2024年01月24日更新

監修記事

玄関や勝手口に網戸を取り付ける費用・価格の相場を解説!リフォームするメリット・デメリットは?

玄関や勝手口に網戸を取り付けることで、風通しのよい室内空間を作ることができます。窓に網戸を取り付ける場合と比べて費用は割高です。さまざまなタイプの網戸があるので、確認しておきましょう。今回は、玄関や勝手口に網戸を取り付けるのにかかる費用の相場を解説します。

ルーバー付き網戸を取り付ける場合にかかる工賃

ルーバー付きの網戸の取り付けリフォームにかかる工賃の相場は約5万~7万円です。ドアごと交換することになるため、網戸だけを取り付けた場合と比べて工賃が高くなります。ルーバーとは、羽根板を水平に並べたもので、通気性を高める効果が期待できます。

玄関や勝手口に網戸を取り付ける費用・価格の相場は?

ルーバー付きの網戸は、玄関や勝手口のサイズによって価格が変動します。小さいもので約10万~13万円、大きいものだと約15万~25万円が価格の相場です。工賃と合わせると約20万~32万円の費用がかかります。

また、ドアごと交換することで既存のドアをリフォーム業者に処分してもらうことになるため、廃材処分費が別途請求されます。廃材処分費の相場は約2万~3万円です。

玄関のドアを交換する費用の相場はこちら

玄関用網戸の平均価格

各メーカーの玄関網戸の平均相場です。価格は税抜の売値です。
・ロールタイプ…約2万3200円
・蛇腹タイプ…約2万700円
・中折タイプ…約3万7400円
・全面ルーバー付きドア…約4万6000円
・一部ルーバー付き玄関ドア…約16万4800円

勝手口用網戸の商品代

続いて、勝手口用網戸の商品代の平均価格をご紹介します。勝手口用も玄関用と同様に、ドア本体をルーバー付きタイプに取り替えるリフォームは高額になります。

勝手口のリフォーム費用についても紹介しています

勝手口用網戸の商品代相場

各メーカーの勝手口網戸の、税抜の平均相場です。
・外開きタイプ…約1万6300円
・片引きタイプ…約2万2300円
・ルーバー付き勝手口ドア…約6万7000円

網戸だけを取り付ける場合にかかる費用の相場

一般的な網戸の価格の相場は約5000円~2万円です。樹脂製のものやステンレス製のものがあります。また、網目の細かさにより費用が大きく変動します。花粉やハウスダストのような細かいものまでシャットアウトする、機密性が高い網戸の価格の相場は約3万~5万円です。

玄関や勝手口に網戸を取り付ける費用・価格の相場は?

リフォームで業者に取り付けを依頼する場合は、商品代とは別に取り付けの工事費用が必要です。
・玄関網戸取り付け費用…1万5000円〜2万円
・勝手口網戸取り付け費用…5000円〜1万5000円

玄関や勝手口のドアには網戸が取り付けられないことがほとんどで、網戸用のサッシが必要になります。サッシの価格の相場は約1万~8万円で、遮熱性や防音性などにより価格が大きく変動します。木製やアルミ製、樹脂製などがあります。

サッシの取り付け工賃は約3万~5万円です。合計で約4万5000円~15万円が費用の相場になります。サッシを取り付ける部分が損傷している場合は、補修をしてからサッシを取り付けることになります。補修にかかる費用の相場は約1万~2万円です。

サッシを交換する費用の相場はこちら

ただし、大きく損傷していたり腐食していたりする場合は、約3万~6万円ほどかかる可能性があります。玄関や勝手口に網戸を取り付ける際にかかる費用は、予想よりも遥かに高くなる場合があるため、まずは見積もりを出してもらうことが大切です。

網戸の取り付け費用に関するより詳しい記事はこちら

玄関に網戸をリフォームで取り付けるメリット

玄関網戸は、サッシが取り付けにくい玄関に明るさをもたらすだけでなく、家全体を快適で清潔にしてくれる設備です。

玄関網戸の具体的なメリットには、以下のようなものがあります。

玄関を安心して開放できる

室内を換気する際、部屋のサッシだけでなく玄関も開けておくと、家全体の空気の流れが良くなります。

開口部でありながら普段は閉鎖されている玄関は、空気が滞って履物の臭いもこもりがちな箇所です。

玄関に網戸を取り付けるリフォームするメリット・デメリットは?

夏場に家にいるときは、換気のために玄関ドアを開けておく方も多いのではないでしょうか。

しかし、換気のために玄関ドアを開けたままにしたくても、心配なのが外からの視線です。

特に、通路に面した位置に玄関があり、常に玄関前を人が通るような家では、玄関ドアを開けたままゆったり過ごすなどは到底できないでしょう。

さらに、ガーデニングが趣味で、庭木や植物を玄関周りに沢山置いているお宅では、植物に寄ってきた蒸しが玄関から家の中に入ってきてしまいます。

このようなときは、リフォームでネットタイプの網戸を取り付けて、気になる視線や虫の侵入を防ぐと良いでしょう。

柔らかく軽いネットタイプの網戸は、通気性も良く開放感も高いという利点があるため、換気を頻繁に行う玄関への取り付けに適しています。

さらに、目地が細かいため、不快な虫の侵入もしっかり防げるというメリットがあります。

玄関の採光性がアップ

玄関網戸の解放感は、通気性だけでなく、明るさによってももたらされます。

家の出入り口となる玄関は、間取りの都合上、サッシが設置しにくいことが欠点です。

そのため、日中でも暗く、照明が必要になることもあります。

玄関に網戸を取り付けるリフォームするメリット・デメリットは?

このような玄関には、ルーバー網戸付きの玄関ドアにリフォームして、玄関の採光性をアップさせると良いでしょう。

日差しが当たり明るくなると、玄関の電気代も不要になり、カビや菌の繁殖が抑えられるなど沢山のメリットがあります。

玄関の網戸リフォームによるデメリット

どのタイプの玄関網戸にも、お手入れが必要という共通の欠点があります。また、網戸の種類を選ぶときは、防犯性にも配慮しなくてはなりません。

汚れやすくお手入れが必要

玄関は、外から入ってくる土埃などの汚れが集まる箇所です。

そのほか、湿気も溜まりやすいためカビも繁殖しやすく、玄関網戸はこれらの汚れや菌に常に晒されてしまうため、定期的なお手入れがというデメリットがあります。

柔らかい網戸は耐久性が低い

ペットがいるご家庭では、ぺットが爪で網戸を引っ掻いてネットが破れることもあるため、通常のお手入れに加えて、網戸を張替える頻度も高くなります。

最もポピュラーな網戸は、ネットがポリプロピレン製のものです。軽くて柔らかく、価格も安価ですが、破れやすいという欠点があります。

網戸の耐久性が不安な方は、金属製の丈夫なネット網戸をリフォームで取り付けると良いでしょう。

金属製のネットには、アルミやスチール製の金属に細かい穴を開けて作られたものがあり、さらにステンレス製のものは錆びにくいという利点を持っています。

そのほか、「高価な金属製を購入するほど網戸を使う機会はない」という方には、収納できるポリプロピレン製網戸がおすすめです。

折りたためるアコーディオンタイプや、上下に開閉するロールアップタイプなどがあり、リフォーム後は取り外しも自在に行えますので、網戸を使わない冬場は汚れ防止のためにしまっておくことも可能です。

網戸の防犯効果は低い

玄関網戸は、目隠し効果はありますが、デメリットとして、本体の防犯性は決して高くはありません。

玄関網戸のリフォームで防犯性を優先するのであれば、板状のルーバー網戸が付いた玄関ドアが適しています。

ルーバー網戸は丈夫なだけでなく、開口部を手動で自由に調整できるという利点もあります。

玄関に網戸を取り付けるリフォームするメリット・デメリットは?

しかし、ルーバー網戸にもお手入れ面に若干の欠点があります。

特に、ルーバーの板が取り外しできないタイプは、隙間の汚れを1つずつ拭き掃除しなくてはなりません。

さらに、ルーバー網戸の外側にネット網戸が付いていると、ネット部分のお手入れも必要です。

リフォームでルーバー網戸を選ぶときは、取り外して水洗いができるかどうかも調べておきましょう。

玄関(ドア)リフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の玄関(ドア)リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、全て厳正な審査を通過している会社ですので安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治

ディバルコンサルタント株式会社

明堂浩治

芝浦工業大学工学部建築工学科を卒業。大手建設会社で20年勤務した後、独立しコンサルタント業を始める。

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする