1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 洗面台・洗面所リフォーム
  4.  > 
  5. 玄関にセカンド洗面台を!感染症対策にもなるリフォームを解説

キーワードから探す


2021年03月18日更新

玄関にセカンド洗面台を!感染症対策にもなるリフォームを解説

感染症対策のためにも玄関にセカンド洗面台を増設したいと思われている方も多いのではないでしょうか。この記事では、セカンド洗面台を増設するメリットや工期、費用相場の他に、洗面台の増設を従来の工事よりも簡単に行える方法も紹介します。

  • 【監修者】SFA Japan 株式会社
  • この記事の監修者
    SFA Japan 株式会社

感染症対策で注目される玄関の「セカンド洗面台」増設

玄関先に洗面台を新しく設置したい…と思われる人が増えています。特に感染症が気になる最近では、玄関にセカンド洗面台を増設して、家の中を清潔に保ちたいという要望が増えています。

ここでは「セカンド洗面台」とそのメリットについて紹介します。

「セカンド洗面台」とは二つ目の洗面台のこと

「セカンド洗面台」とは家の中にある二つ目の洗面台のことです。脱衣室に一つだけ設置されていることの多い洗面台ですが、セカンド洗面台を設置することで、洗面所が混雑しなくなり快適に暮らせるようになります。

「セカンド洗面台」のメリットとは

玄関にセカンド洗面台を増設して感染症対策を

玄関にセカンド洗面台を増設するメリットとして、感染症対策が挙げられます。感染症対策の基本のひとつ「手洗い」を玄関先でできれば、感染症を防ぐのに役立つでしょう。 

2階にセカンド洗面台を設置して暮らしを快適に

2階の廊下にセカンド洗面台を設置すれば、朝の準備時の混雑しやすい洗面所も余裕を持って使えるようになるでしょう。

また掃除時などで、いちいち1階まで降りて水を汲んでくるなどの手間も軽減されます。

玄関にセカンド洗面台を増設する工期と費用相場

ここでは、気になるセカンド洗面台を増設した場合の工期と費用相場を紹介します。

セカンド洗面台増設の工期は2~3日が目安

セカンド洗面台の増設工事にかかる期間は、洗面台の取り付けだけで済む場合は1日程度です。

しかし洗面台の取り付けと同時に内装や床の張り替えなどを行う場合や、配管工事や電気工事などに時間がかかる場合は2日~3日はかかるでしょう。

費用相場は20万~40万円

セカンド洗面台の増設工事にかかる費用の相場は20万~40万円だと言われています。

相場費用に示される幅は、セカンド洗面台の増設費用は洗面台のクオリティに左右されること、施工工事において配管工事などに手間がかかったりすると費用がかさむことと関係しています。

玄関にセカンド洗面台を増設する際の問題点

玄関にセカンド洗面台を増設したくても、できないこともあります。ここでは、セカンド洗面台を玄関に増設するときの問題点と対処策を紹介します。

セカンド洗面台を設置して玄関の使い勝手が悪くなる

セカンド洗面台を玄関に設置すると玄関が狭くなり、玄関の使い勝手が悪くなることがあります。

洗面台には500㎜幅に収まる小さめの洗面台もありますので、洗面台を増設することで玄関の使い勝手が悪くならないような使いやすい洗面台を選ぶようにしましょう。

配管工事に手間がかかる

セカンド洗面台の増設に不可欠な配管工事ですが、既存の配管が玄関のそばにないために工事に時間がかかってしまうことがあります。セカンド洗面台から既存の配管まで配管を伸ばす工事が必要になるからです。

配管工事に手間がかかれば工期は伸び、工事費用もかさむことになりますので、計画的な工事プランが大切です。

水回りの増設に役立つSFAポンプとは?

SFAの排水圧送ポンプを使えば、今まで増設が難しかった水回り設備が無かった場所や地下室などでもトイレやバスルームを増設できます。そこで、SFAとSFAの排水圧送ポンプについて紹介します。

排水圧送ポンプの先駆メーカー「SFA」

「SFA」とは1958年にフランスで創設された排水圧送ポンプを開発・製造するメーカーです。

この排水圧送ポンプの分野では先駆的メーカーで、世界的な信頼も厚く、95か国での販売実績があり、これまでに累計1,000万台以上の排水圧送ポンプが販売されました。

排水圧送ポンプのメリット

SFAの「排水圧送ポンプ」は、水回り設備の排水をポンプの力で押し出し、圧送するポンプです。

排水圧送ポンプを使えば、配水管が水回り機器のすぐそばにない場所でも、床の工事をせずに天井や壁などに配水管を伸ばして排水を圧送することできるようになります。

従来では、床下に太い配管を勾配をとって、排水が流れる様に配管工事をする必要がありますが、SFAの排水圧送ポンプを使えば配管の勾配を気にせず、排水を上に流すことができます。そのため、これまでのような大掛かりな床下などへの配管工事が必要なくなりました。

またSFAのポンプなら細い配管で排水を圧送する事が出来る為増設工事の工期や費用も節約できます。

用途別に紹介!SFA社のポンプ

SFAのポンプには、それぞれの水回り設備や設置状況に合わせた様々な排水圧送ポンプがあります。

市販のトイレと組み合わせて使える「サニアクセス3」や、排水圧送ポンプを内蔵しているコンパクトなトイレは「サニコンパクトプロ」です。

またお風呂や洗濯機などの排水量が多い水回りには「サニスピードプラス」。洗面台やシャワーユニットなど排水量が比較的少なめの水回りには「サニシャワープラス」があります。

「サニキュービック2クラシック」は、トイレやお風呂などの複数の水回りを一台のポンプで排水できる大容量対応のポンプです。

玄関の洗面台増設を可能にする「サニシャワープラス」とは

玄関に洗面台を増設する場合に役立つSFAの「サニシャワープラス」ですが、ここでは、「サニシャワープラス」の特長と価格などを見ていきましょう。

「サニシャワープラス」の特長

「サニシャワープラス」とは、SFAのポンプの中でも最も小型の排水圧送ポンプで、手洗い器やシャワーユニットなどの排水を流すのに適しています。

35℃までの排水を圧送できて、ポンプから伸びる配管の内径は20または25㎜と細いにもかかわらず、上に最大3m、1%の勾配で最大30mまで配管を横に伸ばせます。そのため、床下などへの大掛かりな工事を避けられます。

これだけのパワーを秘めた「サニシャワープラス」ですが、そのサイズは洗面台のキャビネットに納まるほどのコンパクトさ。場所を取らずに設置することができます。

玄関のセカンド洗面台の増設に役立つ「サニシャワープラス」

玄関回りは既存の配管がないことも多く、配管工事が大掛かりになることを嫌ってセカンド洗面台の増設を諦めていた方も多いようです。

しかし「サニシャワープラス」を使えば、配管工事に手間をかけないため工期や費用を抑えてセカンド洗面台を増設することができるようになります。

「サニシャワープラス」の製品情報

「サニシャワープラス」の製品情報は次の通りです。
<製品情報「サニシャワープラス」>

設置推奨機器 手洗い器、洗面化粧台、冷凍ショーケース(ドレンアップ)
大きさ 幅32㎝×奥行約17㎝×高さ約15㎝
耐用温度 35℃
重量 4.0㎏
価格 106,700円(税込み)

「サニシャワープラス」を動画で見てみよう

次の動画では、「サニシャワープラス」の施行時の様子をご覧いただけます。

「サニシャワープラス」のサイズや、「サニシャワープラス」を使ってセカンド洗面台を増設したらどのようになるのかを想像しやすくなるのではないでしょうか。

「サニシャワープラス」の保証期間とメンテナンス

「サニシャワープラス」の設置前に確認しておきたい保証期間とメンテナンスを紹介します。

保証期間は2年間

「サニシャワープラス」の保証期間は、ご家庭でお使いの場合は納入日より2年間です。工場や商業施設などで使う場合には、納入日より1年間です。

出張サービスは専門の修理工が修理

「サニシャワープラス」の不具合が確認された場合には、出張サービスを依頼できます。SFA Japan(株)の全国260社の認定修理店から専門の作業員が出張して対応いたします。

故障予防におすすめ「定期メンテナンスサービス」

「定期メンテナンスサービス」では定期的な製品のメンテナンスにより、故障の予防に努めています。

玄関に増設するセカンド洗面台のような使用する機会の多い「サニシャワープラス」なら、「定期メンテナンスサービス」を活用してみてはいかがでしょうか。

洗面台・洗面所リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた洗面台・洗面所リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、洗面台・洗面所リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する