1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. トイレに手すりを取り付ける費用や価格は?

キーワードから探す


2018年10月10日更新

トイレに手すりを取り付ける費用や価格は?

高齢者が楽にトイレを使用するためには、バリアフリー対策のためのリフォームが必要です。特にトイレは狭い空間なので、手すりがあると体の安定を図ることができ、転倒防止にも役立ちます。手すりの種類と価格、また、取り付け費用をみてみましょう。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

リフォームでトイレに取り付ける手すりの種類について

一般に高齢者は膝の痛みや足腰の筋力低下などで、身体のバランスを崩しやすくなっています。

特にトイレは1日に何回も使用するため、トイレに行く移動途中や、トイレの中での転倒事故がとても多いということです。

そのような転倒事故の危険から守るためにも、床の段差をなくしたり、手すりを取り付けたりするなど、バリアフリーにするためのリフォームが必要になってきます。

介護保険が使える住宅改修(リフォーム) 特徴と活用方法

トイレに手すりを取り付ける費用や価格は?

それでは、トイレの手すりにはどのような種類があるのかみてみましょう。

システムタイプのトイレ用手すり

トイレに座ったり、立ったりするのをサポートするために左右に肘掛けがついている手すりです。

便座の両脇に肘掛けがくるように、床に固定して設置します。

システムタイプなので、オプションで背もたれや前方ボード、また立つときの助けになるアシストバーなどを組み合わることができます。

身体の調子に合わせて選ぶことができるので便利です。

はね上げタイプのトイレ用手すり

便座に座っている時間が長くなると辛いというような場合の、座る姿勢を安定させるための手すりです。

肘掛けだけのタイプと、背もたれが付いているタイプがあります。

また、必要のない時は肘掛けを上にはね上げることができるので、介助人がいる場合も便利です。

シンプルな形状の床固定式なので、取り付けも簡単で、大がかりなリフォームの必要がありません。

壁に取り付けるインテリア・バー

座ることには問題がないけれど、立ったり座ったりするときに辛いという場合に、便利なのが壁に取り付けるタイプの手すりです。

I型とL型があります。

トイレに手すりを取り付ける費用や価格は?

他にも、手すりと棚がセットになっているタイプもあります。

縦にI型の手すり、横に肘がおける棚というように、L型に配置されています。

また、手すりを取り付ける時は取り付ける位置に注意しましょう。

横方向の手すりは便座の座面から23cm~30cm、縦方向の手すりは便器の前先端から20cm~30cmの位置が良いとされています。

しかし、個人差があるので、取り付ける際には必ず使用される高齢者の方に、確認してもらってから取り付けるようにしましょう。

一般的なトイレのインテリア・バーの価格は、約1万2000円から約3万円です。

しかし、インテリア・バーを取り付ける場合は取り付け工事費用の他に、壁の下地補強工事等が必要になる場合があるので、多少費用がかかる場合があります。

工事費用は約1万5000円から約3万円を目安にすると良いでしょう。

他に諸経費がかかります。



手すりなどのバリアフリーリフォームと助成金について

要介護、要支援の認定を受けている高齢者のために、トイレの手すりを設置する場合は、高齢者住宅改修費用の助成制度を利用して、バリアフリーリフォームの助成を受けることが可能です。

支給額は支給限度額20万円のうちの9割、つまり18万円を上限として支給されます。

詳しいことは地域のケアマネージャーなどに相談すると良いでしょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する