1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. 和式トイレを洋式にするリフォーム費用や価格は?

キーワードから探す


2019年01月24日更新

和式トイレを洋式にするリフォーム費用や価格は?

清潔で掃除が楽ということから、和式トイレから洋式トイレにリフォームする家庭が増えています。他にも筋力の低下や介護という理由で、和式よりも楽な洋式のスタイルが好まれています。このようなトイレ交換の注意点や工事費用、また相場価格について説明します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

和式のトイレを洋式にするときの注意点

和式トイレを洋式にするリフォーム費用や価格は?

和式のトイレから洋式のトイレにリフォームする場合には、想像以上に工事の費用がかかります。

和式トイレから洋式のトイレに交換する際には、床や壁のリフォームも同時に行わなくてはなりません。

また、シャワートイレや暖房付きのトイレを選択すると電気工事も必要になります。

また和式トイレとは趣の違った、洋式トイレに合わせた棚やぺーパーホルダー、さらに洋風なドア(扉)にリフォームしようとすると、費用は思いのほかかさんでしまいます。

しっかりと費用の計画を立ててから発注するのが良いでしょう。

なお工期は3日から5日ほどかかるので、その間は多少不便を感じることもあるかもしれません。

和式トイレのメリット・デメリットに関する記事はこちら

洋式トイレのメリット・デメリットに関する記事はこちら

価格に差がでるグレードの違い

和式トイレを洋式にするリフォーム費用や価格は?

洋式トイレのタイプには非常に多くの選択肢があり、グレードによって価格も大きく異なります。

タンクとトイレ本体だけのシンプルなものでは約10万円からありますが、多くの機能がついたハイグレードなトイレは約60万円というものもあり、幅広いグレードの中から予算に合ったものを選ぶ必要があります。

和式トイレが狭い部屋の場合

0.3坪(畳半畳)より小さい場所に和式トイレがある場合は、洋式トイレは部屋の角を利用したコーナータイプを設置しなくてはならないので、この場合は約5万円ほど割高になります。


和式トイレから洋式に変えるときの費用や価格の相場

和式のトイレから洋式のトイレに交換、リフォームした家庭の75%が約25万~約40万円の費用がかかったと回答しています。

大多数を占めるこの価格帯が相場ともいえます。詳しくみてみましょう。

意外とかかる工事費について

和式から洋式へのトイレ交換リフォームでは、工事費が全体の6割を占めるといわれています。ここでは工事費の内訳の一例を紹介します。

基本工事
・解体処分費用…約2万円~
・大工工事…約3万円~
・床や壁の工事…約4万円~
・汚水の位置換え及び配管工事…約5万円~
・便器取り付け工事…約4万円~
・電気工事…約2万円~
・諸経費…約2万円~
その他の費用
・ドアや棚の取り付けなどの建具工事…約8万円~

費用全体の価格はトイレ本体を25万円とし、そこから4割引きと想定します。基本工事の最低価格を加えると約37万円となり、相場に近い価格が算出されます。

しかし、洋式トイレのグレードを最高機種にすると、全体で約60万円以上かかることになります。

さらに壁紙や床材の選択、手洗いや棚の設置などによっても価格は上昇していきます。相場を参考にして、見積もりをしっかり確認しながら予算を立てることが大切になります。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する