2024年04月17日更新

監修記事

バルコニーを部屋にリフォームする費用・価格の相場は?

使っていないバルコニーを部屋やサンルームにリフォームするためには、どの程度の費用がかかるのでしょうか?バルコニーをサンルームや部屋にリフォームする際の注意点や、工事の方法、種類、費用、快適な生活空間を作るためのポイントなどをご紹介します。

バルコニーのリフォームではどんなことができる?

住宅のバルコニーやベランダのリフォームでは、子供部屋、寝室など、部屋としての改装や、洗濯物が干しやすくなるサンルームへの改装が人気です。

また、ウッドデッキと屋根を設置してリビングから直接屋外に出られるように改装する場合もありますし、リビングと繋げて部屋を拡張する場合もあります。

家族が増えることで部屋数が足りなくなってしまったり、バルコニーやベランダを有効活用できていなかったりする場合には、このようなリフォームを行い、有効利用できるようにすると良いでしょう。

バルコニーを部屋にリフォームする費用・価格の相場は?

住宅のバルコニーやベランダをリフォームして部屋とする場合、基本的には壁と屋根を追加すれば部屋として利用することができます。

しかし、壁と屋根を取り付けただけでは快適な空間として活用できないかもしれません。

例えば、バルコニーのスペースのみを部屋にした場合、元々の面積によっては部屋面積が狭すぎて使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

また、部屋へどうやって出入りするかも注意が必要なポイントです。

バルコニー部分に出入りする通路が特定の部屋にしか無い場合、家族の部屋を経由しなければ新しい部屋を使えないということになるかもしれません。

これらの問題を解決する方法としては、間取りの変更リフォームがおすすめです。

間取りの変更リフォームを同時に行えば、廊下から直接部屋に出入りができるようにできますし、隣の部屋とスペースを分け合って部屋の広さを変えることができます。

ただ、間取り変更リフォームを同時に行うと、費用が約100万円以上追加でかかってしまいますので、予算の都合に合わせて施工内容を考えると良いでしょう。

バルコニーをリフォームする際の費用と相場

バルコニーをリフォームする場合、目的や工事の内容によって工事費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

それぞれの目的別に工事費用の相場を調査しました。

バルコニーを子供部屋などにリフォームする場合の費用

バルコニーを子供部屋などにリフォームする場合、施工面積によって費用が変わってきます。

寝室や書斎、子供部屋などの全体を囲った部屋の場合、2畳なら約60万円、3畳なら約80万円、6畳なら約140万円が相場です。

注意点として、バルコニーを部屋として使用する場合、追加された壁材などの重量がバルコニー部分にかかるため、家屋の状態によっては補強工事が必要となり、相場より費用がかかることがあります。

また、ドアの設置や電気工事、エアコンの設置などを行う場合にも追加で費用がかかりますので、正確な費用が知りたいという場合はリフォーム会社に問い合わせてみると良いでしょう。

バルコニーをサンルームにする場合の費用

バルコニー部分に屋根や壁を設置し、サンルームとして利用する場合の工事費用の相場は、約100万円です。

バルコニーに既に屋根がある場合は、壁部分だけを囲ってサンルームにすることもできます。

この場合の費用は、広さにもよりますが約50万円が相場です。

サンルームを設置する場合も、部屋を作る際と同じく、重量によっては補強工事が必要となりますので、施工を依頼する前にバルコニー部分の強度を検査してもらいましょう。

ウッドデッキを取り付けてアウトドアリビングにする場合の費用

バルコニーにウッドデッキを設置し、屋外で寛げる空間として改装する場合の費用は、2畳で約15万円、4畳で約30万円、6畳で約45万円が相場です。

ウッドデッキだけを施工しても良いのですが、屋根がないと雨の日に利用することができなくなってしまいますので、施工の際には同時に屋根を設置しておくと良いでしょう。

先ほどご紹介したサンルームを施工する際に床部分をウッドデッキにしてアウトドアスペースとして活用するのもおすすめです。

この場合の費用は、サンルームの設置費用とウッドデッキの設置費用を足したものとなり、6畳なら約100万円となります。

バルコニーをリフォームする費用の無料見積もりはこちらから>>

バルコニーを部屋にリフォームする費用・価格の相場は?

バルコニーを部屋にリフォームする際の注意点

バルコニーやベランダを改築して部屋を作った場合、基本的には増築として扱われるため、延べ床面積や建築面積が増え、容積率や建蔽率の制限を超えてしまう可能性があります。

特に、外壁からはね出したようなバルコニーやテラスをリフォームする場合は、軒先から1mを超える部分のみ建築面積として参入されていたものが、全て建築面積としてみなされることになります。

建築面積は建蔽率に影響しますので、建蔽率ギリギリに建築している建物の場合は、どの程度まで増築可能かどうかよく確認する必要があります。

また床面積についても、10㎡を超える増築は地域により確認申請が必要となります。

バルコニーをリフォームして部屋を増築する場合には、建ぺい率に問題が無いか、申請の意必要性があるかどうかリフォーム会社や設計事務所に調査してもらいましょう。

マンションのバルコニーをリフォームすることはできる?

一戸建て住宅と同じように、マンションのバルコニーをリフォームして、部屋にすることはできるのでしょうか?

実は、マンションのバルコニーは専有部分ではなく、共有部分として扱われることが多いため、基本的には部屋としてリフォームすることはできません。

場合によってはウッドデッキを設置する程度なら認められることもありますが、大抵の物件ではリフォームは認められないでしょう。

まずは
無料お見積もりから

ベランダの有効活用

部屋を今よりも少し広くしたいという時に考えられるリフォーム方法の一つはベランダを部屋にしてしまうことです。

このリフォームでは普段あまり使われていないベランダのスペースを有効に活用できるという大きなメリットがあります。

サンルームにして洗濯物を干せる空間にしたり、ペットの遊び場などにすることもできます。あるいは壁を作って部屋の中を改装し、普通の部屋の延長のようにリフォームすることも可能です。

ベランダを部屋にリフォームする費用・価格は?

では、このような工事にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。

サンルームにする場合

ベランダをサンルームにするという工事はベランダを部屋として活用するリフォームの中でもっともポピュラーなものです。この工事は既製品のサンルームを既存のベランダに取り付けるという方法で工事します。費用は50万〜120万円程度です。

費用の差はサンルーム自体の価格によって異なります。

既存のベランダの壁を利用して透明のアクリル板で覆うようなタイプのサンルームがもっともリーズナブルなものです。このようなものであれば工事費込みで50万円程度で工事可能です。

比較的価格の安いサンルームの用途としては洗濯物を干したり、ペットが遊ぶような空間と考えることができます。しかし、日光の強い日には暑くて中には居られないということもあります。

価格の高いサンルームでは扉がおしゃれだったり、換気の機能が付いているタイプのものがあります。このようなタイプのものですとカーテンを取り付けるなどして、通常の部屋のように用いることができます。

リフォーム費用の予算や用途に応じてどのようなサンルームが欲しいのかを考え、リフォーム会社に目的にあった見積もりを出してもらいましょう。

普通の部屋のようにする場合

サンルームのように透明な壁ではなく、既存の部屋の延長として普通の部屋のように改装することも可能となります。

その場合は既存の窓を撤去し、床や壁や天井を延長する工事が必要になります。壁紙などの内装の改装工事に加えて外壁も作るため外装工事も必要となります。

また既存の部屋とつなげることになりますので、既存の部屋の壁紙も新しい部屋の壁紙と合わせるほうが良いでしょう。そうすると既存の部屋の改装費用も必要となってきます。

ベランダの広さによりますが、通常50万〜100万円程度の改築費用が必要となるでしょう。

ベランダを部屋に改築するリフォームの注意点

ベランダの面積によりますが、新しく部屋を作りますので居室の面積や容積が増えることになります。住宅は建ぺい率や容積率が決められていますので、この点で問題がないか見積もりに来たリフォーム会社に確認してください。

他にベランダを部屋に改築する際に費用の面で考えるべきことを取り上げます。

構造的な問題

既存のベランダやデッキが工事によって追加される部材の重さに耐えられるかどうかを確認してもらう必要があります。

古いベランダですと下地が傷んでいることもあります。そのような場合は補強が必要となります。これは構造的に必要な費用ですので、補強費用も考えに入れておきましょう。

補強費用はベランダのみの補強であれば10万〜20万円程度でしょう。住宅本体の補強が必要な場合には範囲が広がってきますので、リフォーム会社に相談してください。

エクステリアへの影響

ベランダを部屋に改築する際にエクステリアや植木と干渉してしまうことがあります。エクステリアや外構のリフォームが必要になることもありますので、この点もリフォーム会社に確認してもらいましょう。

エクステリアや外構の工事が必要になるとリフォームのための費用が上がってきますし、施工にも時間が必要になります。

ベランダを部屋にリフォームする費用・価格は?
まずは
無料お見積もりから

部屋が増えるのは良いこと

ベランダを部屋に改築することは新たな部屋をゼロから作ることよりも工事しやすいリフォームといえます。

ベランダの工事をするときには種類としては外構・エクステリアなどが関係してきます。このような業種を扱うリフォーム会社に相談しましょう。

リフォームの目的や予算を考えて、ライフスタイルにあったリフォームプランを提案してもらいましょう。

ベランダのリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事のベランダリフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって大きく異なります。複数社の見積もりを「比較」することが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子

株式会社KURODA一級建築士事務所

坂田理恵子

一級建築士、一級施工管理技士。和歌山市で設計事務所に勤務。住宅のリフォームや新築を中心に携わり、女性目線で、家事や掃除、片付けがしやすく暮らしやすい家の提案を行う。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする