2024年01月24日更新

監修記事

ベランダを後付け・取り付けるメリット・デメリットは?

外構エクステリアリフォームとして、ベランダを後付け工事するケースがよくみられます。なぜ家にベランダは必要なのでしょうか?ベランダの取り付けリフォームにより生まれるメリットとデメリットを紹介します。

ベランダを後付けリフォームで設置するメリットとは?

ベランダとは2階以上の室外にあるスペースで、屋根や庇があるものをいいます。屋根などがないものはバルコニーと呼びます。ベランダのある生活は、いくつもの利点をもたらしてくれます。

ベランダを後付け・取り付けるメリット・デメリットは?

ベランダリフォームで手に入れる、便利でエコな生活

ベランダがあれば、洗濯物を外に干せます。部屋干しよりも日光に当てたほうがパリッと乾きますし、気持ちいい仕上がりになりますね。急に雨が降っても、小雨程度なら屋根があるため洗濯物が濡れる心配もありません。

ベランダを2階に取り付けると直下の1階野外スペースは陰になるので、雨と直射日光を避けられる場所になります。車の駐車場にすれば、愛車を汚れや紫外線による塗料あせから守るメリットがあります。

夏の直射日光による熱線や紫外線を、ベランダの屋根が防いでくれる利点もあります。室内の温度の上昇を防ぎ、熱中症を予防できます。クーラーの効きも良くなるため電気量が抑えられ、エコな生活を実現できます。

ベランダがあることで生活がもっと楽しくなる

ベランダを後付け・取り付けるメリット・デメリットは?

家庭菜園を始めたくても庭にスペースがない家なら、ベランダでプランター栽培などを行えます。野菜の他に季節の花を育てるのも素敵ですし、もう一つの庭としてベランダを活用できます。

ペットをベランダでブラッシングをしたり、遊ばせてあげることもできます。屋根があるので直射日光による熱中症の心配をすることなく、のんびりと一緒に過ごせます。人間とペット両方のストレス解消ができますね。

ベランダ用の屋根材は、さまざまな形のものや熱線吸収タイプなど、機能性のあるものが用意されています。色も選べますので外構・エクステリアの一部として家を素敵に演出できる利点もあります。

ベランダを後付け工事することのデメリットとは

金銭面で生じる欠点として、ベランダの設置工事が必要になります。リフォーム会社に見積もりを作ってもらいましょう。ベランダを取り付ける利点とコストが見合う設計や工事ができる会社を選ぶのがポイントです。

ベランダに必要なメンテナンスとは

ベランダは定期的なメンテナンスが必要なのも、金銭的にデメリットになります。アフターケアを怠ると、家そのものの寿命に影響が出ます。

ベランダを設置すると、建物の耐久性・防水性が落ちる可能性があります。家の構造が変化しますので、耐震性も気になります。ベランダ設置の際は、リフォーム会社にしっかりと安全対策を考えてもらう必要があります。

ベランダの手すりは風雨にさらされるため、腐食やサビが発生します。木材の場合は白アリが繁殖することもあります。手すりにぐらつきや破損が生じると、落下の原因になり大変危険です。定期的に自分でチェックしましょう。

ベランダの床の塗装は、日差しや経年劣化により数年ほどでひび割れる欠点があります。ひび割れを放置すると水漏れが発生して家が傷みますので、定期的に塗装などの防水メンテナンスが必要です。

防水メンテナンスはウレタンやFRP、塩化ビニールシートで行います。外構やエクステリアを専門とするリフォーム会社に依頼して、しっかり処置をしてもらいましょう。

ベランダ増築と建ぺい率

ベランダの後付けの場合、面積と構造によっては建築面積に含まれることもあり建ぺい率を考慮しなければなりません。

また、増床面積が10㎡以上の場合や、建物が防火または準防火地域にある場合は確認申請が必要となるので事前に確認が必要です。

ベランダの耐用年数と、メンテナンスに必要な費用

ひどい劣化を発見した、またはベランダのぐらつきを感じたら直ちにリフォーム会社に連絡して補修工事をおこないます。木材なら3~5年、鉄やアルミは5~10年がベランダの耐用年数の目安です。

メンテナンスには、1平米あたり約5,000から8,000円かかります。劣化が軽いほど費用も安く済みますので、早めに修理の依頼をしましょう。ベランダ施工後の保証期間中なら、無料で塗装をしてくれるリフォーム会社もあります。

目的によって変わる費用感

エクステリア部分の中でも「ベランダ」は、建物から張り出した部分のうち屋根があるスペースを指します。そのベランダをどのようにしたいか、その目的に応じて価格も変化します。

格安でベランダの増築・後付け・拡張リフォームをするには?

ベランダを広くしたい!

家族が増えて、洗濯物を干すスペースが足りなくなった、グリーンやベンチを置いて、くつろげるスペースを確保したい。

このように思われたら、ベランダのリフォーム時期かもしれません。今あるベランダを格安・激安で拡張する場合のリフォーム方法についてご紹介します。

まずはベランダが1階の場合。床の拡張は「ウッドデッキ」で格安に済ませることができます。

木の種類によって風合いや耐久性、耐水性が変わってくるため、ニーズに合わせて選びましょう。

本物の木ではなく樹脂製の商品もあり、ネット通販で約1000円(横300mm×縦300mm)から取り寄せることができます。

既存の床の撤去や特殊な防水加工などを業者に依頼し工事すると、約10万円〜20万円が相場です。

割高に感じるかもしれませんが、外構部分はどうしても雨風にさらされ腐敗の恐れがあるため、今後のメンテナンスを考えるとDIYよりも業者に工事依頼する方がベターかもしれません。

2階のベランダ拡張の費用は、床材の種類もさることながら、支柱を建て手すりを新設する必要があるため1階ベランダ拡張よりも高額になります。

また、工期もかかるため、そのことも合わせて検討しましょう。

ベランダが欲しい!

それでは、そもそもベランダのない家にお住まいの方が、エクステリアの雰囲気を変えるためにベランダを増築したいと考えられた場合のリフォームはどうすればいいのでしょうか。

格安でシンプルな方法は、ベランダの「後付け」です。

後付けするベランダには大きく2種類のタイプがあります。地上にベランダを支える足が着く「柱建て式」、屋根に乗せる「屋根置き式」です。

デザインやサイズによって価格は変わりますが、例えば幅5m〜6m×奥行90cm〜1m40cmのものであれば、約30万円〜50万円で新設することが可能です。

ベランダリフォームで格安・激安になるポイントとは?

ベランダを拡張・増築する場合も、後付けする場合も、格安・激安に工事できるポイントがあります。

一つは「素材選び」です。リフォームを検討する際に、エクステリアのアクセントになるような素材を選ぶか、肌触りや風合いを重視して選ぶかは、人それぞれの好みですが、こうした素材の選び方によって、長い目で見るとコストが変化してきます。

外気にさらされる外構部分は、耐久性やメンテナンスを考えて素材を選ぶ必要があります。

例えば、同じ木材を選ぶにしてもソフトウッド(松やヒノキなど)かハードウッド(ウリンやイペなど)どちらを選ぶ方がお得でしょうか?

ソフトウッドは加工もしやすく、費用も安価です。しかし衝撃や水分に弱いため、約3〜7年で腐ってしまう可能性があります。

一方、ハードウッドはソフトウッドに比べ価格は割高ですが、虫害や水分に強く、塗装を定期的にやり直す必要がありません。そのため、メンテナンスを考慮すると、こちらをチョイスする方が安く済む場合があります。

素材を選ぶ場合は、単に安価な素材を選ぶのではなく、耐久性やメンテナンス費用まで含めて検討しましょう。

初期費用は格安・激安で済んだけれど、数年後メンテナンスや建て替えが必要になり、結果割高になってしまうというケースも考えられます。

もう一つのポイントは、1階部分にベランダを後付けしたり、増築・拡張することです。

1階ベランダのリフォームは2階とは違い、支柱の耐久性や、安全性を考慮した高さと間隔の柵の選定などをそこまでシビアに考慮する必要がありません。

さらに追加設置するものも少なくて済むため、より格安・激安でリフォームすることができます。

1階へのベランダ設置はデザイン的にも自由度が高く、外構・エクステリアをより印象的に見せるリフォームも可能です。

バルコニーリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事のバルコニーリフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】下久保彰

2級建築士。建築設計や施工業務を30年以上経験。最近は自営にて各種請負業務を行う。

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする