2024年02月01日更新

監修記事

ミニキッチンの各タイプのメリットを紹介!交換費用やリフォーム時の注意点は?

コンパクトで省スペースなミニキッチンですが、コンロの有無や本体の構造次第でリフォーム費用が大きく変動する設備ということをご存じでしたか?ミニキッチンの設置・増設リフォームを成功させるためにも、価格や工事費用の相場を知っておきましょう。

ミニキッチンの取り付けには、ライフスタイルによって様々なメリットがあります。

一方でミニキッチンの価格や、取り付けるためのリフォーム費用はどのくらいかかるのでしょうか。

できるだけ費用を抑えて満足できるリフォームがしたいですよね。

そのためにはミニキッチンの価格やリフォームの注意点をきちんと知って、優良リフォーム会社紹介サービスを使うのがおすすめです。

充実したリフォームのために、ぜひご参考にしてください。

ミニキッチンとは何か?

キッチン本体の中にコンロやシンクなどの設備が収まっているものをシステムキッチンといいます。

システムキッチンのサイズが小さめになったものがミニキッチンです。

ミニキッチンはメーカーによって、コンパクトキッチンやハーフキッチンと呼ばれることもあります。

サイズの小さいミニキッチンは、単身者用のマンションなどに多く取り入れられています。

しかし最近はライフスタイルの多様化から、二世帯住宅用やセカンドキッチンなど使い方もさまざまです。

ミニキッチンのタイプ

ミニキッチンにはどんなタイプがあるのでしょうか。

ここではミニキッチンのさまざまなタイプについて詳しく見ていきます。

フルユニットタイプ

画像出典:サンワカンパニー-ミニキッチンユニティの商品ページ

フルユニットタイプはフルボックスタイプとも呼ばれ、シンクやコンロ、吊戸棚や照明も備わっているタイプです。

ミニキッチンの割には収納も比較的できて、照明付きなので手元が明るく使いやすいです。

吊戸棚の下部に水切り棚がついているタイプもあり、使い勝手がよいミニキッチンと言えるでしょう。

ミニキッチンではあるけれど、簡単な調理をしたかったり、収納量もそこそこ欲しい人にはおすすめです。

ハーフユニットタイプ

画像出典:亀井製作所-スマイルキッチンFの商品ページ

ハーフユニットタイプはシンクやコンロのみのミニキッチンです。

ハーフユニットタイプのミニキッチンのメリット

上部に吊戸棚がないのでシンプルですっきりしていて、部屋が広く感じられ圧迫感少ないのがメリットです。
上部の空いたスペースを自分の好みに合わせて使いたい人にはおすすめです。

また、フルユニットタイプに比べて価格は安いです。

ハーフユニットタイプのミニキッチンのデメリット

一方で、収納が少ないというデメリットがあります。
また照明がないので設置する場所によっては暗く感じるでしょう。

部屋の照明を使うか、照明を後付けする必要がある場合もあります。

冷蔵庫付きタイプ

画像出典:LIXIL-ミニキッチンの商品ページ

ミニキッチンの下部ユニットにミニ冷蔵庫が備え付けられているタイプです。

ミニ冷蔵庫はオプションで付けられますが、最初から冷蔵庫付きタイプとして取り扱っているメーカーもあります。

冷蔵庫付きタイプのミニキッチンのメリット

冷蔵庫付きタイプは、他に冷蔵庫を置くスペースがない場合にはとても便利です。
ミニキッチンでは本格的な調理ではなく軽食などを作ることが多いので、ミニ冷蔵庫は適した大きさと言えるでしょう。

飲料用電気温水器タイプ

画像出典:LIXIL-ミニキッチンの商品ページ

ミニキッチンの下部ユニットに飲料用の電気温水器が備え付けられているタイプです。

飲料用電気温水器タイプのミニキッチンのメリット

お湯が使いたい時にすぐ温かいお湯が出てくるので冬場は特に便利です。
また、捨て水がなくなるので節水にもなります。

飲料用電気温水器なので、使用頻度の高いオフィスなどにおすすめです。

一般住宅の高齢者用の部屋で使うミニキッチンは、将来の介護を考えてこのタイプにするのがよいかもしれません。

扉タイプ

画像出典:亀井製作所‐パニーノの商品ページ

キッチンの下部ユニットがすべて収納になっているタイプのミニキッチンです。

扉タイプのミニキッチンのメリット

ミニキッチンの下部がすべて収納になるので、たくさんの収納スペースが確保できるのがメリットです。

冷蔵庫は他に置くスペースがあったり、電気温水器なども不要という場合はこのタイプがおすすめです。
ミニキッチンだけど、とにかく収納が欲しいという方にも扉タイプはぴったりといえるでしょう。

オープンタイプ

画像出典:亀井製作所-カウンターキッチンの商品ページ

オープンタイプはミニキッチンの下部ユニットに収納スペースなどがなく、オープンになっているタイプです。

オープンタイプのミニキッチンのメリット

オープンスペースに自由に棚を設置したり、自分でカスタマイズしたりアレンジは自由自在です。

また車椅子の方が使用する場合は、ミニキッチンの下部がオープンになっていると車椅子に座ったままシンクが使えて便利です。
高齢者用の部屋で使うミニキッチンは、将来のことを考えてオープンタイプにするのもよいでしょう。

ミニキッチンの一般的な寸法

画像出典:亀井製作所-ミニキッチン「ミニ」の商品ページ

メーカーで取り扱いのあるミニキッチンの一般的な大きさは、間口が90㎝〜150㎝のものが多くなります。

90㎝、105㎝、120㎝、150㎝という4タイプのサイズ展開が一般的です。

奥行きは50㎝〜60㎝とコンパクトなので、どんな空間にも設置しやすいでしょう。

サイズを決める時は設置する部屋の大きさや、どのように使いたいのかを考えるとよいでしょう。

軽い調理をするなら、調理スペースもあった方が便利ですし、ほとんど調理をしないなら調理スペースは不要かもしれません。

ミニキッチンのオプション機能とは?

画像出典:亀井製作所-ミニキッチン「エレガンス」の商品ページ

ミニキッチンには通常シンクとコンロの設備が備わっていますが、下記のようなオプション機能もつけられます。

IH

ガスコンロをIHに変更できます。

ミニ冷蔵庫

天板の下にミニ冷蔵庫を設置できます。

他に冷蔵庫を置くスペースがない時に便利です。

換気扇

軽食などの調理をする場合は換気扇が必要です。

このようにライフスタイルやミニキッチンの使い方によって、オプションを追加してより便利にカスタマイズできます。

照明

作業がしやすいようにダウンライトを組み込むことができます。

水切り棚

使い勝手が良いように、吊戸棚の下に水切り棚をつけることができます。

ミニキッチンの扉の色をオプションで選ぶこともできます。

部屋の内装に合わせたり、好みの色を選んで自分に合ったミニキッチンを作ることができます。

天板

メーカーのシリーズによっては、天板を人造大理石に変更して高級感を出すことが可能です。

ミニキッチンのリフォームの費用相場

商品価格工事費用合計

コンロなし・下部ユニットのみのミニキッチン
約8万円~約8万円~約16万円~
コンロ+換気扇付きミニキッチン20万円~約17万円~約37万円~
ミニキッチンの交換リフォーム約20万円~約20万円~約40万円~
ミニキッチンの交換リフォーム+付随工事約20万円~約35万円~約55万円~

ミニキッチンのリフォーム費用の相場はどのくらいなのでしょうか。

ここではミニキッチンの本体価格と、リフォーム費用の内訳について詳しく見ていきます。

リフォーム費用の内訳

解体撤去費用約2~6万円
搬入組立費約3~6万円
給排水工事費約3~5万円
電気工事費約3~5万円
ガス工事費約3~5万円
内装工事費約3~5万円

リフォーム費用の内訳については上記の表のとおりになります。

ミニキッチン設置の施工費用としての総額は約17万〜20万円ほどかかります。

ミニキッチンの本体価格はメーカーによって異なりますが、約12万〜30万円ほどが目安です。

そのため、ミニキッチンの本体価格と施工費用の合計は、約29万円〜50万円ほどになると言えます。

ミニキッチンは通常のキッチンよりも本体価格は安くなりますが、給排水工事費などはほとんど変わりません。

また、ミニキッチンを2階や3階に設置する場合は、給排水管を延長したり防水工事が加わるので高額になることが多いです。

ミニキッチンのコンロをIHにすることでガス工事費は抑えられますが、電気の容量を増やす電気工事が必要になる場合があります。

ミニキッチンのタイプ別・リフォーム費用相場

画像出典:亀井製作所-チョイコン50の商品ページ

ミニキッチンのリフォーム費用は、ミニキッチンの種類やオプション機能によって変化します。

本体価格と工事費用を計算して、リフォームにかかる総額を計算しましょう。

ここでは、ミニキッチンを設置する際にかかる費用をタイプ別に紹介します。

コンロなし・下部ユニットのみのミニキッチンを設置

商品価格約8万円~
工事費用約8万円~
合計約16万円~

下部ユニットのみのミニキッチンを設置する場合の、リフォーム費用の目安は上記の通りです。

コンロが付いていないシンプルなミニキッチンは、比較的費用が抑えられる傾向です。

コンロ+換気扇付きミニキッチンを設置

商品価格20万円~
工事費用約17万円~
合計約37万円~

コンロと換気扇付きのミニキッチンを設置する場合の、リフォーム費用の目安は上記の通りです。

コンロなしのミニキッチンに比べて、商品価格と工事費用がともに高くなる傾向です。

ミニキッチンの交換リフォーム

商品価格約20万円~
工事費用約20万円~
合計約40万円~

ミニキッチンを交換する場合の、リフォーム費用の目安は上記の通りです。

リフォーム費用を抑えたい場合は、リーズナブルな価格のミニキッチンを選ぶとより低予算でリフォームが行えます。

ミニキッチンの交換リフォーム+付随工事

商品価格約20万円~
工事費用約35万円~
合計約55万円~

ミニキッチンの交換リフォームに加えて、壁紙や床材の張替えを行う場合の費用相場です。

付随工事の面積が広くなると、リフォーム費用は高くなるので気を付けましょう。

ミニキッチンのリフォーム費用を抑える方法は?

ミニキッチンを取り付けるリフォーム費用をできれば抑えたいですよね。

費用を抑えるにはどのような方法があるのでしょうか。詳しく見ていきます。

ミニキッチンのグレードを下げる

メーカーやミニキッチンの種類やタイプによって変わりますが、ミニキッチンの本体価格は約12万〜約30万円になります。

施工費用は種類やタイプ、グレードによってそれほど変わりません。

そのためミニキッチンのリフォーム費用を抑えるには、本体のグレードを下げることが最も確実です。

シンクやコンロなどの設備が付いた一般的なミニキッチンで比べると、高いグレードのものと低いグレードのもので約5万〜約10万円違う場合もあります。

予算に合わせてグレードを下げたり、オプションを最低限にしたりという工夫をすることをおすすめします。

複数社から相見積もりを取る

ミニキッチンを取り付けるリフォームの見積りを取る時は、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

複数の業者から相見積もりを取れば、費用を冷静に比較検討できます。

また、相見積もりを取っていることを業者に伝えるようにしましょう。

そうすることによって、不当な見積もりをされる危険を回避できます。

自分で何件もの業者を探して1件ずつ見積りを取るのが大変なら、見積り比較サイトを利用をおすすめします。

リフォーム会社紹介サイト「ハピすむ」では、全国1000社以上の優良リフォーム会社の中から無料で複数業者の見積りを依頼できます。

見積りフォームに必要事項を入力するだけで、簡単に複数業者から見積りを取れますので、ぜひハピすむのリフォーム費用の無料相見積もりをご利用ください。

ミニキッチンのリフォーム事例

ここまではミニキッチンのおすすめのメーカーを比較してご紹介しました。

それでは実際のミニキッチンのリフォーム事例にはどのようなものがあるのでしょうか。

詳しくご紹介します。

ワンルームのミニキッチンリフォーム


マンションにコンパクトなキッチンを設置 画像提供元:みやこリフォーム

リフォーム費用27.6万円
工期4日
建物マンション
メーカー名ニッサン
商品名ハローVタイプ

週末を過ごすセカンドハウスとしてのワンルームマンションのキッチンリフォームをおこなった事例です。

狭いスペースの中でも収納スペースをたくさん確保することができました。

換気扇を付けたため、簡単な調理もできるようになりました。

換気扇も併せて導入したミニキッチンリフォーム


黒を基調としたリクシルのミニキッチン「TIO」を設置 画像提供元:みやこリフォーム

リフォーム費用55万円
工期4日
建物マンション
メーカー名LIXIL
商品名TIO

築40年のマンションのキッチンをリフォームした事例です。

臭いがこもるのが気になっていたため換気扇も併せて導入し、臭いがこもるのが改善されました。

リフォーム前は、目地に汚れが溜まりやすいタイル張りの側面でしたが、キッチンパネルに変更したため、お掃除しやすくなりました。

コンロ付きのミニキッチンリフォーム

マンションにガスコンロ付きキッチンを設置した様子
マンションにコンロ付きキッチンを設置
リフォーム費用約40万円
工期3日
建物マンション
メーカー名ハウステック
商品名KM

RC構造のマンションでミニキッチンのリフォームを行った事例です。

調理ができるガスコンロ付きのミニキッチンを設置しました。

下部には冷蔵庫が付いているため、食材や飲み物を保存できるようになりました。

電気コンロ付きのミニキッチンリフォーム

マンションに電気コンロ付きキッチンを設置した様子
マンションに電気コンロ付きキッチンを設置
リフォーム費用約45万円
工期2日
建物マンション
メーカー名ハウステック
商品名KM

築40~50年のマンションでミニキッチンをリフォームした事例です。

冷蔵庫と電気コンロが付いたミニキッチンを、新しく交換しました。

間口90cmのコンパクトなサイズで、角のスペースにすっきりと設置できています。

ミニキッチンのおすすめ設置場所

ミニキッチンを設置する場合、おすすめの設置場所はどのような場所なのでしょうか。

ここではそれぞれの目的別に、おすすめの設置場所について解説していきます。

セカンドキッチンとして設置する

メインのキッチンとは別に、セカンドキッチンとしてミニキッチンを設置する場合です。

二世帯住宅はもちろん、二世帯住宅でなくても2階や3階にセカンドキッチンとしてミニキッチンを設置するのが人気です。

メインキッチンでは本格的な調理をして、セカンドキッチンでは簡単な夜食や軽食を作るというのも便利な使い方でしょう。

またセカンドキッチンは趣味の部屋や自宅オフィス用に設置するというのもおすすめです。

趣味の部屋や自宅オフィス用のミニキッチンであれば、コンロがないタイプでもよいかもしれませんね。

ワンルームのお部屋用に設置する

単身者用のワンルームの部屋にはミニキッチンがおすすめです。

ワンルームは居住スペースが狭い場合が多いため、ミニキッチンを設置することで圧迫感がなく、部屋が有効に使えます。

本格的な調理はしないけれど、ちょっとした調理をする単身者にはミニキッチンはとても便利と言えるでしょう。

オフィスの給湯室に設置する

オフィスの給湯室にミニキッチンを設置するのもおすすめです。

オフィスの給湯室はそれほど広さもなく、限られたスペースに設置するにはミニキッチンがちょうどよいと言えます。

オフィスの給湯室ですから調理をすることはほとんどなく、お湯を沸かしたり簡単な食器洗い程度のことが多いと思います。

使い勝手から考えても、オフィスの給湯室にはミニキッチンがぴったりと言えます。

ミニキッチンのリフォーム時の注意点

ミニキッチンのリフォーム時の注意点にはどのようなことがあるのでしょうか。

各項目に分けてくわしく解説していきます。

給湯器との位置関係

ミニキッチンのリフォーム時には給湯器との位置関係を確認しておきましょう。

給湯器とミニキッチンの位置が離れすぎると、蛇口からお湯が出るのに時間がかかることになります。

また、既存の給湯器の容量を確認することも非常に大切です。

ミニキッチンを取り付けることで既存の給湯器では容量が足りなくなり、数か所で同時にお湯が使えなくなることもあります。

その場合は給湯器の増設を検討しなければならない場合もあります。

追加設備の設置で別途費用がかかる

ミニキッチンのリフォーム時に、設備を追加で設置すると別途費用がかかります。

ミニキッチンにはシンクやコンロなど最低限の設備しか備わっていない場合が多いです。

ミニキッチンで軽食などの調理をする場合は換気扇が必要になり、夜間に使用する場合は手元を照らす照明が必要です。

そういった追加設備はオプションで対応できますが、当然のことながら別途費用がかかります。

安いグレードのものを選んでも、オプションをつけることで費用の総額が高くなることがあります。

キッチンの高さに注意する

キッチンを選ぶ時には自分に合った天板の高さが重要になります。

キッチンの高さが低すぎると猫背になりやすく姿勢が悪くなり、高すぎると包丁で切る作業がしにくくなります。

一般的には「自分の身長÷2 +5㎝」がおすすめとされています。

例えば身長が160㎝の人なら、160㎝÷2 +5㎝で85㎝の高さが最適の高さです。

キッチンの高さは基本的に「80㎝」「85㎝」「90㎝」「95㎝」という規格になっているので、自分の身長に合わせて選ぶようにしましょう。

通路幅の広さに注意する

ミニキッチンを設置する場合は、周りの通路幅の広さに注意するようにしましょう。

限られたスペースの中で通路幅の広さを考えて設置しないと、とても使いにくいキッチンになってしまいます。

十分な通路幅がないと、他の家族とすれ違う時にぶつかったりして危なく、ミニキッチンでの作業もしにくくなります。

またキッチンの周りに他の家具を置くと、思ったより通路幅が狭くなることもあるため、設置スペースは十分に確保しておきましょう。

ごみ箱スペースを確保する

ミニキッチンを設置する時に、意外と忘れがちなのがごみ箱スペースです。

ミニキッチンを設置する時にごみ箱スペースを確保しておかないと、ミニキッチン設置後にごみ箱の置き場所に困ります。

ごみ箱スペースを確保しておかないと、ゴミ箱が飛び出して邪魔になり、見た目や使い勝手も悪くなります。

美しく利用しやすい環境にするためにも、ごみ箱スペースを確保しておきましょう。

メーカーショールームで使い勝手を確認

さまざまなメーカーのミニキッチンを検討する場合は、必ずメーカーのショールームで使い勝手を確認するようにしましょう。

カタログやHPの画像だけでは、サイズ感や質感などがどうしてもわかりにくいです。

また間口の大きさや奥行きなどは、画像のイメージと実際の使い勝手とは違う場合が多いです。

吊戸棚や水切り棚などの上部の収納スペースの使い勝手も、実物を見て確認すると失敗がないでしょう。

ミニキッチンは決して安いものではないので、失敗や後悔することをなくすためにもメーカーのショールームを活用しましょう。

設置場所に注意する

ミニキッチンのリフォームをする場合は、設置場所の床材などに注意する必要があります。

床がカーペットなどの場合、フローリングに変更しなければならないこともあります。

そのような内装に関わる場合、通常の施工費用の他にフローリング代や内装工事費がかかるので、事前に見積りで確認することが大切です。

換気扇の有無・設置位置に気を付ける

ミニキッチンの換気扇はフルユニットタイプであれば標準装備になっている場合もあります。

しかしメーカーや種類によっては、換気扇がついていなくてオプションになることもあります。

またミニキッチンを設置する場所が外壁から離れている場合、換気ダクトを外壁の外まで出す必要があります。

そのための工事は比較的大掛かりになるので、ミニキッチンの換気扇を設置する位置を事前に確認しましょう。

ミニキッチンのリフォームが得意なリフォーム会社を探すには

自分が住んでいる地域でミニキッチンのリフォームをしてくれるリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。

リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。

運営会社のエス・エム・エスは、東証プライム上場企業なので、その点も安心です。

無料の比較見積もりはこちらから

ミニキッチンのメーカー比較

ミニキッチンを取り扱うメーカーはいくつかありますが、各メーカーで特徴が違います。

ここでは各メーカーの特徴や、おすすめ商品について詳しくご紹介します。

クリナップ

「キッチンから、笑顔をつくろう」をコンセプトに、幅広いラインナップのキッチンを作っているクリナップは、ミニキッチンにも力を入れています。

コルティ

画像出典:クリナップ-コンパクトキッチン コルティの商品ページ

商品名コルティ
価格約21.7万円~
間口90㎝、105㎝、120㎝

コルティシリーズは、レイアウトやデザインのバリエーションが豊富さが特徴のミニキッチンです。

扉の面材は2つの価格帯、19色の中から選ぶことができます。

取っ手との組み合わせで、お部屋のインテリアや好みに合わせてコーディネートできるのはうれしいポイントです。

亀井製作所

亀井製作所は、ミニキッチンやコンパクトキッチンだけを専門に扱っている珍しいメーカーです。

専門メーカーならではのラインナップの多さに定評があります。

コンパクトキッチンシリーズ