1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 富山県
  6.  > 
  7. 富山市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2020年04月15日更新

富山市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

富山市のリフォーム会社の選び方

富山市では、「災害に強いまちづくり」の実現に向け、市民の方が安心で安全な住宅に住み続けることができるように木造住宅の耐震改修工事補助や、中古住宅のリフォームの改修工事補助など様々な制度があります。

富山市近郊の高岡市や南砺市も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

富山市で受けられるリフォーム補助金・助成金

富山市では、耐震改修支援事業やまちなかリフォーム補助事業などの補助制度を利用することができます。

以下では、富山市で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。
なお、情報は2019年11月24日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

木造住宅耐震改修支援事業

耐震改修工事の費用補助をします。平成31年度より、階段耐震改修も補助の対象となりました。

建築物は、富山市内にある木造の一戸建てで階数が2階以下であることや、昭和56年5月31日以前に建てられたものなどが対象となります。また、補助額は5分の4を乗じて得た額となります。限度額は100万円です。

支援事業の予算上限に達した時点で募集は終了となります。

在宅重度身体障害者住宅改善費補助金

障害をお持ちの方が生活しやすいように、住宅の改善をする場合に必要な経費の一部を助成します。

身体障害者手帳1・2級の視覚障害または肢体不自由の障害の方が対象となり、居室、浴室、便所、玄関等の改善・修理が対象工事となります。ただし新築や増築は除きます。

助成額

所得税非課税世帯
1.対象工事費の50万円以下の部分 全額補助
2.対象工事費の50万円を超える部分 3分の2を補助
3.補助限度額 75万円

まちなかリフォーム補助事業

富山市の指定するまちなか区域内における中古住宅のリフォームに要する工事費の一部を補助します。

住宅リフォーム工事の目的が、中古住宅を取得し自分が住居するためであることや、自己所有の住宅で世帯員が増える場合に行うものであることなどが補助の条件となります。

また、住宅リフォームに対する工事費が100万円以上であることも条件となります。すでに工事中なもの、工事が完成しているものは対象外となります。

補助額は工事費の10%で、限度額は30万円です。

公共交通沿線リフォーム補助事業

公共交通沿線居住推進補助対象地区内における、中古住宅のリフォームについて工事費の一部を補助するものです。

補助の条件は以下の通りです。

  • 中古住宅を取得し自分が住居するためであることか、自己所有の住宅で世帯員が増える場合
  • 世帯員が増加する前の世帯所得が月額445千円以下であること
  • 一戸建ての場合、昭和56年6月1日以降に着工した建物であることや、敷地面積が200㎡以上、住宅部分の面積が100㎡以上あること
  • 共同住宅の場合、昭和56年6月1日以降に着工した建物であること
  • 住宅リフォームに対する工事費が、100万円以上のものであること
  • 「建築工事業」において建設業の許可を受けていること

補助額は、住宅リフォームにおける工事費の10%。限度額は30万円です。すでに工事中なもの、工事が完成しているものは対象外となります。

八尾地区まち並み修景等整備事業

350年以上の歴史を持つ街並みを守るため、伝統的家屋や一般建築物等の維持や保持に係る工事費の一部を補助します。

一般建築物等の新築・改築・増築・修繕等が補助の対象となります。

とやまの木が見える家づくり推進事業

令和元年度に富山市では、新築や増築またはリフォームされる木造住宅の目に見えるところに、市内産材を一定量使用する方に補助金を交付します。

補助金の交付対象は次の通りです。
1.富山市内で居住するために新築や増築、リフォームをする木造住宅で使用する木材量のうち20%が市内産材であること。
2.上記の住宅で、床や内・外壁、天井など住宅の目に見える箇所に、20 ㎡以上の市内産材が使用されていること。
3.実施計画の認定を受けている事。住宅が完成または補助金に関する箇所の施工が終わっており、 補助金交付申請の手続きを行っていること。
4.富山市の新築住宅の取得や改修等に関する補助金の交付を受けていないこと。

これらを全て満たす事が条件です。

補助金額

厚さ30mm以上の板材 使用面積1㎡あたり3,000円
厚さ30mm未満の板材 使用面積1㎡あたり2,000円
ただし、1棟あたり20万円が限度となります。

受付開始:令和元年6月3日(月)から。

ふるさと回帰リフォーム等補助事業

親世帯の暮らす住宅をリフォームし、子世帯が同居する場合に補助する制度です。

親世帯と子世帯が10年以上別居していること、5年以上同居を継続すること、5年間同居について市が確認することに同意すること などが補助事業の要件となります。

補助対象住宅は下記の通りです。
1.専用住宅または住宅部分が1/2以上の併用住宅
2.同居する者に所有権がある
3.建築基準法等に適合している

補助対象のリフォーム工事は、親世帯の暮らす住宅の建て替えや増築、修繕工事などです。また、補助額はリフォーム等工事費用の1/2で限度額が300万円となります。

ねたきり防止等住宅整備等補助金

高齢者の方の身体機能が低下しても在宅で生活ができるように、住宅を改善する工事に対して補助金を交付します。(例:和式便器を洋式便器に取り替え・手すり設置・引き戸等への扉の取り替え)

富山市に在住する65歳以上の高齢者や、その方と同居する親族の方が対象となります。また、対象となる工事は、現に居住する住宅の工事であること、改善工事であること、申請時に着工してないことなどです。

空き家の利活用(改修や除却)に関する補助金

空き家の改修工事や除却工事を行う事業に対し、費用の一部を補助します。また、富山市全域の空き家で、現在利用されておらず今後も利用する予定のない住宅または建築物が対象となります。

空き家活用の場合

活用期間:10年以上
補助率:対象経費の2/3 限度額500万円

空き家除去の場合

活用期間:5年以上
補助率:対象経費の4/5 限度額160万円

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する