHクッキングヒーターは200Vの電源を使用しており、これによって高火力を実現しているのです。

さらに、ビルトインIHクッキングヒーターは3口で調理が行えるというメリットがあります。

一般的に据置型のIHクッキングヒーターは2口が主流になりますが、ビルトインIHクッキングヒーターは3口が主流になります。

また、ビルトインIHクッキングヒーターにはグリル機能が付いているというメリットがあります。

グリル機能があることで調理の幅が大幅に広がるため、調理好きな方にはビルトインIHクッキングヒーターがおすすめです。

ビルトインIHクッキングヒーターのデメリット

ビルトインIHクッキングヒーターには魅力的なメリットがありますが、デメリットもあります。

下記ではビルトインIHクッキングヒーターのデメリットを紹介します。

  • 鍋底に焦げ付きやすい
  • 200Vの電源が必要
  • IH専用鍋を使用しなければならない

それぞれ順に解説していきます。

ビルトインIHクッキングヒーターのデメリットとしてまず挙げられるのが、鍋底に焦げ付きやすいという点です。

これは、IHクッキングヒーターは鍋底が発熱し加熱を行うため、鍋底の火力が強くなってしまうことによるものです。

また、ビルトインIHクッキングヒーターのデメリットには200Vの電源が必要という点も挙げられます。

ビルトインIHクッキングヒーターのメリットである高火力を実現するために200Vの電源が必要であるためです。

さらに、ビルトインIHクッキングヒーターのデメリットとしてIH専用鍋を使用しなければいけないという点も挙げられます。

IH専用鍋を使用しなければ発火してしまう恐れがあります。

まずは
無料お見積もりから

ビルトインIHクッキングヒーターのリフォーム費用相場

ビルトインIHクッキングヒーターのリフォーム費用相場を知りたいと考えている方もいるでしょう。

ここではビルトインIHクッキングヒーターの費用相場を紹介します。

なお、ビルトインIHクッキングヒーター本体の価格は約10万円〜約30万円です。

ビルトインガスコンロ → IHクッキングヒータービルトインの場合

ビルトインガスコンロからビルトインIHクッキングヒーターへ交換する場合の相場は約20万円〜約30万円です。

この金額は選択するビルトインIHクッキングヒーターのグレードによって変動する可能性があります。

なお、ビルトインガスコンロからビルトインIHクッキングヒーターへの交換時には200Vの電源を増設する工事が必要になるケースもあります。

また業者によってビルトインIHクッキングヒーターの設置費用が異なるため、依頼する業者によっては価格が変動する可能性があります。

費用を抑えるためにはビルトインIHクッキングヒーターの本体グレードを抑えるなどの方法が効果的です。

ihクッキングヒーター(据置型) → IHクッキングヒータービルトインの場合

IHクッキングヒーターをビルトインIHクッキングヒーターに交換する場合の費用相場は約15万円〜約30万円です。

この金額は選択するビルトインIHクッキングヒーターのグレードによって変動します。

また据置型のIHクッキングヒーターはビルトイン式のガスコンロやIHクッキングヒーターなどと比較して撤去が行いやすいため、工事費用を安く済ませられる可能性があります。

またこちらの場合も業者によってビルトインIHクッキングヒーターの設置費用が異なるため、依頼する業者によっては価格が変動する可能性があります。

IHクッキングヒータービルトイン → IHクッキングヒータービルトインの場合

ビルトインIHクッキングヒーターから新しいビルトインIHクッキングヒーターに交換を行う場合の費用相場は、約10万円〜約30万円です。

この金額は、依頼する業者や選択する商品のグレードによって変動します。

この場合、既存のビルトインIHクッキングヒーターを使用するためにすでに200Vの電源が設置されているため、増設工事を行う必要がなく工事費用を抑えてリフォームすることができます。

さらに費用を抑えたいと考えている方は商品のグレードを検討し直すなどの方法がおすすめです。

ビルトインIHクッキングヒーターのおすすめメーカーと商品3選

ビルトインIHクッキングヒーターの人気商品を知りたいと考えている方もいるでしょう。

ここでは人気のビルトインIHクッキングヒーターを紹介します。

日立

日立は日本の総合電気メーカーです。

ビルトインIHクッキングヒーター以外にも据置型のIHクッキングヒーターも販売しています。

IHクッキングヒーターの国内シェアでトップクラスを占める人気のメーカーです。

また日立のビルトインIHクッキングヒーターにはラク旨グリルなどの機能がついており、オート調理なども可能です。

機能面以外にもデザイン面も優れている商品が多く、キッチンで使用率の高い人工大理石に馴染むカラーであるパールホワイトのトッププレートなどを採用しています。

商品の価格帯もリーズナブルであり、費用を抑えてビルトインIHクッキングヒーターにしたいと考えている方にはおすすめのメーカーです。

日立「N100Tシリーズ」

画像出典:日立

商品名HT-N100STWF
商品価格451,000円
おすすめ機能適温調理、保温、ラク旨グリル、タイマー機能
キッチンサイズ750×546×232mm
対応レイアウトビルトイン

日立のN100Tシリーズは人工大理石との相性が良いトッププレートを採用しているビルトインIHクッキングヒーターです。

トッププレートは拭きやすく手入れもしやすくなっており、IHクッキングヒーターの周りは薄形フレームが採用されているためカウンタートップとの段差が少ないという特徴があります。

お手入れが面倒な排気部分も簡単に外すことができ、メンテナンス性にも優れたビルトインIHクッキングヒーターです。

Panasonic

Panasonicは日本の大手総合家電メーカーです。

卓上タイプのIHクッキングヒーターから据置型、ビルトイン型など幅広く商品を展開しています。

Panasonicは商品のラインナップが豊富であるため、自身のライフスタイルに適した商品を見つけやすいでしょう。

ビルトインIHクッキングヒーター選びに迷っている方は、ぜひ商品をチェックしてみてください。

PanasonicのビルトインIHクッキングヒーターは、水入れなしでグリル機能が使用できる機能や火力を知らせる音声ガイド機能など、料理をスムーズに行える機能が付いた商品が販売されています。

Panasonic「Aシリーズ」

画像出典:パナソニック

商品名KZーKZ77S
商品価格495,000円
おすすめ機能凍ったままIHグリル、焼き物アシスト
キッチンサイズ750×546×232mm
対応レイアウトビルトイン

PanasonicのAシリーズは時短調理を行うためにサポート機能が充実したビルトインIHクッキングヒーターです。

凍ったままIHグリルは冷凍保存していた食材を解凍する手間なくスピーディに焼き上げることができ、料理を時短で行うことができます。

自動調理機能は焼き加減を3段階から選んで調理を行えます。

また、お急ぎコース機能もついているため、忙しいときにも時短で調理を行うことができます。

三菱電機

三菱電機は国内の大手総合メーカーです。

家電製品のみならず産業機器やインフラ設備まで幅広く事業を展開しています。

IHクッキングヒーターの分野でも蓄積した技術とノウハウを活かした製品製造を行っています。

三菱電機のIHクッキングヒーターは独自機能としてびっくリング加熱やびっクリアオーブンなどが付いた商品を販売しており、調理の幅を広げることができます。

洗練されたデザインと商品の使い勝手の良さなどが特徴的であり、IHクッキングヒーターへのリフォームを検討している方はチェックしておきたいメーカーです。

三菱電機「PT321Hシリーズ」

画像出典:三菱電機

商品名CS-PT321HNWSR
商品価格435,000円
おすすめ機能びっくリング加熱、びっクリア加熱
キッチンサイズ748×553×231mm
対応レイアウトビルトイン

三菱電機のPT321Hシリーズは高火力で調理が可能なびっくリング加熱機能がついたビルトインIHクッキングヒーターです。

びっくリング加熱は火加減の調整を5段階で行うことができ、鍋の大きさや食材の種類によって細かく加熱具合を変更することができます。

また対流煮込み加熱により自動でかき混ぜを行うため、煮くずれや焦げ付きを抑えて調理することが可能です。

熱風を循環させて加熱するびっクリアオーブン機能も付いており、ノンフライ調理も気軽に行うことができます。

料理をヘルシーにしたいと考えている方には特におすすめの機能です。

まずは
無料お見積もりから

キッチン周りのリフォームに失敗しないための業者選びや方法

キッチン周りのリフォームに失敗しないよう、具体的な業者選びの方法や費用を抑えるポイントなどを紹介します。

複数の業者から相見積もりを取る

キッチン周りのリフォームで失敗しないためには、複数の業者から見積もりを取る相見積もりを行うことが重要です。

依頼するリフォーム業者によって工費が異なっているケースが多いため、複数の業者から見積もりを取ることで適正価格を把握することができます。

一般的には、工務店などに直接依頼することで費用を抑えることができます。

また複数の業者から見積もりを取得することによって、値段交渉の材料にすることができ、費用を値引きしてもらえる可能性があります。

相見積もりを取得する際の注意点として、同一条件で見積もりを取るという点があります。

同一条件で見積もりを取らなければ、業者間の工事費用の比較などを行えないため注意が必要です。

こちらから無料で簡単に見積もりが出来ますので、ぜひハピすむのリフォーム費用の無料相見積もりをご利用ください。

施工実績で検討する

キッチン周りのリフォームで失敗しないためには、業者の施工実績で検討をすることが重要です。

施工実績で検討する際には、施工実績数のみでなく、その業者の得意不得意を把握することが重要になります。

たとえば、リフォームの総実績が多い場合でもお風呂に特化している業者の場合などもあります。

下記に施工実績で検討する際の例を紹介します。

例:A社 施工実績100件 内トイレ85件 内装14件 キッチン1件
  B社 施工実績 50件 内キッチン45件 その他5件

上記ではA社の方が総施工実績数は多いですが、キッチンの施工実績数は1件しかありません。

一方B社は総施工実績数は少ないもののキッチンの施工実績数が多く、キッチンリフォームに特化していることがわかります。

この場合キッチンリフォームはB社に依頼するべきでしょう。

業者選びはリフォーム協会に所属している業者を

キッチン周りのリフォームで失敗しないためには、業者を選ぶ際にリフォーム協会に所属しているかどうか確認を行うことも重要です。

こちらの内容は、上記で紹介した方法で検討を進めても悩んだ際に判断材料として活用することをおすすめします。

リフォーム協会とは「住宅リフォーム推進協議会」や「日本住宅産業リフォーム協会」などのリフォームに関わる団体を指しています。

上記の団体はある程度の基準を満たした業者が加盟しているため、質の高い施工を行ってくれる可能性が高いです。

また、施工実績の内容なども加盟基準になることがあるため、安心して工事を依頼することができるでしょう。

キッチン・台所のリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の洗面所リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって大きく異なります。複数社の見積もりを「比較」することが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】岩納年成

大手ゼネコン会社にて、官公庁工事やスタジアム、免震ビル等の工事管理業務を約4年経験。
その後、大手ハウスメーカーにて注文住宅の商談・プランニング・資金計画などの経験を経て、木造の高級注文住宅を主とするビルダーを設立。
土地の目利きや打ち合わせ、プランニング、資金計画、詳細設計、工事統括監理など完成まで一貫した品質管理を遂行し、多数のオーダー住宅を手掛け、住まいづくりの経験は20年以上。
法人の技術顧問アドバイザーとしても活動しながら、これまでの経験を生かし個人の住まいコンサルテイングサービスも行っている。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする