1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 部屋リフォーム
  4.  > 
  5. リビングリノベーションで快適くつろぎライフ!費用相場とポイントを解説

2022年12月07日更新

リビングリノベーションで快適くつろぎライフ!費用相場とポイントを解説

自宅のリビングをリノベーションし、屋内の雰囲気を変更したい場合、どのようなポイントを抑えると良いのでしょうか?リビングのリノベーションで注意するべきポイントと、リノベーションを行うメリット、施工期間、施工費用の目安などについてご紹介します。

「リビングリノベーションしたいけど費用相場やプラン内容が思いつかない」とお悩みではありませんか?

リビングのリノベーションは自由度が高い分、いざ計画を立てようと思うと迷ってしまいますよね。

リビングリノベーションの計画を立てるうえで大切なことは、予算と目的を明確にしておくことです。

具体的なプランが思いつかない場合は、実際の施工例を参考にするのがおすすめです。

この記事では、リビングリノベーションの費用相場や施工実例などを紹介しています。

工事内容ごとの費用相場も解説しているので、リビングリノベーションで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

リビングの役割とは

寝室や子ども部屋がプライベートな空間であるのに対し、リビングは家族がつながる場所としての役割を担っています。

くつろいだり家族とコミュニケーションをとったり、使い方は人によりさまざまです。

近年ではリビングに子どもの学習スペースを設けて、家族の目が届くところで勉強させるといった使い方も人気があります。

リビングをリノベーションするメリット

リビングをリノベーションすることで得られるメリットを3つご紹介します。

家族のくつろぎスペースとなる

リビングを広々とした空間にリノベーションすることで、家族のくつろぎスぺ―スとすることができます。

とくに、リビング・ダイニング・キッチンが独立している間取りの場合は、壁を撤去するリノベーションをするだけで家族みんながくつろげる開放的な空間が作れるでしょう。

生活動線を意識した快適な間取りができる

リビングのリノベーションは、見た目だけでなく使い勝手も向上させられます。

キッチンやダイニングとあわせてリノベーションすることで生活動線がスムーズになり、快適に過ごせるようになるでしょう。

住まいの理想を実現できる

リノベーションすることでさまざまな不満を解消し、理想的な住まいを実現することができます。

たとえば、冬の寒さがつらかったり、壁や床のデザインが好みではなかったりといった不満もリノベーションなら解決可能です。

リビングのリノベーションの施工例

ここからは、実際にリビングをリノベーションした施工例を7つご紹介します。

採光豊かな2階のリビング

施工費用約300万円〜約500万円
施工期間約2カ月〜約3カ月
建物種別戸建て
リフォーム内容キッチンの移動と内装工事を実施

こちらは、リビングの内装リフォームとあわせてキッチンの移動を行った事例です。

独立していたキッチンの間仕切り壁をなくし対面のキッチンに変更したことで、広々とした開放感のある空間になっています。

また、光をふんだんに取り入れることで、空間が広く見えるように工夫しています。

音楽のある暮らしにぴったりのリビング

施工費用約100万円〜約300万円
施工期間約1カ月
建物種別マンション
リフォーム内容和室をなくしてリビングを拡張

こちらは、和室の段差をなくしてリビングと一体化した事例です。

来客が宿泊することを見越して、あえて畳はそのまま残しています。

天井には梁を並べ、奥行きがあるデザインになりました。

趣味でピアノを始め、リビングにピアノを置いて演奏会ができるようにしたいという要望を受けてのリノベーションです。

間接照明を設置し、演奏に合わせて雰囲気を変えることができるようになっています。

空調効率と生活動線に優れたフレキシブルワンルーム

施工費用約800万円以上
施工期間約1カ月〜約2カ月
建物種別マンション
リフォーム内容全面3LDKを1Rに間取り変更

こちらは、3LDKの間取りを1Rに変更した事例です。

広い1Rにするにあたり、空調効率を考えてエアコンの位置を変更しました。

床材には無垢のフローリングを採用し、重ね張りすることで遮音性を確保しています。

吹き抜けのあるアミューズメントリビング

施工費用約1000万円以上
施工期間約2カ月~約3カ月
建物種別戸建て
リフォーム内容2階や玄関、内装工事などを実施

こちらは、リビングのリフォームとあわせて玄関や2階の水回りの撤去工事などを行った事例です。

リビングの吹き抜けにボルダリングやうんていを設けることで、家族みんなのお気に入りの空間となりました。

吹き抜けとリビング階段をつくり開放的な空間を創出

施工費用約1000万円以上
施工期間約3カ月以上
建物種別戸建て
リフォーム内容2階の床の撤去、階段の移動と内装工事を実施

こちらは、2階の床を一部撤去し、リビングイン階段を設置した事例です。

広々として開放感のあるL字型のLDKになりました。

リビングに残った柱にもデザイン性をもたせ、全体的におしゃれな空間になっています。

回遊する家事動線と猫の抜け道のあるリビング

施工費用約800万円以上
施工期間約3カ月以上
建物種別マンション
リフォーム内容フルリノベーション

こちらは、家の構造部分だけを残してフルリノベーションを行った事例です。

眺望の良い位置にLDKを配置し、収納スペースを設けつつ広さを確保しています。

キッチンから洗面、クローゼットを通って寝室、LDKへと回遊する家事動線により、家事がスムーズに行えるようになりました。

書棚の上には猫の抜け道が設置されています。

平屋を活かしたバリアフリーな広々空間

施工期間約2カ月~約3カ月
建物種別戸建て
リフォーム内容キッチンの移動とインナーバルコニーの設置

中古の平屋を購入し、リビングとあわせてキッチンの移動やインナーバルコニーの設置リフォームを行った事例です。

リビングには床暖房を設置し、さらに段差を解消することでバリアフリーも意識した設計になっています。

リビングのリノベーション費用相場

リビングのリノベーション費用相場を、内容別に解説していきます。

リノベーション費用は工事規模や建物の構造などによって大きく異なります。

業者や地域によっても変動するので、実際にリノベーションをするときは複数の業者に見積もりを依頼し、お住まいの地域での費用相場を知ることが大切です。

間取りを変更する

リビングの間取りを変更する方法は、間仕切り壁の設置か撤去の2つに大別されます。

それぞれの費用相場は以下の通りです。

リノベーション内容費用相場
間仕切り壁の設置約10万円~約30万円
間仕切り壁の撤去約5万円~約10万円

間仕切り壁の設置や撤去にかかる費用は部屋の広さ、補修規模やリノベーション規模により大きく変動します。

小さい壁を1枚撤去するだけなら約5万円~約10万円で工事可能ですが、リビングとダイニングをくっつけるなど大規模な工事になると100万円以上かかることもあります。

防音・断熱材を設置する

リビングに防音や断熱リノベーションをするときの費用相場は以下の通りです。

リノベーション内容費用相場
防音窓に防音材を入れる約15万円~約20万円
床下に遮音材を敷く約30万円~約80万円
壁に防音材を入れる約30万円~約80万円
断熱壁に断熱材を入れる約100万円~約150万円
床下に断熱材を入れる約20万円~約30万円(12帖)

防音工事の費用は、工事規模や防音材の種類などにより変動します。

また、防ぎたい音によって必要な工事が異なります。

たとえば、電車や飛行機など外からの騒音を防ぎたい場合は窓と壁、室内での生活音が気になる場合は壁と床の防音工事が必要です。

断熱工事では、施工方法や断熱材の種類などにより費用が大きく異なります。

床の解体が必要な場合は、約80万円~約120万円かかることもあるので、予算には余裕をもたせておきましょう。

床暖房を設置する

床暖房の設置費用は、リビングの広さのほか床暖房の種類によっても大きく異なります。

12帖のリビングに床暖房を後付けするときの費用の相場は以下の通りです。

床暖房の種類費用相場
温水式約70万円~約130万円
電気式約50万円~約100万円

温水式の床暖房では、床下に敷かれた専用のパネルに温水を循環させることで床を温めます。

設置費用は高額ですが、光熱費が抑えやすいため広い範囲で長時間使用する場合におすすめです。

また、立ち上がるスピードが早いため、帰宅後に短時間で温めたいときなどにも便利です。

ただ、熱源機や温水パイプの交換などメンテナンスの手間がかかるというデメリットもあります。

一方、電気式の床暖房では、床下に張り巡らせた電熱線などを利用して床を温めます。

簡単に設置できるため設置費用が抑えやすく、設置後のメンテナンスがほとんど必要ないのが大きなメリットです。

ただ光熱費が高額になりやすいので、広いリビングや長時間の使用には向いていません。

リビングイン階段を作る

リビングイン階段に関するリノベーションには、段差や勾配を変更するケースと階段の位置を変更するケースがあります。

それぞれの費用相場は以下の通りです。

リノベーション内容費用相場
段差や勾配の変更約50万円~約150万円
階段の位置の変更約150万円~約300万円

リビングイン階段のリノベーション費用は、リノベーション内容や使用する木材などにより大きく変動します。

とくに階段の位置変更をともなうリノベーションは大規模な工事をしなくてはいけないため、多くの場合約150万円~約300万円といった高額な費用が必要になるでしょう。

吹き抜けを作る

リノベーション内容費用相場
LDK上を全面吹抜けに変更約100万円〜約500万円
2階廊下部分を吹抜けに変更約80万円〜約200万円
小屋裏を吹抜けに変更約100万円〜約300万円

リビングに吹き抜けを作る際の費用相場は約100万円~約500万円ですが、建物の構造や天井の広さなどにより大きく変動します。

とくに耐震補強工事が必要な場合は、費用がより高額になります。

それに比べてリビングに設置された階段周りの廊下部分を吹抜けにする場合や元々使用していなかった小屋裏を吹抜けにする場合は撤去と仕上げがメインになるので、費用相場はリビング上部の全面を吹抜けにするよりは安価になります。

床の張替え、壁紙・天井のクロス交換

12帖のリビングで、床や壁・天井など内装をリノベーションするときの費用相場は以下の通りです。

リノベーション内容費用相場
フローリング張替え約40万円~約80万円
壁・天井のクロス約6万円~約15万円

内装のリノベーション費用は、既存の状況、施工範囲や施工方法、フローリング・クロスのグレードにより大きく変動します。

とくに、無垢のフローリング材は費用が高額になる傾向があります。

リビングのリノベーション予算別プラン

以下では、予算別のリノベーションプランの例をご紹介します。

200万円でできるリノベーションプラン

予算200万円の場合は、以下のようなリノベーションプランが実現できます。

  • 内装の張替え
  • 床暖房の設置

予算200万円では、内装の張替えが行えます。

そのほか床暖房の設置も同時に行えるでしょう。

ただ、ダイニングやキッチンとつなげるような大規模な工事は難しいかもしれません。

500万円でできるリノベーションプラン

予算500万円でできるリノベーションプランの例は以下の通りです。

  • 内装の張替え
  • 間仕切り壁の設置や撤去
  • 床暖房の設置
  • 床下の断熱材の設置

予算500万円では、内装の素材にこだわったリフォームや、間仕切り壁の撤去をして間取りを大幅に変更するリフォームが可能です。

リビングの広さやほかの工事内容などにもよりますが、階段の移動や吹き抜けの設置は困難となる場合が多いでしょう。

800万円でできるリノベーションプラン

予算800万円では、以下のリノベーションが行えます。

  • 吹き抜けの設置
  • 床暖房の設置
  • リビング・ダイニング・キッチンの間仕切り壁の撤去
  • 内装の張替え
  • 防音材や断熱材の設置
  • リビングイン階段の移動

800万円の予算があれば、リビングに関する大抵のリノベーションが行えます。

デザイン性を一新するだけでなく、床暖房や断熱材の設置など機能性にも十分こだわることができるでしょう。

リビングリノベーションの流れと諸経費とは

リノベーションの流れや必要な諸経費などをつかんでおけば、よりスムーズにリノベーションを進めることができます。

以下では、その流れと諸経費についてご紹介します。

リビングリノベーションの流れ

1.リビングリノベーションの情報収集とイメージ固め

どのようなリノベーションを行うのかのイメージを固めることから始めます。

webサイトやショールーム、雑誌などで情報を収集し、好みのリノベーション方法や種類を具体的に見つけ出しましょう。

また、情報収集の一環として価格相場もリサーチしておくことで予算も立てやすくなります。

マンションの場合は、管理規則などでリノベーションについての制限や制約などが定められていることが一般的です。

事前に、管理規則を確認しておきましょう。

2.依頼する業者検索

口コミで評判の良い業者や、webサイトで見つけた気になる業者など、依頼する業者をいくつか選びます。

会社により施工を行っている地域が決まっているのでエリア内かどうかも調べておきましょう。

複数業者への一括見積もりサービス提供しているwebサイトを利用するという方法もあります。

リノベーションを依頼する業者によって、完成後の満足度は大きく異なります。

実績や技術のある会社や丁寧に応対してくれる業者など、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

3.業者を3社程度にしぼり下見と相見積もりを実施

依頼するリノベーション業者を決める前に、見積もりを依頼します。

見積もり時には、業者がリノベーション箇所を確認する現地調査が行われることが一般的です。

この際、1社の見積もりだけでは内容や価格の比較ができないため、3社程度に相見積もりを依頼します。

内容や金額が比較できるよう、すべての会社に同じ条件で見積もってもらうことが重要です。

また、見積もり内容に疑問があれば業者に確認して、納得がいくまで説明を受けましょう。

この際、信頼できるか、親身になって相談に乗ってくれるかなど、業者の応対についてもチェックしておきます。

4.業者と契約

見積もりの内容に納得ができ、工事の内容や工程、日程が決まれば契約を交わします。

書面で契約書を作成し、細かいことでも契約書に記載してもらうようにします。

契約書への記載が難しい場合は、後のトラブルを防ぐためにも覚書を作成するようにしましょう。

また、この時に支払期日や支払回数、管理組合からの承認が下りなかった場合の対応などについても、決めておくことが重要です。

5.近隣住民への挨拶

工事関係者や工事関係車両の出入りがあるため、着工前に近隣の住民へ挨拶をしておきます。

工事中のトラブルを防止するためにも、工事の期間や工程なども説明し、了解を得ておくことが重要です。

6.リビングリノベーション工事開始

工事の期間中は業者任せにせず、現場をご自身でも確認することをおすすめします。

現場を確認することで進行状況がわかったり、疑問点をその場で解消することも可能です。

また、仕様や費用の変更があった際にも現場で確かめながら判断することができるので、よりスムーズに工事が進み、完成後のトラブルを避けることにもつながります。

7.工事完了と確認

工事が完了して業者の完了検査が終了すれば、依頼主が最終確認を行います。

傷や汚れなどがないかを細かくチェックし、気になる点はその場で質問しましょう。

また、第三者による検査を利用するという方法もあります。

確認がすめば、残代金の支払いをして引渡しとなります。

リビングリノベーションにかかる諸経費

リノベーションの際には、工事費用以外にも考慮しておきたい諸経費があります。

代表的なものをご紹介します。

ローンに関する諸費用

住宅ローンやリフォームローンを利用する場合、5,000円程度の事務手続き料を金融機関に支払う必要がありますが、金額は利用する金融機関によっても異なります。

また、万が一支払えなくなった場合に備えてローン保証料も必要です。融資額の0.2%が一般的な金額です。

印紙税

工事請負契約時には印紙税が必要です。

印紙税の額は1,000円〜1万円ほどで、契約金額に応じて定められています。

建築確認に関する費用

増築を行う場合には、建築確認申請が必要なケースもあります。

その際には建築申請時・検査時に手数料がかかります。

家具等の購入費

リノベーションで雰囲気を一新した場合、新しい部屋に合うように家具や照明器具、カーテンなどのインテリア、家電等を買い換えるケースもあります。

そのための費用も考慮しておきましょう。

リビングのリノベーションでこだわるべきポイント

理想的なリビングを作るために、リノベーションでこだわるべきポイントを5つご紹介します。

生活動線を意識する

快適なリビングを作るときは、生活動線を意識することが大切です。

具体的には次の2つのことを確認してみてください。

  • 人が移動するスペースが確保できているか
  • バルコニーや収納スペースへのアクセスがスムーズにできるか

家具の大きさやレイアウト次第で生活動線は変化します。

たとえば、リビングの広さに合わない大きなソファや机を選ぶと、移動するスペースが確保できないといったことになり兼ねません。

また、使用頻度が高い収納スペースやバルコニーなどへのアクセスがスムーズになるように配置を工夫すると、よりストレスのない空間が作れるでしょう。

掃除のしやすさを意識する

リビングリノベーションでは、掃除のしやすさにもこだわりましょう。

床が掃除しやすいようにコード類が浮くようなコンセントの配置にしたり、手入れがしやすいフローリングの素材を選んだりするのがおすすめです。

そのほか、床に物が置きっぱなしにならないように、十分な収納スペースを設けることも必要になります。

採光を意識する

明るくて居心地のよいリビングを作るときは、採光を意識するとよいでしょう。

採光が取れていると照明をつけなくても過ごせる時間が長くなるため光熱費が削減できます。

また、湿気やカビが発生しにくくなり、カビ対策などの手間が減らせるのも大きなメリットでしょう。

収納スペースを設ける

リビングをリノベーションするときは、収納スペースを設けるのがおすすめです。

リビングは家族みんなが使うスペースなので物が増えやすく、片付ける場所がないとすぐに散らかってしまいます。

収納スペースがあれば生活感を隠しやすく、来客時などにもサッと片付けられて便利です。

片付けが苦手な人ほど収納スペースをしっかり設けるとよいでしょう。

空調効率を考える

リビングのリノベーションでは、デザインや収納スペースなど目先のものに意識がいきがちですが、居心地のよい空間をつくるためには、空調効率を考えることも重要です。

たとえば、縦長のリビングの場合、長いほうの壁にエアコンをつけると風が行きわたりにくく効率が悪くなってしまいます。

また、吹き抜けやリビングイン階段の設置でも、暖かい空気が上に逃げたり、冷気が入ってきたりするため空調効率が悪くなります。

天井にシーリングファンを設置したり、リビングイン階段前にドアを設けたりするなど空調効率を落とさない対策をしておきましょう。

リビングリノベーションで押さえておきたい建築用語とは

リノベーションを行う際によく聞かれる建築用語をおさえておくと、情報収集や業者との相談の際に役立ちます。

主な建築用語について見ていきましょう。

スケルトン


施工:システムアート湘南

スケルトンは、柱や梁・床など建物の構造を形作る躯体(骨組み)を指す言葉です。

内装設備が無い状態の店舗をスケルトンとも言います。

また「スケルトンリフォーム」は、躯体だけを残してまるごとリフォームする方法です。

吹き抜け


施工:システムアート湘南

天井を設けず下の階と上の階がつながっている空間を指します。

戸建ての玄関や階段、リビングに設けられるケースが多く、広々とした空間や採光、開閉できる窓位置によって通風を確保しやすくなります。

しかし、空間が広くなるため、冷暖房効率の低下や音の反響、匂いがこもりやすい点などがデメリットです。

小上がり


施工:バレッグス

土間より一段高い場所に設けられる座敷で、仕切りのない空間を指します。

「蹴上がり」とも言われます。

リノベーションでは、リビングなど広い部屋の一部に一段高い場所に設けて造られた和室や洋室のスペースを指します。

ワークスペース

机での作業をするための場所を意味します。

パソコンでの作業や勉強などのための空間ですが、一人で利用すれば書斎、家族で共用する場合はワークスペースなどと呼び分けることもあります。

リビング近くのほか、ダイニングやキッチンの近くに設置するレイアウトも人気があります。

耐震補強


施工:バレッグス

建物の耐震性を高めるために行われる、主要な構造部分への補強工事を意味します。

壁や基礎の強化、接合部の補強、屋根の軽量化など建物自体に対する工事のほか、地盤を改良する工事もあります。

まとめ

この記事では、リビングのリノベーションについて解説しました。

予算や目的により適切なリノベーション内容は異なります。

まずは目的を明確にし、施工実例などを参考にしながら、快適なリビングを作りましょう。

部屋リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた部屋リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、部屋リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】岩本祐子

atelier comado

岩本 祐子

大学卒業後、建築設計事務所にて主に住宅、公共建築、店舗、マンションの設計に10年以上関わる。
住宅においては、基本設計から監理業務まで一連のフローに携わる。
その後大手インテリア関連企業にて7年間インテリアとリノベーションをメインに業務の幅を広げる。
現在代表をしているatelier comadoでは、インテリアコーディネート、リノベーション、住宅設計をメインに活躍中。

LINE 友達追加
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする