2024年01月15日更新

監修記事

マンションのキッチンリフォームの費用は?事例・注意点も解説!

マンションのキッチンをリフォームする場合、工事の内容や目的によって費用はどの程度変わってくるのでしょうか?キッチンリフォームで可能な工事と、費用、おすすめのシステムキッチンメーカーなどについてご紹介していきます。

キッチンのリフォームでできることは?

マンションのキッチンをリフォームする際、どのような内容の工事があるのでしょうか。

・キッチンのレイアウトを変更する
・システムキッチンを交換する
・キッチン周りの設備を新しくする

キッチンのリフォームでは、システムキッチンを交換したりシステムキッチンに付帯する設備を交換・取付する方法があります。

また、キッチンの位置を変更して壁付けにするのか、対面式にするのかでも工事の内容は変わります。

マンションのキッチンリフォームでできる内容を以下で詳しく解説します。

キッチンのレイアウトを変更する

レイアウトとは、キッチンの位置とシステムキッチンのスタイルを指します。

たとえば、既存のキッチンが壁付けである場合、正面が壁を向いているので食事の準備や家事をしていると家族の顔が見られません。

対面式のキッチンに変更すれば、家族の様子や顔を見ながら家事ができます。

また、既存のキッチンスペースがL型で作業スペースを広げたい場合に、I型のキッチンに変更するなどレイアウトの変更が可能です。

既存のキッチンを、スペースや生活スタイルによって変える工事が、レイアウトの変更です。

システムキッチンを交換する

システムキッチンは、シンクやコンロが一体型となっており、収納スペースが付随しているものが一般的です。

メーカーからさまざまなシステムキッチンが販売されており、素材やグレードによって費用は異なります。

生活スタイルや既存の部屋のデザインに合ったシステムキッチンを選び交換するのも、マンションのキッチンリフォームでできる工事内容です。

キッチン周りの設備を新しくする

キッチンの周辺は、水ハネや油などが汚れとしてつきやすい場所です。

システムキッチンの交換と共に、壁紙や床材を汚れにくいものや、お手入れがしやすいものに変更するのも可能です。

また、システムキッチンの色に合わせて、収納棚の設置をする工事もあります。

コンロや、レンジフード(換気扇)、食洗機や水栓などの交換や新設も同様です。

マンションのキッチンリフォームにかかる費用相場

ハピすむで成約したキッチン・台所リフォームの費用相場

ハピすむの成約金額を見てみると、キッチンリフォームには約50万円~150万円程度の費用がかかることが多いようです。

まずはシステムキッチンの交換費用の相場観から見てみましょう。

キッチンのレイアウトごとの交換リフォーム費用

キッチンのレイアウトと種類ごとにかかる費用相場を下記で解説します。

キッチンの種類商品価格の目安リフォーム費用相場
(商品+工事代)
I型キッチン約30万円~約60万円~
L型キッチン約50万円~約80万円~
ペニンシュラキッチン約40万円~約70万円~
アイランドキッチン約60万円~約100万円~

既存の配置や工事内容によって費用は異なります。

リフォームを計画する際は、施工業者に現地調査を依頼して見積を取りましょう。

工事内容工期
キッチン周りの設備の交換・設置
換気扇・レンジフードの交換
収納棚の設置
約1日~
移動を伴わない壁付けキッチンの交換約2日~
移動を伴わない対面キッチンの交換約3日~
移動を伴うシステムキッチンの交換
排水管の交換、電気工事
壁紙や床材の貼替え
約2週間
間取り変更を伴う大規模な工事
リビングやダイニングを含む工事
約1ヶ月~

マンションのキッチンリフォームの工期の目安

キッチンリフォームにかかる時間は、工事の内容によって異なります。

おおよその工期を表でまとめました。

表はあくまでも目安であり、工事内容によって工期は異なります。

50万円未満で可能なマンションのキッチンリフォーム

マンションのキッチンリフォームを50万円未満でおこなえる内容を表でまとめました。

リフォーム内容費用
コンロの交換約3万円~
水栓金具の取付約4万円~
レンジフードの交換約5万円~
収納棚の設置約5万円~
食洗機の交換約7万円~
クロスの貼替え約6万円~
床材の貼替え約10万円~

表はあくまでも目安であり、選ぶ材料の種類や工事内容により費用は異なります。

50万円未満のリフォームでは、キッチンの周辺設備の交換や取付が可能です。

50万円から100万円で可能なマンションのキッチンリフォーム

費用が50万円以上になると、システムキッチンの交換が可能になります。

シンプルな造りのI型キッチンは、比較的費用も安いため、壁付のI型キッチンから対面式のI型キッチンへの交換もできるでしょう。

また、ローグレードのシステムキッチンの交換と50万円未満のリフォームを合わせておこなうのも可能です。

ただし、材料の種類や素材によって費用が上がる可能性もあるため、リフォーム費用はしっかりと施工会社に確認してください。

100万円以上で可能なマンションのキッチンリフォーム

100万円以上のキッチンリフォームでは、移動を伴うシステムキッチンの交換が可能です。

システムキッチンの場所を移動する際に、給排水管の新設や電気工事が必要になると費用は高額になります。

キッチン周りの壁を撤去する場合や、リビングとキッチンをまとめるなどの大掛かりな工事も同様です。

また、独立型のアイランドキッチンなどのシステムキッチンも費用は高くなります。

ミドルグレードからハイグレードの機能性とデザイン性を備えたシステムキッチンの交換も100万円以上になるでしょう。

マンションのキッチンリフォーム事例・工期

こちらでは、実際におこなったマンションのキッチンリフォームの事例をご紹介します。

工期や設備のメーカー名など記載しておりますので参考にしてください。

リクシル「シエラ」でキッチンの交換工事を行った事例

システムキッチンへリフォーム
リフォーム費用約64万円~
設備のメーカー名リクシル「シエラ」
施工内容システムキッチン交換

マンションのシステムキッチンの交換を、壁付けのI型、リクシル「シエラ」でおこないました。

落ち着いた色合いのキッチンで、すっきりモダンな印象に仕上がっています。

TOTO「ミッテ」で掃除がしやすく機能的なキッチンにリフォームした事例

漏水をきっかけにキッチンの交換と床の張替えを行いました。
リフォーム費用約82万円~
設備のメーカー名TOTO ミッテ I型2100
施工内容システムキッチン交換
床材の張替え

水漏れがあったキッチン周りの床材の貼替えとともに、TOTO の「ミッテ」に交換しました。

レンジフードがお掃除しやすいタイプになっており、機能的かつおしゃれなキッチンに仕上がっています。

パナソニック「ラクシーナ」で開放感のあるキッチンを実現した事例

出典:みやこリフォーム
リフォーム費用約111万円~
設備のメーカー名パナソニック「ラクシーナ」
施工内容システムキッチン交換
床張替え
吊戸棚、袖壁の撤去
床材の張替え
ダウンライトの設置
リフォーム工期約8日~

窓がなく暗かったキッチンを、吊戸棚と袖壁を撤去し、開放感のあるスペースにリフォームしています。

システムキッチンは、パナソニックの「ラクシーナ」で10年間掃除不要のレンジフードと汚れが落としやすいシンクを採用しました。

ダウンライトも設置し、全体的に明るくスタイリッシュなイメージに仕上がっています。

トクラス「ベリー」でおしゃれで重厚感のあるキッチンにリフォームした事例

ブルーのタイルが特徴的な広いキッチンスにリフォーム
リフォーム費用約123万円~
設備のメーカー名トクラス「ベリー」
施工内容システムキッチン交換
収納リフォーム
壁紙張替え
床材張替え
リフォーム工期約2.5ヶ月~

ご夫婦二人でお料理が楽しめるような空間を意識し、システムキッチンをトクラス「ベリー」でリフォームしました。

窓枠をブラックにすることで、ブルータイルの可愛さが際立ちながらも引き締まったスペースが実現できています。

L型キッチンをセミオープンの対面キッチンにリフォーム!

キッチンとダイニングの間の壁を抜いてカウンターに!
リフォーム費用約250万円~
設備のメーカー名クリナップ「ラクエラ」
施工内容システムキッチン交換
壁の撤去
レイアウトの変更
リフォーム工期約2週間~

仕切られた壁を撤去後、カウンターで間仕切りをしL型キッチンを開放的なセミオープンのキッチンへとリフォームしました。

システムキッチンはクリナップの「ラクエラ」を採用し、モダンな雰囲気ながらも外の景色が見える開放的なキッチンに仕上がっています。

キッチンの壁の一部を撤去してカウンターを設置

既存の壁を撤去してキッチンカウンターを新設!
リフォーム費用約80万円~
設備のメーカー名東リ・リリカラ・鏡面石目柄(カウンター材)
施工内容キッチンカウンターの設置
壁の撤去
リフォーム工期約10日~

既存の壁を撤去後、キッチンカウンターを新設してキッチンからもリビングの様子がわかるようにリフォームしています。

キッチンとリビングがカウンターを介してつながり、全体的に明るく使いやすいキッチンスペースになりました。

キッチンの壁を撤去して開放的なキッチンにリフォーム

独立キッチンを開放的なキッチンにリフォーム
リフォーム費用約260万円~
施工内容システムキッチンの交換
間仕切り・下がり壁の撤去
収納棚の設置
リフォーム工期約12日~

キッチンとリビングの間の壁を撤去し、開放感のあるスペースへリフォームしています。

既存の食器棚は、キッチンの後ろにあったため圧迫感がありました。

食器棚と吊戸棚を撤去後、システムキッチンの交換とともに、家電も置ける収納スペースを設置し、明るく広々した空間が実現しています。

キッチンの壁の一部を撤去して「リシェルSI」にリフォーム

リビングを見渡せるように開口部も設けました 
リフォーム費用約300万円~
設備のメーカー名リクシル「リシェルSI」+カップボード
施工内容システムキッチンの交換
壁の撤去
吊戸棚の撤去
ビルトイン食洗機設置
タッチレス水栓設置
リフォーム工期約5日~

築20年のマンションの、吊戸棚と壁の一部を撤去し、既存の間口を広げるリフォームをおこなっています。

壁の撤去により、キッチンからリビングが見渡せ、広々使えるスペースに変わりました。

リクシルのシステムキッチン「リシェルSI」を採用し、セラミック天板でお手入れがしやすく重厚感のある仕上がりになっています。

キッチンのレイアウトの種類

マンションのキッチンにはさまざまなレイアウトがあります。

レイアウトの種類と特徴を表でまとめました。

レイアウトの種類特徴
壁付けキッチン正面が壁を向いている
作業スペースがまとまっている
部屋全体の空間を広く保てる
対面キッチン家族を見ながら料理ができる
開放感がある
オープンキッチンキッチンと居室が壁で区切られていない
リビングと一体感を持たせられる
セミオープンキッチンキッチンの半分が壁に隠れている
コンロの前に壁がある
独立キッチンまわりが壁やドアで覆われている
他の居室と完全に仕切られている

以下では、レイアウトの種類と費用、メリット・デメリットを表でまとめ解説しています。

I型キッチン

引用元:タカラスタンダード
I型キッチン 費用:約60万円~
メリット・コンロからシンクが一直線なので無駄な動きが省ける
・キッチンスペースを小さくできる
デメリット・選ぶキッチンの幅により調理スペースが少なくなる

I型キッチンは、シンクとコンロがローマ字の「I」のように一直線に並んでいるシステムキッチンです。

他のキッチンに比べ比較的費用が安く、マンションなど一般的なキッチンでよく使われています。

L型キッチン

引用元:タカラスタンダード
L型キッチン 費用:約60万円~
メリット・シンクとコンロがL型に配置されているため作業スペースが広く取れる
・コンロとシンクがコーナーで向かい合っているため作業動線が短い
デメリット・コーナーがデッドスペースになり収納スペースが使いにくい
・広い設置スペースが必要

L型キッチンは、シンクとコンロがアルファベットのL字型に配置されたキッチンを指します。

L型キッチンは、壁付・対面どちらのレイアウトも可能です。

Ⅱ型キッチン(セパレートキッチン)

引用元:TOYO KITCHEN STYLE
Ⅱ型キッチン 費用:約80万円~
メリット・コンロとシンクが別のエリアにあるため広い調理スペースが取れる
・横への移動が必要なく家事動線が短い
・調理や配膳など複数人でスムーズに作業ができる
デメリット・シンクとコンロが離れているため間の通路が汚れやすい
・設置に広いスペースが必要
・総間口が広いため価格が高くなる

上部からは「Ⅱ」に見えるのでⅡ型キッチンと呼ばれており、調理カウンターがコンロとシンク、それぞれ2つに分かれています。

コの字型キッチン

引用元:TOTO
コの字型キッチン 費用:約100万円~
メリット・キッチン全体にまとまりがあり、おしゃれな雰囲気になる
・大容量の収納スペースが取れる・作業スペースが広く取れる
デメリット・2つの90℃コーナーがデッドスペースになりやすい
・キャビネットが3つになり費用が高額

コ型キッチンはシンクとコンロが「コ」の字型になっているキッチンを指します。

作業スペースが広く利便性が高い反面、ある程度の設置スペースが必要で費用も高額です。

ペニンシュラキッチン

引用元:タカラスタンダード
ペニンシュラキッチン費用:約70万円~
メリット・開放性がありリビングと一体の空間を楽しめる
・対面キッチンにより家族とコミュニケーションが取りやすい
デメリット・リビングやダイニングに匂いや煙が広がりやすい
・吊戸棚がないため収納スペースが狭くなりやすい

ペニンシュラとは英語で「半島」を意味し、キッチンの片側が壁に接しているキッチンを指します。

キッチンの片側が壁に面しているため、コンロの前に油・水はねガードを設置するなどの工夫が可能です。

アイランドキッチン

引用元:TOTO
アイランド型キッチン費用:約100万円~
メリット・開放感があり、デザイン性が高い
・四方から調理や配膳がおこなえ、複数人で調理できる
・対面式により、家族とのコミュニケーションが取りやすい
デメリット・確保するスペースが多く間取りに制限がある
・キッチンが丸見えなのでコマメな掃除が必要
・収納スペースが少ない

アイランド型キッチンは、壁面から離れ島のように独立して設置されたキッチンを指します。

広いスペースが必要ですが、デザイン性が高くおしゃれな空間を実現できるため人気です。

マンションのキッチンリフォームに関する補助金とは?

マンションのリフォームでは「省エネ」や「バリアフリー」を目的にした補助金が利用できる可能性があります。

各自治体で実施しているリフォーム補助金についても、条件が合えば利用できるかもしれません。

キッチンのリフォームを計画する前に、助成金や補助金が利用できそうかどうかを調べておくと、予算が立てやすくなりリフォームの内容を決めやすいでしょう。

補助金は年度ごとに内容や条件が変わるため、こまめに国や自治体のホームページをチェックしてください。

また、ハピすむでも補助金をまとめて紹介を行っておりますので、詳しくは下掲記事をご確認ください。

>>キッチンリフォームに活用できる補助金・助成制度を確認する

減税制度については以下のサイトで確認してください。

国土交通省:各税制の概要

マンションのキッチンリフォーム費用を抑えるコツ

マンションのキッチンリフォームは、工夫次第で費用を安く抑えられます。

以下では、キッチンのリフォーム費用を抑えるためのコツを解説します。

システムキッチンのグレードを変える

キッチンのリフォーム費用が計画より上がってしまう場合は、システムキッチンのグレードを見直しましょう。

ハイグレードなシステムキッチンは機能性やデザイン性が高い分、費用も高額です。

しかし、機能性が優れていて十分に使用できる安価なシステムキッチンもあります。

また、同じグレードのキッチンでも、素材やカラーによっては費用を抑えられる可能性もあります。

譲れないポイントを決めて、必要な設備を的確に選ぶのも重要です。

リフォームする箇所を限定する

キッチンをリフォームする際に、希望箇所を限定するのも重要です。

既存のものが使えないか検討し、追加したい工事は最小限にとどめましょう。

また、キッチンを移動させたり、間取りの変更をおこなったりと大規模なリフォームをおこなうほど費用は高額になります。

既存の給排水管をそのまま使えるように、移動を伴わずシステムキッチンの交換にとどめておくのも費用を抑えるコツです。

1番の希望するリフォーム工事を優先させ、リフォームする箇所を限定してみましょう。

リフォームの見積を複数の業者に依頼する

マンションのキッチンリフォームを計画する際は、複数の施工会社に見積を取りましょう。

必要な工事内容を決めて、同じ内容で最低3社に見積を取り、費用を確認してください。

複数社に見積を取ると、客観的な費用相場がわかり、工事内容や金額を比較できます。

ただし、比較する際は金額だけでなく、見積の内容もしっかり判断基準にしてください。

マンションのキッチンリフォームに適した施工会社の選び方

マンションのキッチンリフォームを依頼する施工会社をどのように選べばよいのか、ポイントを3つお伝えします。

キッチンリフォームの実績がある

キッチンリフォームの実績が豊富な施工会社を選んでください。

実績が豊富な施工会社は、キッチンリフォームで失敗しやすいところをよく知っています。

そのため、希望するリフォーム工事を失敗しないように的確な提案をしてくれます。

もし、難しい工事内容であっても、希望の工事に近づけるような的確なアドバイスが得られるでしょう。

キッチンリフォームを数多く取り扱っている施工会社は、キッチンを安く仕入れられる可能性があるのもメリットのひとつです。

マンションのリフォームを得意としている

マンションのリフォームを得意としている施工会社は、マンションの構造や管理規約などにも詳しいものです。

マンションの構造や管理規約に詳しいと、計画が立てやすくスムーズにリフォーム工事が進みます。

また、マンションの管理組合や近隣住民への対応の仕方を理解しているので、周囲への配慮を怠らず工事を進めてくれるでしょう。

アフターケアや保証がしっかりしている

マンションのキッチンリフォームをする際に、工事後の保証についても考えておく必要があります。

リフォームをする際、保証内容を確認しないまま工事をおこなうと、工事後に欠陥が見つかってから保証を受けられず後悔するかもしれません。

アフターケアの内容も、保証期間や保証内容が異なるなど業者によってさまざまなため、詳細をそれぞれに確認しましょう。

リフォーム後にトラブルが発生した場合、アフターケアや保証がしっかりしている会社なら適切に対応してくれます。

マンションのキッチンリフォームの注意点