1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 神奈川
  6.  > 
  7. 秦野市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2022年02月02日更新

秦野市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

神奈川県秦野市には地域密着の工務店が多く、アフターサービスも充実したリフォームが可能です。また行政では地域活性と地産地消推進のため、地元産材を利用した住宅リフォームについて補助金を受けられる制度を設けています。秦野のおすすめリフォーム会社と、補助金制度についてご紹介します。

  • 【監修者】荒川朋範
  • この記事の監修者
    荒川行政書士事務所
    荒川朋範
    行政書士

秦野市のリフォーム会社の選び方

秦野市では、秦野産材を使用するリフォーム補助など各種の補助制度を利用することが可能です。このような補助を利用して、賢くリフォームするのがお薦めです。

また、リフォームの依頼先は、トイレやキッチンなどの水回りや外壁のリフォームであれば、水回りや外壁を得意とする業者を選ぶなど、リフォームの箇所別に得意な業者に依頼するのがベストです。

下記の「秦野市で評判のリフォーム会社一覧」では、秦野市にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

秦野市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

株式会社中商

会社画像

株式会社中商のおすすめポイント

  • ベターライフリフォーム協会会員

続きを読む

弊社は神奈川県秦野市を拠点とするリフォーム会社です。
小さな工事からフルリノベーションまで丁寧に対応しています。解体から設備工事・大工工事・仕上げにいたるまで施工できることが強みであり、これにより「コストカット」と「工期の短縮」が実現します。
フットワークかるく、お客様の立場に立って誠実に対応。「当たり前のことがしっかり確実にできる工務店」として提案をいたします。

得意なリフォーム 浴室工事 間取り変更 キッチン工事
所在地神奈川県秦野市曽屋2-10-4

株式会社市川建設一級建築士事務所

株式会社市川建設一級建築士事務所のおすすめポイント

  • ライフスタイルに合わせて住まいを変化させる
  • 住宅・耐震診断で安心を得る
  • 屋根や外壁リフォームの施工事例も多数
  • 店舗や事務所の改装にも対応

続きを読む

神奈川県秦野市にある市川建設は、昭和56年創業の一級建設事務所です。新築住宅やリフォーム事業の他、住宅の耐震診断なども行なっています。創業以来、建物のプロとして地域の暮らしに貢献してきました。

スタッフには一級建築士はもちろんのこと、一級施工管理技士や一級エクステリアプランナー、既存住宅状況調査技術者など様々な資格保有者が在籍。豊富な知識と高い技術で、顧客に安全性と快適性の備えた空間を提供します。

また市川建設では、顧客のライフスタイルに寄り添い、長く住める住まいを提案。設計から施工までワンストップで進めていくため、顧客の要望も通りやすく思い通りの空間を作り上げることができます。

所在地神奈川県秦野市堀西14-4

秦野市で受けられるリフォーム補助金・助成金

秦野市では、秦野産木材を使用するリフォーム工事への補助、耐震化への改修に伴う費用の補助、高度な省エネ住宅への改修費補助、要介護者などに対する住宅改修補助などを受けることができます。

なお、情報は2021年11月14日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。詳しくは秦野市までお問い合わせください。

秦野産木材を使用する快適な住まいづくり補助金

秦野市で秦野産材を使用したリフォームを行う場合、市内にある対象住宅の居住者であれば、費用の一部について助成が受けられます。

市内のリフォーム業者を利用して、期日までに完了できることなどの要件を満たす必要があります。

素材や使用量によって補助額が異なりますので、詳しくはホームページをご覧ください。

秦野市木造建築物耐震改修工事等補助事業

1981(昭和56)年5月31日以前に在来工法によって建築された市内にある木造住宅について、市内に居住する所有者が耐震診断や耐震改修工事を行う場合、費用の一部ついて補助を受けることができます。

補助金額は、耐震診断の場合で8万5千円を限度として費用の10分の10、耐震改修工事の場合で75万円を限度として工事費用の2分の1です。

また、この制度を利用した場合、最大で25万円の所得税の控除や、固定資産税額の減額を受けることも可能です。

神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入事業

省エネルギーと再生可能エネルギーの導入により、高度な省エネを目指せる・ゼロ・エネルギー住宅へ改修する場合、要件を満たすことで補助対象設備を導入する際に助成を受けることができます。

対象となる機器は「高断熱外皮」「太陽光発電システム」「HEMS機器」です。個人の場合の補助額は対象経費の1/3以内で、ZEHの場合は上限15万円、ZEH+の場合は上限20万円、ZEH Orientedの場合は上限10万円です。中小企業者の場合は、上限が5~10万が引き上げられます。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

市内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的とした住宅改修をする場合、20万円を限度として、最大で費用の9割までの補助を受けることができます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

LINE 友達追加
一括見積もりを依頼する