1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 神奈川
  6.  > 
  7. 座間市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2022年09月07日更新

座間市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

座間市内でおすすめのリフォーム会社と、補助金の申請において注意しておくべき事を紹介します。神奈川県の座間市では、住宅のリフォームに対して補助金を交付しています。申請するには、市が求める条件を満たしている必要があります。

座間市のリフォーム会社の選び方

信頼できるリフォーム会社へ依頼したいものの、選び方が分からない方も多いことでしょう。

地元のリフォーム会社や工務店の場合、出張費や作業時間のロスを省くことができ、費用を抑えることにつながるメリットがあります。

座間市では、増改築費用の借入利子への補助、リフォームや耐震化改修費用などについての補助制度を利用することができます。

このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

また、リフォーム会社ごとに得意不得意な工事もあることから、依頼する会社が何を得意としているかを把握したうえで、それぞれリフォームの箇所別に得意な業者に依頼するのがベストです。

下記の「座間市で評判のリフォーム会社一覧」では、座間市にあるリフォーム会社を紹介しています。

ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

座間市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

株式会社高橋建装

株式会社高橋建装のおすすめポイント

  • 塗装へのこだわり

続きを読む

株式会社高橋建装は、座間市にある塗装・左官・リフォームを手がける工務店です。長年にわたり技術を培ってきた外壁職人が設立しました。神奈川県中部エリアを中心に、地域社会への貢献をすすめるとともに、地元に愛され、かつ信頼される工務店が目標です。

また経営理念「誠心誠意真心を込めて」の下で、お客様の声にしっかりと耳を傾けながら幸せの創造をお手伝いするとともに、新しいことへのチャレンジに努めています。

壁の耐震・防火性能の向上に向けたラス工事をはじめ、左官・塗装工事、外壁リフォームを実施。加えてエクステリアや水回りリフォームにも対応しています。

所在地神奈川県座間市東原2-2-10

有限会社デコレメイト

有限会社デコレメイトのおすすめポイント

  • こだわりの断熱仕様
  • 短期間で完成する断熱リフォーム「ハウスinハウス」

続きを読む

有限会社デコレメイトは神奈川県を中心にリフォームやリノベーション、ならびに補修作業を手がける座間市の工務店です。安心して快適に心地良く暮らせる住まいづくりを目標にサービスを提供。壁や床、天井工事、水回り、外構エクステリア工事など幅広く対応しています。

また今日では断熱工事に注力しており、エアコンなどに頼ることなく年間を通じて快適に過ごせる省エネ・健康住宅を提案中です。

毎月月末には「モデルハウス体感・見学会」ならびに「タカラ×水まわりリフォーム相談会」を実施し、リフォームを体感出来る機会を設けています。加えて大手商材メーカーと特約店契約を結んでおり、一般には流通しないような商品も提案中です。

所在地神奈川県座間市新田宿31

座間市で受けられるリフォーム補助金・助成金

座間市では、増改築費用の借入に対する利子補助やリフォーム費用の補助、耐震化への改修に伴う費用の補助、省エネ機器の導入への補助、要介護者などに対する住宅改修費支給などを受けることができます。

以下では、座間市で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。

なお、情報は2022年8月20日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

詳しくは座間市までお問い合わせください。

勤労者住宅資金利子補助制度

市内に居住する勤労者であれば、市内に居住する住宅を新築、購入または増改築する際に、県内の中央労働金庫から住宅ローンを借り入れる場合、36カ月以内の期間、利子の一部について補助を受けることができます。

補助基準は年利3.0パーセント以内で、借入額の上限は500万円とされています。

住宅リフォーム補助制度

市内にある住宅に居住する所有者であれば、市内の業者に依頼して、10万円以上の住宅リフォームを行う場合、一律5万円の補助を受けることができます。

なお、床面積が変更となる増減築や改築、外構などは対象外です。

耐震診断および耐震改修工事補助制度

昭和56年5月31日以前に在来工法で建築された、2階建て以下の木造住宅の耐震改修工事について、当該住宅に居住し、市の無料耐震相談を受けた所有者であれば、費用の一部について補助を受けることができます。

市の耐震化手順に基づいて耐震改修工事を行う場合、50万円を上限として、費用の2分の1について補助を受けることができます。

世帯合計の月収が21万4千円以下の場合や、市内の業者に改修工事を依頼する場合、それぞれ上限20万円まで加算されます。

スマートハウス関連設備設置補助金(太陽光発電・エネファーム・リチウムイオン蓄電池・HEMS)

市内にある住宅の所有者または所有者の承諾がある居住者であれば、太陽光発電システムやエネファームなどの省エネ機器を導入する場合、設置費用の一部について補助を受けることができます。

補助額は、太陽光発電システムの場合が、4万円を上限として出力1kW当たり1万2千円、エネファームでは4万円、住宅用エネルギー管理システムHEMSでは8千円などです。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

市内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、最大で費用の9割について補助を受けることができます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

LINE 友達追加
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする