1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 大田区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2018年12月28日更新

大田区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

東京都大田区では住居のバリアフリー化、省エネ化、メンテナンスなどのリフォームを行う際の費用の一部を助成する制度があります。大田区のリフォーム補助金制度についてと、大田区評判の良いリフォーム会社についてご紹介します。

大田区のリフォーム会社の選び方

大田区では、バリアフリー化や断熱対策、耐震化などを目的としたリフォーム費用について助成制度を利用することができます。

下記の「大田区で評判のリフォーム会社一覧」では、大田区にあるリフォーム会社や工務店を紹介しています。ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

大田区で評判のリフォーム会社一覧

株式会社ファミリー工房 大田支店
所在地東京都大田区池上3-36-6
TEL0120-643-239
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
youのリフォーム

ファミリーグループは、地域に密着した「建築・不動産・介護」に取り組むグループ企業です。
現在は都内23区に7拠点を構え、設計・施工、不動産、介護の3つの事業をグループ内で連携させ、
お住まいの“コンシェルジュ”としてお客様のライフスタイルとニーズに合わせた「住環境」を
ご提案させていただいております。

リフォームで「快適な空間」を創るのは当たり前。さらにその上、「豊かな空間」創りの専門会社です

若いパワーと笑顔があふれる大田支店!
親身になって、お客様の夢をカタチにいたします!!
お気軽にご相談下さい♪

1級建築士が多数所属!(ファミリーDesign)
自社職人施工だからできる安心・安価な施工!(ファミリーtech)
不動産・介護もふくめてすべてワンストップサービスで安心!
グループ内でのコラボにて施工させていただいたお客様には不動産仲介手数料が最大0円!!
(各種条件がございますのでお問い合わせください)

施工実績も10,000件を突破しております!!

社名の通り、お客様も従業員もみんな大切な家族の一員として、生涯を通して付き合えるライフタイムパートナーとなることを目指しています。

お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください♪
この会社への相談
SAGASALE
所在地東京都大田区大森西3-9-19
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
【リフォームで安心快適な暮らしを届けます】

株式会社SAGASALE(サガセール)は、お客様に快適で安心な暮らしを届けることを
モットーとしています。
バリアフリー、キッチン・浴室・トイレなどの水回り、クロス、エクステリア、玄関など、
住まいのあらゆる箇所のリフォームの要望にお応えします。

特にバリアフリーは当社が最も得意とする分野です。
元々、視覚障害者歩行誘導ソフトマット、いわゆる点字ブロックの代理店として
施工・設置を手掛けており、高齢の方、身体の不自由な方などの気持ちに寄り添った
バリアフリーのリフォームを行うことができます。
手すりやスロープの取り付け、段差の解消、床材の変更、引き戸への取り替え、
和式から洋式便器への取り替えなどに対応します。
住まいのバリアフリー化は、高齢者住宅改修費用助成制度が利用できるため、
大きな費用の負担が発生ありません。

東京都・神奈川県にお住まいの方でバリアフリーをお考えでしたら、ぜひ当社に
お声がけください。また、各種リフォームにおいては、お客様の要望をお聞きした上で、
ライフスタスタイルや、ご家族の将来を見据えた提案を行っています。

リフォームなら、株式会社SAGASALE(サガセール)お任せください。

大田区で受けられるリフォーム補助金・助成金

大田区では、住宅のバリアフリー化や断熱対策、また、耐震化などに伴う改修工事費用の助成、要介護者などに対する住宅改修費支給などの助成を受けることができます。

以下では、大田区で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2018年11月15日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

大田区住宅リフォーム助成事業

区内の住宅に居住する所有者または所有者の承諾を受けている賃借人であれば、要件に該当する10万円以上のリフォーム工事を区内の中小リフォーム会社に依頼して行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

対象となる工事は、バリアフリー化や断熱対策、防犯や防災対策、塗装や耐震改修など長寿命化のためのリフォーム工事などが対象とされ、それぞれ区が定める要件があります。

助成は、20万円を上限として、区が定める標準的な工事費または実際の費用のいずれか低い額について、10%の助成を受けることができます。

なお、耐震化工事の場合、30万円を上限として、区で定める標準的な工事費または実際の工事費のいずれか低い額について10%の助成を受けることができます。

いずれの工事も、区が住宅改修用に提供している、以下の助成制度や保険給付制度と併用することが可能とされています。

木造建築物耐震化助成事業

1981(昭和56)年5月31日以前に建てられた、区内にある2階建て以下の建物の所有者が対象です。建物は、アパートも該当します。

前面道路幅が4m未満の建物について、所定の耐震診断により改修の必要があると診断されて耐震改修を行う場合、100万円を上限として、改修費用について2分の1の助成を受けることができます。

なお、前面道路幅が4m以上の場合や耐震化に併せて4m以上に拡幅する場合、上限額は150万円に、また助成割合も3分の2に増額されます。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

区内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、費用の最大9割について補助を受けることができます。

高齢者自立支援住宅改修助成事業

区内の要支援・要介護と認定された方は、「住宅改修費支給」限度額とは別枠で、身体状況などにより住宅の改修が必要と認められる住宅改修工事費について、限度額内で費用の最大9割について助成を受けることができます。

助成対象工事と助成対象工事の限度額は、浴槽の取替えと給湯設備の交換で37万9千円、 流しや洗面台の取替えと給湯設備の交換で15万6千円、便器の洋式化工事で10万6千円となっています。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する