1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 福島県
  6.  > 
  7. いわき市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年11月10日更新

いわき市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

いわき市のリフォーム会社の選び方

いわき市では、福島県が目指している「再生可能エネルギー先駆けの地」の実現に向けて、高齢者等住宅リフォームや宅地内雨水水流出抑制施設整備促進事業補助制度に関する補助などがあります。

リフォーム会社ごとに得意不得意な工事もあることから、依頼する会社が何を得意としているかを把握して、会社の特色や評判を確認することも大切です。

また、いわき市近郊の田村市や郡山市も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

いわき市で評判のリフォーム会社一覧

アエラホーム(いわき店)
所在地福島県いわき市常磐西郷町金山40
TEL0120-900-142
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
アエラホームは、住む人を大切に守りつづけ、地球環境に適合する 「環境設計の家」を追求しつづける創業56年の住宅メーカーです。

【リフォーム用 ローン】
各種提携金融機関による無担保・低金利のリフォームローンをご用意しております。専任のリフォームアドバイザーがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

この会社への相談

いわき市で受けられるリフォーム補助金・助成金

いわき市では、高齢者等住宅リフォーム(改良)事業や、宅地内雨水水流出抑制施設整備促進事業補助制度などの補助制度を利用することができます。

以下では、いわき市で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。

なお、情報は2019年11月10日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。詳しくは、いわき市までお問い合わせください。

高齢者等住宅リフォーム(改良)事業

高齢者や障害をお持ちの方の在宅生活を支援するための制度で、住宅改造に関する相談をすることができます。また、改良工事が必要と認められる場合には住宅改造費用の給付を受けることできます。

助成額は、100万円を限度として世帯中心者の課税状況に応じて変わります。

津波被災住宅再建事業補助金

東日本大震災の津波で住宅を失った方や損壊した方が、再建に係る費用の一部について補助を受けることができます。

東日本大震災の津波により被災した住宅に居住していた方や、市税を完納されている方などが補助の対象です。

<補助の限度額>
・住宅建設等再建事業…1戸あたり457万円
・宅地購入事業…1戸あたり206万円
・住宅移転事業…1戸あたり20万円
・津波被災宅地防災対策事業…1戸あたり270万円
・擁壁築造事業…1戸あたり200万円

水洗トイレ改造資金融資あっ旋・利子補給制度

下水道への切り替え工事を行う場合、融資のあっ旋、利子の補給を受けることができます。

公共下水道への接続を計画している方で、市税および下水道事業受益者負担金を滞納していない方が制度を利用できます。

融資の限度額

くみ取り便所改造工事 くみ取り便槽1箇所につき60万円以内
浄化槽からの切替工事 浄化槽1基につき60万円以内

返済方法

返済期間48ヶ月以内 1ヶ月1万円以上の元金均等払い

利子

市が全額負担

宅地内雨水水流出抑制施設整備促進事業補助制度

雨水浸透ます、雨水貯留タンク、浄化槽転用雨水貯留施設を設置する場合、費用の一部について補助が受けられます。

補助金額

雨水浸透ます 工事費用の2/3(限度額25,000円)
雨水貯留タンク 購入費用の2/3(限度額50,000円)
浄化槽転用雨水貯留施設 工事費用の2/3(限度額200,000円)

浄化槽整備事業

合併処理浄化槽への切り替え、もしくは新築や改築によって新たに設置する場合、設置工事費や撤去費用の一部について補助が受けられます。

補助金の対象地域

下記を除く市内全域です。

  • 公共下水道事業計画策定区域
  • 地域汚水処理施設処理区域
  • 農業集落排水処理施設事業区域

補助金額

・浄化槽整備事業(切替)…設置費最大822,000円 / 撤去費100,000円
・浄化槽整備事業(新築)…設置費最大274,000円

木造住宅の耐震診断者派遣事業

木造住宅の耐震診断を希望する場合、耐震診断者を派遣を受けることができます。

対象となるのは、昭和56年5月31日以前に着工された住宅の中で、在来軸組工法・伝統的工法・枠組壁工法によって建てられた3階建て以下の住宅です。

募集戸数は20戸程度で、申込者負担額は7,500円です。

木造住宅の耐震改修支援事業

昭和56年5月31日以前に着工された住宅について耐震改修を行う場合、費用の一部について補助が受けられます。

補助金額

耐震改修工事費の1/2以内

  • 一般耐震改修工事(上限額100万円)
  • 簡易耐震改修工事(上限額60万円)
  • 部分耐震改修工事(上限額60万円)

ブロック塀等除去支援事業

倒壊の危険性があるブロック塀等を撤去する際、費用の一部について補助が受けられます。

対象となるのは、個人が所有しているブロック塀等の中で、地震により倒壊の恐れがあり、道路に面していて道路からの高さが1m以上であるものです。

補助金額

下記のいずれか少ない額(限度額10万円)

  • 補助対象工事費×1/2
  • 撤去するブロック塀等の長さに5,000円/mを乗じた額

いわき市空き家改修支援事業

空や家の改修工事等を実施する場合に、その費用の一部について補助が受けられます。

補助金額

補助対象経費の2/3(限度額500万円)

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する