1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 羽村市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2022年06月22日更新

羽村市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

貝塚市のリフォーム会社の選び方

貝塚市では、若年世帯の住宅取得、木造住宅の耐震改修や除却、合併処理浄化槽の設置、バリアフリー改修などに関して助成金や補助金の制度を利用することが可能です。

このような助成金や補助金の制度を利用したい場合は、制度の内容と制度の対象となるリフォームについて詳しい会社を選ぶことがおすすめです。

貝塚市内など地元のリフォーム業者なら、出張費用などを抑えることにもつながります。また、貝塚市近郊の岸和田市や泉佐野市、和泉市なども含めれば、リフォーム会社や業者選びの選択肢が広がります。

ただし、リフォーム会社や業者といえども、リフォームの部位別に得手不得手があるものです。検討しているリフォーム会社や業者が何を得意としているか、口コミ情報も集めて把握することが大切です。

下記の「貝塚市で評判のリフォーム会社一覧」では、貝塚市にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひ、リフォーム会社や業者選びの参考として活用してください。

羽村市で評判のおすすめ人気リフォーム会社 5選

木村工務店

木村工務店のおすすめポイント

  • 「AIR PLOT」で体に優しい住宅を提供
  • 高品質な技術を、納得価格で直接施工

続きを読む

2000年創業の木村工務店は東京都羽村市を拠点に地域密着で活動するリフォーム専門会社です。キッチン・トイレ・浴室などの水まわりの工事や室内の改装、エクステリアや外壁・屋根塗装などの屋外リフォームまで行っています。

同社の特徴は大手ハウスメーカーとの長年にわたる協力関係で培った高い技術力と対応力です。リフォームの相談から施工管理・アフターフォローまで一貫体制で対応していることも大きな強みです。

体に優しい家づくりにも力を入れており、部屋の空気中に舞うアレルゲンや空気の汚れを分解させる特殊コーティング施工を積極的に行っています。

健康に気を配った取り組みを、一般住宅だけでなく介護施設やオフィスビルを含め広く対応しています。

所在地東京都羽村市五ノ神3-4-1

株式会社HONEST

株式会社HONESTのおすすめポイント

  • ママの声がいっぱい
  • 安心の保証
  • ショールームで便利を体感
  • アイデアアイテム満載

続きを読む

株式会社HONEST(アネスト)は東京都羽村市にある工務店。平成9年に設立し、ココスムとココリノのブランドを展開しています。

主に新築を請け負うココスムが運営し、修理・リフォーム・リノベーションを請け負うのがココリノ。ママの声から生まれ、収納、家事、子育てにアドバンテージを持つココスムが培ったノウハウが詰まったリノベーションが可能です。

今まで我慢していたちょっとした不便なことから、水回りのリフォーム、間取りの変更、床暖房や省エネ住宅といった大きなものまで、困りごとならなんでもサポート。

リフォームとリノベーション、現状ではどちらが得策か、といったこともアドバイスしてくれます。

所在地東京都羽村市小作台3-20-2

株式会社滝島商店

株式会社滝島商店のおすすめポイント

  • ライフスタイルに合ったリフォーム
  • 長いお付き合いのために
  • 透明な見積もり
  • 新商品への取り組み

続きを読む

株式会社滝島商店は東京都羽村市にある会社。材木店として1967年に創業し、2007年に立ち上げたリフォームショップFRESCAでリフォーム事業に参入しました。羽村市を中心とした西多摩地区が対応エリア。地元ホームセンターの株式会社ヤサカと提携し、より地域に密着したサービスを展開中です。

よい人間関係の上によい仕事が成り立つということを信条とし、お客様、スタッフ、関連会社など、すべての人との絆を重要視。お客様満足度をあげるための勉強会を行うことなどで、チームワークをより強固なものにしています。

そのうえでお客様に寄り添い、より満足度の高いリフォームを提供。安心と安全にもこだわり、ニーズに合わせた提案から施工までをトータルサポートしてくれます。

所在地東京都羽村市羽東1-12-54

株式会社アーキライフ

株式会社アーキライフのおすすめポイント

  • デザインに懸ける
  • 意匠を凝らしたリフォーム&リノベーション
  • コンセプト設計
  • プライスレスなものを

続きを読む

株式会社アーキライフは東京都羽村市にある平成25年設立の会社。JR羽村駅より徒歩10分のところにあり、建築工事・リフォームから不動産業、広告代理業、飲食業まで、幅広く営んでいます。

コンセプトを建てるというスローガンのもと、提供するのはライフスタイルに合わせた空間づくり。デザインを学び2級インテリア設計士の資格を保有する代表取締役は、デザインを提供する工務店でありたいと願い、この仕事に取り組んでいます。

そのこだわりの設計はテレビ番組で紹介されたこともあるほど。デザインだけではなく、ZEHビルダーとしての登録もしており省エネ対策も万全です。

所在地東京都羽村市五ノ神2ー10ー9

雨倉設備工業所

雨倉設備工業所のおすすめポイント

  • 受賞歴が多数あり
  • 長年培ってきた経験と知識
  • 介護改修が可能

続きを読む

東京都羽村市を中心に活動している雨倉設備工業所。青梅市や福生市、昭島市などを施工エリアとしています。

同社は水道工事店として主に水回りの修理・改善を行っています。水回り以外にも住まいのリモデル・リフォームや介護改修、内装・外装、建て替え新築など幅広い工事内容を施工可能。工務店や不動産、ハウスメーカーなどからの依頼ではなく、一般の顧客からの依頼のみに対応しています。
従業員は少人数ですが、増改築相談員や福祉住環境コーディネーターなどの有資格者が在籍。豊富な知識や技術を駆使し、プロ目線のアドバイスや施工を行っています。

顧客とスタッフの距離を縮めるための「あめくらぶ」という活動も実施中です。

所在地東京都羽村市神明台1-32-7

貝塚市で受けられるリフォーム補助金・助成金

貝塚市では、若年世帯の住宅取得や木造住宅の耐震改修・除却、合併処理浄化槽の設置、要介護や要支援と認定された方、障がいのある方のためのバリアフリー化に対する助成金や補助金などを申請することが可能です。

以下では、リフォームに関連している助成や補助などについて、2021年7月23日現在の情報に基づき、貝塚市で利用可能な主な制度を紹介します。なお、要件など詳細についてはご利用前に確認が必要です。

貝塚市 若年世帯住宅取得補助事業・貝塚市空き家バンク住宅取得補助事業

市内で住宅を取得して市外から転入や市内で転居する場合、若年世帯に該当する方なら、それぞれ最大10万円の補助を受けることができ、市に登録された空き家を取得する場合は最大50万円の補助が上乗せされます。

若年世帯は、親や20歳未満の子がいる多世代世帯または全員40歳未満の世帯です。

転入は、堺市や泉州地域以外からの転入が対象で、親が5年以上市内に居住していれば、堺市を除く泉州地域からの転入も対象となります。

堺市を除く泉州地域とは、高石市、和泉市、泉大津市、岸和田市、泉佐野市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町の11市町です。最大10万円の補助を受けることができます。

市内での転居は、転居日以前から市内に居住し、2020年10月1日以降に転居した世帯が対象となります。最大で10万円の補助を受けることができます。

また、市の空き家バンクに登録されている住宅のうち、築後30年を経過した空き家を取得する場合は、取得費や登記費用に対して、最大20万円の補助を受けることができます。

さらに、取得した空き家のうち、1981年5月31日以前に建築された木造住宅について市の基準に基づく耐震改修工事を行う場合は、工事費について最大30万円の補助を上乗せして受けることができます。

転入または市内での転居についての住宅取得費に対する補助と、空き家を取得して耐震改修を行う補助は併用することができます。

この場合の補助は、最大で60万円支給されることになります。

詳細については、市のホームページ「住宅取得補助金の手引き」でご確認ください。市の窓口は、まちづくり課 住宅政策担当です。

貝塚市 耐震改修補助制度

1981年5月31日以前に建てられた市内にある木造住宅の耐震改修を行う場合、個人所有者または個人が所有する木造住宅の居住者なら、耐震改修計画の作成や工事にかかる費用の一部について補助を受けることができます。

住宅は、耐震診断の結果が1.0未満の木造住宅で、現在居住しているものや居住予定のものが対象です。

賃貸住宅については対象外です。耐震改修は、耐震計画に基づいて耐震診断の数値を1.0以上に高める工事が対象です。

また、一定の性能を有し、補強した部屋から屋外に避難できる耐震シェルターを設置する場合についても補助の対象となります。

いずれも、申請者には所得制限があります。

補助は、耐震改修計画の作成については10万円を上限として費用の10分の7が、耐震改修工事については70万円を上限とする補助が支給されます。

月額所得が21万4千円以下の世帯では、上限が90万円に増額されます。

シェルター設置については、40万円を上限とする補助が支給され、月額所得が21万4千円以下の世帯では、上限が60万円に増額されます。市のまちづくり課が窓口です。

貝塚市 木造空き家除却補助制度

市内にある木造の空き家を除却する場合、所有者なら、延床面積1平方メートル当たり2万円を乗じた額または50万円のうち少ない額を上限として、費用の10分の8について補助を受けることができます。

空き家は、登記簿または固定資産評価証明書に記録されている所有者が明確なもので、過去10年間に市の耐震改修補助を受けていないことなどの要件があります。

申請者には所得制限などがあります。

申請前に、市の事前調査によって対象となる空き家であるかの判定を受ける必要があるとともに、着工前に申請が必要です。

詳しくは、市のホームページ、まちづくり課でご確認ください。

貝塚市 合併処理浄化槽の補助金制度

市内の下水道が未整備の区域内において、既存住宅の汲み取り式便所や単独浄化槽を合併処理浄化槽に改造する方なら、最大で54万8千円の補助を受けることができます。
10人槽以下の合併処理浄化槽が対象です。

改造に伴う設置替えが対象で、建築確認申請が必要となるような新築や増築に伴う設置は対象外です。

予算の範囲内で先着順の受付となるため、事前に市の環境衛生課への相談が必要です。

介護保険 (介護予防)住宅改修費の支給

市内にある自宅で生活する、要介護か要支援と認定された方なら、小規模なバリアフリー改修を行う場合、20万円を上限として介護保険から給付を受けることができます。

改修は、浴室や廊下、トイレへの手すり取付けや、居室や廊下などの段差解消、滑りを防止する床材への変更、開閉しやすい扉や洋式便器への取替えなどが対象です。

着工前に市への申請と市の承認が必要です。まずは、担当のケアマネジャーにご相談ください。

また、給付割合など制度の詳細については、市の高齢介護課でご確認ください。

貝塚市 日常生活用具の給付(住宅改修)

市内で在宅の重度な障がいのある方なら、移動などを円滑にする用具であって、設置に小規模な住宅改修を伴う「居宅生活動作補助具」を設置する場合、20万円を基準額とする給付を受けることができます。

給付は、3級以上の下肢や体幹機能の障害、乳幼児期以前の非進行性脳病変による移動機能の障害がある方のうち、学齢児以上の方が対象です。

原則として、費用の1割を利用者が負担します。

補助具の種類や申請方法など、詳細については市の障害福祉課にご相談ください。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

LINE 友達追加
一括見積もりを依頼する