1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 千葉
  6.  > 
  7. 成田市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年12月25日更新

成田市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

成田市のリフォーム会社の選び方

リフォームを計画している場合、まず最初に行うのがリフォーム会社選びです。たくさんある業者の中からどのように選べばいいのでしょうか。

リフォーム業者を選ぶ際、成田市以外にも稲敷市や酒々井町、神崎町にある業者も選ぶ対象となります。

大手リフォーム会社ではなく、地元のリフォーム会社や工務店を選ぶことで大手にはできないような丁寧な施工やサービスなどが受けられる可能性があり、結果的に大手リフォーム会社よりも費用を抑えられる可能性もあります。

またリフォーム会社によって得意とするリフォームが異なるため、最適なリフォーム業者を選ぶためには、どのようなリフォームが得意なのかを確認してから判断する必要があるでしょう。

成田市で評判のリフォーム会社一覧

アエラホーム(成田店)
所在地千葉県成田市並木町219-8
TEL0120-900-142
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
アエラホームは、住む人を大切に守りつづけ、地球環境に適合する 「環境設計の家」を追求しつづける創業56年の住宅メーカーです。

【屋根塗装】
屋根は紫外線や雨風の影響をまともに受けるので、定期的なメンテナンスが必要です。屋根塗装には、防水性・遮熱性・断熱性など様々なメリットがあります。

この会社への相談

成田市で受けられるリフォーム補助金・助成金

次に、成田市で受けられるリフォーム補助金と助成金についてご紹介します。

なお、情報は2019年12月25日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。詳しくは成田市までお問い合わせください。

成田市住宅診断等助成制度

市に登録された住宅診断士による住宅診断でかかる費用の一部を助成する制度です。

【対象者】

  • 戸建て住宅を所有し自ら居住する人
  • マンションの予備診断では、区分所有法の決議を経たマンションの管理組合

【助成金額】

  • 住宅の場合:耐震診断費用の3分の2以内(上限8万円)
  • マンションの場合:耐震診断費用の3分の2以内(上限8万円)

【対象となる事項】

  • 住宅やマンションの耐震診断

成田市住宅耐震改修助成制度

耐震診断の結果耐震改修が必要になり、改修工事を行う際にかかる費用の一部を助成する制度です。

【対象者】

  • 住宅を所有し居住する人

【助成金額】

  • 助成対象工事費用の3分の1以内(上限50万円)
  • 高齢者世帯で条件を満たしている場合は、工事費用の2分の1以内(上限70万円)
  • 設計費および工事管理費の場合は3分の1以内(上限10万円)

【対象となる工事】

  • 耐震改修工事、設計および工事管理

太陽光発電システム設置費補助金

省エネルギー設備の普及促進のため太陽光発電システムを設置した場合に補助金を支給する制度です。

【対象者】

  • 市内の住所に住民登録している人
  • 市税を滞納していない人
  • 電気事業者と売電契約を締結している人
  • 設備を設置して2年以内であること

など

【助成金額】

  • 太陽電池モジュールの最大出力1ワットあたり2万円(上限9万円)

【対象となる太陽光発電】

  • 住宅の屋根などに太陽電池を設置して太陽の光を電力に交換する仕組みであるもの
  • 余った電力は電気事業者へ供給する仕組みとなるもの

太陽熱利用システム設置費補助金

省エネルギー設備の促進普及のため、住宅に太陽熱利用システムを設置した場合に補助金を支給する制度です。

【対象者】

  • 「太陽光発電システム設置費補助金」と同様

【助成金額】

  • 設備の購入費+設備の工事費−地方消費税と消費税=補助金額(上限5万円)

【対象となる太陽熱利用システム】

  • 一般財団法人ベターリビングに優良住宅部品として認定を受けたもの
  • 住宅の屋根などに集熱器を用いて、太陽の熱エネルギーを集め空調や給湯に利用する設備で、動力を利用して熱媒等を循環させる強制循環型であること

地中熱利用システム設置補助金

省エネルギーの促進普及のため、住宅に地中熱利用システムを設置した場合に補助金を給付する制度です。

【対象者】

  • 「太陽光発電システム設置費補助金」と同様

【助成金額】

  • 設備の購入費+設備の工事費−地方消費税と消費税=補助金額(上限10万円)

【対象となる地中熱利用システム】

  • 地中熱交換器の地上からの深さが4m以上あること
  • 地熱を含む地中の熱を熱源として空調に使用するシステムで、地中に埋設した地中熱交換器を使用するもの
  • エネルギー消費効率が3以上であること

エネルギー管理システム(HEMS)機器

省エネルギー設備の促進普及のため、エネルギー管理システム(HEMS)機器を設置した場合に補助金を支給する制度です。

【対象者】

  • 「太陽光発電システム設置費補助金」と同様

【助成金額】

  • 設備の購入費+設備の工事費−地方消費税と消費税=補助金額(上限1万円)

【対象となるHEMS機器】

  • 住宅全体の電力使用量を自動で計測して電子計算機や専用モニター等で電力使用量を表示するもの
  • 機器の制御に係る装置が一般社団法人エコーネットコンソーシアムの定める規格の認証を取得しているもの
  • 上記の設備または電気機器に対し電力量を調整するための制御機能があるもの

定置用リチウムイオン蓄電池設置費補助金

未使用の定置用リチウムイオン蓄電池を住宅に設置した場合に補助金を給付する制度です。

【対象者】

  • 「太陽光発電システム設置費補助金」と同様

【助成金額】

  • 設備の購入費+設備の工事費−地方消費税と消費税=補助金額(上限10万円)

【対象となる蓄電池】

  • リチウムの酸化および還元で電力供給するリチウムイオン蓄電池に加え、コンバータ・インバータ・パワーコンディショナーなどの電力変換装置を備えた設備として構成されているもの

燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)設置費補助金

省エネルギー設備の促進普及のため、燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)を設置した場合に補助金を給付する制度です。

【対象者】

  • 「太陽光発電システム設置費補助金」と同様

【助成金額】

  • 設備の購入費+設備の工事費−地方消費税と消費税=補助金額(上限8万円)

【対象となるエネファーム】

  • 国が実施する補助事業の対象となっているもの
  • 燃料電池機器と貯湯機器から構成される設備で、電力と熱の供給を主な目的とするもの

雨水貯留施設設置費補助金

防災や水質汚濁防止の観点から健全な水の循環保全のため、雨水貯留施設を設置した場合に補助金が支給される制度です。

【対象者】

  • 市内在住で雨水貯留施設を設置しようとする人
  • 市税を滞納していない人
  • 住宅を所有していない場合は所有者から設置の承諾を受けていること
  • 施設を設置する住宅の所在地に住民登録している人

【助成金額】

  • 雨水タンク購入の場合:購入、設置費用の2分の1(上限3万円)
  • 浄化槽転用型雨水貯留施設:購入、設置費用の2分の1(上限10万円)

【対象となる施設】

  • 小規模雨水貯留施設(雨水タンクなど)
  • 浄化槽転用型雨水貯留施設

介護保険の住宅改修費支給

要介護や要支援を認定された場合、在宅で自立した生活を継続するために行う住宅改修において、介護保険より住宅改修費の支給が受けられます。

【対象者】

  • 要介護1〜5、要介護1・2の認定を受け在宅で生活する被保険者

【助成金額】

  • 支給限度基準額20万円
  • 自己負担1割の場合:介護保険給付上限9割 18万円、自己負担1割 2万円

【対象となる工事】

  • 手すりの設置
  • 滑り止め防止および移動を円滑にするための床または通路面の材料変更
  • 段差の解消
  • 洋式便器の交換
  • 扉の取替え
  • 引き戸などへの交換

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する