1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 洗面台・洗面所リフォーム
  4.  > 
  5. 脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

キーワードから探す


2018年10月09日更新

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

脱衣所・脱衣場のリフォームは、洗面台の入れ替えや壁・床材の張替えなどが発生します。他の水回り設備のリフォームに比べると低予算で住む箇所ですが、洗面台やクロス・床材のグレード次第では高額な工事となる事もありますので、相場費用をしっかり把握しておきましょう。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

脱衣所・脱衣場リフォームの種類と特徴を知ろう

お風呂やトイレに隣接し、洗面室も兼ねている脱衣所、または脱衣場は、水を多く使う場所ですので、リフォームの頻度も高い箇所です。

脱衣所・脱衣場のリフォームには、以下のような内容があります。

・洗面台の機器の入れ替え
・脱衣所内の壁材や床材の張替え
・脱衣所スペースの拡張

工事内容ごとに、費用相場や工事期間は異なり、さらに戸建やマンションなど建物タイプによっても行う工事の内容が変わりますので、それぞれの相場費用や特徴を知っておきましょう。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

また、洗面台や脱衣所を工事するあいだは、生活に必要な入浴や洗濯が行えなくなる場合もありますので、工事期間も併せて必ず確認しておきましょう。

以下からご紹介するのは、戸建の脱衣所リフォームの費用です。最後にご紹介する、「マンションの脱衣所リフォーム費用相場」と合わせてご参照ください。

洗面台を取り替えるリフォーム

家族全員が毎日使う洗面台は、汚れが溜まりやすい設備です。古い洗面台を新しいものと交換するだけで、お家の洗面室を明るく清潔な空間に蘇えらせることができるでしょう。

また、最新の洗面化粧台には、鏡の裏や本体の奥まで物がたっぷりしまえる収納も付いていますので、脱衣所や洗面室の収納量にお困りの場合も、洗面化粧台の交換リフォームがおすすめです。

お風呂の脱衣所または脱衣場は、約1坪の面積の中に、約750mm幅の洗面化粧台が置かれている状態が一般的です。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

現行の洗面台のサイズは従来の規格品とほぼ変わりませんので、機器の入れ替えは簡単な工事のみで済みます。

しかし、洗面台のサイズを変更したり、キャビネットの扉が観音開きになっているタイプから引き出しタイプへ入れ替えたりすると、まれに給排水管の工事が必要となりますので注意しましょう。

また、洗濯機を置くスペースに干渉しないサイズを選ぶことも忘れてはなりません。

洗面台の取り換え工事は、最短で約1日で完了することもありますが、大きな機器を選んだ場合や、床材の交換などを伴う場合などは、工事期間が約3日以上必要になることもあります。

洗面台の価格相場

各メーカーの洗面台には、商品のグレードごとに価格が設定されています。

ハイグレードクラスでオプションを追加すると、洗面台の価格だけで約100万円近くになることもありますので、必要な機能だけを選びましょう。

洗面台のグレードごとの価格相場

・スタンダードクラス:約20万円
・ミドルクラス:約40万円
・ハイグレードクラス:約60万円

そのほか、タッチセンサー付き水栓金具や、スライド引出しタイプの収納などのオプション機能を洗面台に追加すると、機能1つにつき約2万円の追加費用が発生します。

洗面台の施工費用相場

・既存洗面台の撤去処分費用:約5万円
・洗面台設置費用:約5万円
・給排水管工事費用:約2万円

合計:約12万円

洗面台のリフォーム費用合計

・商品代:約20万円〜60万円
・工事代:約15万円

合計:40万円〜80万円

洗面台をリフォームするのにかかる費用の詳しい相場はこちら

脱衣所の壁材張替えリフォーム

脱衣所・脱衣場の壁は、洗濯機の裏側や洗面台周辺、浴室との境界付近などにカビが生じやすく、壁材を張替える頻度も高い箇所です。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

壁材張替えの工事期間は、部分的な張替えであれば約1日ですが、脱衣所全体の張替えになると、洗濯機の移動や洗面台の取り外しなど前日の準備も含め、約2日要することもあります。

脱衣所用壁材の施工費用相場

湿気の多いお風呂の脱衣場の壁クロスは、耐水性タイプや防カビ配慮タイプを使います。

・施工価格(クロス代含む):約1500円/平方メートルあたり
・既存クロス処分費用:約500円/平方メートルあたり

クロスのグレードにもよりますが、1坪の脱衣所・脱衣場では、約3万〜4万円が施工価格の相場です。

脱衣所の床材張替えリフォーム

壁材と同様に、脱衣所の床材も黒カビが溜まりやすい箇所です。

床材張替えも、壁材と同様に、一部のみであれば約1日ですが、上記のように移動させる物が多く時間がかかる場合は、2日間に渡ることもあります。

ただし、後述の「床下補修工事」が必要になった場合は、約5日の長い工事期間になることもありますので、工事スケジュールをよく確認しておきましょう。

脱衣所用床材の施工費用相場

脱衣場の床には、一般的に耐水性に優れたクッションフロアを用います。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

・施工価格(フロア材含む):約1300円/平方メートルあたり
・既存床材処分費用:約800円/平方メートルあたり

1坪あたり約1万円程度の予算を見ておくと良いでしょう。

脱衣所の床下補修工事に注意

脱衣所や浴室など、湿気が多い水周りの床下は、床下地材の根太や基礎に、腐食や錆びが生じている事があります。

このような場合は、補修工事の費用が追加で発生してしまいますが、床下を点検するまたとない機会ですので、脱衣所リフォームと合わせて済ませておくと良いでしょう。

床下補修工事の費用相場

・補修工事費用:約5千円/平方メートルあたり

1坪あたり約2万円程度の工事となります。

脱衣所スペースの拡張リフォーム

収納が少なく身動きが取りづらい、狭い脱衣所にお困りであれば、間仕切り壁を移動して、脱衣所を拡張するリフォームを検討してみましょう。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

壁の解体・撤去工事は、最低でも約2日は必要ですが、1人の作業員が行う場合は3日以上かかることもあります。

洗濯機や洗面台周りにゆとりがあると、スムーズな動線が確保でき、収納も増やすことができますので、家事の効率アップに繋げることができるでしょう。

さらに、脱衣所が広くなると、日光を取り入れやすくなり風通しも良くなりますので、清潔で明るい脱衣所を手に入れることもできます。

脱衣所拡張リフォームの注意点

脱衣所の拡張工事の際、構造上撤去できない柱や梁などが脱衣所周辺にある場合は、柱を残しておく必要があり、拡張工事後、完全な四角形の部屋にならないことがあります。

そのほか、脱衣所に隣接する浴室がユニットバスの場合も注意が必要です。

規格品のユニットバスは、一部の商品を除いて浴槽や壁のサイズを自由に変形することができません。そのため、脱衣所のユニットバス側の壁は動かすことが難しいので、その他の壁を動かして脱衣所を拡張する必要があります。

壁の移動リフォーム費用

・既存の壁の撤去工事:約10万円
・壁の新設工事:約10万円
・壁、床材施工価格(クロス代含む):約1500円/平方メートルあたり
・廃材処分費用:約5万円

合計:約30万円


脱衣所のリフォームが得意なリフォーム会社を探すには

自分が住んでいる地域で脱衣所のリフォームを得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。

リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。

運営会社のエス・エム・エスは、東証一部上場企業なので、その点も安心です。

無料の比較見積もりはこちらから

浴室やトイレのリフォームを同時に行う場合

脱衣所をリフォームするタイミングで、浴室やトイレも同時にリフォームすることができます。

特に、同時期に設置した水回り商品は、故障のタイミングが重なることもありますので、予算に応じて同時に工事を済ませておくと良いでしょう。

浴室とトイレのそれぞれの費用は、以下のようになります。

浴室のリフォーム費用:約80万円
トイレのリフォーム費用:約25万円

水回り機器をセットでリフォームするメリット

先ほども述べたように、洗面台やトイレなどの水回り機器は、故障のタイミングが重なることがあります。そのため、同時にリフォームを済ませておくと、リフォームを何度も行う手間を省くことができます。

しかし、それだけでなく、水回り機器は同時に工事することで、廃材処分費や養生費用、給排水管工事費用などを、一度の工事でまとめて済ませることができます。

ですので、何度も工事をするたびにこれらの工事費用を支払う必要がなく、上記の単独で行った場合のリフォーム費用よりも、工事費用を節約できる効果があります。

水回りをリフォームするのにかかる費用の詳しい相場はこちら

マンションの脱衣所リフォーム費用相場

マンションは、使用できる床材や給排水管の位置などが管理規約で制限されていることがあるため、戸建ほど大掛かりな工事にならないケースが一般的です。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

先ほどご紹介したリフォームの種類ごとに、マンションの場合の相場費用を見てみましょう。

マンションの洗面台入れ替え

マンションで使用できる洗面台は、間口500~600などのコンパクトなものになるため、商品価格が安い分、戸建てのリフォーム費用相場に比べると割安になる傾向にあります。

洗面台入れ替え費用:約15万円

ただし、既存の洗面台サイズがメーカーの規格に合わない場合、オーダーメイド品を発注することになるため、約20万円の費用になることもあります。

マンション脱衣所の壁材・床材の張替え

マンションの脱衣所は、戸建よりも一回り狭い0.75坪程度が平均的な広さです。

壁材の張替え費用

・施工価格(クロス代含む):約1500円/平方メートルあたり
・既存クロス処分費用:約500円/平方メートルあたり

合計:約6千円

床材の張替え費用

・施工価格(フロア材含む):約1300円/平方メートルあたり
・既存床材処分費用:約800円/平方メートルあたり

合計:約7千円

マンションの脱衣所スペース拡張

マンションの脱衣所スペースを拡張する場合、間仕切り壁を撤去して良いかどうか、管理組合に必ず確認しておく必要があります。

また、RC造のマンションなどは、構造上、間仕切り壁の撤去ができない場合もありますので、リフォームの前に施工会社と確認しておきましょう。

脱衣所や脱衣場のリフォーム費用は?

マンションの脱衣所スペース拡張費用

・既存の壁の撤去工事:約7万円
・壁の新設工事:約8万円
・壁、床材施工価格(クロス代含む):約1500円/平方メートルあたり
・廃材処分費用:約5万円

合計:約20万円

施工会社でリフォーム費用が異なる理由

リフォーム費用は、選んだ施工会社によって、商品価格と工事費用のどちらにも差が生じます。

当然、脱衣所や洗面所のリフォームも同様です。

商品価格の差が生じる理由

施工会社には、得意とするメーカーとそうでないメーカーがあります。

例えば、TOTOの商品を長年継続して大量に仕入れている会社は、他社に比べてTOTO製品を安く仕入れることができ、販売時にも割安な価格で提供してくれることがあります。

検討している施工会社が、どのメーカーを得意としているかは、施工会社のチラシやホームページでの取り扱い方に注目してみると良いでしょう。

工事費用に差が生じる理由

施工会社には、自社で一貫して施工を行う会社と、複数の下請け業者に依頼する会社の2種類があります。

ハウスメーカーの多くは、自社施工ではなく複数の下請け業者に依頼しますので、それぞれの業者へのマージンの分、リフォーム費用も若干割高になります。

ただし、洗面台などは、洗面台メーカー指定の工事会社を使わなければ保証の対象外となることもあるため、自社施工の会社に依頼しても、下請け業者を利用せざるを得ない場合がありますので注意しておきましょう。

また、一貫して自社で施工を行う会社は、単純な電気配線工事などを無料で行ってくれる所もありますが、必ずしも相場より安い金額で依頼できるとは限りません。

どちらのタイプの会社を選ぶ場合でも、複数の会社から見積もりを取って価格差を確認しておくことをおすすめします。

洗面台・洗面所リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた洗面台・洗面所リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、洗面台・洗面所リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する