2024年06月28日更新

監修記事

キッチンの吊り戸棚はいる?いらない?後付けから撤去の費用まで解説

キッチンの収納スペースとして役立つ「吊り戸棚」。調理器具や食品、食器などをすっきり収納できる便利な設備です。キッチン上部に取り付けられるので、家事動線の邪魔になりません。しかし、キッチンの吊り戸棚は本当に必要なのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
今回は、キッチン吊り戸棚の特徴や後付けから撤去の費用まで解説します。吊り戸棚を有効活用するための収納アイデアも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まずは
無料お見積もりから

キッチンの吊り戸棚とは?

キッチンの吊り戸棚の撤去費用は?

吊り戸棚とは、壁や天井に取り付けられる収納棚のことです。

ウォールキャビネットと呼ばれることもあり、キッチンの天板やカップボードの上部に取り付けられます。

キッチン空間の上部にあるデッドスペースを活用できるので、効率よく収納力をアップさせられます。

使用頻度の少ない食器や食料品のストックなどの収納場所にぴったりです。

キッチンの吊り戸棚は後付けできる?

キッチンの吊り戸棚は後付け可能です。

ただし、後付けする時期によっては、キッチンの下台と同じ扉カラーが廃盤になっている可能性もあります。

吊り戸棚のデザインが違ってもおしゃれな雰囲気に仕上がりますが、統一感のあるキッチンにしたい場合はキッチンごとリフォームするのも手段の一つです。

また、マンションの場合は、壁内部に共有部分に含まれる躯体が入っていることも少なくありません。

マンションでリフォームできるのは専有部分のみのため、場合によっては希望するサイズや位置に取り付けられないこともあります。

不安な人はリフォーム会社に現場を確認してもらった上で、吊り戸棚を選びましょう。

キッチンの吊り戸棚の種類

キッチンの吊り戸棚は、種類によって使い勝手が異なります。

おもに採用されているのは、以下の3種類です。

吊り戸棚の種類特徴
開き戸タイプ扉を手前に開閉する
引き戸タイプ扉を左右に開閉する
昇降タイプ扉を開けてなかの棚を降ろす

昇降タイプは、中身が取り出しやすいように、手動や自動で棚を降ろせる便利な吊り戸棚です。

通常の吊り戸棚よりも高価ではあるものの、利便性が高まります。

使用頻度が少ない場合は通常タイプでも困ることは少ないかもしれませんが、使い勝手をよくしたいと考えているなら昇降タイプがおすすめです。

吊り戸棚の種類を選ぶときは、収納する物や使用頻度、使い勝手などを考慮しましょう。

キッチン吊り戸棚ありのメリット・デメリット

ここでは、キッチン吊り戸棚ありのメリット・デメリットを解説します。

キッチン吊り戸棚ありのメリット

キッチンに吊り戸棚があると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的なメリットとして、以下の3つがあります。

  • 収納スペースが増える
  • キッチンの天板に置く物の数を減らせる
  • 子どもの手が届かない場所に収納できる

それぞれの内容を見ていきましょう。

【メリット1】収納スペースが増える

キッチンに吊り戸棚がある大きなメリットは、収納スペースが増えることです。

収納スペースが足りていないキッチンは、食品や掃除用具のストックの置き場所に困ります。

しかし、キッチン関連の物は1箇所にまとめておきたいところです。

吊り戸棚があれば、キッチンの下台やカップボードに入りきらない物をすっきり収納できます。

【メリット2】キッチンの天板に置く物の数を減らせる

吊り戸棚があると収納量が増えるので、キッチンの天板にわざわざ物を置いておく必要がなくなるのもメリットの一つです。

天板上の物が減ればスペースを広く確保でき、調理に必要な食品や器具を並べられ、効率よく料理ができるようになります。

天板上がいつでも片付いている状態になれば、突然の来客でも慌てずにおもてなしできるでしょう。

【メリット3】子どもの手が届かない場所に収納できる

吊り戸棚はキッチン空間の上部に取り付けられるため、小さい子どもは手が届きません。

そのため、子どもに触られたくない包丁や調理器具を収納しておけます。

キッチンの下台に収納しておくと取り出しやすくなるものの、子どもが中身をぐちゃぐちゃにすることも考えられます。

場合によってはケガをするリスクもあるため、子どもにとって危険な物は吊り戸棚に収納するとよいでしょう。

キッチン吊り戸棚ありのデメリット

メリットがある一方で、吊り戸棚があることでデメリットに感じる部分もあるかもしれません。

挙げられるデメリットは以下の通りです。

  • 棚の奥に手が届きにくい
  • キッチンの空間が暗く感じる

それぞれの内容を解説します。

【デメリット1】棚の奥に手が届きにくい

吊り戸棚のデメリットは、棚の奥にある物に手が届きにくいことです。

奥の物を取り出す際は、一度手前の物を出す必要があるでしょう。

しかし、工夫次第で使い勝手をよくすることはできます。

昇降式を選んだり収納ボックスを活用したりすると、奥にある物も取り出しやすくなります。

記事の後半で収納アイデアを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【デメリット2】キッチンの空間が暗く感じる

対面式キッチンの場合、吊り戸棚があることでリビングからの光が届きにくくなります。

これにより圧迫感が生まれることもあり、人によっては調理中にキッチン空間が暗く感じるかもしれません。

対策としては、吊り戸棚の底面に照明を仕込んだり、キッチン空間の上部にシーリングライトを設置したりするのがおすすめです。

リビングとは別に明かりを確保すれば、吊り戸棚があっても暗く感じることはないでしょう。

まずは
無料お見積もりから

キッチン吊り戸棚なしのメリット・デメリット

ここでは、キッチン吊り戸棚なしのメリット・デメリットを解説します。

キッチン吊り戸棚なしのメリット

キッチンに吊り戸棚がないと、以下のようなメリットが得られます。

  • 開放感のあるキッチンで料理ができる
  • 手元が明るくなる
  • 家族の様子を把握しやすい

それぞれの内容を見ていきましょう。

【メリット1】開放感のあるキッチンで料理ができる

吊り戸棚がない大きなメリットは、開放的なキッチンで料理ができることです。