2024年01月24日更新

監修記事

屋根の雪止め金具を後付けする工事費用・価格の相場は?

屋根に施す雪止めは、屋根に積もった雪が落下し、通行人や器物などに当たるのを防ぐことを目的としています。特に、大雪が降ることが多い地域にお住まいの場合は雪止め処理が必要です。今回は、屋根の雪止め金具の後付けリフォーム工事にかかる費用の相場について解説します。

雪止め金具の後付けリフォーム工事にかかる費用の相場

屋根の雪止め金具を後付けする工事費用・価格の相場は?

屋根に後付けした金具の上にスレートという板を設置することで、そこに雪が溜まって地面への落下を防げるようになります。雪止め金具を使用した屋根のリフォーム工事にかかる費用の相場は30平方メートルあたり約7万円~10万円です。廃材が出ないため、諸経費を抑えられることがメリットです。

雪止め瓦を使用した屋根のリフォーム工事にかかる費用の相場

日本瓦の屋根の場合は、雪止め瓦と交換しましょう。雪止め瓦は、輪型か駒型の金具が取り付けられているもので、雪の落下を防ぐことができます。瓦を交換するだけで雪止め機能を持たせることができるため、短時間で導入できることがメリットです。

雪止め瓦への交換工事にかかる価格の相場は30平方メートルあたり約20万円~40万円です。また、既存の瓦の処分に別途費用がかかります。廃材処分費の相場は約3万円~5万円です。瓦は自分で処理することが難しいため、業者に依頼することを考えて予算に組み込んでおきましょう。

雪止めネットの後付けリフォーム工事にかかる価格の相場

屋根の雪止め金具を後付けする工事費用・価格の相場は?

屋根に直接ネットを張ることで雪の落下を防ぐことができます。スレート材や銅板など様々な材質の屋根に適応できることがメリットです。更に、カラーバリエーションが豊富で屋根に合わせて色を選ぶことができます。

雪止めネットのリフォーム工事にかかる価格の相場は30平方メートルあたり約12万円~15万円です。

足場の設置にも別途費用がかかる

雪止めリフォーム工事には足場が必要です。足場の作成にはプラスで約10万円~15万円の費用がかかります。足場を作らずに作業ができる場合もありますが、雪止めの機能をしっかりと果たさせるためには、足場が無ければ作業ができない場所にまで雪止め金具やネットを設置しなければなりません。

足場の設置費用はこちらの記事で詳しく紹介しています

雪止めをしない場合は雨樋が破損する

雪止めを施さない場合、落石により駐車場に止めてある車が破損したり、人や動物に当たって大ケガを負わせたりする恐れがあります。また、屋根の上に溜まった雨水や雪解け水を地面や下水へと導くための雨樋が、雪の重みに耐え切れずに歪むことも考えられます。

雨樋に大きな重みが加わると、雨樋が全体的に歪んでしまい、全て交換しなければならなくなる恐れがあります。そうなると別途約10万円~15万円の費用がかかるため、積雪量が多い地域では必ず雪止めリフォームをしましょう。

屋根リフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の屋根リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、全て厳正な審査を通過している会社ですので安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治

ディバルコンサルタント株式会社

明堂浩治

芝浦工業大学工学部建築工学科を卒業。大手建設会社で20年勤務した後、独立しコンサルタント業を始める。

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする