1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 静岡県
  6.  > 
  7. 富士宮市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年07月21日更新

富士宮市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

富士宮市のリフォーム会社の選び方

富士宮市では、リフォームや地元産材による新築、木造住宅の耐震改修・建替・除却、省エネ設備の設置、合併浄化槽の設置、空き家の除却、バリアフリー改修などに関する補助や助成などの制度を利用することが可能です。

これらの補助や助成などを利用したい場合は、制度や制度の対象となるリフォームに詳しい業者や会社を選ぶことがおすすめです。

富士宮市近郊の富士市や静岡市、沼津市なども含めてリフォーム会社を選ぶと、会社選びの選択肢が増えます。逆に、自宅に近いリフォーム業者や会社であれば、出張費などの費用を抑えることが期待できます。

しかしながら、リフォームを行う部位別に得意不得意もあるため、候補となっているリフォーム業者や会社が得意としているリフォームは何か、口コミも調べて把握することが大切です。

下記の「富士宮市で評判のリフォーム会社一覧」では、リフォーム業者や会社選びの参考になるよう、富士宮市にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひ、ご利用ください。

富士宮市で評判のリフォーム会社一覧

建築工房舎 渡辺工務店
所在地静岡県富士宮市西山2473-42
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など)
会社の特徴
静岡県富士宮市を中心に地域密着でリフォームの設計・施工を手がける渡辺工務店は大工や建具職人など経験豊富な専門家を集めたプロ集団です。自身も大工である代表が中心となり、小さなリフォームから大規模な改装工事まで幅広く対応し、介護リフォーム、耐震補強工事も積極的に請け負っています。

同社の特徴は、木のぬくもりを大切に考えた家づくりを得意にしていること。地元静岡の木を使い、温かみのある設計・施工を行っています。

さらにアフターフォローも重視。作って終わりではなく、人と人とのつながりを大切にしたいという思いがリフォーム施工終了後も3ヶ月に一度は必ず訪問するという姿勢に現れています。
有限会社空間工房匠屋
所在地静岡県富士宮市淀師1840-1
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
空間工房匠屋は、富士宮市に拠点をおき、地元富士宮市をはじめ富士市など静岡県東部のエリアで主に注文住宅とリフォーム・リノベーション工事を行っています。小さなお困りごとから、生活様式にあわせて新たな価値を付与するリノベーション工事まで快適に楽しくできる空間づくりのお手伝いをしております。

自社大工在籍。増築・改築など施工技術が必要な工事が得意です。おかげさまでお客様は、注文住宅や以前リフォームでご依頼いただいた方が6~7割占めております。経験と知識が豊富なスタッフがご要望やご予算にあわせて最適なご提案をさせていただいております。

現場調査~お見積りは無料ですので、ぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。

富士宮市で受けられるリフォーム補助金・助成金

富士宮市では、リフォームや新築、木造住宅の耐震改修や建替、除却、省エネ設備の設置、合併浄化槽の設置、空き家の除却、介護や支援が必要な方などのためのバリアフリー改修に対する助成や補助などの制度が利用できます。

以下では、リフォームに関連した主な補助金や助成金などについて、富士宮市で利用可能な制度を紹介します。内容は2021年7月17日現在の情報によるものです。要件や申請方法などの詳細は、ご利用前にご確認ください。

なお、市内にある住宅を市内の業者に依頼してリフォームする場合に、最大20万円分のクーポン券がもらえる「住宅リフォーム宮クーポン事業」については、2021年度の受付が終了しています。

また、市内で自己居住用の住宅を新築する際に地元産富士ヒノキを使用する場合、最大40万円相当のクーポン券がもらえる「富士ヒノキの家・宮クーポン事業」も、2021年度の受付が終了しています。

富士宮市 木造住宅耐震補強助成事業(補強計画一体型)

市内にある1981年5月31日以前に着工された木造住宅について、耐震補強計画の策定と耐震補強工事を行う場合、実施する方なら、100万円を上限として費用の5分の4について補助を受けることができます。

補助は、耐震診断の結果で耐震評点が1.0未満のものを、0.3以上改善して1.0以上とする耐震補強計画の策定と耐震補強工事を一体的に行うものが対象です。

65歳以上の方だけが居住する住宅や障がいのある方が居住する住宅の場合は、補助の上限額が120万円に増額されます。一定要件を満たす耐震改修工事については、所得税や固定資産税の割引を受けることもできます。

また、同様の木造住宅を建替え工事や除却工事を行う場合は、「木造住宅建替助成事業」が利用可能です。30万円を限度として、費用の100分の23以内の額について補助を受けることができます。

いずれも事前申請が必要です。要件や申請手続きなど、詳しくは市の建築住宅課でご確認ください。

富士宮市 創エネ・蓄エネ機器等設置費補助金

市内にある、自ら居住する住宅や居住予定の住宅に、要件を満たす省エネ機器などを設置する方なら、それぞれの機器に応じた金額を上限として、費用の50%以内について補助を受けることができます。

市内にある機器が設置された建売住宅を、自ら居住するために購入する場合も対象になります。設置する機器は、一般住宅用のものと家庭用のものが対象です。

対象機器と上限額は、燃料電池やガスコージェネレーションシステム、定置用リチウムイオン蓄電池ではそれぞれ10万円とされています。一部リース契約も対象になりますが、補助は減額されます。

このほか、ビークル・トゥ・ホームシステムやエネルギー管理システム(HEMS)も対象になり、それぞれの上限額は5万円と1万円などとされています。

また、住宅用太陽光発電システムも対象となり、最大出力または定格出力のうち低いものについて、1キロワット当たり2万円を乗じた額が支給されます。

予算枠内での先着順による受付となります。機器には要件があり、設置前に申請が必要です。詳しくは、市のホームページ、環境エネルギー室でご確認ください。資金の融資についても利用可能です。

富士宮市 浄化槽設置整備事業

市内の下水道の整備が見込まれない地区において、新築や増改築に伴って合併処理浄化槽を設置する場合や既存の浄化槽を入れ替える場合、浄化槽の容量に応じた補助を受けることができます。

補助は、5人槽では33万2千円、7人槽では41万4千円、10人槽では54万8千円が支給されます。なお、費用が補助額を下回った場合は、費用の額が補助の限度額となります。

また、単独浄化槽や汲み取り式便所からの設置替えで、住宅の建築を伴わない場合については、補助額が5人槽で60万円、7人槽で69万5千円、10人槽で91万6千円に増額されます。

対象地区や申請方法などの詳細については、市の下水道課排水設備係にご相談ください。

富士宮市 空家等除却費補助金交付制度

市内にある空き家を除却する場合、所有者などの権利者や権利者の同意を得た方なら、50万円を上限として、費用の5分の4について補助を受けることができます。

空き家は、概ね1年以上居住などに使用されていない建築物で、特定空家や不良空家、自治会などの広場などとして利用予定の敷地に存在する空家などが対象となります。

補助対象となる費用は、空家の除却費用のほか、除却に伴う廃材などの撤去・処分費です。造作や家財道具の撤去や運搬、処分にかかる費用は対象外です。

工事前の申請が必要です。対象となる空家の要件や申請方法など、詳細については、市の建築住宅課にご相談ください。

介護保険 居宅介護(介護予防)住宅改修費

市内にある住宅で暮らす、要介護や要支援の認定を受けた方なら、自宅での移動などを円滑にするために小規模なバリアフリー改修を行う場合、20万円を限度として、費用のうち一部について給付を受けることができます。

バリアフリー改修は、段差解消や手すりの取付け、開閉しやすい扉や洋式便器への取替え、滑りを防止して移動を円滑にする床材や通路材への変更、改修に伴って必要となる補強などの工事が対象です。

給付割合は、介護保険の負担割合に応じて9割から7割です。費用の1割から3割については自己負担となります。事前申請が必要です。まずは、担当のケアマネージャーまたは市の高齢介護支援課にご相談ください。

富士宮市 日常生活用具給付制度(住宅改修費)

市内にある自宅で暮らす肢体に障害のある方なら、自宅での生活動作を補助する用具を設置するために小規模な住宅の改修を行う場合、20万円を限度に費用の9割について給付を受けることができます。1割が自己負担です。

給付は、3級以上の身体障害のある方のうち、下肢機能に障害のある方や体幹機能など肢体が不自由な方、運動機能に障害のある方、2級以上の視覚障害のある方などが対象です。

改修は、手すりの取り付けや床段差の解消、滑り止めや移動の円滑化のための床や通路面材料の変更、開閉しやすい扉や洋式便器への取替えなどが対象です。

原則として、費用の1割を自己負担します。事前申請には、身体障害者手帳や療育手帳など、障がいがあることを証明できる書類や業者の見積書などが必要です。詳しくは、市の障がい療育支援課にご相談ください。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する