1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 江戸川区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年10月15日更新

江戸川区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

江戸川区のリフォーム会社の選び方

江戸川区では、災害に強い安全なまちづくりを目指し昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた建築物を対象に、耐震性を高めるため耐震化に関する補助などがあります。

また、江戸川区近郊の葛飾区や墨田区も含めて会社を選ぶと選択肢が増えます。

江戸川区で受けられるリフォーム補助金・助成金

江戸川区では、建築物の耐震化助成制度や住まいの改造助成、老朽木造住宅除去工事助成制度などの補助制度を利用することができます。

以下では、江戸川区で受けることのできる、補助金や助成金についてご紹介します。
なお、情報は2019年4月16日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

住宅・建築物の耐震化助成制度

昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた建築物等を対象に、耐震性を高めるための助成制度です。

助成対象となる戸建て住宅は、江戸川区内にあり、個人が所有する住宅であること、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された住宅であることです。助成率は以下のとおりです。

<耐震改修設計>
助成率  :80%。
助成限度額:木造住宅30万/非木造住宅45万
<耐震耐震改修工事>
助成率  :課税世帯50%   非課税世帯2/3   木造アパートなど50%
助成限度額:課税世帯100万円 非課税世帯150万円 木造アパートなど150万円

老朽木造住宅除去工事助成制度

老朽木造住宅の除却に対し、工事費用の一部を助成します。
※区の除去制度を申請する前に、事前に「耐震コンサルタント派遣」のお申し込みをすることが必要となります。

昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された木造戸建住宅や、耐震コンサルタント派遣による簡易診断の結果で、耐震性が不十分と判定された住宅であることなどが助成対象の住宅となります。

また、助成額は助成対象経費の2分の1で、限度額が50万円です。

住まいの改造助成(高齢者)

高齢者の方が日常生活をよりよく過ごすことができるように住宅を改造する費用を助成します。

対象者は、60歳以上で介護認定を受けている方、身体障害者手帳の交付を受けている方などです。また、助成対象となる改造費用の限度額は200万円となります。

同居する家族全員の所得を合算した額によって助成割合が変わります。450万円以上の場合8割、450万円未満の場合9割。生活保護世帯または全員が住民税非課の場合10割となります。

住まいの改造助成(障がい者)

6歳上で身体障害者手帳の交付を受けている方が、暮らしやすい生活ができるように住宅の改造に要する費用を助成します。

手すりの取り付けや浴室などを改造する場合、限度額を200万円とし、所得に応じて補助の割合が変わります。(8割〜10割)

アスベスト除去等工事費助成

吹付アスベストの除去工事費用の一部を助成します。アスベストを含有する吹付け材を所有する方が対象者となります。

<対象となる建築物および助成限度額>
・住宅           30万円
・共同住宅、長屋、事務所等 100万円

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する