1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 窓リフォーム
  4.  > 
  5. 窓をペアガラス(複層ガラス)に交換するリフォームの価格・費用の相場は?

キーワードから探す


2019年01月08日更新

窓をペアガラス(複層ガラス)に交換するリフォームの価格・費用の相場は?

高い断熱効果を持つペアガラスは、リフォーム方法次第で、所要時間だけでなく費用も異なります。夏涼しく冬暖かい快適な我が家にリフォームするためにも、最も適切なペアガラスの工事方法とその費用相場を、リフォーム前に把握しておきましょう。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ペアガラスのしくみとリフォーム時のメリット

ペアガラスとは、2枚のガラス板の内部に空気やガスを閉じ込めたもので、複層ガラスとも呼ばれます。

ペアガラスは、その構造によって優れた断熱性や遮熱性を発揮するほか、遮音や防犯効果なども備えた窓です。

ガラスが3枚になったものや、内部が真空のもの、金属膜をプラスしたものなど、様々なタイプが登場しています。

住宅への省エネ意識が高まるとともに、ペアガラスへのリフォームも急速に増えてきました。

ペアガラスと複層ガラスの違い

複層ガラスもペアガラスも、意味するものは同じです。

このうちペアガラスについては、旭硝子が複層ガラスの商品名として商標登録をしています。

ペアガラスの構造の違い

ペアガラスはその構造ごとに、様々な異なる効果を持ちます。
ペアガラスには、ガラスとガラスの間に中間層がありますが、その中身は商品ごとに異なります。

・空気
・アルゴンガス
・真空

断熱効果は真空状のものが最も高く、空気中の熱移動を大幅にシャットアウトする効果を持っています。

また、空気層のものは、ガラスとガラスの間に設けたスペーサーに乾燥材を入れ、乾燥空気になっています。

さらに、ペアガラスには、ガラス表面に金属膜を張った「Low-E」タイプもあります。

「Low-E複層ガラス」は、家の断熱設備としてもはやおなじみの商品です。

Low-Eタイプは金属膜の位置によって、断熱と遮熱という、別の効果をもたらします。

・Low-E遮熱(室外側に金属膜)
・Low-E断熱(室内側に金属膜)

断熱とは、室内外の温度差で生じる空気の移動を抑制することですが、遮熱は日光の熱をカットすることで、役割が異なります。

夏場などに、日差しによる温度上昇で中に入れないような部屋では、遮熱効果を持つLow-Eペアガラスを導入すると良いでしょう。

ペアガラスリフォームではどんな工事が必要?

「ペアガラスへのリフォームは工事が大掛かりになるのでは?」
「寒いので断熱性を高めたいけど、窓を何日も工事されると困る」

と、不安に感じる方も多いかもしれません。

以下からは、リフォームの工事費用にも関わる、ペアガラスのリフォーム方法について解説します。

サッシごと交換するリフォーム

既存の窓をサッシごと取り除き、新たにペアガラス付きのサッシをはめ込みます。

既存のサッシと新しいサッシの枠の大きさが違う場合、内外壁の補修工事が発生します。

そのため、工事期間は長くなり、費用も高額です。

サッシごと交換する場合の工事費用

・窓交換工事費用:約10万円

障子だけ交換するリフォーム

ガラスの周りにあるフレーム部分を、「障子」と呼びます。サッシの枠は残し、この障子部分だけをペアガラス付きのものと交換する方法もあります。

障子だけ交換する場合の工事費用

・障子交換費用:約4万円

ガラスだけ交換するリフォーム

既存のサッシからガラスのみを取り外し、ペアガラスと入れ替えるリフォームです。所要工事時間も数時間と短く、費用も安価に収まります。

ペアガラスは通常、厚さが12ミリメートル以上あるため、そのままでは既存のサッシ枠の厚さである9ミリメートルに収めることができません。

そのため、ペアガラスにはアタッチメントが付けられており、このアタッチメントを既存の枠にはめて取り付けを行います。
ちなみに、日本板硝子から発売されているペアガラス『スペーシア』などは、既存サッシの枠に収まる厚さで作られているため、アタッチメントなしで取り付けが可能です。

ガラスだけ交換する場合の工事費用

・ガラス交換工事費用:約8千円

網戸の交換などがあると、約1万円の追加工事が発生することがあります。

ペアガラスの価格相場

平方メートルあたりの単価です。

平均価格:約3万円

上記の価格は定価ではなく、実際に販売されている値引価格を元に、平方メートルあたりの相場単価を算出しています。

また、窓枠付き・障子のみ・ガラスのみなど、ペアガラスのタイプで商品価格も異なりますのでご注意ください。



ペアガラスのリフォーム費用相場

それでは、窓・サッシのペアガラスへの交換リフォームの費用相場を、それぞれのリフォーム方法ごとに見てみましょう。

サッシごと交換するリフォームの費用相場

例)1830×915ミリメートルの窓の場合
・商品価格:約5万円
・サッシ枠価格:約1万円
・工事費用:約10万円

合計:約16万円

障子だけ交換するリフォームの費用相場

例)1830×915ミリメートルの窓の場合
・商品価格:約5万円
・障子価格:約3千円
・工事費用:約4万円

合計:約10万円

ガラスだけ交換するリフォームの費用相場

例)1830×915ミリメートルの窓の場合
・商品価格:約5万円
・工事費用:約8千円

合計: 約6万円

防露対策ならサッシ全体のリフォームがおすすめ

このように、ペアガラスのみの交換リフォームに比べて、サッシの枠ごと交換するリフォームは費用も高くなります。

窓枠周辺の調整や補修工事が発生すると、工事期間も長くなってしまいますので、サッシごと交換するリフォームは、一見デメリット部分が大きいように見えます。

窓をペアガラス(複層ガラス)に交換するリフォームの価格・費用の相場は?

しかし、ペアガラスには結露の抑制効果はありません。

従って、窓の結露でお悩みの方は、防露効果の高い樹脂製サッシのペアガラスにリフォームした方が、費用は高くとも根本の原因を解決することができます。

また、ペアガラスに付属しているアタッチメントにも結露が生じますので、取り付ける窓の位置によっては、結露をさらに拡大させてしまう恐れもあります。

既存の窓の結露対策をご希望であれば、アタッチメントの無いペアガラスか、サッシの交換を検討すると良いでしょう。

窓リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた窓リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、窓リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する