1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. お風呂・浴室リフォーム
  4.  > 
  5. ヒノキ風呂にリフォームするときの費用は?ヒノキ風呂のメンテナンスや特徴まで紹介

キーワードから探す


2018年11月26日更新

ヒノキ風呂にリフォームするときの費用は?ヒノキ風呂のメンテナンスや特徴まで紹介

ヒノキ風呂は、落ち着く香りに包まれて心身共に疲れを癒すことのできる空間です。実は、この癒しの空間が浴室リフォームすることによって自宅で再現できるのをご存知でしょうか?今回は気になるヒノキ風呂の費用や耐用年数、お手入れ方法などをご紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

ヒノキ風呂の魅力とは

ヒノキ風呂の魅力はやはり、ヒノキ独特の香りではないでしょうか。ユニットバスなど他のお風呂にはない木製風呂の「香り」が浴室全体を包みます。

ヒノキの香り成分にはストレス解消効果があり、脳の活動や自律神経を落ち着かせる効果があると言われています。香りでリラックスすることによって血圧が低下したり、快眠できるなどの効果をもたらしてくれます。

また、ヒノキには殺菌や脱臭、消臭効果もあります。ヒノキ風呂に入ることによって生活臭や体臭予防にも効果があるようです。殺菌作用は皮膚にも効果的で、アトピーの改善や保湿効果も期待できると言われています。

このように、ヒノキ風呂にはユニットバスなど他のお風呂にはない、体を健康にしてくれる効果や効能が詰まっているのです。

ヒノキ風呂にリフォームするときの費用は?ヒノキ風呂のメンテナンスや特徴まで紹介


ヒノキ風呂にリフォームする前に知っておきたいこと

ヒノキ風呂の魅力は分かりましたが、自宅の浴槽をヒノキ風呂にリフォームする前に知っておくべきこととは、どのようなものがあるのでしょうか。

・ヒノキ風呂の価格
・ヒノキ風呂のリフォームにかかる工期
・ヒノキ風呂の耐用年数
・ヒノキ風呂のお手入れ方法

上記の4項目に分けてご紹介します。

ヒノキ風呂にかかる費用

木曽ヒノキ風呂
・1200×750×600(長方形サイズ)
一方見附:約42万円~約53万円
ニ方見附:約44万円~約54万円

・1000×650(丸型)
木曽ヒノキ丸風呂1000型:約82万円~

ヒノキ風呂の価格は浴槽の本体価格のみで数十万円で、ヒノキの厚さや浴槽の形などによっても費用が変わってきます。これらの金額に設置費用が含まれていないことが多いため、設置工事を担う業者を探す必要があります。

木製風呂販売業者の中には設置工事も可能な会社もありますので、施工業者を複数比較して信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

ヒノキ風呂の工期

・1,100mm~1,400mmタイプ
約1日~約2日間(単体浴槽の場合)
・1,400mm~タイプ
約1日~約2日間(完成品の場合)

ヒノキ風呂を設置する場合、約1日~約2日間かかります。ユニットバスの交換の場合、一般的には1日で完成するため、ヒノキ風呂を設置する工期はユニットバスより1日長くかかるようです。

ヒノキ風呂の耐用年数

ヒノキ風呂の耐用年数は、一般的な木曽ヒノキで約7年~約8年と言われていますが、使用頻度や環境、お手入れによって耐用年数も変わってきます。

また、きちんとお手入れをしているとヒノキ風呂を約20年も使用できたという例もあります。耐用年数を延ばすためには、やはり日頃のお手入れがとても重要になってくるでしょう。

ヒノキ風呂にリフォームするときの費用は?ヒノキ風呂のメンテナンスや特徴まで紹介

ヒノキ風呂のお手入れ方法

ヒノキ風呂のような木製風呂は、お手入れがとても大変だと思う人が多いのではないでしょうか。

確かに、一般的なユニットバスにくらべ毎日のお手入れが少し大変かもしれませんが、少しの手間でヒノキ風呂を楽しむことができます。

やはり、木製風呂の大敵は「カビ」です。この「カビ」が発生しないようにケアをしていかないと黒カビが発生し、最終的にはカビが生えた部分が腐ってしまい、浴槽や浴室の交換などを行わなければなりません。

そのようにならないために、毎日ヒノキ風呂をお手入れする必要があります。毎日行うお手入れ方法は以下の通りです。

1 浴槽のお湯を流す
2 柔らかいスポンジまたは柔らかいたわしやブラシなどでやさしく汚れを落とす。
※固いスポンジだとヒノキに傷がつき汚れが落ちにくくなってしまうため、柔らかいスポンジやブラシなどを使用します。
3 水で流し、乾いたタオルで拭き取る
※水分がヒノキに残っていると、カビが生える原因となりますのでしっかり水分を拭き取るようにしましょう。

しかし、乾燥させる方が良いからといって完全に水分を飛ばしてしまうと木材の表面がひび割れてしまう原因になりますので注意しましょう。

また、定期的なメンテナンスも重要です。現在浴槽に使われるヒノキ風呂には、防水加工や木材の保護材などが塗装してあるため、使用頻度が多い場合は定期的に塗り直していく必要があります。

このような日々のお手入れの積み重ねがヒノキ風呂の耐用年数を延ばしていくことになるのです。自宅でヒノキ風呂をより長く使い続けたい場合は、お手入れとメンテナンスをこまめにしていきましょう。

ヒノキ風呂と樹脂系バスの取り扱い業者は全く異なります。ヒノキ風呂専門業者は全国的にも多くはないので、インターネットやリフォーム雑誌などで小まめに調べ2~3社の見積もりは比較検討すべきでしょう。

お風呂・浴室リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたお風呂・浴室リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、お風呂・浴室リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括査定を依頼する