2024年04月30日更新

監修記事

天板の交換でキッチンの雰囲気を一新!天板のみの交換なら30万以内も可能?実は機能性も重要!

キッチンの中心とも言える天板。その交換は、見た目のリフレッシュだけでなく、機能性の向上にも大きく寄与します。
この記事では、交換の目安から費用の相場、さらに素材選びのポイントまで、キッチンの天板交換に関するあらゆる疑問に答えます。各種素材の特徴や価格、取り付けに必要な手順や注意点を詳しく解説し、キッチンリフォーム計画に役立つ情報を提供します。

ワークトップ(天板)の役割とは?

キッチンのワークトップ、すなわち天板は、ただの作業面以上の重要な役割を果たします。

その最大の機能は、食材の下処理から調理、さらには食器の置き場としての使用に耐える強度と耐久性を提供することです。

素材によっては耐熱性や防水性も重要な特性となり、日々のキッチンでの激しい使用にも耐えることが求められます。

また、ワークトップはキッチンの美観を大きく左右する要素でもあります。

素材の選択や色、質感はキッチンの全体的な雰囲気を決定づけ、家のデザインに溶け込むよう調和を保つことが重要です。

さらに、清潔さを保ちやすい素材を選ぶことで、衛生的な調理環境を維持することも、ワークトップの重要な役割の一つです。

このように、ワークトップは多機能性と美観を兼ね備えた、キッチンの中心的存在です。

その選択と交換は、キッチンの機能性だけでなく、住まい全体の雰囲気にも大きな影響を与えるため、慎重に考慮されるべきです。

キッチンの天板交換の目安

キッチンの天板交換を検討する際、いくつかの明確な目安があります。

まず第一に、天板の損傷が最も明白なサインです。深い傷、変色、割れや欠けなどがある場合、交換を考えるべき時期かもしれません。

これらの損傷は、見た目の問題だけでなく、清潔さの維持や食品の衛生面にも影響を与えるため、特に注意が必要です。

デザインの変更をしたいと感じた時

次に、キッチンのスタイルやデザインの変更を考えている場合も、天板交換の良い機会です。

新しいインテリアデザインに合わせて、天板の素材や色を変更することで、キッチン全体の雰囲気を一新できます。

フォームや全面的なキッチンの改装を行うタイミングも、天板を交換する絶好の機会です。

全体のデザインと機能性を向上させるために、天板を含むキッチンの各部を見直しましょう。

キッチンの天板交換は、損傷の修復、デザインの変更、機能性の向上のための重要なリフォームです。

これらを参考に、あなたのキッチンに最適な天板を選び、快適で機能的な調理空間を実現しましょう。

キッチン自体が古くなっているとき

天板の素材が古くなり、機能性が低下している場合も交換の目安となります。

たとえば、耐熱性や耐水性が不十分になっている場合、新しい素材に更新することでキッチンの機能性を高めることができます。

キッチンの天板のみ交換することはできる?

メーカーによっては天板のみの交換に対応していることもあります。

システムキッチンの場合は、シンク部分も天板と一体となっている場合が多いため、シンクを含めた交換となる場合もあります。

またセクショナルキッチンの場合は、本体ごと交換する必要があるために注意が必要です。

キッチンの天板交換にかかる費用

キッチンの天板のみ交換する費用約20~30万円
キッチンの交換費用約120万円~250万円

キッチンの天板交換には、さまざまな要因が費用に影響を与えます。素材の選択、サイズ、設置の複雑さが主要な要素です。

施工費用が高くなる場合の主な要因

天板交換の費用は主に、選択する素材の種類に大きく左右されます。

天然石や高品質の木材、人造大理石など高価な素材を選ぶと、コストは上昇します。

また、天板のサイズや形状が標準的でない場合、カスタムメイドが必要となり、これも費用を増加させる要因となります。

設置の際の作業の複雑さや、古い天板の撤去と処分にもコストが発生します。

さらに、配管や電気工事が必要な場合も費用が増えることを考慮する必要があります。

キッチンの天板交換は、見た目と機能性の両方を改善する効果的な方法ですが、その費用は計画的に検討する必要があります。

素材の選択、サイズ、設置の複雑さなど、様々な要素を考慮して最適な選択を行いましょう。

まずは
無料お見積もりから

キッチンの天板の施工事例の紹介

キッチンの天板交換は、家全体の雰囲気を変える大きなリフォームです。

以下は、様々なリフォーム会社による施工事例を紹介します。

これらの事例は、デザインのインスピレーションとしても活用できます。

ワークトップを交換した事例

株式会社キャッツの施工事例
リフォーム費用約25万円
施工期間1日
リフォーム箇所キッチン・台所
採用メーカー・シリーズトクラス

この事例では、機能性とデザインを融合させたスタイリッシュなキッチン天板の交換を行いました。

現代的なデザインと耐久性に優れた素材が特徴的です。

経年劣化のためキッチンをリフォームした事例

株式会社角栄ホームズの施工事例
リフォーム費用約80万円
施工期間4日
リフォーム箇所キッチン・台所

この事例では、古いキッチンを全面的に刷新しました。

明るく使い勝手の良い空間が実現されました。

間取り変更してキッチンをリフォームした事例

株式会社望月商行の施工事例
リフォーム費用約120万円
施工期間5日間
リフォーム箇所キッチン・台所
採用メーカー・シリーズパナソニック・ラクシーナ

この事例では、間取りの変更とキッチンの完全な交換が行われました。

モダンで機能的なキッチンが生まれ変わりました。

夫婦でお料理を楽しめるようにリフォームした事例

スペースアップ(株式会社CONY JAPAN)の施工事例
リフォーム費用約120万円
施工期間5日間
リフォーム箇所キッチン・台所
採用メーカー・シリーズパナソニック・ラクシーナ

この事例では、洗練されたデザインと機能性を融合させたキッチンの改装を行いました。

ユニークなブルータイルとブラックアイアンの窓が特徴的な、モダンなキッチン空間が実現されました。

キッチンの高さをリフォームによって解消した事例

グランディリフォーム株式会社の施工事例
リフォーム費用約135万円
施工期間約7日
リフォーム箇所キッチン・台所
採用メーカー・シリーズLIXIL

この事例では、特にキッチンの高さの調整に焦点を当てました。

機能性と快適さを追求した改装が施され、使用者のニーズに合わせた空間が実現されました。

コンロとレンジフードの調子が悪くなったためリフォーム

株式会社ティークラフトの施工事例
リフォーム費用約177万円
施工期間2日
リフォーム箇所キッチン・台所、床・フローリング

この事例は、コンロとレンジフードの交換に加え、床・フローリングの改装も行われ、新しいキッチンは快適さとスタイルを兼ね備えています。

キッチン天板の種類別特徴と交換する際の選び方

キッチンの天板を交換するのにかかる費用や価格は?

キッチンの天板を選ぶ際には、その素材の特徴を理解し、キッチンの使用状況やデザインに合わせて適切なものを選ぶことが重要です。

各種素材は、耐久性、耐熱性、メンテナンスの容易さ、スタイル、およびコストの面で異なる特性を持っています。

以下では、人気のある素材ごとの特徴と選び方について説明します。それぞれの特長や価格を比較してみましょう。

ステンレスの天板

キッチンの天板を交換するのにかかる費用や価格は?

ステンレス製の天板は、その耐久性と耐熱性で人気があります。

プロのキッチンでも使用されることが多く、衛生的で汚れが付きにくいことが特徴です。

また、現代的なデザインが好みの方に最適で、スタイリッシュな外観です。

コストパフォーマンスもよく、従来より不動の人気があります。

近年ではエンボス加工やヘアーライン加工など、傷がつきにくいように表面加工を施したものがあります。

設置するキッチンの大きさによって、規格サイズ、セミオーダー、フルオーダーなどの選択肢があります。

システムキッチンの場合は、同じメーカーの規格サイズで対応できるケースもあります。

キッチンパーツオーダー専門店の参考価格
セミオーダー(W1,650mm~):約11万円前後~
フルオーダー:サイズにより変動(セミオーダーの約2.5倍程度の価格)

人工大理石の天板

キッチンの天板を交換するのにかかる費用や価格は?

人工大理石の天板は、自然石の美しさと人工素材の実用性を兼ね備えています。

デザイン性に優れる人工大理石は色やテクスチャーも豊富なので、インテリアに合わせてコーディネートできる利点があります。

耐熱性と耐水性に優れており、日常の使用に強いですが、重い物を落とすと割れる可能性があるため注意が必要です。

人工大理石には、アクリル系とポリエステル系があります。

アクリル系人工大理石の大きな特徴は曲げ加工が可能なことで、カーブをつけたり、角に丸みを持たせたりすることができます。

それに対してポリエステル系は、曲げ加工はできませんがコストパフォーマンスに優れています。

価格的にはステンレスより高くなります。大手人工大理石ブランドの天板の参考価格をご紹介しましょう。

セミオーダー(幅1,651~1,800×奥行700):約13万円前後~

木材の天板

木材を使用した天板は、温かみと自然な美しさをキッチンにもたらします。

天然木のぬくもりは、キッチンをより快適な空間に変えることができます。

ただし、水や熱には弱いため、定期的なメンテナンスが必要です。

耐久性を高めるために、表面をラミネートやオイルで処理したものを選ぶと良いでしょう。

価格面では、木材の天板はその種類や仕上げによって異なりますが、一般的には中価格帯の選択肢となります。

市場では、標準的なサイズの木製天板が約2万円から5万円程度で提供されており、高級な木材やカスタムデザインのものはそれ以上の価格になることが一般的です。

タイルの天板

キッチンの天板を交換するのにかかる費用や価格は?

近年では、タイルの天板も人気が高まっています。

タイルは大きさも様々で、カントリー系やナチュラル系、モダン系など、色や柄の組み合わによってデザインの幅が広がり、オリジナル性のあるキッチンにすることができます。

タイルは耐熱性が高く、長持ちしますが、目地が汚れやすいので清掃には注意が必要です。

熱い鍋を置くことを考慮して、タイルは磁器質などの強い材質を選ぶことをお勧めします。

タイルの価格:約3,000円/㎡~

天然石の天板

キッチンの天板を交換するのにかかる費用や価格は?

天然石の天板、特に花崗岩や大理石は、高級感と独特の美しさをキッチンに提供します。耐熱性に優れ、正しくメンテナンスすれば長持ちします。

しかし、重量があり、価格が高めであること、天然素材特有のメンテナンスが必要なことを考慮する必要があります。

御影石などの天然石の天板は、人工石にはない天然の質感があります。重量が重いので、分割する位置に工夫が必要な場合があります。

天然石天板の価格:約10~13万円前後

メラミンの天板

メラミン製の天板は、コストパフォーマンスに優れた選択肢です。

様々なデザインや色があり、比較的低コストでキッチンの雰囲気を変えることができます。耐水性に優れていますが、耐熱性や耐傷性は他の素材に比べて劣ることがあります。

価格面で見ると、メラミン天板は非常に手頃で、一般的なサイズで約1万円から2万円程度となることが多いです。

まずは
無料お見積もりから

天板を選ぶ際に重視すべきポイントとは?

キッチンの天板を選ぶ際には、多くの要素を考慮する必要があります。

天板はキッチンの機能性と美観の両方に大きな影響を与えるため、選択は慎重に行う必要があります。

以下では、天板選びで最も重要なポイントについて詳しく説明します。

耐久性と強度について

耐久性と強度はキッチンの天板に求められる基本的なスペックです。

頻繁に重い物を置く家庭や、激しい調理を行う場合には、傷や摩耗に強い素材を選ぶことが重要です。

たとえば、ステンレスやクォーツストーンは、耐久性に優れています。

耐熱性と耐汚染性について

キッチンでは高温にさらされることが多いため、耐熱性は重要な特性です。

キッチンでは高温の鍋や調理器具が直接天板に触れることがあります。

そのため、耐熱性に優れ、汚れが付きにくい素材が適しています。

ステンレス、セラミック、大理石などは耐熱性が高く、食材の汚れも簡単に拭き取れます。

メンテナンスのしやすさについて

日々の清掃やメンテナンスのしやすさも、天板選びにおいて重要な要素です。

簡単に清掃できるメラミンやラミネートの天板は、日々のお手入れを楽にします。

木材やタイルは定期的なメンテナンスが必要なため、お手入れの時間を考慮することが大切です。

清潔を保ちやすく、お手入れが簡単な素材を選ぶことで、キッチンを常に清潔に保つことができます。

スタイルとデザインについて

天板の色や質感はキッチンの雰囲気を大きく左右します。

モダンなデザインを好む場合はステンレスやセラミック、ナチュラルな雰囲気を求める場合は木材やタイルが適しています。

キッチンの全体的なデザインに合わせて選ぶことが重要です。

サイズと形状について

キッチンのスペースやレイアウトに適したサイズと形状の天板を選ぶことも重要です。

キッチンのレイアウトに合わせたサイズと形状の選択は、機能性と見た目の両方に影響を与えます。

特にカスタマイズされたキッチンでは、必要なサイズや形状の天板を選ぶことが重要です。

また、小さなキッチンでは、スペースを最大限に活用するための工夫が必要になる場合があります。

予算とコストパフォーマンスについて

最後に、予算とコストパフォーマンスも考慮に入れる必要があります。

予算は天板選びの重要な要素です。

高品質な素材は魅力的ですが、予算内で最適な選択をすることが重要です。

初期コストと長期的なメンテナンスコストのバランスを考慮し、コストパフォーマンスに優れた素材を選ぶことが望ましいです。

天板交換にかかる工数と日数

キッチンの天板交換は、家の機能性と美観を一新するリフォームです。

この作業は専門業者によって行われ、通常は半日から1日程度で完了します。

ここでは、天板交換の一般的な手順と所要時間、作業中に留意すべきポイントを説明します。

工事の流れ

天板交換における作業ごとの工程と目安工期は以下の通りです。

作業名目安工期作業内容
現状評価現在のキッチンの状態を評価し、天板交換の必要性を確認。
素材選定新しい天板のデザインと素材を選択。
測定キッチンスペースの正確な測定を行い、新しい天板が合うサイズを確認。
旧天板撤去半日〜1日古い天板を慎重に撤去し、既存のキャビネットや設備へのダメージを避ける。
新天板設置半日〜1日新しい天板を設置し、精密な技術で固定。
シーリング作業半日〜1日天板の固定後、必要なシーリング作業を実施。
最終確認半日〜1日天板の設置状態と機能を最終確認し、作業を完了。

キッチンの天板交換は複数のステップから成り立ち、適切な計画と準備が必要です。

まず、現在のキッチンの状態を評価し、新しい天板のデザインと素材を選びます。

次に、正確な測定を行い、新しい天板がキッチンスペースにぴったりと収まるようにします。

実際の作業は、古い天板の撤去から始まります。

これは注意深く行われ、既存のキャビネットや設備にダメージを与えないようにする必要があります。

撤去後、新しい天板の設置に移りますが、これには精密な技術が必要です。

設置が完了したら、天板を固定し、必要なシーリング作業を行います。

天板の交換には、通常1日から2日程度かかりますが、作業の複雑さや天板のサイズ、形状によって異なる場合があります。

また、配管や電気工事が必要な場合は、さらに時間がかかることがあります。

このプロセスは、プロの技術者によるものであり、DIYで行うのは困難でリスクが伴います。

適切な工具と技術、経験を持つ専門業者に依頼することで、滑らかで成功した天板交換を実現できます。

まずは
無料お見積もりから

交換作業中の注意点

キッチンの天板交換作業を進める上で、いくつかの重要な注意点があります。

これらは、安全と作業の効率性を確保するために欠かせません。

安全対策と事故防止

天板交換作業中は、安全が最優先です。

重い天板の扱いや使用する工具には特に注意が必要です。

適切な保護装備(手袋、保護メガネ、安全靴など)を着用し、作業中は常に周囲の状況を確認してください。

また、天板を持ち上げる際は腰を低くし、腕や背中に負担がかからないようにすることが大切です。

他の作業者とのコミュニケーションを密に取り、事故を未然に防ぎましょう。

正確な採寸と配置

天板交換においては、正確な採寸が成功の鍵です。

間違った寸法や配置は、後々の大きな問題につながります。

新しい天板が設置されるスペースの寸法を正確に測定し、必要な調整があれば事前に行ってください。

また、天板の配置が正しいか確認し、キッチンの機能性と外観のバランスを取ることが重要です。

給排水管や電気配線の確認

天板交換を行う際は、給排水管や電気配線に注意を払う必要があります。

これらの配管や配線が天板交換作業に影響を与えないように確認し、必要に応じて専門家に相談してください。

特に給水管や排水管の位置を変更する必要がある場合は、事前にプロの意見を求めることが重要です。

現存するキッチン設備の扱い

既存のキッチン設備、たとえばシンクやコンロなどは、天板交換時に損傷しないように注意深く扱う必要があります。

特に、設備を一時的に取り外す必要がある場合、それらを安全に保管し、再設置時には慎重に取り扱ってください。

この過程で損傷を防ぐため、必要に応じて専門家の支援を得ることを検討しましょう。

作業後のクリーンアップと仕上げ

天板の交換作業が完了した後、適切なクリーンアップと仕上げ作業が必要です。

作業中に発生したほこりや汚れをしっかりと清掃し、新しい天板の表面を保護するために適切な処理を施します。

また、シーリング材を適切に塗布し、水漏れを防ぐための処置を行うことも大切です。

これにより、新しい天板が長持ちし、キッチンの機能性と美観が向上します。

交換できないケースとは?

キッチンの天板交換は多くの場合可能ですが、一部の状況では交換が困難または不可能になることがあります。

最も一般的な交換不可能なケースの一つは、組み込み式のキッチン設備が関与している場合です。

たとえば、カスタムビルドされたキッチンでは、天板がキャビネットや他のキッチン設備と一体化している可能性があります。

このような状況では、天板のみを交換することは非常に困難であり、時には全体のキッチンリフォームが必要になることもあります。

また、建物の構造上の制約も交換を妨げる要因となり得ます。

たとえば、重量のある天板を支えるための十分な支持構造がない場合、特定の素材の使用が制限されることがあります。

これには、天然石や重い木材などが含まれます。

さらに、予算の制約も交換の可否に影響を与えます。

特に高品質またはカスタムデザインの天板は、コストが非常に高くなる可能性があり、予算内での実現が難しい場合があります。

これらの交換できないケースを考慮することで、より現実的で実行可能なリフォーム計画を立てることができます。

必要に応じて、プロの意見を求めることも重要です。

信頼できる業者の選び方

キッチンの天板交換は専門的な技術を要するため、適切な業者を選ぶことがリフォーム成功の鍵です。

良い業者を見つけるためには、まず実績と評判を確認することが大切です。

過去のリフォーム事例や以前の顧客からのレビュー、評価を通して業者の信頼性と品質の水準を見極めることができます。

特に、同様のキッチンリフォーム経験が豊富な業者は、技術的な問題や特殊な要求にも対応できる可能性が高いです。

相見積もりを行って話しやすい業者を探そう

業者が顧客のニーズや懸念に耳を傾け、明確で理解しやすいコミュニケーションを行うことは、リフォームの成功に不可欠です。

また、見積もりや提案が透明で詳細であることも、業者選びの重要な要素です。

さらに、相見積もりを取ることは非常に有用です。

これにより、複数の業者を比較し、適正な価格設定であるかどうかを見極めることができます。

最安値の業者を選ぶのではなく、コストパフォーマンスを考慮し、質と価格のバランスを見極めることが必要です。

高すぎる見積もりや不明瞭な料金体系は避け、公正な価格設定の業者を選びましょう。

保証・アフターサービスを確認しよう

保証やアフターサービスの有無も考慮すべきです。

作業後の保証やメンテナンスサービスを提供している業者は、長期的な顧客満足を重視しており、信頼できる兆候となります。

これらの要素を踏まえて選ぶことで、高品質のサービスを提供する信頼できる業者を選ぶことができ、キッチン天板交換リフォームを成功へと導くことが可能です。

契約前の準備として、工事の範囲、完成予定日、支払い条件などの契約条件を十分に理解することも重要です。

資格や保険の有無を確認し、不測の事態に備えることも忘れないでください。

適切な業者選定は、キッチンを美しく機能的な空間に変えるための第一歩となります。

まずは
無料お見積もりから

DIYでの交換は可能か?

キッチンの天板交換をDIYとして行うことは可能ですが、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。

まず、天板交換には特定の工具と技術が必要です。

正確な測定、適切な工具の使用、天板の安全な取り外しと設置が求められます。

また、重量のある材料を扱う際には、身体への負担を考慮し、安全対策を徹底することが大切です。

特に天板を持ち運ぶ際には、適切な方法で持ち上げ、必要であれば助手を確保することが重要です。

さらに、天板の種類によっては特別な取り扱いが必要な場合があります。

たとえば、天然石や重い木材などは、取り付けに専門的な知識が必要となることがあります。

DIYで天板を交換する場合は、事前の準備と適切な作業が欠かせません。

状況に応じてプロの意見を求めたり、必要であれば専門業者に依頼したりすることも検討してください。

キッチン・台所リフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の台所リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】久田麻里子

2級建築士、インテリアコーディネーター、住環境福祉コーディネーター。ハウスメーカー、リフォーム会社での建築業を幅広く経験。主婦・母親目線で様々なリフォームアドバイスを行う。主な担当は水回り設備リフォーム、内装コーディネート、戸建てリフォームなど。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする