2024年01月23日更新

監修記事

トイレに換気扇を取り付けるリフォーム費用・価格は?

トイレに換気扇を取り付ける場合には、天井や壁に穴を空けることになる場合があります。また、空気の排出口に大きなダクトを取り付ける場合は費用が高くなります。今回は、トイレに換気扇を取り付けるリフォームにかかる費用・価格について解説します。

トイレに換気扇を取り付けるのにかかる費用の内訳

トイレの換気扇を交換する際には、次のような費用がかかります。

・換気扇の代金

・既存の換気扇の取り外し工賃

・換気扇の取り付け工賃

・既存の換気扇の処分費

・養生費

・交通費などの諸経費

複雑な配線工事が必要な換気扇を除く全ての換気扇の交換にかかる費用は、約20,000~40,000円です。

トイレの換気扇を交換するリフォーム費用は?

換気扇の種類によっては工賃が多くかかる

換気扇には、壁に取り付けるタイプと天井に取り付けるタイプがあります。

換気扇を取り付けるための開口部が付いていない場合は、天井や壁に穴を空けることになります。

天井に穴を空けるのにかかる工賃は、約10,000~30,000円ですが、リフォーム会社によって異なります。

換気扇の調達をリフォーム会社に任せた場合は別途費用が上乗せされますが、換気扇の価格が高い場合は穴を空ける工賃が安くなることもあります。

ただし、他の項目にかかる費用が上乗せされており、安く見せているだけの場合もあるので注意が必要です。

換気扇の取り付けリフォームには電気工事が必要

トイレの換気扇は電動式のものがほとんどです。

配線工事が必要になるため、別途料金がかかります。

電気の配線工事は電気工事士の資格を有した人物にしか行えません。

換気扇の交換であれば既存の配線を利用して簡単な工事で済むこともありますが、新しく取り付ける場合は大がかりな工事が必要です。

換気扇の位置を変える場合にかかる費用

換気扇を天井に取り付けるタイプのものから壁に取り付けるものへと交換するのであれば、壁に新しく穴をあけることになります。

また、取り外した換気扇の部分を塞ぐ工事も必要です。

穴を塞ぐ工事には、約20,000~50,000円の費用がかかります。

穴を塞ぐ工事の内訳は、養生費、修繕費、廃材処分費などです。

また、天井の壁紙が廃盤になっているために、天井全面を張り替えることになる場合は、別途壁紙の張替えリフォーム費用がかかります。

換気扇の取り付けリフォームにかかる総費用

換気扇の取り付けリフォームにかかる総費用は、約30,000~50,000円です。

これは、換気扇のグレードや空気の排出口のフードの材質で異なります。

一定時間が経過すると自動で電源が切れるタイプのものや、人感センサーつきのものなどハイグレードのものになると、それだけ総費用が高くなります。

スタイリッシュなデザインのものなど一般的に流通しているものと一線を画したフードは、価格が高い傾向にあります。

トイレに換気扇を取り付けるリフォーム費用・価格は?

また、大型のダクトを取り付けることもできます。

家の壁の面積や空気の排出口の位置から地面までの高さなどを計算して、オーダーメイドで作ってもらうことになります。

約100,000~300,000円はかかると考えておきましょう。

また、大きなダクトの取り付けには労力がかかるので、工賃も高くなる傾向があります。

工賃は、約4万~6万円です。

また、場合によっては複数人のスタッフが取り付けを行います。

この場合は、より多くの費用がかかる傾向があります。

交換リフォームに別途費用がかかることがある

小型から大型の換気扇へと交換する場合は、天井に穴を開ける必要があります。

開口費用として、別途約10,000~20,000円かかることが一般的です。

また、換気扇を取り付けるビスが天井のボードで隠れている場合があります。

この場合も開口が必要になるので、同じく別途料金がかかります。

同じサイズの換気扇でも、形状によっては天井に新しく穴を開ける必要があるので、事前に確認しておきましょう。

トイレの換気扇のグレードで費用が異なる

トイレの換気扇を交換するリフォーム費用は?

トイレの換気扇のグレードが上がると本体価格も高くなるので、交換リフォームにより多くの費用がかかります。

スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇の価格は約10,000~30,000円です。

照明スイッチと連動しており、スイッチを切ってからもしばらく動き続けます。

グレードによっては、強弱のスイッチがついており、トイレの使用後は強、使用していないときは弱でかけ続けることができます。

このようなタイプの換気扇は、約10,000~40,000円で購入できます。

トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇もあります。

人を感知すると弱から強へとモードが切り替わったり、タイマーを設定して、自動で電源を切れるようにできたりといった多機能なものもあります。

このような多機能な換気扇の価格は約30,000~100,000円です。

当然ながら、ハイパワーのものは、それだけ価格が高くなります。トイレの広さに合わせて最適な換気扇を選びましょう。

トイレリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事のトイレリフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治

ディバルコンサルタント株式会社

明堂浩治

芝浦工業大学工学部建築工学科を卒業。大手建設会社で20年勤務した後、独立しコンサルタント業を始める。

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする