1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 立川市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2020年06月25日更新

立川市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

立川市のリフォーム会社の選び方

立川市では、災害に強い安全・安心のまちづくりの実現に向けて、木造住宅の耐震化助成制度や高齢者自立支援住宅改修給付事業などがあります。

また、立川市近郊の日野市や国分寺市も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

立川市で評判のリフォーム会社一覧

フレッシュハウス立川ショールーム
所在地東京都立川市栄町4-23-13
TEL0120-349-317
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
当営業所は、各種設備機器の展示品、カタログを取り揃えております。他の営業所に比べると、最寄り駅からも徒歩7分、周辺には各メーカーのショールームもございますので、ご来場による相談がベストの立地にあります。お気軽にご来場ください。

また、リフォームご検討中のお客さまを対象に「住居健康診断サービス」を行なっております。こちらは、”家”の健康状態を無料で診断するサービスです。家というのは、家族を守る大切な役目を持っています。その家が弱っていては、安心して暮らすこともできず、住み心地も悪くなります。

診断では、床のゆがみや屋根裏・床下の状態、含水率などをチェック致しますので、「リフォームしたあと床下のカビが発覚した…」といった悲劇に見舞われずに済みます。ご家族の皆さまが快適に過ごすために、是非ご活用ください。
この会社への相談
ニッカホーム(立川ショールーム)
所在地東京都立川市錦町3-7-6 ルート立川1F
TEL0120-88-7549
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 屋根・外壁
会社の特徴
ニッカホーム立川ショールームは、立川市、日野市、国立市など立川近郊エリアにお住まいのお客様に対応しております。

当ショールームは、CADプランナーに相談できます。インテリアやキッチン、収納などお客様お一人ずつにあったプランをご提案いたします。お気軽にご相談ください。

この会社への相談

立川市で受けられるリフォーム補助金・助成金

立川市では、高齢者自立支援住宅改修給付事業や木造住宅の耐震化助成制度などの補助制度を利用することができます。

以下では、立川市で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。なお、情報は2020年1月23日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。詳しくは立川市までお問い合わせください。

住宅改修アドバイザー事業

市内に住む高齢者が介護保険を利用した住宅改修等を予定している場合、専門家によるアドバイスを受けることができます。

対象者は、2年以内に介護保険の要介護認定を受けている65歳以上で、費用は無料です。

高齢者自立支援住宅改修給付事業

身体機能が低下した高齢者が、住宅で生活するために転倒予防や介護の負担軽減等を目的として改修を行う場合、費用の一部について助成が受けられます。

事前に介護認定を受けていることと、「住宅改修アドバイザー事業」で専門家によるアドバイスを受けて、助成の承認を受けていることが条件です。

助成額は所得に応じて9割または8割で1割〜2割が自己負担となります。

対象となる工事には下記のような例が挙げられます。
・手すりの取付
・段差の解消
・滑り防止等のため、床材変更
・扉の取り替え
・便器の取り替え

高齢者世帯等家具転倒防止器具取付事業

65歳以上のひとり暮らし世帯の方や、65歳以上のみの世帯、身体障害者手帳等を所持している方がいる世帯では、本棚や食器棚などの家具に、家具転倒防止器具を設置してもらうことができます。

住民税が課税されている世帯は、取り付け器具代金の1割が自己負担額です。住民税が非課税の世帯や生活保護受給世帯は無料で取り付けが受けられます。

高齢者火災予防機器取付助成事業

65歳以上のひとり暮らし世帯の方や、高齢者のみの世帯が火災予防機器を購入する場合、費用の一部について助成が受けられます。

対象となるのは、自動消火装置1個までと電磁調理器1個までです。

自動消火装置の限度額は28,700円、電磁調理器の限度額は41,000円で、うち1割が自己負担です。非課税の世帯は限度額以内の額であれば無料です。

木造住宅の耐震化助成制度

昭和56年6月1日以前に建築された戸建て住宅に住む市民で、市税を完納している方が耐震診断や耐震改修工事を行う場合、費用の一部について助成が受けられます。

耐震診断の場合、限度額を10万円としてかかる費用の1/2が支給されます。簡易耐震診断の場合は無料で受けることができます。

また、耐震改修工事の場合は限度額を50万円として、かかる費用の1/2が助成され、高齢者世帯または障害者世帯の場合は、上限額が80万円に引き上げられます。

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援

市の定める緊急輸送道路に接している昭和56年6月1日以前に建築された建築物の所有者が、耐震診断や耐震改修工事を行う場合、費用の一部について助成が受けられます。

助成対象となるのは耐震診断費用、補強設計費用、耐震改修費用、建て替えに要する費用、解体費用です。

雨水浸透施設設置費補助

立川市内に敷地面積500平方メートル未満の一戸建て住宅を所有している方が、「雨水浸透ます」や「雨水浸透管」などの雨水浸透施設を設置する場合、費用の一部について助成が受けられます。

補助金額は上限額を20万円として、標準工事単価に設置数量を乗じて得た額または設置工事にかかった額のうちいずれか少ない額です。

中小企業向け省エネルギー無料診断

省エネ節電対策を考えている中小企業であれば、無料で省エネルギー診断を受けることができます。

中小企業省エネ改修支援

市内において事業を行う中小企業が省エネルギー診断に基づき、省エネ改修を実施する場合、費用の一部について助成を受けることができます。

補助金額は、上限を50万円として対象経費の1/3以内です。ただし予算がなくなり次第、受付は終了されます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する