1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 愛知県
  6.  > 
  7. 東海市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年11月17日更新

東海市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

  • 【監修者】山下貴
  • この記事の監修者
    山下行政書士事務所
    山下貴
    行政書士・宅地建物取引士

東海市のリフォーム会社の選び方

東海市では、木造住宅の耐震改修や住宅の浸水対策、温暖化対策設備の導入、バリアフリー化などに関する補助や助成を受けることができる制度を利用できます。

このような制度を利用したいときには、制度と対象となるリフォームに詳しい会社や業者を選ぶことがおすすめです。

東海市近郊の大府市や知多市、名古屋市なども含めると、リフォーム会社や業者を選びの選択肢が増えます。また、地元のリフォーム業者を選べば、費用を抑えることにもつながります。

ただし、リフォームする部位別にも得意不得意があるため、依頼を検討しているリフォーム会社や業者が得意としているリフォームは何か、口コミ情報も集めて把握することが大切です。

下記の「東海市で評判のリフォーム会社一覧」では、東海市にあるリフォーム会社を紹介していますので、リフォーム会社選びの参考にしてください。

東海市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

リフォームウイング(株式会社平松建工)


続きを読む

私たちリフォームウイングは、地元である愛知県の知多半島エリアで「三方喜し」を経営理念に掲げ、創業50周年を迎えます。この50年間お客様と向き合い続けた私たちのあるべき姿は、『ご家族の幸せな未来を創ることにある』と考えています。思い出の詰まったお家でこれからも永く快適に住んでいただけるよう、住まわれる方のライフスタイルなどに合わせてご提案いたします。

現在では水廻り設備の交換から、スイス漆喰などの自然素材を使ったデザインリノベーションまで幅広く承っており、創業以来13,000件以上の工事をさせていただきました。

介護保険やお得な補助金情報も、ご相談から申請までリフォームウイングにお任せ下さい。

所在地愛知県東海市大田町畑間71-1

東海市で受けられるリフォーム補助金・助成金

東海市では、木造住宅の耐震改修や住宅の浸水対策、温暖化対策設備の導入、要介護や要支援、障害のある方が行う住宅のバリアフリー改修に対する補助や助成制度などを利用することができます。

以下では、東海市で受けることができる、リフォームに関連する主な補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2021年7月7日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

東海市 木造住宅耐震改修工事費補助制度

市内にある、1981年5月31日以前に着工した木造住宅のうち、要件を満たす建物に耐震改修工事を行う場合、所有者や所有者の許可を得ている同居者なら、費用の一部に対して補助を受けることができます。

住宅は、在来工法や伝統工法による木造住宅が対象で、市が実施する耐震診断の結果、判定値が1.0未満と診断された建物を0.3以上改善するとともに、1.0以上とする改修工事が対象です。

補助は、耐震補強の工事費のほか設計と監理にかかる費用を対象として、最大100万円まで支給を受けることが可能です。

なお、内訳として、工事費については90万円を限度に費用の25分の18が、設計・監理費では10万円を限度として費用の3分の2、または工事費の25分の2のうち少ない額が支給されます。

また、この制度を利用した場合は所得税の控除のほか、一定条件に適合する耐震改修工事について固定資産税の減額措置を受けることもできます。着工までに市への申請が必要です。詳しくは、市の建築住宅課にご相談ください。

東海市 住宅浸水対策改修等工事費補助制度

市内にある住宅について浸水対策として改修工事などを行う場合、市内に住所がある個人所有者の方や所有者の同意を得ている同居者なら、300万円を限度として費用の50%について補助を受けることができます。

住宅は、過去に浸水被害の事実があるものが対象で、市の浸水対策整備計画によって、早い時期に整備される一部の地区は除かれます。

浸水対策は、既存建物の基礎を30cmかさ上げする工事や盛土工事、曳家・揚屋、これに伴う改修や改築工事が対象となります。ただし、事前申請が必要で、新築については対象外です。

なお、業者に補助金の受領を委託する制度があるため、利用者は補助金相当額を差し引いた費用を用意すれば良く、自身で資金全額を準備する負担を減らすことができます。詳しくは市の建築住宅課にご相談ください。

東海市 住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金

市内にある住宅に、要件を満たす住宅用太陽光発電施設などを設置する場合、または施設が設置された建売住宅を購入する場合、自ら居住する市民なら、費用の一部について補助を受けることができます。

対象設備と補助は、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)が最大1万円、家庭用燃料電池システムや電気自動車等充給電設備がそれぞれ最大5万円、定置用リチウムイオン蓄電システムが最大8万円です。

また、住宅用太陽光発電システムとHEMS、蓄電システムまたは充給電設備を一体的に導入する場合は、蓄電システムなら13万円を限度として、充給電設備なら10万円を限度として、補助が支給されます。

なお、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)に該当する高性能外皮などを一体的に導入する場合は、15万円を限度とした補助を受けることができます。

事前申請が必要で、設備などに要件も定められているため、詳しくは市のホームページや生活環境課でご確認ください。

介護保険 住宅改修支援

市内にある住宅で暮らす、要介護認定を受けた市民なら、自宅への手すり取り付けや段差解消などの住宅改修を行った場合、20万円を上限として費用の9割相当額について保険給付を受けることができます。

なお、利用者は残額の1割を自己負担します。ただし、給付額は、所得額に応じて8割または7割に減額され、それに伴って自己負担分が増加することになります。

利用者が自己負担分だけを業者に支払い、保険給付分は業者に直接支払われる制度も導入されています。この制度を利用する場合は、自己負担分だけを準備すればよく、費用全額を準備する必要がありません。

市への事前申請が必要なため、担当ケアマネジャーや市の高齢者支援課などへご相談ください。なお、介護保険の運営については、東海市のほか大府市や知多市などと共同で、知多北部広域連合が実施しています。

東海市 要介護者等住宅改造費補助金

市内の住宅で生活する要介護や要支援の認定を受けた方なら、段差解消などの住宅のバリアフリー改修を行う場合、介護保険による住宅改修費支給の限度額を上回った費用の一部について、補助を受けることができます。

補助額は、市民税課税世帯で10万円、市民税非課税世帯では40万円が上限で、介護保険の住宅改修との併用になるため同時に申請が必要です。事前に市の高齢者相談支援センターや担当ケアマネジャーにご相談ください。

東海市 日常生活用具(住宅改修費)の給付

市内にある自宅で、手すりの取り付けや段差の解消、引き戸への扉取替えなどの改修を行う場合、一定の障害がある方なら、費用の一部について給付を受けることができます。

給付は、1級から3級の身体障害者手帳が交付されている方のうち、下肢や体幹機能に障害のある方、乳幼児以前の非進行性の脳病変による運動機能に障害のある方が対象です。

給付額は、1件当たり30万円が限度で、住民税非課税世帯に属する方については限度額が60万円に増額されます。利用者は、原則として1割を自己負担します。事前に市の社会福祉課への申請が必要です。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】山下貴

山下行政書士事務所

山下貴

行政書士、宅地建物取引士。農林水産省に35年間勤務。退職後、行政書士資格と宅地建物取引士の資格を取得して行政書士事務所を開設。現在は、宅地や農地の個人売買、農地転用、不動産相続などのコンサルティングと行政手続き代行を行う。

一括見積もりを依頼する