1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 福生市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年09月30日更新

福生市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

  • 【監修者】荒川朋範
  • この記事の監修者
    荒川行政書士事務所
    荒川朋範
    行政書士

福生市のリフォーム会社の選び方

福生市では、省エネ設備の導入や雨水の貯留・浸透設備の導入などについて補助や助成を利用することができます。

このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

福生市近郊の立川市や昭島市、八王子市なども含めてリフォーム業者選ぶと選択肢が増えます。

福生市で受けられるリフォーム補助金・助成金

福生市では、地球環境保全のための省エネ設備の導入や、雨水を適切に排水することによって良好な住環境を保つためにに必要な雨水の貯留・浸透設備の導入費用の一部を助成する制度が用意されています。

以下では、福生市で受けることができる、主なリフォームに関連する補助金や助成金について紹介します。

なお、情報は2021年9月15日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

既存住宅における高断熱窓導入促進事業

当事業は家庭のエネルギー消費量低減を目的として、高断熱窓の導入費用の一部を助成するというものです。

助成の対象となるのは都内に住宅を所有する個人や法人および管理組合、もしくはこれらと共同で申請するリース事業者が申請できます。

対象製品はSIIに補助対象製品として登録されている窓およびガラスが対象で、全ての高断熱窓が対象となるわけではないので注意しましょう。

助成額は1戸あたり50万円を上限とし、設備の導入費用の6分の1以内の額が補助されます。

ただし、国から対象経費について何らかの補助を受ける場合には、対象経費の2分の1の額からその補助金の額を控除した額で計算されます。

雨水貯留槽設置助成金制度

こちらは屋根に降った雨水を貯留するためのタンクを設置するための費用の一部を助成する制度です。

雨水を貯留し、適切に地面に浸透させることによって地盤沈下の予防や湧水の保全、地下水の涵養などを図ることを目的としています。

助成の対象者は市内に住宅を所有する者もしくは使用する者で、設置する雨水貯留槽を売買などの営利目的で使用しないことが条件とされています。

助成額は5万円を上限とし、設備の導入費用の3分の2以内の額が助成されます。

雨水浸透施設設置助成金制度

こちらの制度も雨水の適切な処理を目的とした制度です。

具体的には、雨水を地面に浸透させるための雨水浸透ますの購入費用や設置工事費用の一部を助成するというものです。

要件としては対象住宅の敷地面積が1,000平方メートル未満であることや、新規で雨水浸透施設を設置すること、市の指定業者に工事を依頼することなどが定められています。

助成額は40万円を限度とし、設備の導入費用の90%の額が助成されます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

一括見積もりを依頼する