1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 千葉
  6.  > 
  7. 市原市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年09月28日更新

市原市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

市原市のリフォーム会社の選び方

市原市では、耐震改修やバリアフリー改修、また省エネ改修などについて補助や助成を利用することができます。このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

市原市近郊の千葉市や袖ケ浦市、木更津市なども含めてリフォーム業者選ぶと選択肢が増えます。

市原市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

有限会社 小柳興建


続きを読む

木造の家づくりに自信を持ち、お客様満足度120%を目指す千葉県の建設会社です。戸建ての新築からマンションの大型リフォーム、社寺の施工も行っています。
日本の伝統である木造軸組工法を用い、天然素材を豊富に使用した建築が特徴。香り高く暖かいと評判の無垢材をはじめ、土間・漆喰・和紙など。また、「全棟構造計算」を実施し、地震のへ耐性にも期待ができます。こだわりの素材・職人の手作業で行われる一方、省コストの提案を掲げています。「本物の木の家を、手の届く価格で」。それが小柳興建の家造りです。

所在地千葉県市原市村上1334-7

ラクーネル株式会社

ラクーネル株式会社のおすすめポイント

  • リホームプラザが提案するリノベーション
  • 一流メーカーも認める実力
  • 空き家の有効活用
  • お年寄りいたわりサービス

続きを読む

ラクーネル株式会社が運営するリホームプラザは、千葉県内で最も多くの店舗を展開するリフォーム店です。「物を大切にする、生活環境をより良く改善する」という使命感のもと、壊すのではなく、今ある家を新しく作り直す工務店を目指しています。

一級建築士をはじめ、建築施工管理技士、福祉用具専門相談員といった多彩な専門家が在籍し、適正価格で安心・安全な工事を実現。ショールームでは実際の商品を体感しながらスタッフのアドバイスを受けられるため、イメージ通りの施工が可能です。

またリフォーム工事中は仮住まい兼モデルルームを用意し、設備機器のメーカー保証だけでなく最大10年の工事保証をつけるなど、お客様のことを第一に考えたサービスを提供しています。

所在地千葉県市原市千種5-12-1

市原市で受けられるリフォーム補助金・助成金

市原市では、地震の被害から市民の安全を守るための耐震診断や耐震改修、また、住環境の向上を図るためのリフォーム等について費用の一部を助成する制度が用意されています。

以下では、市原市で受けることができる、主なリフォームに関連する補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2021年8月1日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

市原市木造住宅耐震診断事業

市原市では安心して住み続けられる住まいを確保するため、住宅の耐震改修を見据えて市原市認定の耐震診断士を自宅へ派遣しています。

診断を受けるための要件としては、申請者が市原市民であることや、申請者自らが居住する一戸建ての専用住宅であることが求められます。

また、対象となる建物は木造の在来軸組み工法で建てられた、高さ2階以下の住宅であることが必要で、ツーバイフォー工法などで建てられた住宅は対象外となります。

市の無料耐震相談会や市の認定した耐震相談員が行った耐震診断において補強の必要性が認められることも要件となります。

当事業を利用することによって、通常は耐震診断調査に5万5千円の費用がかかりますが、そのうち5万円を市が負担してくれます。

市原市木造住宅耐震改修事業

こちらの事業は耐震補強が必要な建物を耐震改修する際の費用の一部を市が補助するというものです。

対象となる建物は木造在来軸組み工法で建てられた2階建て以下の住宅で、市が耐震性が不十分であると判断したものが対象となります。
また、耐震改修後に建物の所有者が自ら居住する予定の物件でなければなりません。

補助金の額は100万円を上限として、耐震改修工事費用の5分の4です。

注意すべき点としては、設計監理や改修工事は市の認定を受けた業者に依頼する必要があるという点です。

どの業者に依頼すればよいかについては、市が公開している名簿を参考に検討するとよいでしょう。
工事完了後に住宅が市認定評会員により所定の耐震性能を有すると評価されることも必要です。

住宅改造費助成事業

当事業は高齢者が自立して暮らすことができ、また介護に適した住宅へと改造する際の費用を助成するというものです。

対象者は市内在住の満65歳以上で、介護保険法による要介護3~5の認定を受けている方です。
また、同居家族のうち最多収入者の所得が一定未満であり、市税を滞納していないことが条件とされています。

対象となる工事は介護保険法に定める住宅改修の種類を除く工事のうち、バリアフリー化に関するものが対象となります。

助成額は助成対象工事に要する費用の2分の1ですが、同居家族および申請者の所得によって限度額が異なります。
通常は30万円が限度額となりますが、世帯全員が市民税非課税の場合は限度額が50万円まで引き上げられます。

重度障がい者の住宅改造費の助成

重度障がい者やその同居家族が暮らしやすいよう住宅を改造するための費用や、指定機器の設置費用を助成します。

対象となるのは身体障害者の認定を受けた方で、下肢や体幹または視覚の等級が1級・2級の方が対象となります。
助成を受けるためには本人および同居家族の所得に制限がありますが、当制度を利用することができれば50万円を限度として工事に要する費用の2分の1の額が助成されます。

ただし、新築・全面改築または増築により行われる改造、申請以前に着手または完了しているものは対象になりません。

市原市太陽光発電システム設置補助金

環境にやさしいまちづくり推進のため、自らが居住する市内の住宅に太陽光発電システムを設置した場合に補助金を交付するという制度です。

対象となる設備は一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されているものを選択する必要があります。
また、設備の設置後は設備効果に関する市の調査に協力することなどが条件として定められています。

補助額は設置する設備の性能によって異なり、たとえば4.5キロワットの太陽光発電システムを設置する場合は9万円が助成されます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】國場絵梨子

りこ行政書士事務所

國場絵梨子

行政書士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、測量士補。行政書士試験合格後「りこ行政書士事務所」を開業し、補助金申請や融資、遺言、相続といった相談とサポートを行っている。

一括見積もりを依頼する