1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 神奈川
  6.  > 
  7. 鎌倉市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年11月17日更新

鎌倉市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

  • 【監修者】山下貴
  • この記事の監修者
    山下行政書士事務所
    山下貴
    行政書士・宅地建物取引士

鎌倉市のリフォーム会社の選び方

鎌倉市では、省エネ設備の設置や木造住宅の耐震改修、新規事業者のリフォーム、身体が不自由な方のバリアフリー化などについて補助や助成などが利用できます。

このような制度の利用については、対象となるリフォームに精通している会社を選ぶことがおすすめです。

なお、鎌倉市近郊の横浜市や逗子市、藤沢市なども含め、リフォーム会社を選ぶと選択肢が増えます。

下記の「鎌倉市で評判のリフォーム会社一覧」では、鎌倉市にあるリフォーム会社を紹介しています。
ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

鎌倉市で評判のおすすめ人気リフォーム会社 4選

株式会社 高一


続きを読む

当社は神奈川県横浜市を拠点とし、個人宅様の外壁塗装や屋根塗装、防水工事、マンションなどの大規模修繕をさせて頂いております。
外壁塗装は10年に一度の一大イベント。安かろう悪かろうでは後々取返しのつかないことだってあります。
そこで当社は、創業以来完全自社施工にて、高品質且つお手頃価格にてサービスのご提供をさせていただいております。
また、在籍スタッフに関しても、挨拶や身だしなみはもちろんのこと、地域の住民の方への配慮やご迷惑になら
ないよう、徹底した社員教育を行っております。
一級技能検定合格者も在籍しておりますので、安心して作業をおまかせください。

得意なリフォーム 外壁・屋根塗装工事 防水工事 大規模改修工事
所在地神奈川県鎌倉市城廻283-62

大倉設備工業株式会社


続きを読む

大倉設備工業株式会社は水まわりと住環境整備の専門店です。水まわりリフォームでのキッチン・バス・トイレ等を対象とした施工を中心に、床や壁の張替・塗装・電気配線なども施工しています。

メンテナンスでは小工事・修理・補修工事などに対応。漏水工事では迅速に駆け付けて対応し、現状を確認しわかりやすい説明をするので安心できます。

また、介護保険による住宅改修工事では、手すり工事・床材の変更・床の段差解消・和風便器から洋風便器への交換などに対応。トイレや浴室内での事故や転倒を防ぎ、自立して生活していただくサポートをします。

所在地神奈川県鎌倉市雪ノ下5-1-5

株式会社ツボイ(アイホーム)

株式会社ツボイ(アイホーム)のおすすめポイント

  • 自然素材リフォームも行っている

続きを読む

株式会社ツボイ(アイホーム)は、福島県郡山市に本社が所在する1909年創業のリフォーム会社です。お客様のことを第一に考え、質の高いリフォーム実績を積み重ねてきた結果、リピート率は60%以上を誇るなど、高い評価を得ています。

打ち合わせの際は専門用語を多用しない分かりやすい説明・提案を心掛け、お客様の満足度を高めるためにヒアリングはご納得いただけるまで丁寧に対応。網戸の張り替えといった小さな修繕であっても相談することが可能です。

工事後のアフターフォローも丁寧に行い、お客様との長期に渡る信頼関係を築いています。

所在地神奈川県鎌倉市常盤64-4

有限会社神崎建設

有限会社神崎建設のおすすめポイント

  • プロによる耐震診断
  • 耐震性に優れた屋根裏収納
  • 自社施工で適正価格の外壁塗装
  • 安心の雨漏り補修

続きを読む

有限会社神崎建設は、昭和48年12月の設立以来、地元鎌倉を中心に地域密着営業を行っている会社です。代表取締役が一級建築士の一級建築士事務所です。

業務内容は、新築工事、内装工事、外装工事、住宅設備工事、雨漏り修理、屋根裏収納工事、耐震補強工事など住宅のあらゆる建設まで対応。

代表取締役自身が打ち合わせに伺うようにし、「お客様一人一人と顔を合わせることができるリフォーム」に。現在ほとんどのお客様が、紹介やリピーターのお客様となっています。

所在地神奈川県鎌倉市津1069-67

鎌倉市で受けられるリフォーム補助金・助成金

鎌倉市では、省エネ設備の設置や木造住宅の耐震改修、新規事業者のリフォーム、要介護や要支援、障害のある方などが行う住宅バリアフリー化に対する補助や助成などを受けることができます。

以下では、リフォームに関連する補助や助成金などについて、鎌倉市で受けることができる主な制度を紹介します。情報は2021年11月13日現在のもので、要件など詳細に関してはご利用前に確認が必要です。

鎌倉市 住宅用再生可能エネルギー・省エネ機器等設置費補助金

市内の住宅に、住宅用太陽光発電システムなどの設備を新たに設置する場合、自ら居住する方などなら、設備ごとに上限額の範囲内で、費用の一部に関して補助を受けることができます。

対象者は、自ら居住する住宅に自己所有の設備を設置して自ら使用する方、所有する住宅に自己所有の設備を設置して他者に居住目的で貸し出す方、設備が設置された建売住宅を取得して自ら居住する方とされています。

対象となる設備は、HEMSや住宅用太陽光発電システム、エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電池、電気自動車充給電設備で、補助額は1万円から4万円の範囲で設備ごとに上限額などが定められています。

対象となる設備を1つ以上設置することや電力会社との契約、設備の要件などがあります。申請は、予算の範囲内で先着順に受付が行われます。

詳しくは、市のホームページ、環境部環境政策課でご確認ください。

なお、2021年度の受付は予算額に達したため受付が終了しているものの、予算額に余剰が生じた場合は再開される可能性があります。

鎌倉市 耐震改修工事費等補助金

1981年5月31日以前に着工された、市内にある要件を満たす木造住宅の耐震改修を行う場合、居住する所有者なら、100万円を上限として、耐震改修工事費の2分の1について補助を受けることができます。

なお、低所得者世帯などは、上限が120万円に増額されます。耐震改修は、市または市の指定業者が行った「現地耐震診断」の結果で総合評点1.0未満の住宅を、1.0以上にする工事が対象です。

住宅は、木造2階建て以下の戸建て住宅や二世帯住宅、店舗兼用住宅で、市民自らが所有し居住する建築物が対象です。

なお、枠組壁工法やプレハブ工法のもの、床面積の2分の1超を増改築したものは対象外です。

事前申請が必要です。手続きなど詳細については、市の都市景観部建築指導課でご確認ください。

鎌倉市 企業立地整備費等補助金

情報通信業を営む企業が、オフィスやシェアードオフィスを新たに市内で開設する場合、新規に市内で事業所を整備する事業者なら、リフォーム費用あるいは賃料の一部に対する補助を受けることができます。

対象企業は、基本的に情報通信業ですが、シェアードオフィス整備のためのリフォーム補助は、神奈川県信用保証協会の保証対象にならない業種を除き、全業種が対象です。

補助の対象となる事業者は、市内で新規に事業所を整備する事業者のうち、市内に事業所を有していない、あるいは市内に事業所を有するものの、従業員を3名以上増員する事業拡大を行う事業者が対象です。

ただし、鎌倉市企業立地等促進条例の税の軽減措置を受けられない事業者に限定されることに、注意が必要です。

補助の対象となるリフォーム費用は、オフィスとして使用する物件のリフォーム経費で、事業者の資産形成につながる什器や家電製品などの物品購入は、対象外です。

また、対象となる賃料は、年度内利用分を限度として、オフィスとして使用する物件の家賃6ヶ月分までです。ただし、共済等は含まれますが、敷金・礼金は含まれません。

補助は、リフォーム補助の場合、300万円を上限として、費用の2分の1が支給されます。
ただし、オフィスの床面積が100平方メートル未満の場合は、上限が150万円です。

また、賃料補助の場合、1ヶ月当たりの上限額を25万円として、費用の2分の1が支給されます。
申請方法や必要な書類など詳細については、市の商工課商工担当にご相談ください。

介護保険 住宅改修

市内で在宅の要介護や要支援認定を受けた市民の方なら、自宅での自立した生活を送ることを目的として住宅のバリアフリー化を行う場合、20万円を限度として、最大で費用の9割について給付を受けることができます。

給付割合は、介護保険の負担割合に応じて給付対象費用の9割または8割が支給され、残りの1割または2割を利用者が自己負担します。

改修は、手すりの取付けや段差の解消、移動円滑化などのための床・通路面の材料変更、引き戸などへの扉取替え、洋式便器などへの便器取替えのほか、必要となる付帯工事が対象です。新築は対象外です。

給付は、利用者が後日受け取る償還払い、または市が業者に直接支払う受領委任払いから選ぶことができます。

利用者から業者への支払いは、償還払いではいったん費用全額、受領委任払いでは自己負担分だけとなります。

なお、受領委任払いを取り扱う業者は市への登録制となっているため、受領委任払いによる住宅改修を希望する場合は、登録事業者に依頼することになります。

給付を受けるためには、市への事前申請が必要です。あらかじめ担当のケアマネジャーまたは地域包括支援センターにご相談ください。なお、制度の窓口は市の介護保険課です。

鎌倉市 日常生活用具給付事業(住宅改修費)

市内に在宅で下肢や体幹機能などに障害を持つ市民の方なら、自宅での日常生活を容易にする用具を設置するために小規模な住宅改修を伴う場合、基準額の範囲内で給付を受けることができます。

対象となる方は、下肢や体幹機能、または乳幼児期以前の非進行性の脳病変による移動機能に関する運動機能に3級以上の障害がある方、下肢または体幹機能に障害のある難病の方です。

利用者は、世帯の所得に応じた自己負担があります。給付の基準額や給付の対象となる改修、手続きなど、詳細は市の障害福祉課障害福祉担当にご確認ください。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】山下貴

山下行政書士事務所

山下貴

行政書士、宅地建物取引士。農林水産省に35年間勤務。退職後、行政書士資格と宅地建物取引士の資格を取得して行政書士事務所を開設。現在は、宅地や農地の個人売買、農地転用、不動産相続などのコンサルティングと行政手続き代行を行う。

一括見積もりを依頼する