1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 外壁リフォーム
  4.  > 
  5. ガルバリウムとサイディングの違いとは?特徴や費用・選び方を比較解説

2022年09月26日更新

ガルバリウムとサイディングの違いとは?特徴や費用・選び方を比較解説

ガルバリウム鋼板とサイディングの違いや人気の商品をご存知でしょうか。本記事では、ガルバリウム鋼板とサイディングの特徴や外壁材を選ぶ際のポイントなどを紹介します。外壁材リフォームに疑問があれば、ぜひチェックしてみてください。

ガルバリウム鋼板とサイディングの違いがわからないなど、外壁のリフォームを考えている方には疑問点や不安があるのではないでしょうか。

本記事では、ガルバリウムとサイディングの違いや人気商品などを紹介します。

この記事を読むことで、外壁材の特徴を把握することができます。その知識をもとに自分の希望に合った商品を選ぶことができるため、外壁のリフォームに不安がある方でもスムーズにリフォームを進めることができるでしょう。

外壁のリフォームを考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

ガルバリウム鋼板とサイディングの違い


ガルバリウム鋼板とサイディングとは主に外壁材の名称です。ガルバリウムを使用したサイディングを金属系サイディングと呼ぶこともありますが、この記事では最も普及している窯業系サイディングをサイディングとしています。

サイディングはセメントと木材繊維などを薄く加工した外壁材です。製造工程の中で釜の中で高熱処理を行うことから窯業系サイディングと呼ばれます。

ガルバリウム鋼板はアルミニウムと亜鉛合金の表面にメッキ加工を施したものです。金属の耐久性によって耐用年数が長いという特徴があります。

以下の表にそれぞれのメリットとデメリットをまとめました。

外壁材ガルバリウム
メリット・初期費用が抑えられる
・耐用年数が長い
デメリット・メンテナンス頻度が多い
・防水性が低い
外壁材サイディング
メリット・錆びにくい
・防水性が高い
デメリット・断熱、遮音性が低い
・表面に傷が付きやすい

ガルバリウム鋼板とサイディングの特徴

ここではガルバリウム鋼板とサイディングの特徴を紹介します。

それぞれ異なる性質を持っているため、それぞれの違いを把握しましょう。

ガルバリウム鋼板の特徴とは?

ガルバリウム鋼板の特徴は、錆に強く耐久性が高いということです。金属であるため、メンテナンスの頻度も少なく済みます。

ガルバリウム鋼板は金属でありながら軽量で、耐震性が高い素材でもあります。

またデザイン面でもレンガ風のデザインやタイル柄のものなどを選ぶことができます。

ただし、ガルバリウム鋼板の施工には高い専門性が必要になります。そのため板金工事業者に依頼しなければならないという特徴もあります。

サイディングの特徴とは?

サイディングは、工場生産の一定規格のボードを使用するため、リーズナブルな価格で施工が行えます。また木目調やレンガ風などのデザインのバリエーションが豊富であり、自分の希望通りのものを選ぶことができるでしょう。

しかし窯業系サイディングは、防水性が低いため表面の防水塗装を行う必要があります。また、ボードのつなぎ目のコーキング材が剥がれてしまうこともあることからメンテナンス頻度が高いというデメリットもあります。

ガルバリウム鋼板のメリット

ガルバリウム鋼板にはさまざまなメリットがあります。

ここではガルバリウム鋼板のメリットをそれぞれ紹介します。

耐久性が高い

ガルバリウム鋼板はアルミニウム、亜鉛などの合金です。このアルミニウムの特徴である、従来の鋼板よりも耐久性に優れているという特徴があります。

ガルバリウムの耐用年数も、約25年〜約35年と長いです。錆のメンテナンスを行っていれば、さらに長く使用できる可能性もあります。

軽量なため地震に強く、安価

ガルバリウム鋼板は、軽量であるため耐震性に優れた素材です。地震が起きた際に外壁が重いとその分建物の揺れは激しくなります。ガルバリウム鋼板は軽量であるため、建物への負荷を減らすことができます。

また価格も安く、メンテナンス頻度も窯業系サイディングと比較すると少ないという特徴があります。

防水性が高く、錆びにくい

金属素材のガルバリウムは、防水性が高く錆びにくいという特徴があります。これはガルバリウム鋼板を窯業系サイディングと比較すると隙間が少なくなっており、水が内部に侵入しにくいという特徴があります。

またアルミニウムが主原料として使用されているため、他の金属外壁材と比較して錆びにくいという特徴があります。

熱反射率に優れている

ガルバリウム鋼板の表面は、熱の反射性に優れているという特徴があります。熱の吸収率が小さいため室内の温度上昇を防止します。

他の外壁材と比較した際にも、熱の反射性に優れているため現在の建物で暑さが気になる方にはガルバリウム鋼板がおすすめです。

耐熱性に優れる

ガルバリウム鋼板にはめっき層が存在し、アルミニウムが存在します。これによってガルバリウム鋼板は約300℃〜約350℃の高温に対して長時間使用が可能になっています。

そのため、外壁材のみならずオーブントースターなどの素材としても使用されます。

素材の質感が独特

ガルバリウム鋼板は素材に金属が使用されているため、他の外壁材と比較した際に独特な質感があります。

金属の独特な質感の外壁材にしたい方にはガルバリウム鋼板がおすすめです。

ガルバリウム鋼板のデメリット

ガルバリウム鋼板にはさまざまなメリットがありますが、デメリットも存在します。

ここではガルバリウム鋼板のデメリットを紹介します。

傷がつきやすい、錆びる場合もある

ガルバリウム鋼板は表面のメッキが薄く、傷が付いてしまうことがあります。これによって内部が錆びやすくなってしまう場合があります。

錆を防ぐためにはメンテナンスを行う必要があります。また錆びてしまった場合は、DIYなどで補修作業は難しいため、専門の業者に依頼をして修理する必要があります。

衝撃に弱い

ガルバリウム鋼板は衝撃に弱いという特徴が当てはまるものも存在します。外部からの衝撃で凹んでしまうなどの可能性もあります。

ボールや小石などが強く当たるなどの衝撃によって凹んでしまうのを避けたい方は、凹みにくい厚みがあるガルバリウム鋼板の外壁材を選ぶと良いでしょう。

デザインのバリエーションが少ない

ガルバリウム鋼板は、金属独特の質感がメリットでありますが、デザインのバリエーションが少ないというデメリットがあります。

建物の印象を決める外壁材ですが、ガルバリウム鋼板の外壁材となると自分の希望通りのデザインが見つからない可能性があるため他の外壁材も検討しましょう。

サイディングのメリット

ここまでガルバリウム鋼板の特徴などを紹介してきました。

ここではサイディングのメリットを紹介します。

衝撃や地震などの揺れに強く、安価

サイディングは、セメントなどが主原料であるため、強度が高く汎用性の高い建材です。その強度の強さから、地震などがきた際にも変形量が少ないため壊れにくいという特徴があります。

製造工程として、工場で一定の規格で生産が行われていることから価格が安いという特徴もあります。

依頼できる工務店が多い

サイディングは外壁材を外側から貼り付けていく工事であり、他の工法と比較した際に作業が簡単という特徴があり、手軽に工事ができます。

そのため、対応可能な工務店も多いという特徴があります。対応可能な業者が少ない場合は業者を探す難易度が高くなり、見積もり比較も難しくなるため依頼できる工務店が多いことはメリットです。

工期が短い

サイディングのリフォームは工期が短いという特徴があります。これは工場で製造したサイディングボードをそのまま貼り付けるため工期が短くなるからです。

施工期間を短く済ませたいと考えている方には、サイディングがおすすめです。

デザインバリエーションが豊富

サイディングはデザインのバリエーションが豊富です。タイル調のものや木目調、ストーン柄など自分の希望通りのデザインを選ぶことができるでしょう。

デザインの自由度の高さは、サイディングの大きなメリットです。外壁のデザインにこだわりたいと考えている方にはおすすめの外壁材です。

耐火性が高い

サイディングには耐火性が高いという特徴があります。これは建築基準法で定められている試験に合格をしたものが販売されているためです。

不燃材料、準不燃材料として国土交通大臣の認定を受けています。

もらい火の影響を受けにくいため、火災の被害を最小限に抑えることができます。

サイディングのデメリット

サイディングにはさまざまなメリットがありました。

ここではサイディングのデメリットを紹介します。

素材自体に防水性はない

サイディングには、素材自体に防水性はありません。そのため、使用を続けていると壁の劣化や雨漏りの原因となってしまいます。これを防ぐために防水性の高い塗料で塗装を行うことが必要になります。

この塗料が防水機能を維持しているため、塗料の劣化によって防水性が失われてしまいます。対策として定期的なメンテナンスが必要です。

耐久性が低く、熱がこもりやすい

サイディングは塗装の劣化や、サイディング材のつなぎ目を塞ぐシーリングなどの劣化によるメンテナンスが必要であるため、耐久性が低いという特徴があります。ひびや剥がれなどが見られたらメンテナンスが必要です。

また、サイディングは原材料にセメントを使用しています。このセメントは耐熱性に優れていますが、熱を吸収しやすいという性質を持っています。

メンテナンスの頻度が多い

上記でも触れましたが、サイディングは防水機能を維持するために塗料を活用しています。その塗料の劣化やサイディング材のつなぎ目を塞いでいるシーリングの劣化が起きてしまうとメンテナンスが必要です。

色褪せやチョーキング、塗料の剥がれが見られた場合にもメンテナンスが必要です。

ガルバリウム鋼板とサイディングの施工費用

ここではガルバリウム鋼板とサイディングの施工の費用相場を紹介します。それぞれの費用を把握し比較しましょう。

ガルバリウム鋼板の外壁リフォーム費用相場

ガルバリウム鋼板の外壁リフォーム費用相場は、30坪の一軒家で約120万円〜約270万円です。この金額は施工面積や既存の外壁材の種類、新しくするガルバリウム材のグレードによって変動します。

また、張り替えを行うかカバー工法で行うかによっても金額に少々変動があります。カバー工法であれば、今ある外壁材の上に、新しくガルバリウム鋼板を張る工事を行うため既存の外壁材処分費が発生しません。

発生する費用は足場設置費、シーリングの施工費などです。
ガルバリウム鋼板の外壁リフォームをする際の工期は約10日〜約30日です。この工期は、施工面積や天候、気温などの影響を受けて変動する可能性があります。

サイディングの外壁リフォーム費用相場

一戸建てのサイディングの外壁リフォーム費用相場は、約130万円〜約230万円です。この金額は施工面積やサイディング材のグレードによって変動します。

既存のサイディング材の劣化が激しい場合には、撤去して新しいサイディングを張り替える工事を行う必要があり、その場合はカバー工法と比較すると古いサイディングの撤去費用がかかります。

注意点として、依頼する業者によっては足場代が見積もり金額に入っていないケースなどもあるため、その点を確認したうえでしっかりと見積もりの比較を行いましょう。

サイディングの外壁リフォームをする際の工期は約10日〜約30日です。この工期も、施工面積や天候、気温などの影響を受けて変動する可能性があります。

ガルバリウム鋼板とサイディングのメンテナンス周期

ガルバリウム鋼板とサイディングの違いはメンテナンス周期にあります。

ここでは、それぞれのメンテナンス周期を紹介します。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス周期

ガルバリウム鋼板のメンテナンス周期は約10年〜約15年です。ガルバリウム鋼板は防水性が高く、メンテナンスの周期はサイディングと比較すると長いです。耐用年数は約30年〜約40年と言われています。

しかし、表面に傷がついてしまうことで傷から錆びが発生してしまう可能性があるため注意が必要です。

また錆には強いガルバリウム鋼板ですが、塩害が多い地域では、錆が発生してしまうため、沿岸部の建物ではメンテナンス周期が異なります。

サイディングのメンテナンス周期

サイディングのメンテナンス周期は約7年〜約10年です。耐用年数は約30年〜約40年といわれています。しかし外壁は建物の外観を維持するためにもメンテナンスが必要です。

サイディングの特徴として、防水性が低いという点があります。サイディング材を使用していても、雨漏りなどを防ぐために防水塗装を行いメンテナンスをする必要があります。

またサイディングのつなぎ目のコーキング材は約5年〜約10年が耐用年数と言われています。日当たりの良い場所ではコーキングのひび割れなどが起きやすいためメンテナンスが必要です。

目的ごとにおすすめしたい外壁材

ここではそれぞれの目的別でおすすめの外壁材を紹介します。

リフォームを行う目的に合わせて、希望に近い外壁材を把握しましょう。

耐震性を重視する方

耐震性を重視したいと考えている方には、ガルバリウム鋼板がおすすめです。ガルバリウム鋼板は金属でありながら軽量という特徴があります。

サイディングと比較すると、ガルバリウム鋼板は軽量であるため、建物にかかる負荷が少なく済みます。地震による影響も受けにくいため耐震性を重視する方にはガルバリウム鋼板がおすすめです。

メンテナンス費用を抑えたい方

メンテナンス費用を抑えたいと考えている方には、ガルバリウム鋼板がおすすめです。ガルバリウム鋼板は防水性が高いため、防水性の低いサイディングと比較すると塗料の塗り直しなどのメンテナンスが少なく済みます。

またサイディングにはコーキングが劣化してしまうという特徴があるため、その分メンテナンス費用がかかってしまいます。

トータルコストを抑えたい方

トータルコストを抑えたいと考えている方には、ガルバリウム鋼板がおすすめです。

サイディングの断面の劣化やコーキングの劣化は避けられません。そのため比較的メンテナンスの少ないガルバリウム鋼板はトータルコストを抑えられます。

長期的にトータルコストを抑えたい方は、ガルバリウム鋼板を検討してみてください。

初期費用を抑えたい方

初期費用を抑えたいと考えている方には、サイディングがおすすめです。サイディングは、他の外壁材と比較した際に工事の手間が少ないため初期費用を抑えることができます。

またサイディングは大量生産されているため、価格自体も安いという特徴があります。

初期費用を抑えたいと考えている方はサイディングを検討してみてください。

断熱性を重視したい方

断熱性を重視したいと考えている方には、ガルバリウム鋼板がおすすめです。特に断熱材一体型の製品は断熱性に優れています。

断熱性を重視して、外壁を選びたいと考えている方は、ガルバリウム鋼板を検討してみて下さい。

ガルバリウム鋼板のおすすめメーカーと人気商品

ここではガルバリウム鋼板のおすすめメーカーと人気商品を紹介します。どの商品にするのか悩んでいる方は人気商品を把握しましょう。

※ガルバリウム鋼板を素材とした金属サイディングも、ガルバリウム鋼板のメーカー・人気商品として紹介しています。

ニチハ

ニチハは、金属系サイディングや窯業系サイディングを強みとする外壁材メーカーです。

美しさや耐久性、メンテナンスコストの圧縮を掲げ、外壁材を販売しています。超高耐候塗料の「プラチナコート」を採用しています。

仕上がりの美しさやリーズナブルなサイディングにしたいと考えている方におすすめです。

ニチハ「モノカラーシリーズST型センターストライプU」

画像出典:ニチハ株式会社

ニチハのモノカラーシリーズST型センターストライプUは、光を受けることで輝くストライプ模様が特徴的な金属系サイディングです。

全4カラー展開で、自分の希望通りのカラーを選ぶことができるでしょう。

ニチハ「プレミアムSPシリーズFB型デフィーボーダー」

画像出典:ニチハ株式会社

ニチハのプレミアムSPシリーズFB型デフィーボーダーは表面材に「フッ素塗装高耐食ガルバリウムメッキ鋼板」が使用されており、紫外線による色褪せに強いという特徴があります。

ケイミュー

ケイミューは、「光セラ」という太陽の力と雨水で汚れを落とすセルフクリーニング機能を持つ外装版が特徴的です。

またケイミューのサイディングにはセラミックコートによって外壁の色褪せや日焼けを防ぐ技術が採用されています。

ケイミュー「アニューシリーズブリオウェーブ」

ケイミューのアニューシリーズブリオウェーブはフッ素焼付塗装をした金属系サイディングです。

ラインと金属の輝きがスタイリッシュなデザインです。

ケイミュー「デザインシリーズ」

ケイミューのデザインシリーズは、加熱性フッ素焼付塗装をした金属系サイディングです。このデザインシリーズの特徴はデザインが豊富であることです。

レンガ調のものやストーン調のデザインなど金属系サイディングでありながらデザイン性の高い商品といえるでしょう。

旭トステム外装

旭トステム外装は、窯業系サイディングや金属系サイディングに強みを持つ外壁材メーカーです。

サイディングの継ぎ目を目立ちにくくするシーリングレス工法が特徴的です。商品のラインナップも豊富です。

旭トステム外装「Danサイディング スチールスタンダードデューネ」

旭トステム外装のDanサイディングスチールスタンダードデューネはひとつひとつの粒間を重視した砂壁調デザインの金属系サイディングです。

カラーも6色展開で、自分の希望通りのデザインにすることができるでしょう。

旭トステム外装「Danサイディング アルミスタンダードスタッコ」

旭トステム外装のDanサイディングアルミスタンダードスタッコは、軽量で錆に強いアルミ仕様のサイディングです。

親しみやすいデザインであるため、外壁をシンプルな雰囲気でまとめたいと考えている方におすすめです。

アイジー工業

アイジー工業は、金属系サイディングに強みを持つ外壁材メーカーです。金属板と断熱版を組み合わせたサンドイッチ構造が特徴的です。これによって軽量性と断熱性に優れたサイディングを製造しています。

アイジー工業「シンプルモダンシリーズSF-ガルステージシャイン」

アイジー工業のシンプルモダンシリーズSF-ガルステージシャインは、シャープなラインによって金属ならではの質感が最大限に引き出されているデザインです。

スマートな印象の外壁にしたいと考えている方にはおすすめの商品です。

アイジー工業「ナチュラルシリーズNFI-グラブラッシュ」

アイジー工業のナチュラルシリーズNFI-グラブラッシュは、インクジェット塗装によって繊細な質感を表現した金属系サイディングです。

細石積調のデザインにより、光の当たる角度によってさまざまな印象を与えるデザインです。

ガルバリウム鋼板の断熱性や防音性は劣っている?

ガルバリウム鋼板は、他の外壁材と比べた際、断熱材一体型の商品ではない場合は断熱性と防音性は低いですが、断熱材一体型のガルバリウム鋼板の場合は断熱性・防音性がサイディングにも劣りません。

断熱材一体型の商品であれば、断熱材が防音効果を発揮するため騒音対策にもなるのです。

金額は断熱材一体型のガルバリウム鋼板の方が高くなりますが、生活の環境を考えると断熱材一体型のガルバリウム鋼板の商品がおすすめです。

外壁リフォーム業者の上手な選び方のポイント

外壁リフォームを行う際に依頼する業者選びは非常に重要です。
ここでは、外壁リフォーム業者の選び方について、重要なポイントを紹介します。

ガルバリウム鋼板やサイディングでのリフォーム実績があるか

ガルバリウム鋼板やサイディングでのリフォーム実績があるかどうかという点が1つ目に重要な点です。
特にガルバリウム鋼板はサイディングと比較した際に、依頼が可能である業者が少ない傾向にあります。可能だとしても施工実績が少ないケースなどもあるため、しっかりと事前に施工実績を確認する必要があります。

アフターフォローが充実しているか

アフターフォローが充実しているという点も、外壁リフォームでは重要です。施工の際にミスが起きてしまう可能性はあるため、施工不良が発生した際に業者がどのような保証をしてくれるのか確認しましょう。

頼む業者によって保証内容、保証条件、保証期間が異なるため契約前の確認が必要です。

相見積もりを行う

見積もりを比較することで自分の希望に近い業者を選ぶことができます。

リフォームをする際にかかるサイディングの本体価格と工事費用は、業者によって異なる可能性があります。

また、工事費用も業者によって変動します。足場代を見積もりに含めるなど相見積もりを行う際は同じ条件で見積もりを取るように注意しましょう。

リフォームの際は複数の業者から見積もりを取り、比較することが重要です。比較することで、業者間の工事費用や保証内容などの違いが明確になります。

自分の希望する条件に合う業者を見つけ、リフォームで失敗をしないためにも比較見積もりは非常に重要です。

ハピすむでは無料で比較見積もりが可能ですハピすむで比較見積もりをし、条件に合う最適な業者を見つけて後悔のないリフォームを行いましょう。

外壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた外壁リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、外壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

こちらの記事もおすすめ
外壁塗装の費用相場や塗料の特徴、業者さん選びの注意点をご紹介

この記事の監修者プロフィール

【監修者】久田麻里子

2級建築士、インテリアコーディネーター、住環境福祉コーディネーター。ハウスメーカー、リフォーム会社での建築業を幅広く経験。主婦・母親目線で様々なリフォームアドバイスを行う。主な担当は水回り設備リフォーム、内装コーディネート、戸建てリフォームなど。

LINE 友達追加
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする