2024年02月01日更新

監修記事

セパレートキッチン(Ⅱ型キッチン)の価格や間取り・レイアウト、メーカーごとの特徴を紹介!

おしゃれなレイアウトで機能性を持つセパレート型のキッチンには、さまざまなスタイルがあります。アイランド型やペニンシュラ型、II型で二列平行の設置や、I型でも加熱機器やシンクを分けるスタイルは、合理的に配置できます。各メーカーの魅力のあるセパレートキッチンの特徴や価格をご紹介します。

セパレートキッチンは、お住まいのスペースやイメージを変えるため、レイアウトに合わせて選べるのが魅力です。

セパレートキッチンは、大幅なリフォームができず間口寸法が狭いときにも、合理的な配置の空間を楽しむことができます。

各メーカーが推奨するさまざまなスタイルのセパレートキッチンの中から、特徴と価格をまとめてみました。

セパレートキッチンの費用相場

大幅なリフォームができず間口寸法が狭いときや、お住まいのスペースやイメージを変えるのにも、セパレートキッチンは魅力があります。

セパレートキッチン本体の価格相場は、約49万~250万円です。

製品のグレード、オプションによって価格は変動するので、あくまで目安として参考にしてください。

セパレートキッチンのリフォームにかかる費用・価格の相場は?

また、セパレートキッチンの場合、本体の組み立てや設置、給排水配管、電気配線などの工事は必須です。

セパレートキッチンのリフォームは、大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

セパレートキッチンのリフォームパターン費用相場
既存のキッチンスペースを活かしたリフォーム約50万〜200万円
壁付けキッチンをセパレートキッチンに変更するリフォーム約70万〜300万円
間取りの変更を伴うリフォーム約100万〜3000万円

さらに、リフォームの際には、既存キッチンの解体や撤去・処分費などが必要になります。

各メーカーのセパレートキッチンの参考価格

セパレートキッチンの価格は、メーカーやグレード、オプションによって大きく異なります。

以下は、代表的なメーカーのセパレートキッチンの参考価格です。

メーカー製品名参考価格(税込)
クリナップステディア約76万円~153万円
TOTOザ・クラッソシリーズ約110万円〜168万円
ミッテシリーズ約83万円〜135万円
タカラスタンダードレミュー約84万円〜173万円
パナソニックラクシーナ約101万円〜190万円
LIXILリシェルSI約111万円〜168万円
ノクト約78万円〜110万円
シエラS約58万円〜80万円
永大産業ラフィーナネオ約100万円〜192万円
ナスラックベルフラワー約67万円〜122万円
リヴィエール約28万円〜160万円

実際の価格は、ショールームでプランを相談して決めることになります。

予算を決めておくことで、選ぶ範囲を絞り込むことができます。

また、キッチンレイアウトは、動線や使い勝手を考慮して決めることが重要です。

デザインや機能も、自分の好みやライフスタイルに合ったものを選びましょう。

セパレートキッチンリフォーム費用の内訳

セパレートキッチン工事費用
(キッチン本体代以外の費用)
費用相場
組立て設置費約5万~12万円
給排水配管工事費約3万~5万円
電気系統工事費用約2万~3万円
既存キッチン解体撤去費用約5万~10万円
壁解体費(必要な場合)約7万~12万円
クロス貼り替え・内装調整費(必要な場合)約3万〜5万円
フローリング張り替え費(必要な場合)約5万~7万円

セパレートキッチンのリフォームは、間取りを変更するかどうかで工事費用は変わってきます。

工事費用のみの相場は約30万円からとなります。

既存撤去の場所が傷んでいたり、補強が必要だったりすることもありますので、補修工事を行う必要も発生します。

可能な限り、見積の時点でリフォーム業者に確認を取りましょう。

セパレートキッチンは、「機能性+コミュニケーション+デザイン」を兼ね揃えたタイプです。

リフォームの際は、ショールームの見学やリフォーム業者の見積などを比較検討し、暮らしに合うセパレートキッチンを見つけてみてください。

セパレートキッチンのおすすめメーカー紹介

セパレートキッチンのおすすめメーカーについて、製品の特徴、価格をまとめました。

これから導入する際の参考にしてください。

メーカー製品名参考価格(税込)
クリナップステディア約76万円~153万円
TOTOザ・クラッソシリーズ約110万円〜168万円
ミッテシリーズ約83万円〜135万円
タカラスタンダードレミュー約84万円〜173万円
パナソニックラクシーナ約101万円〜190万円
LIXILリシェルSI約111万円〜168万円
ノクト約78万円〜110万円
シエラS約58万円〜80万円
永大産業ラフィーナネオ約100万円〜192万円
ナスラックベルフラワー約67万円〜122万円
リヴィエール約28万円〜160万円

クリナップのセパレートキッチンの特徴

画像出典:クリナップ-「ステディア」の施工プランの紹介ページより

クリナップのセパレートキッチンは、汚れや腐食に強いステンレス製キャビネットを使用しており、使い勝手の良い安定した商品が多数展開されています。

Ⅱ型・アイランド型・ペニンシュラ型などのセパレートキッチンから、ご希望のスタイルを見つけることも可能です。

TOTOのセパレートキッチンの特徴

画像出典:TOTO-「ザ・クラッソ」の施工プランの紹介ページより

衛生機器でも有名なTOTOのセパレートキッチンは、人工大理石を利用した品質やデザインが、バランスの良い製品です。

アイランド型クラッソやペニンシュラ型レガセスなどもそろえられています。

タカラスタンダードのセパレートキッチンの特徴

画像出典:タカラスタンダード-「レミュー」の施工プランの紹介ページより

タカラスタンダードのセパレートキッチンは、手入れがラクで、耐久性や収納に優れたキッチンを提供しています。

ペニンシュラ型のレミューシリーズも使い勝手の良いスタイルです。

パナソニックのセパレートキッチンの特徴

画像出典:パナソニック-「ラクシーナ」の施工プランの紹介ページより

パナソニックのⅡ型やペニンシュラ型セパレートキッチンは、使い勝手が良く、リフォームにもぴったりです。

ラクシーナは、耐久性と機能に優れているので、暮らしの中心になるキッチンができ上がります。

LIXILのセパレートキッチンの特徴