1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 目黒区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2020年03月25日更新

目黒区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

目黒区のリフォーム会社の選び方

目黒区では、リフォームや耐震改修、バリアフリー改修などに関して補助や助成を利用することができます。このような制度を利用したい場合は、制度の対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことが大切です。

また、リフォームの箇所別に得意不得意があるため、依頼するリフォーム業者が得意な工事を把握することがおすすめです。目黒区近郊の渋谷区や世田谷区、品川区なども含め、リフォーム業者を選ぶと選択肢が増えます。

下記の「目黒区で評判のリフォーム会社一覧」では、目黒区にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひ、リフォーム会社選びの参考にしてください。

目黒区で受けられるリフォーム補助金・助成金

目黒区では、リフォームや耐震改修、要介護・要支援認定を受けた方や高齢の方、障害のある方などが行う自宅のバリアフリー改修に対する補助や助成などを受けることができます。

以下では、リフォームに関連する補助金や助成金について、目黒区で受けることができる主な制度を紹介します。情報は2020年3月14日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

なお、区内の業者に依頼してリフォームを行う場合、居住する所有者なら助成金が受給できる「住宅リフォーム資金助成」は、2019年度の受付が終了し、2020年度は4月1日から案内と受付が開始されます。

また、区内にある自宅などの耐震工事を行う場合に、所有者なら助成金を受給できる「耐震改修助成」や「がけ・擁壁改修助成」など、各種耐震関連の助成については、2019年度の受付が終了しています。

介護保険(介護予防)住宅改修費支給

区内に在宅の、要介護や要支援認定を受けた区民の方なら、居住する自宅で手すりの取り付けや段差の解消などの住宅改修を行う場合、20万円を限度として、費用の9割から7割について支給を受けることができます。

改修は、廊下や階段、トイレなどへの手すり取付けや段差の解消、移動を円滑にする床材変更、引き戸などへの扉取替え、洋式便器などへの便器取替えのほか、これらの改修に伴い必要な工事が対象です。

利用者は、介護保険の給付割合に応じて、1割から3割を自己負担します。事前に、区に申請を行って承認を受けておく必要があります。

支給は、利用者がいったん費用全額を業者に支払い、請求によって後日払い戻される償還払い、または、利用者が自己負担分だけを業者に支払い、支給分を区が業者に直接支払う受領委任払いが選択できます。

目黒区 自立支援住宅改修予防給付・住宅設備改修給付

区内に在住の、一定の要件を満たす65歳以上の方なら、日常生活動作に支障のある箇所について、身体負担や介助負担軽減のために住宅や住宅設備の改修を行う場合、費用の一部について給付をうけることができます。

「住宅改修」の対象者は、日常生活動作に困難がある虚弱な方のうち、介護保険の認定申請の結果、要支援や要介護に非該当と判定された方が対象です。

住宅改修は、介護保険の住宅改修と同様の工事を対象に、支給限度額を20万円として、費用の9割が支給されます。「設備改修」との併給も可能です。なお、便器の洋式化については重複受給できません。

「設備改修」の対象者は、日常生活動作に困難がある方のうち、要支援か要介護認定を受けた方や、区の基本チェックリストで生活機能に低下がある方、虚弱な方で、訪問調査によって確認が行われます。

設備改修の範囲は、洋式便器の交換工事、浅いタイプの浴槽への交換工事、椅子などに腰かけて利用できる流しや洗面台への交換工事の3種類で、必要な付帯工事も対象となります。

設備改修の給付は、支給限度額内の費用について9割が支給され、残りの1割を自己負担します。支給限度額は、洋式便器への交換で16万2千円、浴槽の交換で37万9千円、流しや洗面台の交換で15万6千円です。

新築や新設、増設、老朽化、破損、生活範囲ではない場所など、身体的な理由と関係のない工事は対象となりません。要件や手続きなどの詳細については、区の高齢福祉課で確認できます。

目黒区 重度身体障害者(児)住宅設備改善費給付事業

区内に在宅の、身体機能や臓器に重度な障害を持つ区民の方なら、自宅での日常生活を容易にするために住宅設備の改善工事を行う場合、費用の一部について給付を受けることができます。

給付は、「小規模住宅改修」「中規模住宅改修」「屋内移動設備」の3種類があり、事前に区への申請が必要です。なお、新築工事や、同一世帯に区民税所得割額が46万円以上の方がいる場合は、給付の対象となりません。

「小規模住宅改修」は、学齢児以上64歳以下の方のうち、下肢や体幹機能に3級以上の障害のある方や、車いすの交付を受けた内部障害の方、要件を満たす難病の方が対象です。

給付は、手すり設置や段差解消、床材などの変更、扉の取替、洋式便器などへの取替、付帯して費用な工事を対象に、20万円を給付限度額として支給されます。なお、課税世帯は、費用の1割を自己負担します。

「中規模住宅改修」は、学齢児以上64歳以下の方のうち、下肢や体幹機能に2級以上の障害のある方や、車いすの交付を受けた内部障害の方などが対象です。

給付は、「小規模住宅改修」対象外の工事や、対象工事で給付限度額を超えた工事を対象として、約64万円を給付限度額として支給されます。なお、課税世帯は、37,200円を限度に、1割を自己負担します。

さらに重度な障害を持つ方は、天井走行リフトや階段昇降機を設置する場合、「屋内移動設備」の設置費用について、最大約133万円まで給付を受けることができます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する