1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 江戸川区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年09月30日更新

江戸川区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

  • 【監修者】荒川朋範
  • この記事の監修者
    Diamond行政書士法人
    荒川朋範
    行政書士

江戸川区のリフォーム会社の選び方

江戸川区では、災害に強い安全なまちづくりを目指し昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた建築物を対象に、耐震性を高めるため耐震化に関する補助などがあります。

また、江戸川区近郊の葛飾区や墨田区も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

江戸川区で評判のリフォーム会社一覧

株式会社インテックス
所在地東京都江戸川区西葛西4丁目6-21
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 屋根・外壁
会社の特徴
インテックスは丁寧かつ、迅速な対応を心がけている地域密着型のリフォーム会社。「フットワークが軽い」という口コミも多く、ポイントリフォームから、全面・スケルトンリフォームまで幅広く対応しています。

スケルトンリフォームでは構造体の状態から一新できるので、結露や断熱性能のアップなど様々な対応が可能です。

リフォームの打合せは工事中のミス等を少なくできるよう工事監督・管理の担当者が行い、トラブルを防ぐよう心がけています。

自宅近くにあるからこそ、工事完了後も何かあれば気軽に相談することができ安心です。
東商住建株式会社
所在地東京都江戸川区南篠崎町3-10-5
対応
建物種別
戸建て
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
江戸川区を中心に、地域に根付いた工事を行なっている東商住建株式会社。住宅設備のリフォームだけでなく、耐震性能の高さにも自信を持っており、地震が多い国日本だからこその住まいを提供しています。

新築から家全体のリフォーム工事まで行なっており、構造への知識も豊富なので、古くなった住まいでも強度を保てるよう屈強な家にすることができます。

室内だけでなく、外構などの庭周りについても相談をすることができるので、トータルリフォームが可能。

あちこちで打ち合わせをすると、ややこしくなってしまったり、負担も増えてしまいますが、その必要もなく負担を軽減することができます。
有限会社津端建設
所在地東京都江戸川区南篠崎町2-45-13
対応
建物種別
戸建て
対応
工事種別
バリアフリー・介護 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 屋根・外壁
会社の特徴
1969年創業以来、地域に密着し愛着ある我が家をつくるサポートをしている有限会社津端建設。

注文住宅からリフォーム工事、耐震・断熱工事などの構造工事も相談することができます。耐震・断熱工事はもちろん、バリアフリー工事にも対応しているので、子供達が巣立っていったあとでも、安全に長く住み続けられるよう快適に作り変えることも可能です。

大掛かりな工事だけでなく、少し手すりをつけたい・ちょっとの段差を解消したい、などの小さな工事でも対応でき、地域密着型だからこその温かみのある対応を感じることができます。
株式会社アース
所在地東京都江戸川区一之江2-1-15
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
住む人が、より楽しく感動や驚きのある住まいづくりを目指している株式会社アース。土地探しの段階から資金計画、新築後のリフォーム工事まで丁寧に家づくりをサポートしてくれます。

自分たちでも気づいていなかった住まいへのイメージを最大限引き出せるよう、丁寧にじっくりとヒアリングを行い永く楽しめる住まいを多くつくりあげています。

狭小地などの難しい条件の工事も得意としており、数多くの施工例も紹介されているので、住まいづくりのヒントに。

条件が厳しく、住まいを新しくすることを諦めてしまう方も多いですが、株式会社アースではそんな条件でも家族が楽しめる家の提案が可能です。

江戸川区で受けられるリフォーム補助金・助成金

江戸川区では、建築物の耐震化助成制度や住まいの改造助成、老朽木造住宅除去工事助成制度などの補助制度を利用することができます。

以下では、江戸川区で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。

なお、情報は2021年9月14日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。
詳しくは江戸川区までお問い合わせください。

住宅・建築物の耐震化助成制度

江戸川区内にある昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた個人が所有する建築物等について、耐震性を高めるための工事等を行った場合、費用の一部について助成が受けられます。

戸建住宅の場合の助成額は下記のとおりです。

<耐震改修設計>
助成率:80%
助成限度額:木造住宅30万円、非木造住宅45万円

<耐震改修工事>
助成率:課税世帯50%、非課税世帯2/3、木造アパートなど50%
助成限度額:木造住宅(課税世帯100万円、非課税世帯150万円、木造借家100万円、木造アパートなど150万円)、非木造住宅150万円

老朽住宅除却工事助成制度

昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築され、老朽化の進んだ木造住宅を除却する場合、工事費用の一部について助成が受けられます。

事前に「耐震コンサルタント派遣」(無料)を受けて、調査の結果、耐震性が不十分と判定された住宅が対象となります。

また、助成額は限度額を50万円として対象経費の2分の1です。

住まいの改造助成(高齢者)

介護認定を受けている60歳以上の方、もしくは、身体障害者手帳の交付を受けており介助を必要とする60歳〜64歳の方が、対象となる住宅改造工事を行った場合、費用の一部について助成が受けられます。

対象となる工事は、身体状況に合わせた居室等の改造や、踏み台の設置、和式便器から洋式便器への取り替え等です。

助成の限度額は200万円で、対象者及び、同居する家族全員の所得を合算した額によって助成割合が変わります。

所得額が450万円以上の場合は8割、450万円未満の場合は9割、生活保護世帯または全員が住民税非課税の場合は10割です。

住まいの改造助成(障がい者)

身体障害者手帳の交付を受けて、介助を必要とする6歳以上の方が、車いす等でも生活しやすいように手すり等の取り付けや、浴室等の改造を行う場合、費用の一部について助成が受けられます。

助成の限度額は200万円で、所得に応じて工事費用の8割〜10割が支給されます。

アスベスト除去等工事費助成

区内にアスベストを含有する吹付け材が使われた建築物を所有する方が、吹付アスベストの除去工事を行う場合、費用の一部について助成が受けられます。

助成額は、住宅の場合で限度額30万円、共同住宅・長屋・事務所等の場合で限度額100万円です。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する