1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. フルリフォーム・リノベーション
  4.  > 
  5. 鉄筋コンクリートの住宅をスケルトンリフォームする費用や価格の相場は?

キーワードから探す


2018年10月12日更新

鉄筋コンクリートの住宅をスケルトンリフォームする費用や価格の相場は?

木造・鉄骨造よりも高い耐久性を持つ鉄筋コンクリート造の建物は、スケルトンリフォームを行うことで、建物の耐久性はそのままに、新築のようなすまいを手に入れることができます。この記事では、鉄筋コンクリート造の特徴や、建物タイプ別の費用相場についてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

鉄筋コンクリート造の特徴

鉄筋コンクリート造とは、鉄筋で作った骨組みを、コンクリートで固めて作る建物のことです。

コンクリートが鉄筋で強化されているため、「強化」を意味する「Reinforced」と、「コンクリート」の頭文字を取って、「RC造」と表記されることもあります。

コンクリートと鉄筋が互いの弱点を補い合うため、耐久性が非常に高く、戸建て住宅以外にも、階数が多い高層ビルやマンションでも選ばれている構造です。

鉄筋コンクリート造の種類

鉄筋コンクリート造には、様々な種類がありますが、主なものは以下の2種類です。

鉄筋コンクリートの住宅をスケルトンリフォームする費用や価格の相場は?

ラーメン構造

ラーメン構造の「ラーメン」とは、ドイツ語で「フレーム」を意味する言葉です。フレームを構成するのは、鉄骨の柱と梁で、このフレームに合わせて鉄筋コンクリートを配置して、建物を作ります。

ラーメン構造の鉄筋コンクリート造建築物は、後述の壁式構造タイプに比べると、間取り変更が比較的行いやすいという特徴があります。

コンクリートの間仕切り壁でも、建物の耐久性に影響がなければ撤去することができますので、不要な壁を撤去して、広いリビングを設けたり、使わない和室を撤去したりすることも可能です。

マンションの場合では管理規定で定められている場合が有りますのでリフォームするには施工内容の確認が必要です。

壁式構造

壁式構造とは、壁や床などの「面」で建物を支える構造のことです。

巨大な壁で建物を囲み、柱や梁の代わりに壁で縦方向、横方向の揺れや荷重を支えている構造をしているため、地震に強く強風で建物が揺れても、ラーメン構造のように柱や梁に歪みが生じることがなく、遮音性・防音性にも優れています。

また、柱がないため、柱の厚みに合わせて屋内の壁を狭めなくて良いという点も、ラーメン構造のメリットのひとつです。

しかし、窓の追加や玄関の移動、間仕切り壁や床の撤去といった、壁や床に手を加えるリフォームが、ラーメン構造に比べて行いにくいというデメリットがあります。

コンクリートで出来ているほとんどの壁は建物強度を保つために壊せないと考えた方が良いでしょう。


鉄筋コンクリート住宅のスケルトンリフォーム費用

鉄筋コンクリート造住宅のスケルトンリフォーム費用は、戸建て住宅とマンションで費用が異なります。

まずは、スケルトンリフォームで発生する工事ごとの費用相場を把握し、それぞれの工事が戸建て住宅とマンションで、どの程度発生するか把握しておきましょう。

スケルトンリフォームの工事費用内訳

スケルトンリフォームでは、主に以下の工事が行われます。

なお、以下は平方メートルあたりの費用ですので、最終的な費用は、作業面積を乗じて求めます。例えば、解体面積が80平方メートルの場合、解体費用の相場は約80~240万円となります。

・解体工事費用:約1~3万円
・耐震補強工事費用:約2~6万円
・断熱補強工事費用:約3万円
・外壁、屋根工事費用:約3万円
・内部工事費用:約2万5千円
・電気配線工事費用:約1万5千円

・システムキッチン交換費用:約60~80万円
・ユニットバス交換費用:約60~90万円
・洗面台交換費用:約20~40万円
・トイレ交換費用:約20万円
(本体価格・取り付け費用・配管工事費用含む)

例えば、外壁や屋根などの外装リフォームや、耐震・断熱補強工事を行うことができないマンションでは、これらのリフォーム費用が発生することはありません。

また、解体費用も専有部分のみしか発生しないため、戸建て住宅に比べると高額にはなりません。

しかし、間仕切り壁を撤去したり、価格が高い内装材を選んだりすると、改めて壁と造る木工事や軽量鉄骨の工事、仕上げ材を施工する内装工事費用が増え、マンションでも戸建て住宅並みのリフォーム費用になることもあります。

マンションスケルトンリフォームの費用

単身者向けのコンパクトなマンションの場合、スケルトンリフォームは、約600~800万円の費用で行うことができます。

鉄筋コンクリートの住宅をスケルトンリフォームする費用や価格の相場は?

一方、ファミリー向けの部屋数が多い物件では、間仕切り壁の撤去や収納の追加といった作業が増えるため、約1000~1800万円の費用になることがあります。

そのほか、サイズが大きく機能が豊富な、価格が高い水回り機器を設置したり、収納部分を充実させたりするほど、リフォーム費用は高額になります。

スケルトン工事を伴わない間取り変更や、部分的なリノベーション工事であれば、単身向け物件で約200~500万円、ファミリー向け物件で、約600~1000万円が費用相場となっています。

なお、マンションリフォームでは、スケルトンリフォームのことをリノベーションと表現されることもあります。

マンションのスケルトンリフォームの費用について気になる方はこちら!

戸建て住宅スケルトンリフォームの費用

鉄筋コンクリート造の戸建て住宅をスケルトンリフォームした時の費用は、約2000~3800万円が相場です。

戸建て住宅は、マンションに比べると手を加えられる範囲が広いため、スケルトンリフォーム費用が高額になる傾向にあります。

屋根や外壁といった外装材の撤去だけでなく、カーポートやフェンス、テラスの設置といった、マンションでは行えない工事も選択可能になるため、プランニングを始める前に、あらかじめ予算を決めておかなければなりません。

なお、鉄筋コンクリート造の戸建て住宅をリノベーションする場合は、大規模な解体や広範囲の内装・外装工事が発生しないことから、約1200~3200万円が費用の相場となっています。

戸建てのスケルトンリフォームの費用について気になる方はこちら!

フルリフォーム・リノベーションに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたフルリフォーム・リノベーションは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、フルリフォーム・リノベーションを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する