1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 秋田県
  6.  > 
  7. 秋田市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2022年06月22日更新

秋田市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

秋田市のリフォーム会社の選び方

秋田市では、住宅の居住環境の質の向上を目的とした住宅リフォーム支援事業や空き家定住推奨事業、木造住宅耐震改修等事業に関する補助などがあります。

このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

また、秋田市近郊の北秋田市や大仙市も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

秋田市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

株式会社シブヤ建設工業

株式会社シブヤ建設工業のおすすめポイント

  • お客様との約束
  • 地域密着型の安心サービス

続きを読む

秋田市の株式会社シブヤ建設工業は地元に根差した建設会社です。1981年の創業以来、人と人との絆を大事にし、心のこもったサービスと確かな技術で地域の人々と共に発展してきました。

一般住宅・店舗の新築やリフォームをはじめ、官公庁・公共施設の建築、土木事業、塗装工事、防水工事、不動産の売買およびコンサルティング、老人ホームや介護施設の運営など、幅広い事業に携わっています。

品質マネジメントの国際規格ISO9001を取得し、お客様に満足と信頼を約束する高品質な商品を提供。Q:品質(Quality)・C:価格(Cost)・D:納期(Delivery)の維持をモットーに、日々努力を重ねています。

所在地秋田県秋田市外旭川字三後田266番地1

有限会社大建

有限会社大建のおすすめポイント

  • 無垢材を使った家づくり
  • 大規模リフォーム「リセット住宅」
  • 「日本エコハウス大賞」奨励賞受賞

続きを読む

有限会社大建は、秋田市やその周辺を中心に、ヒバや赤松、桐などの天然無垢材を使用した「木の家」を作る会社です。新築・リフォーム・リノベーション工事をはじめ、ビルの内装造作工事、店舗の総合設計・施工、産業廃棄物関連、建造物の解体、不動産業など、不動産に関わる幅広い事業を行っています。

お客様との「人としての関係」を大切にし、工事の前には素材や工法について丁寧に説明。住まいの勉強会や工場の見学会を開催するほか、茨島の展示場「HARE CLASS(ハレクラス)」では子育て世代に適したロフトのある平屋を、また飯島の展示場「大建の家」では秋田らしさを大切にした住まいを、それぞれ提案しています。

所在地秋田県秋田市山王6-16-3

秋田市で受けられるリフォーム補助金・助成金

秋田市では、住宅リフォーム支援事業や空き家定住定住推進事業、木造住宅耐震改修等事業などの補助制度を利用することができます。

以下では、秋田市で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。

なお、情報は2019年4月11日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

令和元年度秋田市住宅リフォーム支援事業

市民が行う住宅の増改築やリフォームに対し、5万円を補助します。
(中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、10万円を補助)

補助対象者は、市内に住宅を有してる方、自ら住居するため所有する住宅の増改築やリフォームを行う方などです。

また、補助対象住宅は、一戸建住宅またはマンション等の共同住宅となります。

被害証明書が必要となりますが、自然災害による復旧工事にもリフォーム支援事業を利用することができます。

受付期間は平成31年4月1日から令和2年3月18日です。

秋田市空き家定住定住推進事業

空き家バンク等を利用して定住を希望する方に、住環境設備を補助するものです。

平成31年4月から補助対象住宅を拡充し、空き家バンク以外の物件も利用することができます。

補助対象者は、空き家バンクに登録された空き家等を購入し、増改築やリフォームを行う方などです。

また、補助額は空き家の購入による定住では、対象工事費の2分の1で上限額100万円になります。

さらに、空き家購入の場合は、秋田市の住宅リフォーム支援事業の併用も可能です。

受付期間は、平成31年4月1日から令和元年12月2日です。

多世帯同居・近居推進事業

秋田市では、子育てや高齢者世帯が安心して暮らせるような環境づくりを目的とし、多世帯家族の同居や近居に対し支援しています。

多世帯同居の補助対象者は、市内にある既存の住宅を改築し新しく多世帯同居をする方や、世帯の構成員に、過去に補助金の交付を受けていない方となります。

補助額は下記の通りです。

  1. 市内在住者による同居 対象工事の1/2。上限額50万円。
  2. 市外からの移住による同居 対象工事の1/2。上限額100万円。

また、秋田市住宅リフォーム支援事業(上記記載)などとの併用可能ですので、合わせてご覧ください。


近居の補助対象者は、親、子、孫等、三世代のいずれかが所有している住宅のそばに、市外から移住して近居する方や、世帯の構成員に、過去に補助金の交付を受けていない方となります。補助額は下記の通りです。

  1. 住宅新築費 上限額100万。
  2. 賃貸借契約費 上限額30万。

受付期間は、平成31年4月1日から令和元年12月2日です。ただし、土日祝は除きます。

木造住宅耐震改修等事業

木造住宅の耐震診断士の派遣および耐震改修工事に対する補助を受ける事ができます。

ただし、秋田市内にある木造戸建住宅であることや、昭和56年5月31日以前の建築であることが条件となります。

耐震診断士の派遣は、自己負担1万円で受けられます。

募集期間は、令和元年6月3日から令和2年1月31日まで。

補助額は、 耐震改修工事費用の2分の1で、上限は50万円です。

募集期間は、令和元年6月3日から令和元年12月20日まで。

また、秋田市では木造住宅耐震診断支援事業も行なっております。

申請期間は、令和元年6月3日から令和2年1月31日までとなります。

がけ地近接等危険住宅移転事業

土砂災害の恐れのある区域に建っている住宅を、安全な場所へ移転するために係る費用を支援する事業です。

また、市内の指定の区域のいずれかにあることや、区域に指定される前から建てられている住宅が補助の対象となります。補助額は下記の通りです。

危険住宅の除去等に要する経費 補助限度額80万2千円。
危険住宅に代わる住宅の建設に要する経費 補助限度額415万円。

申込期限は、令和元年12月2日です。ただし、土日祝は除きます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

LINE 友達追加
一括見積もりを依頼する