2024年01月24日更新

監修記事

フローリングのフロアコーティングの費用の相場・メリット・デメリットは?

フローリングにフロアコーティングを施すことで、傷や汚れがつきにくくなります。日々のメンテナンスが格段に楽になるため、検討することをおすすめします。今回は、フローリングにフロアコーティングを施す際にかかる費用の相場について解説していきます。

床材を傷などから守ってくれるフロアコーティング。

今回はフロアコーティングについてご紹介します。

フロアコーティングの施工を頼みたい方、フロアコーティングのメリットやデメリットを知りたい方はぜひ本記事を参考にして下さい。

フロアコーティングとは

はじめにフロアコーティングの概要とその目的について解説します。

床の表面に塗料を塗布すること

フロアコーティングとは、フローリング専用の塗料を塗布して塗膜を形成することで、床をコーティングすることです。

床をコーティングすることで床を傷や汚れから守ります。

フロアコーティングの目的

フロアコーティングの目的は、床面を保護して、傷や汚れなどから守ることです。

フロアコーティングを行って床の表面に塗膜を形成することで、日常生活での家具の移動や物の落下などによる傷が付きにくくなります。

さらに、汚れが付着しても簡単にふき取ることができるのです。

床面の傷や汚れを最小限に抑えることで、床面を綺麗なまま保つことができ、床のメンテナンスも楽になります。

フロアコーティングで傷は直る?

フロアコーティングとは、フローリングを傷や汚れから守り綺麗な状態を長持ちさせるために、フローリングの上にコーティングをすることです。

フローリングを傷付けないように気を付けながら生活を送っていても、傷やへこみはできてしまいます。

フロアコーティングをすることで、フローリング材に直接傷が付くのを防ぐことができます。

床にできてしまう傷の中で最も多いのが、椅子やテーブルなどを動かすことによる引っ掻いたような傷です。

小さいお子さんがいるご家庭ではおもちゃによる傷も多く、犬や猫などのペットの爪によって傷がついてしまう場合もあります。

フロアコーティングをすることで、知らないうちについてしまう傷からフローリング材を守る事ができます。

しかし、フロアコーティングにできた傷を放っておくと、フローリング材にも傷や汚れがついてしまいます。

フロアコーティングに傷が付いてしまった場合は、フロアコーティングの施工業者に依頼するとよいでしょう。

補修後は、どこに傷がついていたのか見分けが付かないほど非常にきれいに補修してくれます。

傷だけでなく、コーティングの剥がれやシミなどの汚れもきれいになります。

フロアコーティングの施工前にすでにフローリング自体に傷が付いていた場合、フロアコーティングの施工業者はその傷を補修した後にコーティングを施工します。

プロのフロアコーティング業者であれば、コーティングの傷だけでは無く、フローリング自体の傷や汚れもきれいに補修する技術を持っています。

フロアコーティングとワックスの違い

フローリングは傷がつきやすいため、定期的にワックスをかけている方もいるのではないでしょうか。

ワックスでもフロアコーティングと同じような効果を得ることができますが、耐用年数に大きな差があります。

ワックスは定期的にかけ直さなければ効果を維持することはできませんが、フロアコーティングは一度かけるだけで数年から数十年という長期間に渡り効果を維持することができます。

ワックスがけをリフォーム会社に依頼した場合は、1平方メートルで約900円~が価格の相場です。

フロアコーティングの種類によって耐用年数は異なりますが、ワックスを定期的にかけた場合の費用と比較すると、フロアコーティングの方が割安です。

フロアコーティングの耐用年数・塗り替え時期

フロアコーティングの塗替え時期の目安をご紹介します。

フロアコーティングが劣化する原因

フロアコーティングが劣化する原因は2つあります。

1つ目は、水分による劣化です。

フロアコーティングした床に水分がついたままだと、フロアコーティング剤が劣化してしまい剝がれる原因になります。

また、そこから床に水分が侵入してしまうと床の腐敗にも繋がります。

2つ目は、熱による劣化です。

熱に弱いフロアコーティング剤だと、床暖房なども劣化の原因になります。

床暖房を導入する際は、熱に強いフロアコーティング剤を使用しましょう。

フロアコーティングを塗替える時期の目安

フロアコーティングを塗り替える時期の目安は、約5年~約35年です。

フロアコーティングの種類によって、耐用年数は大きく変わります。

コーティングの種類ごとの耐用年数については後述します。

水性コーティングは耐久性が約5年~約10年と短いですが、費用が安価です。

そのため、フロアコーティングをお試しでしてみたい方におすすめです。

耐久性が高いほど費用は高くなりますので、耐久性と費用とのバランスを考える必要があります。

フロアコーティングのメリット

フロアコーティングのメリットをご紹介します。

フロアコーティングのメリットは

床を傷や汚れから守るフロアコーティングには、「床が劣化するのを防ぐ」「床に艶を与える」「床のお手入れが簡単になる」というメリットもあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

床が劣化するのを防ぐ

フローリング専用の塗料を塗布して床の表面を保護することにより、床を傷や汚れから守ります。

例え表面が傷ついても、コーティングのおかげで奥深くまでは傷つきません。

そのため、経年劣化の抑制につながります。

床に艶を与える

フロアコーティングをすると、床に艶を与えることができます。

艶があると光が反射して床が綺麗に見えます。

居住済みの家にフロアコーティングをするのも良いですが、新築の時にしておくと床の艶でより一層綺麗な家になります。

床のお手入れが簡単になる

汚れが直接床材につかないため、食べこぼし、ペットの粗相、油などの落ちにくい汚れが付着しても簡単に落とせます。

基本的なお手入れは水拭きとなりますが、汚れの度合いにより中性洗剤などを使用しても良いでしょう。

洗剤を使用した場合は、洗剤分をしっかり拭き取ることが大切です。

コーティング剤の性質によって、変色する懸念がありますので、メンテナンスについては事前に施工業者に確認しておくのをおすすめします。

フロアコーティングのデメリット

フロアコーティングのデメリットをご紹介します。

フロアコーティングのデメリットは

フロアコーティングのデメリットは、4つあります。

以下詳しく解説します。

初期費用が高い

フロアコーティングは必ずしなくてはならないものではありません。

メリットに魅力を感じなければ、余計な出費になりかねません。

フロアコーティングの種類にもよりますが、初期費用は家1軒を施工した場合安くても約15万円かかり、良いものだと約40万円以上もかかってしまいます。

また、費用を抑えたいからといって安価な業者を選ぶと品質が悪い場合があるので注意しましょう。

施工したら剥がすことができない

フロアコーティングは一度施工すると、剥離除去できません。

どうしても元に戻したい場合は、フローリングの張り替えになってしまいます。

フロアコーティングは簡単に剝がせないため、コーティングが汚れてしまったり割れてしまっても簡単には修繕できません。

よって、何も塗らない方がましだったということになる可能性もあります。

床材の質感が変わる場合がある

フロアコーティングをすると、艶が出て床の見た目が変わります。

特にUVコーティングはツヤツヤの光沢のある見た目になります。

また、無垢材フローリングにフロアコーティングを行った場合、無垢材本来の持ち味である手触りや調湿作用がなくなってしまいます。

このように、床本来の風合いが損なわれる場合があります。

床材の保証がなくなる

フロアコーティングをすると、床材の保証が受けられなくなる場合があります。

その場合は、何か不具合がおこったとしても自分で費用を出さなければなりません。

仮に元々の床材に何らかの不具合があったとしてもです。

そのため、フロアコーティングをする際には、何か問題がないかどうかをしっかりと確認した上でコーティングすることをおすすめします。

フロアコーティングの費用相場と耐用年数

フロアコーティングの費用相場と耐用年数をご紹介します。

UVコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約4500円~約5000円
耐用年数約20年~約30年

紫外線で瞬間硬化するため、自然硬化型のコーティングと違い厚みのある塗膜を形成できます。

そのため、摩耗、水分、薬品類などあらゆる生活ダメージによる傷や汚れから床材を守ります。

また、特有の厚みと柔軟性により滑りにくく、歩きやすくなっています。

高齢者や子ども、ペットがいるご家庭でも安心です。

さらに、透明度の高い塗膜を形成するため艶のある床になります。

しかし、費用は高額になりやすいです。

ガラスコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約3500円~約5000円
耐用年数約15年~約25年

薄膜で硬く、傷が目立ちにくいコーティングです。

硬度が高く、薄く低光沢の仕上がりになるため、傷がつきにくく目立ちにくくなっています。

しかし、高濃度の塩素系の洗剤に弱く、溶けてしまう可能性があります。

そのため、台所への施工は避けるか、もしくは洗剤をこぼさないよう注意する必要があります。

シリコンコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約3000円~
耐用年数約15年~約25年

技術的に比較的簡単に塗ることができ、豊かな光沢が出ます。

費用も比較的安価です。

艶が出すぎず、見た目も美しくなります。

しかし、黄色く変色するなどの不具合が発生することがあります。

ウレタンコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約2000円~
耐用年数約5年~約10年

ウレタン樹脂塗料によるコーティングで、多くの会社が採用しています。

コストが比較的安く、費用を抑えたい方におすすめです。

費用は安いが耐久性が高く、艶の強度についても選択が可能です。

また、水拭きで簡単に汚れが落ちるため、お手入れが簡単にできます。

さらに、適度な厚みがあるため摩擦にも強くなっています。

しかし、耐用年数はやや短いです。

完全硬化にかかる時間が長いこともデメリットです。

水性ウレタンコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約1500円~
耐用年数約3年~約5年

水拭きをしたい人や水性塗料しか使えない場所におすすめです。

磨き作業と相性が良く、多少の粗は補修できます。

また、費用が非常に安くなっています。

さらに、水性ウレタンコーティングは重ね塗りや剥離して塗り替えることが可能です。

しかし、特定のダメージに対する耐性が弱くなっています。

硬度も弱いです。

また、施工が難しく仕上がりが安定しません。

そのためメリットを享受しにくいです。

耐薬品性が弱く、薬品を用いた掃除ができずメンテナンス性が悪くなっています。

水性アクリルコーティング

1平方メートル辺りの費用相場約1000円~
耐用年数約6カ月~約2年

水性アクリルコーティングは、薄い膜をフローリングに作って艶を出すものです、

水性アクリルコーティングは床のマニキュアとも呼ばれており、いわばワックスの長持ち版です。

ワックスは数カ月ごとにお手入れする必要がありますが、水性アクリルコーティングをしておけば約半年~約2年は持ちます。

また、剥離が簡単にでき、塗り直しもしやすくなっています。

しかし、他のフロアコーティングに比べて耐久性が低くなっています。

摩擦には耐えられますが、硬度が低いため傷のリスクが高くなっています。

また、耐水性が弱いため、水拭きはおすすめできません。

フローリングのフロアコーティングにかかる諸経費

フローリングのリフォームの際には、事前に掃除をしなければなりません。

素人による掃除では不十分な可能性があるため、リフォーム会社に依頼する必要があります。

リフォーム会社によってはサービスもしくは工賃に含まれていることもあります。

別途料金を請求される場合の価格の相場は1平方メートルあたり約300円~です。

また、元々かけられていたワックスを剥がす必要があります。

それにも別途料金を請求される場合があり、1平方メートルあたり約600円~が価格の相場です。

更に、フローリングリフォームを行う際に大型家具を移動させる場合も約3000円~の費用がかかります。

諸経費を含めると、フローリングリフォームにかかる費用の相場は1平方メートルあたり約4900~8900円となります。

フロアコーティングの種類別の性能比較

フロアコーティングの種類別の性能比較です。

以下、◎〇△の3種類を使用して比較しました。

 耐傷性能耐水性能滑り止め性能耐薬品性能抗菌性能抗ウイルス性能防カビ性能
UVコーティング
ガラスコーティング
シリコンコーティング
ウレタンコーティング
水性ウレタンコーティング
水性アクリルコーティング

フロアコーティングの種類ごとのメリット・デメリット

コーティング剤の種類によって利点と欠点が異なります。

どのコーティング剤も、床に膜を張って傷や汚れを防ぐということに変わりはありません。

フロアコーティングのメリット・デメリットは?

ガラスコーティングのメリット・デメリット

ガラスコーティングは、コーティング剤の中で最も硬く、透明感のある仕上がりになります。

また、価格が比較的安いのもメリットの一つです。

しかし、硬すぎるあまり上からの圧力に弱く、重い家具を乗せると膜が剥がれることがあります。

また、熱に弱いので油やタバコの火などに注意が必要です。耐用年数が低いこともデメリットの一つです。

水性ウレタンコーティングのメリット・デメリット

ニオイが少ないのがメリットです。

また、光沢がでないので、ツヤツヤした見た目が苦手という方におすすめです。

デメリットは、完全に硬化するまで約1カ月かかることです。

光沢度が低いので、コーティング完了後も見た目にほとんど変わりがありません。

シリコンコーティングのメリット・デメリット

塗りやすいため、比較的短時間で施工できます。

しかし、耐久性が低く、完全に硬化するまで約1カ月かかります。

UVコーティングのメリット・デメリット

最も光沢がでるコーティング剤で、耐用年数が長いことがメリットです。

また、耐熱性に優れているので、床暖房のリフォームを検討している方にもおすすめです。

しかし、価格帯が他のものと比べて高いため、予算を十分に確保する必要があります。

人気のフロアコーティング

人気のフロアコーティングを目的別にご紹介します。

ペットを飼っている人

ペットを飼っている人に人気のフロアコーティングは、UVコーティングです。

UVコーティングは、高いグリップ性を持っており滑りにくいため、ペットが思いっきり走り回っても足腰に負担がかかりにくくなっています。

また、UVコーティングは耐水性が高いため、ペットが粗相をした際に汚れにくく、お掃除も簡単にできます。

さらに、UVコーティングは塗膜が厚めなので爪などによる傷がつきにくいです。

小さいお子さんがいる人

小さいお子さんがいる人には、シリコンコーティングが人気です。

シリコンコーティングは、安全性の高いシリコン樹脂を使用しているため、お子さんが床を舐めてしまっても人体に悪影響がなく安心です。

また、シリコンコーティングは傷や汚れがつきにくく、お掃除がしやすいです。

水拭きやアルコール拭きもできます。

さらに、耐アンモニア性も高く、子どもがお漏らしをしても床は劣化しにくいです。

コスパ重視の人

コスパ重視の人に人気のフロアコーティングは、ウレタンコーティングです。

ウレタンコーティングは、1平方メートルあたり約2000円からと費用が安くなっています。

また、費用は安いものの耐久性に優れています。

さらに、ウレタンコーティングは厚みがあるため摩擦に強いので、キッチンやリビングなど人が長時間歩き回るような場所への施工におすすめです。

高品質重視の人

高品質重視の人に人気のフロアコーティングは、UVコーティングです。

UVコーティングは費用が高いものの、非常に優れた品質を持ちます。

耐久性、耐摩擦性、耐熱性が高く、特に耐久性は20年以上で、床を長く保護してくれます。

また、施工の際長い乾燥期間が不要で即入居することが可能です。

フロアコーティングを行う必要性はあるのか?

フローリングの表面に硬度のあるフロアコーティングをすると、フローリング材を傷や汚れから守ることができるため、フローリング材そのものの耐用年数を延ばすことができます。

以前は、フローリングの手入れといえばワックスがけを定期的に行うことが主流でした。

しかし、ワックスの耐用年数は半年程度と短く、硬度も無いため実はフローリング材を傷からしっかりと守ることが難しいというデメリットがありました。

フロアコーティングは耐用年数が長く、傷にも耐えうる硬度を持っているため、近年では入居前に施工するご家庭も多くなりました。

ワックスと比較するとフロアコーティングの施工費用は高めですが、コーティングをせずフローリング材が傷んでしまうと、フローリングの張替えを行う必要が出てきます。

その場合には、フロアコーティングの施工費用よりも多くの費用がかかります。

そのため、数十年間でかかる費用の合計を比較すると、半年ごとにワックスがけをするよりもフロアコーティングをしておいたほうがお得になることが多いのです。

フロアコーティングには、フローリング材を傷や汚れから守ることの他にも様々なメリットがあります。

フローリング材を傷や汚れから守ることで、退色などの経年劣化を抑えて施工時のきれいな状態を長持ちさせることができます。

また、汚れを簡単にふき取ることができるようになり、日々のお手入れも楽になります。

ジュースや油は、フローリングに直接付いてしまうとシミになってしまうことが多いですが、フロアコーティングをしていれば水拭きだけでも簡単にふき取ることができます。

そのため、小さいお子様やペットがいるご家庭でも、床の汚れを心配することなく生活が送れるようになります。

さらに、フロアコーティングの種類によっては滑り止め効果を発揮するものもあります。

お年寄りやペットがいるご家庭にはこうした種類のコーティング剤がおすすめです。

耐用年数が長くなればなるほど、施工面積が大きくなればなるほど、フロアコーティングにかかる費用は高くなりますが、様々なメリットやフローリングのケアにかかる最終的な合計金額を考慮すると、フロアコーティングはとても有益なものになります。

フロアコーティングは自分で出来るの?

フロアコーティングの施工を業者に依頼すると費用がかかるため、コストを抑えるためにご自身でフロアコーティングをすることができないかと考えている方も多いと思います。

コーティング剤や施工に必要な道具は市販されているので、ご自身で施工することは可能です。

しかし、専門的な知識や技術を持っていない場合、施工不良で十分な効果が望めない場合があります。

ご自身で施工をする場合の失敗例で多くみられるのが、ほこりや髪の毛等のゴミがコーティングに混入してしまったり、塗り斑ができてしまいコーティングの厚みが均一にならないといったものです。

その他にも、コーティング剤がうまく硬化せずにベタベタした状態のままになってしまったり、施工前にフローリング表面のワックス等が完全に除去されていない状態のまま施工してしまったためにしっかりと密着しないなどの失敗例もよくみられます。

失敗してしまうと、施工したコーティング剤を全て除去してから再度コーティングをしなければならず、非常に手間がかかります。

また、きれいに施工できたと思っていても、時間が経過すると簡単に剥がれてしまったり、コーティング剤が変色してしまったりと様々な問題が生じることがあります。

施工に失敗してしまい、業者に施工し直してもらうという場合もよくみられます。

専門知識と確かな技術を持った業者にフロアコーティング施工を依頼したほうが、確実なコーティング効果を期待することができ、フローリング材のきれいな状態を長持ちさせることが出来ます。

フロアコーティングでの失敗やトラブルはある?

フロアコーティング施工業者の中には、悪質な業者や施工者の技術不足で仕上がりがうまくいかない場合もあります。

施工者の技術不足の場合、自分で施工する場合と同じように異物混入や塗り斑などの施工不良が起こり、場合によっては補修や再施工をしてもらう必要が出てきます。

部分的な補修で対応できるものもあれば、一度施工したコーティング剤を全て除去して再度施工しなければならない場合もあり、多くの時間とストレスがかかってしまいます。

悪質な業者の中には、業者側の施工ミスによる補修だとしても、不当に追加費用を請求してきたり、対応してくれなかったりする業者もいます。

また、フローリング材の知識が不十分で、最適なコーティング剤を施工してもらえないという場合もあります。

施工技術以外のトラブルも起きる可能性があります。

例えば、施工のために家具や建具を移動させる際にそれらを破損させてしまったり、施工時に発生するコーティング剤などのにおいに対して、周辺の住民から苦情が出てくるなどといったこともあります。

施工前に周辺の住民やマンションの管理人などに通知をしておくと、周囲とのトラブルを回避できるでしょう。

さらに、無断でトイレや洗面所を使用されたり、施工する部屋以外の部屋を無断で使用したりするといったトラブルもあります。

良識のある業者であれば、業者は施工する以外の部屋を使用したり立ち入ったりすることはありません。

フロアコーティングの業者選びは?

フロアコーティングの業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取ると良いでしょう。

相場を確認することができ、不当に高い費用を請求される心配もありません。

また、ホームページなどで施工実績を確認しましょう。

フローリング材の種類は非常に多く、特徴もそれぞれです。

施工実績が多い業者であれば、フローリング材に対する知識も多く、適切なコーティング剤を提案してくれます。

専門業者であっても、施工するのは人間です。時には施工不良につながるミスをしてしまうこともあります。

そのような場合に備えて、補修や再施工を追加費用無しに行ってくれるかなどのアフターサービスについても確認しておきましょう。

アフターサービスについては、どのような場合に施工者負担になるのか、施主負担となるのはどのような場合か、依頼前に保証内容も細かく確認しておきましょう。

評判を確認しておくことも大切です。

ホームページ上には十分なサービス内容が記載されているにもかかわらず、実際には再施工をしてもらえなかったり対応が遅かったりするなどのトラブルがあるかもしれません。

評判を確認しておくとそのようなトラブルを回避できるでしょう。

ハピすむでは、無料で見積もりをしてくれる優良な業者を紹介することができます、こちらからぜひハピすむのリフォーム費用の無料相見積もりをご利用ください。

入居中のフロアコーティングは業者に依頼できるか

入居中のフロアコーティングは業者に依頼できるか解説します。

依頼できない業者もある

入居中のフロアコーティングを依頼できない業者もあります。

住み初めてしまうと、家具の移動、汚れ、既存のコーティングなどをどうするかといった施工の段どりが複雑になってしまいます。

そのため、入居前にしかフロアコーティングをしていない業者もあります。

施工時間を考慮する

入居中のフロアコーティングは、施工時間を考慮する必要があります。

フロアコーティングは硬化させる時間が必要です。

硬化するまでの時間はフロアコーティングの種類によって異なります。

UVコーティングのように硬化が一瞬で終わる種類のフロアコーティングもあります。

硬化まで時間がかかるコーティングの場合は、硬化するまでの間ホテルなどで暮らすなどの必要があります。

家具の移動についての注意点

家具の移動は基本的には業者に頼むことができます。

しかし、ピアノや大きなタンスなどの重いものは移動できないことが多いです。

そのため、大きな家具がある場合は自分で動かすか、新たに別の業者に依頼する必要があります。

別の業者に依頼する場合は、追加で費用がかかってしまいます。

フロアコーティングのお手入れ方法

フロアコーティングのお手入れ方法をご紹介します。

カラ拭きが基本

フロアコーティングは、基本的にカラ拭きでお手入れします。

水拭きができるフロアコーティングは種類によります。

また、ドライタイプのペーパーモップを使用することもできます。

日々のお手入れは、サッとカラ拭きするだけで十分です。

ただし、UVコーティングの場合はカラ拭きではなく水拭きが適しています。

掃除機の扱い

掃除機も基本的にはかけて大丈夫です。

特にUVコーティングは、毎日掃除機をかけることが可能です。

しかし、シリコンコーティングなど掃除機を引きずることで傷がついてしまうフロアコーティングもあります。

掃除機をかける時は優しく、ゆっくりとかけるようにしましょう。

使える洗剤

基本的にフロアコーティングは汚れがつきにくくなっています。

どうしても取れない汚れには、中性洗剤を薄めて使用するか、アルコールで拭くとよいでしょう。

中性洗剤やアルコールを使用した後は、必ず成分を取り除いてください。

中性洗剤やアルコールでも汚れが取れない場合のみ、アルカリ性洗剤を使用しましょう。

使用できる洗剤については、事前に確認しておきましょう。

フロアコーティングで注意すること

フロアコーティングで注意することをご紹介します。

なるべく入居前に施工した方が良い

フロアコーティングはなるべく入居前にすることをおすすめします。

フロアコーティングをする際は、家具を全部移動させる必要があります。

家具を移動してくれる業者もありますが、自分で移動させないといけない場合もあります。

入居前なら、家具が何もなく施工しやすくなっています。

また、床に傷がつく前に施工した方が良いです。

フロアコーティングは、床を保護することが目的であるからです。

フロアコーティングの種類が複雑

フロアコーティングの種類はいくつかあります。

それぞれのメリットもデメリットも異なり、適する場合も違います。

そのため、床材の種類や目的に応じたフロアコーティングを選ぶ必要があります。

どのような床材を使用しているかが分からない場合は、専門家に見てもらうことをおすすめします。

よく分からないままフロアコーティングをしてしまうと、床材と合わないフロアコーティングをしてしまうことがあります。

また、フロアコーティングをする目的についてもはっきりとしておいた方が、フロアコーティングの種類を決めやすいです。

一度施工すると元に戻せない

フロアコーティングは一度施工すると元に戻せません。

そのため、施工が気にいらなくてもそのフロアコーティングを使用しなければなりません。

どうしても元に戻したい場合は、フローリングを張り直すことになります。

よって、本当にフロアコーティングが必要かどうかしっかりと考えてから施工しましょう。

専門知識のある業者に頼まないと失敗する場合がある

フロアコーティングは専門的な施工になります。

また、特に技術が求められる種類のフロアコーティングもあります。

そのため、フロアコーティングの専門知識がある業者に頼む必要があります。

フローリングは一度施工すると元に戻せません。

失敗されたり、耐用年数が著しく短くなったりするなどして後悔しないためにも専門知識を持つ業者を選んで施工してもらいましょう。

お得にフロアコーティングするコツ

お得にフロアコーティングをするコツを解説します。

コストパフォーマンスの高いフロアコーティングを選ぶ

ウレタンコーティングは、1平方メートルあたり約2000円〜と費用が安くなっています。

また、費用は安いものの耐久性や耐摩擦性に優れています。

このようにコストパフォーマンスが高いフロアコーティングにすると、値段の割に良い品質で施工できます。

費用は抑えたいが品質も重視したい方におすすめの方法です。

一部の部屋だけに施工する

全部の部屋にフロアコーティングを施工すると、費用がかなり高くなってしまいますが、一部の部屋にだけ施工すると費用を抑えることができます。

床材の保護が必要な箇所はどこかを考えて、必要な箇所のみ施工するとよいでしょう。

例えば、良く人が通るリビングやキッチンのみに施工するなどです。

複数の業者に見積もりを依頼する

業者に見積もりを依頼する際は、1社だけではなく必ず複数社ピックアップして相見積もりを取るようにしましょう。

複数社から見積りを取ることで、内容や価格を比較し、お得な業者を選ぶことができます。

ハピすむでは、希望に沿った業者を最大3社選定して紹介しています。

どこの業者に相見積もりを取れば良いのか分からない場合は、こちらから無料で簡単に見積もりが出来ますので、ぜひハピすむのリフォーム費用の無料相見積もりをご利用ください。

床・フローリングリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の床・フローリングリフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、全て厳正な審査を通過している会社ですので安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】市村千恵

TOMORROW-MORNING

市村 千恵

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする