1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 外構・エクステリアリフォーム
  4.  > 
  5. ブロック塀の修理方法と費用が知りたい!

キーワードから探す


2019年02月12日更新

ブロック塀の修理方法と費用が知りたい!

ブロック塀は住宅とは違い一度設置するとお手入れを忘れるケースが少なくありません。もし大きな地震が発生したら、劣化したブロック塀が崩れ落ちる可能性があるため放置するのは危険です。今回はブロック塀の劣化症状や修復方法や費用などをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ブロック塀の劣化について

ブロック塀の修理方法と費用が知りたい!

 
ひと昔前の住宅の外構でよく見られたブロック塀は、雨水やなどによって経年劣化します。

またブロック塀の耐用年数は約30年と言われているため、築30年前後経過しているブロック塀がある場合はメンテナンスが必要になります。

例え築30年前後でない場合でも、ひび割れなどの劣化症状があったときは一度専門家に見てもらうといいでしょう。
 

ブロック塀の劣化段階

ブロック塀の劣化段階は以下の通りです。

【第一段階】

  • ブロックの劣化
  • モルタルと炭酸ガスとの反応で中性化することによる劣化
  • 目地のひび割れ

【第ニ段階】

  • ブロック塀の内部に雨水が浸入し、鉄筋にサビが生じる

【第三段階】

  • 鉄筋のサビが進行し、ひび割れが生じる

【第四段階】

  • ブロック表面が剥がれる
  • サビ汁によって表面が汚れる

第一段階は比較的軽度な症状ですが、そのままメンテナンスせずにいると第四段階まで進む恐れがあります。

ブロック塀の劣化を放置すると危険?

ブロック塀の劣化段階をご説明しましたが、ひび割れなど軽度な症状だからといって安心はできません。ブロック塀は地震などの外部からの力で崩れてしまう可能性があります。

地震大国日本ではいつ大きな地震が起こるか分からないため、ひび割れや亀裂を見つけたら早めに対処することが大切です。
 

ブロック塀の劣化状態と対処法

 
ブロック塀の劣化状態の詳細と対処法をご紹介します。
 

コケやカビなどの汚れ

ブロック塀の表面にコケやカビが生えてくると、アルカリ性から酸性へ変わるため中性化が進んでいるサインになり、ブロック塀が劣化しやすい状態になります。

【対処法】
ブラシなどでこするか高圧洗浄機を使用して洗浄するときれいになります。また、市販の壁用カビ取り剤を使用してもいいでしょう。

白華現象

白華現象とは、コンクリートやモルタルの表面に石灰分などの白い生成物が浮き出る現象のことです。白華現象が現れてもコンクリートの強度に問題はありませんが、外観を損ねる問題があります。

【対処法】
表面に白華現象が現れた場合、ナイロン製のブラシなどで軽くこすります。落ちにくい白華の場合、ブロック塀に水を撒き酸性の液体を使用し中和させた後、水洗いをして流す方法があります。

ひび割れ

ブロック塀は工場で生産されたブロックを使用して施工するため、ひび割れの発生は少ないと言われています。しかし、ブロック塀は地震や地盤沈下などの外部からの力には弱いため、ひび割れが発生することがあります。

ひび割れの程度(大きさ)は、ホームセンターなどで購入できるクラックスケールで測定することが可能です。

ヘアークラック

ヘアークラックとはその名の通り、髪の毛と同じくらいの細さで深さが約4㎜・幅が0.3㎜以下のひび割れを表します。構造などには問題がない程度のひび割れになります。

【対処法】
市販の補修材などを使用しDIYで修復するか、業者に補修を依頼する方法があります。

幅が1㎜以上のひび割れ

幅が1㎜以上のひび割れの場合、放置しておくと雨が侵入し内部の鉄筋の劣化を進行させ、ブロック塀が倒壊する危険が高まる恐れがあります。

【対処法】
幅が1㎜以上のひび割れの場合、DIYで補修することができない段階にあるため、業者に依頼して修復してもらいましょう。

ブロック塀の補強

ブロック塀が揺れているような状態の場合、ブロック塀の中の鉄筋が劣化している可能性があります。この場合、ブロック塀が倒壊する危険があるためブロック塀の補強をしなければなりません。

建築基準法上では建てられた当時の基準を守っていれば現行の基準を満たさなくても「既存不適格」という状態で増改築や建て替えの際に新しい基準に沿うよう求められるだけで、即時
建築法上の違反にはなりません。

しかし危険である事を認識していた上で放置していると、地震などの災害で歩行者、隣家の人にけがなどを負わせてしまった場合、過失があった場合は塀の管理者(多くは所有者)、過失がなくても所有者が損害賠償責任を負う事があります。

もちろん大切なご家族にも危険がありますので、倒壊を防ぐ対策をご検討ください。自治体によっては補助金がでる場合がありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

ブロック塀の補強をするときは、専門業者に依頼します。通常ブロック塀の工事は、鉄骨で補強する方法またはブロック塀を積み直す方法が一般的です。
 

ブロック塀のDIYにかかる費用相場

ブロック塀の修理方法と費用が知りたい!

 
ブロック塀の劣化症状が軽度の場合、ブロック塀をDIYで修復することが可能です。ブロック塀のDIYにかかる費用相場はどれくらいなのでしょうか。

ブロック塀をDIYで修復する方法と費用相場を見ていきましょう。
 

ひび割れ修理にかかる費用相場

軽度のひび割れの場合、ブロック塀に使用できる補修材が通信販売やホームセンターなどで購入できます。補修材のタイプはスプレータイプやひび割れに塗り込むパテタイプ、そのまま使用できるチューブタイプなど様々です。

これらの修復材は、約1,000円前後で購入できます。

ブロック塀を塗装する場合の費用相場

ブロック塀をジョリパットという塗料を使用して塗装する際の手順は以下の通りです。

  1. ブロック塀を高圧洗浄機などで洗浄する
  2. 目地を潰していく
  3. 下塗り材(シーラー)を塗る
  4. ジョリパットを塗装する

ジョリパットをブロック塀に塗布するときは、コテを使用すると効率よく塗ることができます。また、ジョリパットは水分を含む部分には向かないため、ブロック塀の下(地面)から20cm程度は塗らない方がいいでしょう。

ジョリパットの価格相場は約2,000円/平方メートルで、下塗り材(シーラー)の価格相場は1缶約1,500円~になります。
 

ブロック塀の補修を業者に依頼した場合の費用相場

 
次にブロック塀の補修を業者に依頼した場合の費用相場をご紹介します。
 

ブロック塀のひび割れの修復する費用相場

ブロック塀のひび割れを補修する費用相場は約13,000円~約20,000円/平方メートルです。また1カ所のひび割れを修復するときの費用は、約5,000円~が相場になります。

ブロック塀の塗装費用相場

ブロック塀の塗装を依頼するときは、高圧洗浄や下地処理を行ってから塗装をします。また、ジョリパット塗装の場合は左官工事が必要になります。ブロック塀を塗装するときの費用相場は以下の通りです。F

【ブロック塀の塗装にかかる費用相場】

  • 高圧洗浄:約800円/平方メートル
  • 下地処理:約1,000円/平方メートル
  • 吹付け塗装:約1,300円/平方メートル
  • ジョリパット塗装(左官工事):約3,800円~/平方メートル

ブロック塀の傾きや壊れている場合の費用相場

ブロック塀が傾いていたり壊れてしまった場合、取り壊す必要があります。ブロック塀を取り壊して新しくブロック塀を新設する場合解体費用や撤去費用、基礎工事費、ブロック代などの費用がかかり高額になる傾向にあります。

傾いたブロック塀を撤去し、新しいブロック塀を新設したときの費用の相場は約17万円になり、一部の壊れたブロックを交換する費用は約19,000円~/1丁~が相場です。
 

ブロック塀は定期的なメンテナンスが大切

 
ブロック塀を良好な状態で長く持たせるためには、日頃のお手入れや定期的なメンテナンスが大切になります。また、化粧ブロックの場合、防水剤などを塗布しブロックに雨水がしみ込まないように工夫をするといいでしょう。
 

外構・エクステリアリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた外構・エクステリアリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、外構・エクステリアリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する