1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 床・フローリングリフォーム
  4.  > 
  5. 賃貸のフローリング床が変色した場合の修繕費用や注意点について

キーワードから探す


2019年02月27日更新

賃貸のフローリング床が変色した場合の修繕費用や注意点について

住んでいる賃貸住宅の床が変色してしまった場合、変色の原因によっては入居者がリフォーム費用を負担することになります。トラブルなく床リフォームを済ませて快適な部屋に戻すためにも、賃貸住宅における床リフォームの方法や、リフォーム会社の選び方を知っておきましょう。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

賃貸で床のフローリングが変色する原因

床 変色 賃貸

賃貸の床に敷かれているフローリングは、様々な原因で変色することがあります。変色の原因によっては入居者が責任を問われないものもありますので、まずは原因別に変色の種類を知っておきましょう。

水分による変色

濡れたマットや衣服を床の上で長時間放置したり、床を常に水浸しにしたりすると、水分でフローリングが変色することがあります。水分による変色は主に、木材の腐食による黒ずみや黒カビなどが原因です。

水分で床に黒ずみを作らないように、バスマットや観葉植物の受け皿、ウォーターサーバーからの水漏れ、窓の結露などは長期間放置しないよう注意しましょう。

紫外線による変色

紫外線もフローリングを変色させる原因の一つです。表面が塗料やオイルでコーティングされているフローリングは、紫外線で塗料の樹脂が劣化し、徐々に色あせて黄色く変色することがあります。

また、フローリングの木材自体も紫外線によって変色するので、窓際だけ色が濃くなったり明るくなったりすることもあるようです。特に、結露しやすい窓付近は、紫外線に加えて水分のダメージも加わるため、色が薄く変色してしまいます。

化学反応による変色

ワックスやカラー剤などが床に垂れたり、カーペットや滑り止め材の色素が色移りしたりするなど、化学反応によって床が変色することもあります。

化学反応による床の変色は入居者の過失とみなされることが多く、補修費用の負担責任を巡って大家さんとトラブルになることもあるので、なるべく発生させないよう注意しましょう。

賃貸で床が変色した時に知っておきたいこと

賃貸住宅に住んでいて床が変色しても、慌ててリフォーム会社を呼んだり、大家さんに言われるままに補修費用を支払ったりすると、さらなるトラブルを招く恐れがあります。

入居者が費用を負担すべき床の変色や、入居者が補修費用を負担する際の負担割合などについて知っておきましょう。

床が変色した責任が入居者側にあるか調べる

賃貸住宅で起きた床の変色は「自然損耗」か「過失」かで責任の所在が異なります。大家さんによって責任の解釈は異なることがありますので、以下でご紹介する事例は、あくまで参考としてお考えください。

入居者が補修費用を負担しなくても良い変色

家具を置いていた箇所のへこみや日焼けによる変色など、生活していれば発生するような劣化は入居者に責任はなく、「自然損耗」とみなされて補修費用を請求されないことがあります。

また、外壁や屋根からの雨漏りやエアコンからの漏水によって床が変色した場合も、建物や設備の老朽化が原因ですので、入居者ではなく建物を管理する会社に責任があると考えられるでしょう。

入居者が補修費用を負担するべき変色

入居者の過失によって賃貸住宅の床が変色した場合は、補修費用を請求される可能性が非常に高いため、発生させないよう注意しなければなりません。

  • フローリングにワックスがけをして変色させた
  • カラー剤が床に垂れて変色した
  • 塗れたタオルやマットを放置し続けて床が変色した
  • 長期間掃除をしなかったためカビが床にこびり着いた

など

明らかな過失で床を変色させた場合は、被害が少なく補修費用が少額で済むうちに、管理会社や大家さんに連絡して補修の必要性を確認しましょう。

大家さんから床の補修費用を請求されてもすぐに支払わない

賃貸住宅では、大家さんや管理会社から数十万や数百万円などの不当な修繕費用をされるトラブルが多発しており、中には入居者に責任がない劣化にも関わらず費用を請求されているケースも見受けられます。

物件所有者から請求された通りに補修費用を支払ってしまわず、床の変色や傷が、本当に自分たちに責任があるか必ず確認するようにしましょう。

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で床の変色について確認

国土交通省が作成した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」には、賃貸住宅で入居者が補修費用を負担すべきケースや、入居者が負担すべき費用の割合などが記載されています。

ガイドラインは賃貸住宅退去時の「原状回復」を想定して作られていますが、入居中に発生した床の変色についても、多くの賃貸住宅でガイドラインの考え方が適用されるでしょう。

ガイドラインによれば、経年劣化や自然損耗は入居者が補修費用を負担する必要はなく、以下の行為による損耗のみ入居者が責任を負うべきとされています。

  • 故意による損耗
  • 過失による損耗
  • 善管注意義務違反による損耗(通常行うべき定期的な清掃を怠った場合など)
  • 通常と異なる使い方による損耗

さらに、入居者が補修費用を負担する場合も、「経年劣化で減少した設備の価値は、補修費用から差し引くことが望ましい」と書かれていますので、補修費用を請求された時は、ガイドラインを必ず確認しましょう。

自己負担でリフォームを行う場合も大家さんに連絡を

補修費用を自己負担してでも、変色して汚れた床をリフォームで補修したいというケースもあるかもしれません。

賃貸物件をリフォームする時は、たとえ自己負担でも必ず、リフォームして良いか物件の管理会社や大家さんに相談しましょう。物件によっては、使用する床材や施工会社を指定している所もあります。


変色した賃貸の床をリフォームで修繕する費用

床 変色 賃貸

変色した床の修繕費用には、工法ごとに相場があります。もし大家さんから費用を請求された場合は、相場に対して請求額が妥当か必ず確かめ、必要であれば別のリフォーム会社に明細の内容を確認してもらうと良いでしょう。

なお、フローリングの修繕費用は、使われている床材によって費用が異なりますのでご注意ください。

変色した床を部分的に補修する費用

・約3〜5万円/一箇所あたり

変色した床の部分補修は「リペア」とも呼ばれ、変色した部分を工具などで削り、元の色や模様を再現して変色前とほとんど変わらない見た目にすることができます。

リペアはフローリングを張り替えるリフォームより安く行えますが、きれいに補修できる職人に頼まなければリペアした箇所が余計に目立ってしまい、結局張り替えが必要になるかもしれません。

賃貸の変色した床を重ね張りで修繕する費用

・約8,000〜1万円/平方メートルあたり

重ね張りとは、既存のフローリングを残したまま、新しいフローリング材を重ねることです。既存フローリング材の撤去・処分費用がかからないため、低コストで床をリフォームできます。

重ね張りによる床リフォームであれば、6畳の部屋であれば、約10万円以下に収まるでしょう。ただし、重ね張りをすると床が若干高くなってしまうため、お住まいの賃貸物件によっては選択できない可能性があります。

賃貸の変色した床を張替えて修繕する費用

・約1〜2万円/平方メートルあたり

床をすべて新しいフローリング材で張り替える場合、古い床材の撤去・処分や新しく床材を張る作業のために施工コストが高くなります。床の全面を張替えれば、数十万円の補修費用が発生するかもしれません。

万が一、変色していない床まで張替え費用を請求された時は、本当に全面張り替えるしか方法がないのか、全面の張替え費用を入居者が負担すべきか、ガイドラインを参考にしてしっかり話し合いましょう。

賃貸の床が変色した時のリフォーム会社の選び方

賃貸住宅の床が変色し、リフォームが必要になった時に備えて、信頼できるリフォーム会社の選び方を知っておきましょう。

賃貸住宅のリフォーム実績が豊富な業者に依頼する

賃貸住宅は戸建て住宅と違って、リフォームの際に大家さんや他の入居者に配慮しなければなりません。賃貸物件の床リフォームでは、賃貸住宅での施工実績が豊富な業者を選んでおきましょう。

賃貸住宅での立ち回りに慣れたリフォーム会社であれば、大家さんや他の入居者からクレームやトラブルが出ないように、施工方法やスケジュールを考えてくれます。

また、国土交通省のガイドラインを把握している可能性も高いため、「入居者が負担すべき変色ではないですよ」といったアドバイスをもらえるかもしれません。

複数業者で床リフォームの相見積もりを取って内容を比較する

一社から見積もりを取っても、費用の安さや工事内容などを他のリフォーム会社と比較することができません。できるだけ2〜3社に相見積もりを取り、説明のわかりやすさや対応の速さなども比較しましょう。

また、大家さんからリフォーム会社を指定された場合も、必ず指定業者に見積もりを作成してもらい、セカンドオピニオンを実施しているリフォーム会社などに相談して、見積もりの正当性を判断してもらうことが大切です。

床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する