1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 部屋リフォーム
  4.  > 
  5. 子供部屋をリフォームする費用は?子どもに適した空間作り

キーワードから探す


2020年11月17日更新

子供部屋をリフォームする費用は?子どもに適した空間作り

家づくりを行う場合、リフォームで子供部屋を作らなければならないこともあります。しかし子供部屋のリフォームにはどのくらいの費用がかかるのか、どのような工事をすればよいのかわからないもの。そこで子供部屋をリフォームで作る際の方法について紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

子供部屋のリフォームの方法やかかる費用

子供部屋をリフォームする費用は?子どもに適した空間作り

家づくりにおいて頭を悩ませるのが子供部屋ではないでしょうか。
中古物件を購入した場合や、マイホーム購入後に子供部屋が必要になった場合などは、子供部屋に最適なスペースがとれないということもあります。

そういった場合にはリフォームによって子ども部屋を作ってあげましょう。

今回は子供部屋のリフォームについてご紹介します。

子供部屋リフォームの方法

子供部屋リフォームの方法は、新たに部屋を作る大規模なフルリフォームから比較的簡単に行える壁紙交換などさまざまな規模のものがあります。

また、その他にも部屋にロフトを設置したり、屋根裏がある場合は屋根裏部屋を作ったりすることでも子供部屋リフォームになります。もし広い部屋がある場合は、間仕切りを設置して子供部屋を作ることも可能でしょう。

このように、子供部屋を作るためには様々な方法があります。具体的な内容については「子供部屋をどのように作るか」でご紹介します。

子供部屋リフォームにかかる費用

子供部屋リフォームの方法をご紹介しましたが、リフォームの規模によってかかる費用も大きく異なります。

一般的な子供部屋リフォームにかかる費用相場はおよそ50万円未満となりますが、新しく部屋を増築するような規模の大きいリフォームの場合はさらに高額になる可能性があるでしょう。

例えば6畳を増築する場合の費用は約150万円となります。

建物ごとの子供部屋のリフォーム方法

住宅には一戸建てとマンションがあるため、最適な子供部屋のリフォーム方法にもそれぞれ違いがあります。

一戸建ての場合

一戸建ての場合、部屋数は充分であることが多いため、空いている部屋を子供部屋にリフォームする方法が最も簡単です。

子供は成長していくため、子供部屋に最適な間取りは1部屋あたり約4.5畳から6畳の広めの部屋です。
また将来的に子供が増えた場合、間仕切りを使って2部屋に分割することも可能になります。

また一戸建てとなると、子供部屋を1階と2階のどちらに作るかを悩むこともあるでしょう。

一般的には2階が多いです。1階に子供部屋を作った場合、他の家族の部屋が2階になってしまい、防犯上危険だと考えられるからです。
もちろん一概には言えませんが、可能であれば2階の部屋を使いましょう。

そしてリフォームにかかる費用は、大掛かりな工事が必要なければ、壁紙の張替えのみで10万円未満で工事が可能です。
もしその他に床の張替えを行うのであれば、壁紙の張替え費用と合わせて約20万円となります。

マンションの場合

マンションの場合にまず頭を悩ませるのが部屋数です。
マンションはほとんどがワンフロアのみなので、部屋数も限られてしまいます。

そこでマンションでは、すでにある部屋に間仕切りで分割して子供部屋を作るという方法が取られます。

間仕切りの壁を設置する工事で約10万円。さらに間仕切り壁に壁紙を貼るために約3万円。部屋全体を間仕切壁と同じ壁紙にするのであれば、壁紙の張替えで約10万円が必要となります。

もちろん部屋の広さによって壁紙の必要量や、間仕切壁に使う材料にも差が出てきます。その場合の相場としては約20万円から50万円となるでしょう。つまり費用は一戸建ての場合よりも高くなってしまいます。

子供部屋をどのように作るか

子供部屋のリフォームを行う場合、機能面も大切ですが、おしゃれな子供部屋を作りたいという人も多いかと思います。
ではどうすればおしゃれな空間を作れるのかを見ていきましょう。

ロフトを設置する

子供部屋をリフォームする費用は?子どもに適した空間作り

ロフトがある部屋はおしゃれです。ロフトを設置してあげることで子供部屋の印象は大きく変わるでしょう。

またロフトは無駄な空間を減らし、収納スペースにすることもできますし、ロフトをベッド代わりにすれば、ベッドを設置するスペースが必要なくなり、部屋が狭いという悩みを解消できます。

しかしロフトを設置するとなると大掛かりな工事になります。材料費や工事費を含めて、相場は約50万円となります。

またロフトの床面積によっても違いがあるため、面積が広ければ工事費は高くなりますし、不随する電気工事や壁紙などの内装工事も必要になってくると約200万円ほど必要になる場合もあります。

さらにロフトを作る際には注意点があります。ロフトの作り方によっては3階とみなされ、増築工事の扱いになります。
増築になると税金が余計にかかってしまうので、増築にならないようにすることも重要です。

子供部屋に最適な壁紙は?

部屋の顔ともいえる壁紙は、選び方によって部屋をおしゃれにすることができます。

数多くの壁紙がありますが、特におすすめなのは、汚れが落としやすいといった機能性の壁紙です。
子供は壁を汚してしまうことが多いため、汚れが落としやすければ綺麗な状態を保てます。

また暗い部屋で光る蓄光タイプの壁紙は子供が喜びますし、消臭機能をもつ壁紙であれば、部屋の嫌な臭いをとってくれます。

こういった機能を持つ壁紙は、一般的な壁紙よりも少し金額が高くなりますが、子供部屋の壁面積は少ないため、極端に費用が高くなるということはないでしょう。

また最近では壁を黒板風にするのが流行しています。
もちろんリフォームによって壁を黒板風にすることも可能です。
黒板風であれば壁の汚れを気にしなくて良いというメリットも生まれます。

子供部屋に間仕切りを設置する方法

前述したように、マンションでは部屋数の都合で1部屋を間仕切りによって分割し、間取りを変更する必要も出てきます。

リフォームによって間仕切りを設置し、間取りを変える場合は、部屋に新たな壁を作る方法と、将来のことも考えて可動式にする方法があります。

単に壁を新設する場合と、可動式にする場合の費用相場は以下のようになっています。

壁の材料費 約3万円
壁紙 約2万円
工事費 約5万円
合計 約10万円

材料費 約40万円
工事費 約10万円
合計 約50万円

またアコーディオンカーテンを使って空間を仕切るという方法もあります。壁を新設する場合と違い、工期が短くなるというメリットがあります。

材料費 約10万円
工事費 約5万円
合計 約15万円

さらにリフォーム以外に、家具で仕切るという方法もあります。必要になる収納を間仕切りとして利用するのです。
しかし家具によって部屋が狭いという状態になりますし、耐震対策をしておかなければ、子供を危険に晒すこともあるため注意しましょう。


和室から洋室にリフォームする

間仕切りで間取りを変える場合、フローリングが理想的です。
そのため和室を子供部屋にする場合、床は畳であるため、工事が難しくなります。
また畳だとへこみが気になり、ベッドや家具が置きにくくなります。
つまり工事がしやすいのも、使いやすいのもフローリングといえます。

もし余った部屋が和室しかないのであれば、和室を洋室にリフォームしてしまいましょう。

和室を洋室にする場合は床を畳からフローリングに変更し、壁紙の張替えやドアなどの建具の取り換え工事をします。

床材費 約7万円
壁紙費 約2万円
建具費 約8万円
工事費 約13万円
合計 約30万円

また作り付けの収納を作ることもでき、家具で部屋が狭いということもなくなります。

リフォームを考えると言うことは、何らかの理由で不便さや不満を感じていると言うことでしょう。原因を整理し、何をどの位の予算でしたいのかをあらかじめ決め2、3のリフォーム業者に見積もりを出してもらいましょう。

子供部屋リフォームで取り入れたい防音リフォームとは

子供部屋リフォームを行う際、防音リフォームを取り入れることで今後さらに快適に生活できる可能性があります。

例えば小さな子供がいる場合は、走り回ったりジャンプしたり、口頭で注意してもなかなかすぐにやめられないというケースがあります。その際、気になるのが「騒音」です。

隣の家と近かったり、マンション住まいだったりする場合は、騒音トラブルの原因となる可能性があります。
そのため、小さな子供がいる場合は子供部屋リフォームの際、同時に防音リフォームを取り入れるのがおすすめです。木製のフローリングの場合はマンションなどで規定されている防音等級の物を使っても音が気になる方もいますので、コルクフローリングやカーペットも選択肢の中に入れるとよいでしょう。掃除が大変になりますが、お子様の小さいうちだけ、防音の補助でマットやラグを敷くのもよいでしょう。

また、子供部屋が防音仕様になっていると騒いでいてもあまり気になりませんし、複数の子供がいる場合は、ひとりが受験勉強をしたいのに他の子供の声が気になるといったトラブルになる可能性も少なくなるでしょう。

防音方法は、床や壁に音を吸収する資材を入れたり、窓自体を防音効果があるものに交換したりするなどの方法があります。

防音性がある資材には断熱性が優れているものが多いため、結果的に室内環境を良くすることにもつながります。

防音リフォームの費用は床の防音リフォームで約20万円〜約60万円、壁の防音リフォームで約70万円、窓のリフォームで約15万円程度が相場となります。

壁や床を新しいものに交換したり新たに作ったりする場合は、一度既存の壁や床材を剥がすことになるので防音リフォームがしやすくなります。今後防音リフォームを考えている場合は、子供部屋リフォームと同じタイミングで行いましょう。
   

子供部屋のリフォームで後悔しないためのポイントとは

子供部屋のリフォームで後悔しないためのポイントは、子供の成長に合わせたリフォームをすることです。

子供は必ず成長するため、身長が高くなっても棚の高さなどが使いやすいような可動式の棚にしたり、クローゼットの空間も高さを調節できたりするような子供部屋にするといいでしょう。

子供部屋の収納も大切なポイントです。子供が成長すると、服のサイズが大きくなり服の収納も大人と同じ容量が必要になります。学校以外にも習い事や部活などの荷物などがどんどん増えていくため、十分な収納を備えておきたいものです。

そのため、子供部屋の収納はしっかりと容量を確保できるようにしましょう。

また、リフォームのタイミングも考慮すべき点です。高校生以上になってから子供部屋をリフォームした場合、子供部屋を使うのもあと数年となる可能性があります。

もし中学生や高校生の時期にリフォームするのであれば、子供が巣立った後のことを考えた上で子供部屋リフォームを行った方がいいでしょう。

子供が巣立った後に子供部屋をどう利用するのか、将来を見据えた上でレイアウトなどを考えると、将来的な住まいやすさもキープできるでしょう。

部屋リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた部屋リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、部屋リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する