1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 【トタン屋根の修理】症状別の修理方法と費用相場とは

キーワードから探す


2019年04月08日更新

【トタン屋根の修理】症状別の修理方法と費用相場とは

トタン屋根にはどのような特徴があるか知っていますか?経年劣化により修理が必要な状態になったトタン屋根は、症状によって修理内容が変わるため、まずは劣化した原因を知る必要があります。今回はトタン屋根の劣化症状や修理内容の詳細をご紹介します。

トタン屋根の特徴と修理が必要な症状とは?

トタン 屋根 修理

高度経済成長期によく使用されていたトタン屋根は、経年劣化による症状が現れているケースが少なくありません。

では修理が必要な劣化症状とはどのような状態なのでしょうか。

トタン屋根の特徴とメリット・デメリット、修理が必要な症状を見ていきましょう。

トタン屋根の特徴とメリット・デメリット

トタン屋根とは、溶融亜鉛メッキ鋼板で作られた鋼板を重ねるようにして葺いた屋根のことす。

鋼板を重ね張りするため、継ぎ目が少なく雨漏りしにくいのが特徴です。

トタン屋根のメリットは、設置費用が安価で雨漏りしづらいことです。あまりコストをかけたくない物置や倉庫などにも、トタン屋根が使用されているケースが多くあります。また軽量で耐震性にも優れた屋根材です。

一方トタン屋根のデメリットは、外観が安っぽく見えてしまうことでしょう。

鋼板が重ねてあるだけの屋根なので、外観のデザイン性はあまり期待できないでしょう。

また、雨が降ると鋼板に雨音が響きやすいのもデメリットのひとつです。

トタン屋根の室内にいると雨音が気になることからも、住宅のメインで使用する屋根には適さないため、近年はガルバリウム鋼板へと切り替わっている傾向にあります。

トタン屋根の修理が必要な症状

では、トタン屋根の修理が必要な症状を段階別にご紹介します。

初期症状:色あせ・塗装の剥がれ

トタン屋根が劣化するとまず色あせや塗装の剥がれが発生します。定期的な塗装をしないで放置すると、特に色あせや塗装の剥がれが起きやすくなります。

症状が進行した場合:サビや穴あき

初期症状の色あせや塗装の剥がれが発生した後もメンテナンスをせず放置すると、保護塗装の剥がれからサビや穴あきの症状が見られるようになります。

また、塗装を何回も繰り返すとトタン自体と塗膜が離れ塗装のひび割れや剥がれの原因となることがあるため、そのような症状が現れたら張り替えをするタイミングと思っておきましょう。

重度な症状:屋根材の剥がれや雨漏り

サビや穴あきが酷くなると屋根材自体が剥がれ、雨漏りの原因となります。屋根材自体が剥がれてしまうと修理では完全に修復することはできないため、屋根材の張り替えを行うことになるでしょう。

トタン屋根の修理は症状ごとに修理方法が異なる

トタン屋根の修理は症状ごとによって修理方法が異なります。早期に発見できれば比較的簡単な修理で済むので、費用も安価で行える可能性があります。

一方、屋根材が剥がれるなど重度の症状だと屋根の張り替えしか方法がなくなってしまいます。

大がかりな修理が必要になる前に、劣化症状を見つけ次第修理を行うことが大切です。

色あせや塗装の剥がれているトタン屋根の修理内容と費用

トタン屋根の劣化症状の初期段階である色あせや塗装の剥がれの原因と修理方法、費用相場をご紹介します。

色あせや塗膜剥がれの原因

色あせや塗膜剥がれの原因は、トタン屋根に塗装している塗料の塗膜劣化によって発生します。

塗膜には顔料という色を発色させる成分が含まれているのですが、この顔料の劣化が塗膜の劣化に繋がります。

また塗料の耐用年数はそれぞれ違いますが、塗料の耐用年数に応じて再塗装を行う必要があります。

耐用年数より短くてもも長時間紫外線を浴びやすい箇所は塗膜が劣化しやすく、色あせや塗装剥がれが起きやすいと言えます。

色あせや塗膜剥がれの修理方法

色あせや塗膜剥がれの症状が現れた場合、再度塗装を行います。

塗膜が剥がれた部分を一度取り除くケレンという作業を行い、高圧洗浄機などできれいにしてから新しい塗料で塗装します。

色あせや塗膜剥がれを塗装するときの費用相場

色あせや塗膜剥がれを塗装するときの費用相場は、1平方メートルあたり約6,200円~約7,200円が相場です。

トタン屋根の広さや使用する塗料のグレードなどによって費用が異なる場合があります。



サビや穴が空いてしまったトタン屋根の修理内容と費用

サビや穴が空いてしまったトタン屋根の修理内容と費用をご紹介します。

サビや穴あきの原因

サビや穴あきの原因は、色あせや塗装剥がれを放置することで防水機能が失われることです。

防水機能が失われたことによって、トタン板がサビたり腐食しやすくなったりします。

サビや穴あきの修理方法

トタン屋根の一部がサビたり腐食して穴が空いた場合は、劣化した部分だけ新しいものへと張り替えることができます。

しかし、もしサビや穴あきが全体に広がっている場合は、部分的な修理ではなく全体的な屋根の葺き替えかカバー工法などを行う必要があります。

屋根の葺き替えとカバー工法については後に詳しくご紹介します。

サビや穴あきの費用相場

サビや穴あきなどの症状がみられた場合、トタン屋根を部分的に張り替える費用は1平方メートルあたり約4000円が費用相場となります。

屋根材の剥がれや雨漏りしているトタン屋根の修理内容と費用相場

トタン 屋根 修理

屋根材の剥がれや雨漏りしているトタン屋根の修理内容と費用相場をご紹介します。

屋根材の剥がれや雨漏りの原因

屋根材の剥がれや雨漏りしている場合、屋根材全体が劣化している可能性が高いです。

先程、防水機能がないトタン屋根はサビや腐食の原因になるとご紹介しましたが、サビや腐食が進行すると屋根材が破損するなどの劣化に繋がります。

また、屋根材が全体的に劣化して剥がれたり破損しているということは、当然雨漏りも発生してしまいます。

ここまで症状が進んでしまうと、屋根としての機能がかなり低下していると言えるでしょう。

屋根材の剥がれや雨漏りの修理方法

屋根材が剥がれたり雨漏りしたりしている場合、全体的に劣化が進行している可能性が高いため屋根材自体を葺き替えまたはカバー工法する必要があります。

葺き替え工法は屋根材をすべて撤去し新しいものへ葺き替える工法で、カバー工法は既存のトタン屋根に重ね張りをする工法となります。

屋根材の剥がれや雨漏り修理の費用相場

トタン屋根を葺き替えする場合、1平方メートルあたり約5000円~が費用相場となります。

一方、カバー工法で重ね張りする場合、1平方メートルあたり約4000円~が費用相場です。

トタン屋根修理を依頼する業者の見つけ方とは

トタン屋根修理を依頼する場合、トタン屋根の修理実績の多い業者を選びます。

できれば事前にインターネットのホームページなどで実績や施工例などが豊富か確認しておくといいでしょう。

実績の多い業者を選んだら、次はリフォーム瑕疵保険に加入しているか調べましょう。

リフォーム瑕疵保険とは、修理後一定期間中にリフォーム箇所に不具合が生じた場合補修費用など無償で再度修理をしてもらえる保険のことで、加入の有無はホームページまたは問い合わせ等で確認できます。

また、修理後のアフターフォローがしっかりしているかどうかも選ぶ際の基準になります。

アフターフォローの内容として無料点検や保証書の発行などがあり、アフターフォローがしっかりしている会社ほど施工内容に自信を持っている証拠となるため、安心して修理を依頼することができるでしょう。

その他に、トタン屋根修理にかかる費用をできるだけ抑えたい場合は、複数社に相見積もりを依頼するのがポイントです。

一社では費用相場がわかりにくいため、費用が安いのか高いのか分かりにくい可能性があります。

しかし、複数社に相見積もりを依頼することでおおよその相場を知ることができるため、結果的に費用を抑えることにもつながるでしょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する