2024年06月06日更新

監修記事

独立型キッチンの特徴やメリットは?クローズドとオープン、あなたはどちらが好み?

キッチンにはいくつか種類がありますが、独立キッチンは使い勝手の良いメリットが多いことをご存知でしょうか?近年対面型キッチンが人気ですが、使いやすさは独立キッチンの方が優れていることもあるようです。今回は独立キッチンの特徴などをご紹介します。

独立型キッチンへのリフォーム価格や費用相場

独立型キッチンのリフォーム費用相場は50~150万円です。
ただしこれは、既存のキッチンが独立型で間取り変更が無い場合です。キッチン本体をシステムキッチンに交換したり内装を新したりする費用が主に含まれます。

ケースごとのリフォーム費用相場について一覧表にまとめました。

リフォームの種類費用相場
間取り変更なし50~150万円
間取り変更あり150万円以上
各設備の交換約30万円
独立キッチンへのリフォームの費用相場

一方で、既存のキッチンが対面型キッチンなどで、独立型キッチンに変更したい場合は間取り変更が伴うため、費用も高額になります。
間取り変更を伴う独立型キッチンへのリフォーム費用は150万円以上かかるでしょう。

また、水栓やコンロ、レンジフードや食洗機など、一部設備のみを交換する場合の費用は約30万円で収まることが多いでしょう。

独立型(クローズド)キッチンとは?

独立型キッチンは、別名「クローズドキッチン」とも呼ばれます。リビングやダイニングなどの居住空間から壁などで区分けされており、キッチンが1つの部屋として独立している間取りのことを言います。

クローズドキッチンの対義語として、「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」と言う言葉があります。オープンキッチンとは、対面型吊戸などで区切られることなく空間が繋がっており開放的なつくりになっている点が特徴です。

また、セミオープンキッチンとはコンロの前に壁があったり、キッチンの上部に吊戸棚があり、窓のような開口部でダイニングやリビングが見通せるようになっているキッチンのことを指します。

独立型キッチンは昔から一般的な住宅に多いレイアウトですが、近年では対面型などのオープンキッチンが主流になっています。

しかし、独立型キッチンには大容量の収納スペースを設けることができたり、キッチンが人目につかないなど、オープンキッチンにはないメリットがたくさんあります。

今回は、そんな独立型キッチンのメリット・デメリットをまとめてみましたので、見ていきましょう。

まずは
無料お見積もりから

使い勝手の良い独立型キッチンのメリット

使い勝手の良い独立型キッチンのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

調理に集中できる

キッチンが独立しているため、人の目を気にせず調理に集中できます。

特に来客が来た際、オープンキッチンだと手元が丸見えになってしまい調理に集中できないことがありますが、独立型キッチンはそのようなことはありません。

キッチン回りを自由に使える

オープンキッチンではリビング・ダイニングと一つの同じ空間にあるため、キッチン回りを自由に使うことができませんが、独立型キッチンは壁で囲まれて個室化しているので、他の部屋との調和を気にすることなく自由に使うことができます。

収納や冷蔵庫などのレイアウトも自由なので、使い勝手のよいキッチンが出来上がります。

急な来客に対応可能

オープンキッチンだと常にきれいな状態にしていない限り、急な来客時に汚れたキッチンが気になってしまうことがあるでしょう。

しかし独立型キッチンであれば、リビングやダイニングなどの居住スペースからキッチンが見えないため、急な来客があっても気にせず対応できます。

煙やにおいを抑えられる

独立型キッチンはひとつの部屋のように独立しているため、調理中の煙やにおいがリビングやダイニングなどの生活スペースまで広がることを抑えることができます。

オープンキッチンであればためらってしまうような煙やにおいが気になるメニューでも、独立型キッチンであれば思う存分調理できるでしょう。

自分好みにキッチンをデザインできる

独立型キッチンは壁で囲まれているため、自分好みにキッチン回りの収納や冷蔵庫などをレイアウトできる点もメリットです。

例えば棚の位置や調理家電の配置を工夫して使い勝手のよいレイアウトにしたり、好みの調理器具を見せる収納にしてインテリアにこだわったりと、自由にデザインすることができます。

圧倒的な収納の多さがある

独立型キッチンは壁に囲まれた空間であるため、壁の部分に収納スペースを設けることで大容量の収納を確保することができます。

コンロやシンク下の収納スペースだけではなく、壁面の上部や、キッチン設備の反対側の壁面にも棚を設置することができます。

調理器具や調理家電などをたっぷりと収納できるスペースを設けることができるため、特に料理好きな方には独立型キッチンがおすすめです。

独立型キッチンのデメリット

次に独立型キッチンのデメリットについて見ていきましょう。

煙や臭いがこもりやすい

独立型キッチンは、煙や臭いなどがリビングなどの居住スペースに広がりにくいというメリットがある反面、キッチン内にこもってしまいやすく、換気に工夫が必要な点がデメリットだといえるでしょう。

他の部屋の様子がわかりにくい

オープンキッチンだとリビング・ダイニングの様子が一目でわかりますが、独立型キッチンは壁で囲まれているため他の部屋が見れません。

特に目が離せない小さい子供がいる家庭では、子供の様子が確認できないので不向きです。

家族とのコミュニケーションが取りづらい

オープンキッチンの場合、リビングにいる家族とコミュニケーションを取りながら調理できますが、独立型キッチンではリビングにいる家族の様子が見えにくく、調理しながらのコミュニケーションが取りづらい点がデメリットです。

キッチンの掃除がおろそかになりがち

オープンキッチンの場合は、リビングなどからキッチンが見えるため急な来客時にも対応できるように常に掃除に気をつかうことが多いでしょう。

しかし、独立型キッチンはリビングなどの人が集まる場所から見えづらいがために、キッチンの掃除がおろそかになる可能性もあります。

料理を運ぶのに手間がかかる

キッチンからダイニングまでが一つの空間のようになっているオープンキッチンに対し、独立型キッチンはダイニングまでの距離が少し長くなる傾向にあります。

対面式キッチンであれば、料理をキッチンからそのままダイニングに手渡すこともできますが、独立型キッチンの場合は料理をダイニングまで運ばなければならないため、家族が多かったり料理の品数が多い家庭の場合は、手間に感じられる場合もあるでしょう。

ここまでのデメリットから、独立型キッチンが不向きと感じた方は、こちらの記事で他のレイアウトのキッチンの特徴も確認してみてください。

まずは
無料お見積もりから

独立型キッチンのレイアウトの種類と特徴

独立キッチンには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

種類や特徴を把握し、リフォームに活用してください。

種類と特徴を一覧表にまとめました。

種類特徴
I型キッチンスペースを有効活用でき、比較的安価
L型キッチン作業スペースが広くなり、作業動線が短い
セパレートキッチン調理スペースが広く、解放感がある
独立キッチンの種類と特徴

それぞれについて説明します。

I型キッチン

I型キッチンとは、コンロやシンク、調理台などが横一列に並んだキッチンのことです。

独立キッチンでもっとも多い種類がこのI型キッチンです。

設置スペースがコンパクトなので、スペースを有効活用することができ、シンプルな形状なので比較的安価であることが特徴です。

L型キッチン

L型キッチンとは、アルファベットのLの形をしたキッチンのことで、コンロとシンクを90度で向かい合わせることが多いです。

作業スペースが広くなり、作業動線が短くなることが特徴です。

セパレートキッチン

対面式オープン型のセパレートキッチン

セパレートキッチンとは、コンロとシンクが別々のカウンターに設置されているキッチンのことです。

カウンターが2列並んでいることから、II型キッチンや2列型キッチンとも呼ばれます。

調理台がそれぞれのカウンターに設置されるので、調理スペースが広いことや解放感が特徴です。

独立型キッチンのおしゃれな実例

ここでは独立キッチンのリフォーム実例を6つ紹介します。どの実例もデザイン性がありおしゃれに仕上がっているので、参考にしてみてください。

白を基調としたデザイン

白を基調としたデザイン
白を基調としたデザイン

白は多くの方が好む色ではないでしょうか。清潔感があって爽やかな印象になります。

汚れが目立ちやすいので、小まめに掃除することをおすすめします。

グレーを基調としたデザイン

グレーを基調としたデザイン
グレーを基調としたデザイン

グレーも多くの方が好む色ではないでしょうか。すっきりとしたシンプルなデザインです。

汚れも目立ちにくいため、掃除が苦手な方にもおすすめです。

黒を基調としたデザイン

黒を基調としたデザイン
黒を基調としたデザイン

黒は重厚感や高級感があるデザインです。デザイン性に優れており、おしゃれな方が好んで選ぶ色です。

木目を基調としたデザイン

木目を基調としたデザイン
木目を基調としたデザイン

木目調とは、木材の模様を印刷などで表現したデザインです。温もりのある落ち着いた印象になります。

汚れも目立ちにくいため、掃除が苦手な方にもおすすめです。

調理台が大きいデザイン

調理台が大きいデザイン
調理台が大きいデザイン

こちらは特殊なデザインとなります。調理台が大きくデザインされていて調理しやすい一方で、シンクがないので別に設ける必要があります。

キッチンスペースに余裕がある家にはおすすめです。

シンプルなデザイン

シンプルなデザイン
シンプルなデザイン

賃貸住宅にもよく使用されるシンプルなデザインです。一般的な設備はすべて揃っており、安価にリフォームできます。

費用を抑えたい方におすすめです。

まずは
無料お見積もりから

独立型キッチンがおすすめな人は?

調理器具や調理家電をたくさん所有している場合、独立型キッチンであれば大容量の収納が可能になるため置く場所に困ることはないでしょう。そのため、収納を求めるのであれば独立型キッチンがおすすめです。

急な来客が多く、あまりキッチンを見られたくない人や、時間が取れず常にきれいに掃除することが難しく片付けがあまり得意でない人、キッチンは個性的なデザインにしたいという人にも独立型キッチンはおすすめだと言えます。

また、調理に集中したいという方にも、壁で囲まれている独立型キッチンはおすすめです。

独立型以外のキッチンの型

オープン型とは?

リビング・ダイニングとの繋がりを重視した造りになっており、調理しながらでも家族とのコミュニケーションをとれることがオープン型の特徴です。

作業台までに段差がないフラット対面キッチンや、前後左右が壁から離れているアイランドキッチンがあります。

デメリットとしては、調理風景が丸見えになってしまうことです。料理が苦手で見られたくない方や集中したい方には不向きです。

オープンキッチンについて詳しく知りたい方はこちら

セミオープン型とは?

解放感はあるもののすべてがオープンではなく、コンロ前に壁があるなど一部独立性も兼ね備えているのがセミオープン型の特徴です。

シンクや作業台の前には壁がないので、家族とのコミュニケーションはとれますが、一部に壁があるので、オープン型に比べると解放感は劣ります。

しかし、調理風景が丸見えではないので、料理が苦手な方や片付けが苦手な方にはおすすめのキッチンです。

まずは
無料お見積もりから

キッチン・台所のリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の洗面所リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって大きく異なります。複数社の見積もりを「比較」することが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】久田麻里子

2級建築士、インテリアコーディネーター、住環境福祉コーディネーター。ハウスメーカー、リフォーム会社での建築業を幅広く経験。主婦・母親目線で様々なリフォームアドバイスを行う。主な担当は水回り設備リフォーム、内装コーディネート、戸建てリフォームなど。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする