2023年11月17日更新

監修記事

8畳のクロスや壁紙の張替えにかかる費用・価格の相場は?

壁紙やクロスはいつの間にか汚れたり破れたりするものです。壁紙やクロスのデザインによっては汚れや破れが目立ってしまいます。その場合は早めに張替えることをおすすめします。今回は、8畳の壁紙やクロスの張替えにかかる費用の相場について解説します。

8畳の部屋の壁紙やクロスの張替えにかかる費用の相場

8畳の部屋の場合は、35平方メートル分の壁紙やクロスを使用します。

8畳の部屋の壁紙やクロスを張替えるのにかかる費用は、壁紙の価格と工賃、廃材処分費などの諸経費を加算すれば算出できます。

8畳のクロスや壁紙の張替えにかかる費用・価格の相場は?

リフォーム会社に壁紙やクロスの張替えを依頼する場合にかかる壁紙の価格は、1平方メートルあたり約1000円~1500円です。

そして、張替え工賃は約5万円~8万円、廃材処分費は約1万円~2万円が相場であるため、合計で約9万5000円~15万円が総費用の相場になります。

補修が必要な場合は費用が高くなる

壁紙やクロスの張替えリフォームをする際に、壁の補修が必要になる場合があります。壁紙やクロスは平らな壁にしか張ることができません。

へこみや大きな傷などを補修してから張る必要があります。軽度な損傷の補修にかかる費用の相場は1カ所につき約1万円~2万円です。

大きなへこみだと約2万円~5万円の費用がかかることが一般的です。

更に重度の損傷だった場合は、壁の裏にあるボードの交換が必要になります。この場合にかかる費用の相場は約10万円~30万円と一気に高くなります。

クロス・壁紙の補修にかかる費用に関するより詳しい記事はこちら

様々な面で経費がかかる

8畳の部屋にはソファやテレビ台、ベッドなど様々な家具を置くことができます。それらの家具があるために壁紙やクロスを張替えることができない場合は、それらを移動させる必要があります。

8畳のクロスや壁紙の張替えにかかる費用・価格の相場は?

この家具の移動にも別途費用がかかります。家具一つにつき約3000円~5000円が費用の相場です。

また、壁紙を張替えない部分を保護するためにマスキングテープで養生しなければなりません。養生の費用の相場は約2万円~3万円です。

養生を断ることもできますが、壁紙やクロスを張るときに使うノリが付着する恐れがあるので、必ず養生してもらいましょう。

8畳の部屋にもなると廃材の量が非常に多くなります。それによりトラックが必要になった場合も別途費用が加算されることがあります。

これに関してはリフォーム業者によって料金設定が大きく異なるのではっきりとした相場は不明です。

一般的には約4000円~6000円の費用がかかります。

クロス・壁紙の張替えリフォームの費用に関するより詳しい記事はこちら

8畳の部屋の壁紙やクロスを張替える際にかかる費用

8畳の部屋の壁紙やクロスを全て張替える場合、約35平方メートルの壁紙が必要になります。

リフォーム会社は工賃込の価格表記をしていることが多く、スタンダードな壁紙で1平方メートルあたり約850円~1,100円、ハイグレードなもので約1,200円~1,500円が相場です。

この価格よりもどれだけ安く張替えられるかがポイントになります。

天井の壁紙やクロスも一緒に張替えるとさらに費用がかかることになるため、天井は諦めるのも格安でリフォームする手段の一つです。

もしくは、天井か壁のどちらか一方を自分で張替えましょう。

壁紙そのものの価格だけでなく、壁紙やクロスを剥がしたり、剥がした壁紙の撤去にも費用がかかります。他にも、大型家具の移動など様々な諸経費が加算されます。

格安、激安で8畳の部屋の壁紙やクロスを張替えたいのでしたら、これらの諸経費をできるだけ抑えることに重点を置きましょう。

たとえば壁紙やクロスを自分で剥がしたり、大型家具を作業の邪魔にならない場所へ移動させて新しい壁紙やクロスを張るだけで作業が終わる状態にしておくことで、激安でリフォームすることができます。

自分で壁紙を持ち込もう

壁紙のデザインや材質にもよりますが、壁紙は1平方メートルあたり約350円~1,000円で販売されています。自分で壁紙を購入することで、格安料金でリフォームしてもらえるでしょう。

ただし、壁紙を自分で用意した場合でも工賃はかかります。持ち込みの場合に工賃が高くなる場合もあるので、業者に確認しておきましょう。

自分で壁紙やクロスを張替える

自分で壁紙を張替えれば、壁紙の購入代金にしか費用がかからないため、格安、激安でリフォームすることができます。

しかし、8畳の部屋にもなると張替えるのに時間がかかります。リフォーム会社に依頼した場合は約3時間~4時間で完了するでしょう。

必要な道具はノリを塗るための刷毛や筆、空気を抜くためのヘラ、カッターナイフやハサミなどです。

ネットショップで壁紙DIYのキットを購入できます。壁紙を綺麗に貼ることができない、細かい作業が苦手という方は業者に依頼した方が無難かもしれません。

壁紙・内壁リフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の壁紙・内壁リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なり」ます。複数社の見積もりを「比較」をすることが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、全て厳正な審査を通過している会社ですので安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治

ディバルコンサルタント株式会社

明堂浩治

芝浦工業大学工学部建築工学科を卒業。大手建設会社で20年勤務した後、独立しコンサルタント業を始める。

LINE 友達追加
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする