1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 岡山県
  6.  > 
  7. 倉敷市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年10月11日更新

倉敷市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

倉敷市のリフォーム費用を抑える業者の選び方

倉敷市でリフォーム業者を探すなら、地元のリフォーム業者や工務店を選ぶのがいいでしょう。

地元の業者は大手業者とは違い、宣伝費用やショールームなどの諸費用をかけないために、無駄なコストを省いたリフォーム費用が期待できます。

業者を選ぶ際には、希望されるリフォーム内容と業者の実績を照らし合わせて納得のいく業者を選ぶようにしましょう。

リフォーム業者にも得意・不得意があるので、何を得意としているのかを見極めることが大切です。

もしも倉敷市内で納得のいく業者を見つけることができなければ、近隣の岡山市、玉野市、総社市、浅口市、小田郡矢掛町などの業者も視野に入れると、選択肢が広がります。

倉敷市で受けられる補助金・助成金

倉敷市では、木造住宅の耐震診断や耐震リフォーム工事への補助、高齢者の住まわれる住宅のリフォーム、さらには太陽光発電システム導入や定置型リチウムイオン蓄電池の導入などへの補助があります。

ここでは各補助制度の特徴を紹介しますが、この情報は2019年6月現在のものですので、申請時には事前に詳細を倉敷市にお問い合わせください。

耐震診断や耐震リフォームへの補助

「木造住宅耐震診断補助金制度」により、戸建て木造住宅の耐震診断にかかる費用7万円のうち6万円、また補強が必要とされた物件の補強計画費用7万円のうちの6万円が倉敷市によって補助されます。

対象となる木造住宅は200㎡以下の物件で、昭和56年5月31日以前に着工された物件です。

耐震リフォームは50%または上限60万円まで補助

耐震リフォームの工事が行われることになった場合、その工事費用の50%または上限60万円までは補助されます。

また65歳以上の高齢者や障害のある方がお住いなら、木造住宅の耐震リフォームには部分耐震改修補助金制度が適用されて、リフォーム費用の50%または上限40万円までが補助されます。

他にも、耐震シェルターの設置や防災ベッドの設置などにも補助金が下りる制度がありますので、倉敷市の建設局建築部建築指導課にお問い合わせください。

高齢者住居のリフォーム補助

高齢者や身体に障害のある方が快適に暮らすための自宅リフォーム費用の補助制度があります。

それは「倉敷市高齢者等住宅改造補助金交付制度」で、65歳以上の高齢者で要支援または要介護認定を受けた方か、身体障害者手帳を所持し1級または2級に認定されている方を対象にした補助制度です。

リフォームの対象となる工事は、浴室や台所などの水回りのリフォームに、玄関や廊下、居室のリフォームで、対象者のためだけでなく介護者の負担を軽くするためのリフォーム工事に限られます。

助成金額は世帯状況によって異なり、生活保護世帯ならばリフォーム工事費用の全額か上限80万円までが補助対象です。所得税を年額50万円以上納付する世帯はリフォーム費用の2/5または上限80万円までが助成されます。

太陽光発電システム導入への補助

戸建ての自宅に太陽光発電システムを取り付ける場合に支給される補助金があります。

「創エネ・低炭素住宅促進補助金」の一項目で、太陽光システムを屋根などに設置して、電力会社と受給契約を締結していれば受けられる補助金で、その金額は1kw当たり2万円または上限4kwまでです。

2019年度の募集は300件までで、予算がなくなり次第、申請を終了します。

太陽熱利用システムにも補助がある

太陽光システム導入と同じ保証制度の下で、太陽熱利用システムの導入において補助金が支給されます。

補助を受ける対象は、倉敷市内にある戸建て住宅で、自然循環型太陽熱温水器や強制循環型太陽熱利用システム、さらに補助熱源一体型太陽熱利用システムのうちのいずれかを導入したケースです。

どのシステムも新しいシステムで一般財団法人ベターリビングの優良住宅部品認定を受けているシステムであることが条件です。

一方で、倉敷市次世代エコハウスの認定を受けるためのシステムの場合には、この補助金に申請はできません。

補助金額は設備購入費の合計1/10またはは上限3万円までで、募集予定件数は30件と限りがありますのでご注意ください。

定置型リチウムイオン蓄電池の導入への補助

倉敷市では「創エネ・低炭素住宅促進補助金」の一環で、リチウムイオン蓄電池やインバータ、コンバータなどのシステム導入に補助を出しています。

倉敷市在住の戸建て住宅にシステムを設置した場合で、システム購入費の1/10または上限10万円の補助金が支給されます。

申請に必要なものは、倉敷市創エネ・低炭素住宅促進補助金の申請書に請求書、さらにはシステムの保証書などが必要です。

倉敷市のHP上で必要書類をチェックできるチェックシートが用意されていますのでご確認ください。

エネファーム導入にも補助がある

「エネファーム」とは、燃料電池システムのことでガスを使った発電システムで、ガスの使用量は増えるものの自宅で発電ができるエコなシステムです。

このエネファームを倉敷市内のご自宅に導入される際には、システム本体と付属品の合計費用の1/10または上限7万円までが補助金として支給されます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する