1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 愛知県
  6.  > 
  7. 名古屋で評判のリフォーム会社や名古屋市の補助金制度を紹介!

キーワードから探す


2019年06月06日更新

名古屋で評判のリフォーム会社や名古屋市の補助金制度を紹介!

愛知県名古屋市でリフォームを考えている人は必見です。愛知県最大の都市である名古屋市には、さまざまなリフォーム会社があります。今回はその中でもおすすめの6社を紹介します。名古屋市のリフォーム補助制度と併せて確認してください。

名古屋市のリフォーム会社の選び方

名古屋市では、耐震設備や省エネ機器の設置、住宅のバリアフリー化などについて補助や助成を利用することができます。

下記の「名古屋市で評判のリフォーム会社一覧」では、名古屋市にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひリフォーム会社や業者選びの参考にしてください。

名古屋市で評判のリフォーム会社一覧

パートナーホーム
所在地愛知県名古屋市名東区勢子坊1-104
対応
建物種別
マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴

【パートナーホームのリフォームでかっこよくスタイリッシュに】

特徴① スタイリッシュでかっこいい子供・高齢者住宅
子供を中心としたデザイン、高齢者を中心としたデザインはスタイリッシュさやかっこよさが
失われがちです。 当社ではかっこよくスタイリッシュな高齢者住宅を追求しています。

特徴② 現地調査は専門アドバイザーと一緒に
購入前の物件から住んでるお家まで現地調査 担当と施工に詳しい大工と一緒に伺います。
お客様の満足度を高めることを最優先に全力を注いでいます。

特徴③ 光と風の演出を提案するパートナーホーム
電気のプランニング、ダウンライトリフォームへの交換はお手のもの。 当社に安心してお任せ下さい。

特徴④ バリアフリーセキュリティはお任せください
当社の所在する愛知県は空き巣率No1。窃盗の被害などを 事前に防ぎます。
またバリアフリーにも力を入れ 安心した住まいを提案させていただいております。
ユニーク
所在地愛知県名古屋市西区宝地町365-2
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
【お客様にとって唯一の存在でありたい】

私たちが考える家づくりとは、ユニーク = 唯一・他に類のない・オンリーワンをコンセプトに
社員の一人ひとりが、お客様の“こだわり”にお応えし、お客様との末永いお付き合いを前提として、
お客様と共に考えながらの物づくりを追及することです。
 
どのような工事でも、お客様の満足を大切にし、無駄な広告費等は抑え、お客様に還元しながら、
資材コスト、施工コストを守り、人と人とのつながりの中で、社員一同、唯一な存在であり続けたいと
思います。

私たちは注文住宅をはじめ、リフォーム・リノベーションなど幅広くお客様のニーズにお応えいたします。
また、IKEAキッチンの正規取扱店として施工も行っておりますので、インテリアを含めた空間デザインの
ご提案もしております。


名古屋市で受けられるリフォーム補助金・助成金

名古屋市では、耐震設備や省エネ機器の設置費用への助成や補助、要介護者や障害者などのための住宅バリアフリー化に対する補助などを受けることができます。

以下では、名古屋市で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2019年2月23日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

名古屋市耐震シェルター等設置助成

65歳以上や障害のある方などが同居する、1981年(昭和56年)5月以前に建てられた木造住宅に居住する所有者であれば、耐震シェルターや防災ベッドの設置費用の一部について、助成を受けることができます。

名古屋市木造住宅無料耐震診断の結果、判定値が0.7未満の住宅が対象で、助成は、30万円を上限として費用の2分の1以内が支給されます。市民税非課税世帯の場合、上限が45万円、助成率が4分の3に増額されます。

なお、木造住宅の耐震改修を行う場合、100万円を上限として費用の一部について補助を受けることができる「民間木造住宅耐震改修工事補助金」は、2018年度の受付が終了しています。

住宅の低炭素化促進補助

市内にある住宅に居住する所有者などであれば、太陽光発電システムやエネファームなどの省エネ機器を導入する場合、設置費用の一部について補助を受けることができます。

補助は、太陽光発電システムの場合で、5kwを上限として1kw当たり2万5千円、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、1件当たり20万円などとなっています。

なお、蓄電システムとエネファームについては、2018年度の受付が終了しています。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

市内の要支援や要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、最大で費用の9割について補助を受けることができます。

障害者住宅改造補助金

市内に住む身体障害者手帳の肢体不自由や視覚障害の1級から3級などの方が、生活利便の向上や安全性確保、介護者の負担軽減を目的にバリアフリー化を行う場合、80万円を上限として費用の補助を受けることができます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する