1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 床・フローリングリフォーム
  4.  > 
  5. フローリングの床が沈む場合の修理方法や費用は?

2019年01月21日更新

フローリングの床が沈む場合の修理方法や費用は?

フローリングの上を歩いていると床面が沈む場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?フローリングが沈む原因と、沈みを修理する方法、修理にかかる費用について、修理業者の選び方と併せてご紹介していきます。

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

フローリングの床が沈む原因と修理方法について

フローリングの床が沈む場合の修理方法や費用は?

フローリングの床を歩いた際に床が沈んでしまう、床に力が加わっていないのに凹みが見られるなどの症状が現れた場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

フローリングの床が沈む原因と、原因別の修理方法について見てみましょう。

床材の接着剤が劣化している

合板で作られたフローリング材の場合、材料として使われている接着剤の劣化によって沈み込みが起こります。

無垢材のフローリングなら一枚板で作られており、接着剤が使われていないため、接着剤の劣化による沈み込みは起こりません。

しかし、合板は薄い板材や、粉砕した木材チップを接着剤で固めて作られているため、接着剤が劣化すると剥がれてしまい、床材の内部に空間が生じ、体重をかけた際にこの空間が潰れて沈み込むのです。

このような原因でフローリングが沈み込む場合、フローリング材の張替えまたは新しいフローリング材の重ね張りで修理を行います。

小規模な剥がれについては接着剤を流し込んで仮釘で固定するという方法もありますが、一部分が劣化している場合、全体的に劣化が起こる可能性が高いため、張替えによる修理を行った方が良いでしょう。

束石・床束の劣化

床束とは「ゆかづか」と言い、床面を下から支えている柱のような部材です。

床束は束石という地面に置かれた石やプラスティック、鋼の部材に乗せられているのですが、床束や束石が腐ったり、劣化したりしてしまうと床との間に隙間が生まれ、床が沈み込んでしまうのです。

また、床束や束石が劣化していない場合でも、古い住宅の場合は基礎部分が土のままになっている場合もあり、この部分の地盤が凹むことで隙間が生まれ、床が沈み込むこともあります。

修理方法は、腐食などが原因の場合は部材を交換し、この腐食の原因が床下の湿気だった場合は防湿シートの設置や床下換気扇を設置して対処。

白アリ等によって床束が食い荒らされ、ぼろぼろになってしまった場合については、床束や束石を樹脂製のものや鋼製のものに交換します。

大引・根太の劣化

根太は床材を支える下地で、5cm程度の角材で作られており、大引はこの根太を支える部位のことです。

この部分は、木材で作られているため、床下の湿気や水漏れなどによって腐食することがあり、腐食によって強度が低下すると床面の沈み込みの原因となってしまいます。

大引や根太の腐食が原因でフローリングが沈み込む場合、床を解体して根太や大引を露出させ、腐食した部分を新しい素材に交換しなければなりません。

また、大引や根太は床上からの水漏れによって傷むことが多いため、水回りの近くにフローリングを使用する場合には、湿気対策や水漏れ対策を施しておく必要があります。

白アリによる被害

フローリングの床は床材から基礎部分まで木材で作られているため、白アリによる食害で破損してしまうことがあります。

白アリは傾向として湿気を含んだ木材を好むため、白アリの被害が見られる場合には部材の交換と同時に湿気対策も施しておくと良いでしょう。

また、白アリによる被害で床が沈み込む場合、床以外の木材使用部分についても白アリが繁殖してしまっている可能性があります。

床部分の修繕のみを行うのではなく、柱や梁など、外部から見えない部分についても調査を行い、白アリによる被害が見られる場合には修繕や駆除、予防などの対策を行いましょう。

フローリングの床が沈む場合の修理・リフォーム費用について

フローリングの床が沈む場合の修理方法や費用は?

フローリングの床が沈む場合の修理費用の相場について部位別にご紹介していきます。

6畳のフローリング床の張替える場合の費用と相場

6畳間のフローリングを張替える費用は、工事費込みで約10万円からが相場です。

防湿対策が施されたものや、無垢材のフローリング材を用いる場合は約15万円からが相場となります。

6畳のフローリングを重ね張りする場合の施工費用と相場

古いフローリングに新しいフローリング材を重ねる重ね張り工法を用いる場合については、解体作業費を抑えることができるため、施工費用は約9万円からが相場となります。

重ね張りの場合、新しい床材を重ねるため、床の高さが変わり、段差が生じてしまいますので、費用や完成後の利便性などを考慮した上で張替えとどちらの工法を用いるか選ぶと良いでしょう。

根太と大引の交換及び床の張替えにかかる費用と相場

根太と大引を交換し、床を全て張替える場合については、約20万円からが相場です。

施工の際には床材および根太、大引を全て解体し、新しい部材を部屋の形状に合わせて設置し、新しい床材を張っていきます。

大がかりな工事となるため、施工期間は1カ月程度が目安です。

束石と床束の交換にかかる費用と相場

束石と床束の交換および補修については、補修が1箇所で約4,000円から、交換については1箇所で約1万円からが相場です。

広範囲に劣化が見られる場合には床材を解体して全面的な入れ替えが必要となるため、費用が高額になりますが、一部分のみの場合については比較的安価に補修できます。

仕上げ材の剥がれを補修する場合の費用

フローリング材の表面に貼り付けられている仕上げ材が剥がれている場合については、接着剤を流し込んで仮釘で固定する工事を行います。

施工費用は小規模な補修なら1カ所で約4,000円が目安となりますが、全体的な補修を施す場合は約3万円からが費用の目安です。

床下部分の腐食を修理する場合の費用

床下部分が腐食している場合には、腐食部分の交換および湿気対策等で合計約15万円からが施工費用の相場となります。

こちらの工事も腐食範囲や湿気の状況によって工事の費用が大きく変わりますので、まずは施工業者に見積もりを立ててもらうと良いでしょう。

白アリ対策にかかる費用

白アリによる食害の防止および駆除については、薬剤を散布して駆除する場合で1坪あたり約4,000円からが相場です。

白アリが好む餌に駆虫薬を配合し、巣穴に薬剤入りの餌を持ち帰らせて駆除を行う「ベイト工法」の場合は、初回が約4,000円から、翌年以降は年間約1,500円からが相場となります。

フローリングの床が沈む場合の修理・リフォーム費用の注意点

フローリングの修理を行う場合、費用や修理でどのような点に注意が必要となるのでしょうか?

破損状況によっては費用が追加で必要となる場合も

床部分のみが破損している場合は床の修理費用のみがかかりますが、修理が必要な範囲が広い場合などには、建具も解体しなければ修理ができない場合もあります。

このような場合には、建具の取り替え費用が必要となるため、施工費用が床のみを交換した場合に比べて割高となるでしょう。

また、柱まで傷みが進行している場合には、柱の入れ替えが必要となり、壁や天井の一部解体やリフォームまで必要となることがあります。

リフォーム費用の見積もりは複数の業者に依頼する

修繕を依頼する業者を選ぶ際には、複数の業者に事前調査と見積もりを依頼し、工事プランや費用などを比較すると良いでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりを行うことによって、工事内容が根本的な原因を解決しているかどうか、不要な工事が組み込まれていないかを判断することができます。

床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する