1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. キッチン・台所リフォーム
  4.  > 
  5. セパレートキッチンの使い勝手は?

キーワードから探す


2018年10月28日更新

セパレートキッチンの使い勝手は?

使い勝手の良いキッチンには自然と人が集まります。複数人で料理したり、調理している人と会話しながら料理したり、セパレートキッチンはゆったりとした空間を楽しめるスタイルです。そこで、使い勝手の気になるセパレートキッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

おしゃれなキッチンを演出するセパレートキッチンの魅力

「いつかこんなキッチンを使って料理してみたい」そんな人気を誇るセパレートキッチン。

おしゃれなレイアウトで機能的なキッチンにリフォームすることが可能なスタイルです。

ダイニングとリビングなどにいる人ともコミュニケーションが図れるため、お住まいでの食事の時間をゆったりと楽しむことができます。

セパレートキッチンは、シンクと加熱機器、調理するためのワークトップなどが分かれています。さまざまなスタイルがありますが、壁側に加熱器や収納スペースを設置したり、対面側にシンクや食器洗浄機などを設置したりすることができるレイアウトです。

オープンスタイルの中でも、「II型」のように二列平行のレイアウトに、収納が設置されているのもセパレートキッチンです。また、「I型」の場合でも、加熱機器やシンクなどを別々に配置し、壁から独立しているときはセパレート型として使用できます。

「アイランド型」や「ペニンシュラ型」の場合でも、シンクや食器洗浄機、加熱機器の一部を分けて設置することが可能です。

リフォームのメリット!セパレートキッチンは使い勝手が良い

セパレートキッチンは、シンクと加熱機器が分かれているため、料理など周辺の作業スペースが確保できるのはポイントです。壁側に調理機器があるキッチンの場合は、料理に集中できます。

セパレートキッチンの使い勝手は?

作業できるスペースが広いので、複数人で料理できることやワークトップの下部の収納の大容量は魅力的です。

セパレートキッチンもオープンスタイルですから、食事の前後の時間に作業しているときでも周囲とのコミュニケーションが図れることもメリットの一つです。

来客がある場合でも、お子さまや高齢者のお世話が気になるときでも、視界の届く範囲にいられるのは安心です。

ダイニングまでの配膳もスムーズになりますが、軽食やパーティスタイルの食事の場合にも、作業スペースを利用することができます。個性的な食事の時間を楽しむスペースとして使うことができるのは、見逃せないポイントです。


リフォームのデメリット!シンクと加熱機器の距離がポイント

シンクと加熱機器が離れているため、対面に移動するとき、水滴の落下などが気になる場合があります。常時、掃除をしてきれいな状態を保ち、ダイニングやリビングから見た部屋の景観を保つことも必要です。

セパレートキッチンの使い勝手は?

こうしたデメリットの解決策としては、リフォーム前にシンクと加熱機器などの移動距離(動線)をある程度近くにしておくことができるかもしれません。

キッチンの広さや間取りによっては、ゆとりを持たせたレイアウトが可能かもしれませんが、移動距離を考えておくことはポイントです。

住まいのキッチンは、ライフワークの中でとても大切な間取りのひとつです。リフォームの際には、家族構成や食事を楽しむスタイルに合わせて、セパレートキッチンにすることもおすすめです。リビングよりも会話のある場所になることもあるかもしれません。

セパレートキッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら

セパレートキッチンのおすすめメーカーはこちら

キッチン・台所リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたキッチン・台所リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、キッチン・台所リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する